1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリー

SIMフリーとは?最近よく聞く「SIMフリー(シムフリー)」。いったいなんのことで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?大手キャリアで購入したスマホとの違いは?ちょっとわかりにくいSIMフリーをわかりやすく解説、SIMフリースマホの入手方法も紹介します!

SIMフリーとは?

「格安SIM」「SIMロック解除」「SIMフリースマホ」などの単語をよく見かけるようになりました。

月々のスマホ料金を安く抑えるためのキーワードである「SIMフリー」について、そもそもどのような言葉なのか、どんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

端的に説明すると、SIMフリーとは「キャリアに縛られずにどの通信業者とも契約できる状態」を指します。

スマートフォンにはSIMカードというICカードが入っています。SIMカードには契約情報と紐づけられた固有のIDがあり、SIMカードを入れることで通信や通話ができる仕組みです。

大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクで契約した携帯電話には、契約したキャリアのSIMカードしか利用できないようにロックされています。

しかし、2015年5月より携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化され、条件を満たせばSIMロックを解除して好きな通信会社のSIMカードを利用できるようになりました。

様々な格安SIM事業者が登場し、SIMロックを解除してSIMフリーにできるようになったスマホで簡単に乗り換えられるようになりました。

SIMフリースマホとは

「SIMフリー」の説明をする上で大切な「SIMフリースマホ」についても簡単に説明します。

これまでは携帯回線と一緒にSIMロックされたスマホを購入するのが一般的でしたが、iPhoneシリーズなどを中心に、最初からどの通信会社でも利用できるSIMフリースマホやタブレットが増えてきました。

SIMフリースマホはスマホメーカーの公式サイトはもちろん、格安SIM事業者の公式サイトや家電量販店などの店舗で購入できるようにもなりました。

SIMフリーにすると「通信回線」と「端末」の両方を自由に選べるようになります。

「ASUS(エイスース)」や「HUAWEI(ファーウェイ)」といった海外の人気スマホメーカーはもちろん、「富士通」や「SHARP」といった国内スマホメーカーが安価で良質なSIMフリースマホを数多く販売しているので、格安SIMとセットで購入することでスマホ料金をかなり抑えられます。

ちなみに、最近では「格安スマホ」という呼び方をすることもあります。これは単に販売価格が格安なスマホを指しているのではなく、格安SIMで利用しているスマホのことです。

格安SIMはSIMフリーでなくても利用できる場合がありますので、完全に同じ意味ではありません。しかし、格安SIM事業者がSIMフリースマホをセットで販売していることもあり、SIMフリースマホの多くが格安スマホとして使われています。

SIMフリーのメリット・デメリット

ここでSIMフリーのメリットとデメリット、SIMフリーにする際に注意したいことを考えてみましょう。とはいえ、「SIMフリー」そのものには基本的にほとんどデメリットはありません。

SIMフリーのメリット・おすすめポイント

SIMフリーにすると、どのキャリア・格安SIMとも契約できる点がメリットです。つまり、自分の使い方にあった通信事業者に簡単に乗り換えができ、月額料金を安く抑えることができます。

自由にSIMカードを入れ替えできる

SIMフリーの場合、通信方式が対応していれば好きな通信事業者のSIMカードを入れて使えます。自分の用途に合ったプランで契約すると通信料金はキャリアで契約していたときより大幅に節約できるでしょう。

海外のSIMも利用できるようになる

海外旅行や出張のときは現地でプリペイド型のSIMカードなどを購入してそのまま利用できます。新たに端末をレンタルする必要がないので安く済みます。

MVNOによっては格安SIMとセット購入できる

格安SIMとセット購入をすると手間が減りますし、割引などの特典もあります。

SIMフリーのデメリット

SIMフリー自体のデメリットはあまりありませんが、SIMフリースマホを購入後に、どこのキャリア・どこの格安SIM事業者と契約するかによって使いやすさは当然変わってきます。

また、回線と端末を別々に選んで購入できるので、セット購入のような割引やサポートを受けられないことがあります。

キャリア特有のサービスが利用できなくなるかも?

メールアドレスやWiFi、テザリングなど、端末と通信会社の組み合わせによって利用できない機能があります。格安SIMの仕組みは購入前によく勉強しておきましょう。

購入の初期費用が高額な場合がある

キャリアでスマホを購入するときのような端末代金の割引や下取りサービスを利用できません。

セットではなく別々に購入すると機種代金が高額になる場合もあるので、MVNOの端末セットやセールなどを上手に利用しましょう。

回線と機種のサポート窓口がバラバラ

回線と機種を別々に購入できるので、もちろんサポートの窓口も別。スマホの故障などの際には基本的には端末メーカーに直接問い合わせをする必要があります。

SIMフリーにするときに注意したいこと

SIMフリーに変える前に知っておきたいSIMフリーの注意点もまとめました。事前に知っておけばトラブルを避けられるので、確認しておきましょう。

SIMフリーでも対応していない通信事業者がある

SIMフリーなら好きな通信事業者のSIMカードを利用できます。しかし、機種の通信方式・周波数(バンド)が使いたい通信事業者のサービスと対応していないと通信ができない場合や電波が入りにくい場合があります。

海外のSIMフリースマホは技適に注意

日本国内で使用する通信機器は、電波法や電気通信事業法で定められた技術適合基準の認証が必要です。認証されている場合は技適マークの表示義務があります。

機種のバッテリーカバーの内側や設定画面内で表示できるようになっています。海外メーカーの機種などでもしこの技適マークがないスマホを輸入して使うと電波法に違反してしまう場合があります。

giteki_new
出典:総務省 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

SIMフリー・格安SIMとキャリアの違い

SIMフリースマホを入手して格安SIMで利用する場合、キャリアで購入したスマホ・回線のセットと何が変わるのでしょうか。違いを確認してみましょう。

SIMフリー・格安SIMとキャリア比較表

 SIMフリー+格安SIMキャリア
SIMロックなしあり
初期設定(APN設定)必要な場合が多い不要
端末の保証ありあり
破損・紛失などの補償サービスMVNOによるあり
サポート窓口端末メーカーキャリア
キャリアアプリなしインストール済み
テザリング利用端末、MVNOの組み合せによる可能
キャリア提供のサービス利用不可可能

キャリアで購入したスマホをキャリアで使う場合は、基本的にはインターネット接続をするためのAPN設定などが最初からされているので難しい初期設定は不要です。

また、購入時からキャリアのアプリが使えるようにインストールされていて、なにかトラブルがあったときのサポートなどもすべてキャリアが対応します。

一方SIMフリーで格安SIMを利用する場合、通常は自分でAPN設定をする必要があります。キャリアのメールアプリのように、キャリアのサービスを利用するためのアプリは入っていません。自分の利用する事業者で必要なアプリやサービスのみ設定して利用します。

故障などの場合が心配ですが、もちろんSIMフリースマホでもメーカーの保証期間はあります。また、MVNOによっては破損や紛失をサポートする補償サービスをSIMフリーのスマホ向けに提供しているので、心配な方は契約時に加入するといいでしょう。

スマホの回線を使ってパソコンやゲーム機をインターネットに接続するテザリングは、機種と使う事業者の組み合せによっては利用できる場合とできない場合があります。MVNOが各公式サイトで動作確認の状況を一覧で公開しているので、契約やスマホの購入前に確認しましょう。

SIMフリーに変えても契約をする通信事業者がdocomoやau、SoftBankといったキャリアであれば、キャリアのサービスの多くを利用できます。入れるSIMカードを格安SIMに変更すると、それまでキャリアで契約していたサービスは利用できなくなります

例えば、@docomo.ne.jpといった「独自のメールアドレス」、アプリや通信販売などの代金をスマホ料金の請求と一緒にする「キャリア決済サービス」、LINEなどのID検索に必要な「年齢認証サービス」は格安SIMでは提供されていない場合が多いので注意しましょう。

スマホをSIMフリーにする方法

SIMフリーの定義やメリット・デメリットを紹介してきました。続いてSIMフリーにする方法についても解説してきます。

SIMフリーにする方法その1 ~SIMロックを解除する~

初めに「SIMロック解除」について簡単に紹介します。

SIMロック解除とはキャリアで購入した携帯電話・スマホにかけられているSIMロックを解除する手続きのこと。キャリアで契約してきた携帯電話・スマートフォンはそれぞれ「SIMロック」がされている状態なので、ロックを解除することで「SIMフリー」端末に変わります。

SIMロックの解除は、利用期間などの一定の条件をクリアすれば公式サイトのマイページから無料でできます。しかし、店舗でSIMロック解除を依頼すると手数料がかかります。SIMロックの解除はできるかぎり公式サイトからの手続きをおすすめします。

SIMロックを解除後に格安SIMを入れて使うのは問題ありませんが、キャリアの「2年縛り」の契約更新期間以外の解約・乗り換え(MNP)では違約金や解約手数料が発生しますのでご注意ください。

SIMフリーではなくても格安SIMが使えることがある

格安SIMを提供している会社は、大手キャリアから通信設備を借りて格安SIMを提供しています。

そのため、docomo系MVNO・au系MVNOといったグループ分けが可能で、注意すべき点や一部の機能制限はありますが、どのMVNOも割安な通信プランを提供している点が魅力です。月々のスマホ料金を抑えたい方は格安SIMの利用を検討してみると良いでしょう。

利用する格安SIMの事業者が元々使っていたキャリアと同じ通信設備の会社の場合、SIMロック解除をしなくてもキャリアのスマホのまま格安SIMを使えることがあります。

逆にいえば、docomoで購入した端末をauやau系MVNOなどで利用したい場合はSIMフリーにしなければ利用できません。また、auではスマホの発売時期や対応する通信方式によっては同じau系でもSIMロック解除が必要になる場合があります。

SoftBank系のMVNOも、iPhone以外は対応していない場合があるので、事前に契約予定のMVNOの公式サイトで確認しましょう。

例1:docomoで契約したスマホを楽天モバイル(docomo系MVNO)で利用する
そのまま利用可能
例2:docomoで契約したスマホをUQモバイル(au系MVNO)で利用する
SIMフリーにする必要がある

SIMフリーにする方法その2 ~SIMフリースマホを購入する~

もう1つのSIMフリーにする方法は、ずばり「SIMフリースマホ」を購入することです。SIMフリースマホはいくつかの方法で手に入ります。

  1. MVNOで格安SIMとセットで購入する
  2. Amazonなどの通販で購入する
  3. 家電量販店で購入する
  4. 中古で購入する
  5. メーカーから購入する

(1)MVNOで格安SIMとセットで購入する

MVNOではSIMフリースマホと格安SIMをセットで購入できます。期間限定で端末の割引があったり、SIM選びの手間が省けたりと簡単で便利な方法です。

(2)Amazonなどの通販で購入する

Amazonなどのネット通販でもSIMフリースマホを購入できます。こちらは、海外版のSIMフリーで技適マークがなかったり、中古品だったりする可能性があります。メーカーの保証が受けられないことがあるため、購入する際には注意が必要です。

(3)家電量販店で購入する

ヨドバシカメラやビックカメラのような家電量販店でもSIMフリースマホを購入できます。

(4)中古で購入する

SIMフリースマホはヤフオクやメルカリなどでも購入できます。しかし、SIMフリーでなかったり、端末の支払いが残っていたりとトラブルになる場合があるので購入の際には注意が必要です。

(5)メーカーから購入する

AppleがiPhoneのSIMフリー版を販売していることは有名ですが、以下の人気スマホメーカーもSIMフリースマホを販売、格安SIMとのセット購入が可能です。

SIMフリースマホを購入した場合は通信事業者を好きに選べますので、格安SIMで通信費を節約してみてはいかがでしょうか。

SIMフリーと格安SIMでお得にスマホを使おう

SIMフリーについて理解できたら、次はぜひとも格安SIMの導入を検討してみてください。SIMチェンジでは、あなたにぴったりの格安SIMカードを診断する、おすすめ格安SIM比較診断を提供しています。

簡単な質問に答えるだけで通信料金のシミュレーションを行い、あなたにぴったりな格安SIMが見つかります。もちろん、無料で診断できるので気軽に試してみてくださいね!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SIMフリーに関する新着記事