50人に1人1万円分のギフト券プレゼント!! SIMCHANGE限定 特別キャンペーン実施中!
終了まであと
11
  1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)をデータ量繰り越しでお得に使う方法!

mineo(マイネオ)をデータ量繰り越しでお得に使う方法!

更新日:2018.03.29

mineo(マイネオ)では、当月余ったパケット容量を翌月に繰り越して使えます。基本プランのデータ容量はもちろん、実はデータギフトやフリータンクで獲得したデータ容量も次の月に持ち越せるので、活用して格安SIMをお得に使ってみましょう。こっそり無限繰越する裏技も教えちゃいます!

mineo(マイネオ)では、余ったデータ通信容量の繰り越しができます。単純な繰越だけでなく、グループ内で繰り越した容量をシェアしたり、もらったパケット容量も翌月に繰り越せたりと、その多彩な組み合わせにも注目!活用すれば実質無限に繰り越すこともできるので、裏技も紹介します。


mineo(マイネオ)は「パケット繰り越し」ができる

mineoでは、高速データ通信容量の繰り越しが可能です。余った分は翌月に繰り越して使えるので、無駄なく高速インターネットを楽しむことができるのがメリット。

mineoで余っている通信容量をあげたりシェアするサービスもあるのですが、実はこれらも翌月に持ち越せます。うまく活用すれば、より多くの通信容量を翌月使うことができるのがポイントです。

まずは基本プランで繰り越せるパケットの内容から確認してみましょう。

当月使い切れなかったパケットは、翌月に繰越

mineoでは、当月使い切れなかったパケット通信容量が、翌月に繰り越しされます。

繰り越せるデータ容量の上限はなく、余ったものは基本的にすべて繰り越せるので、無駄がありません。

「今月はあまりインターネットを使わなかったから、来月は繰り越してたくさん使うぞ!」といったこともできるので、うまく活用すれば翌月により多くの高速インターネットを楽しめるのがmineoのメリットです。

プラン変更をしても、繰り越しされる

mineoでは容量プランがいくつかあり変更もできるのですが、プラン変更をしても、当月余った通信容量は、翌月に繰り越されます

au回線のauプラン(Aプラン)←→docomo回線のドコモプラン(Dプラン)もプラン変更ができますが、回線種別をまたいでのプラン変更でも、データ容量が余っていた場合には繰り越されます。

繰り越しは自動

当月のデータ容量が余っていた場合には翌月に繰り越しが行われますが、ユーザーは特に手続きをする必要はありません。自動で繰り越されます

繰り越したパケット通信容量が、優先的に消費される

注意点もいくつかあるので紹介しておきましょう。まず1点目ですが「繰り越したパケット通信容量は、優先的に消費」されます。

ここでは単純に「翌月は、繰り越されたパケット通信容量から消費される」ということだけ覚えておけば問題ありません。そして注意点その2に続きます。

翌々月には繰り越せない

注意点その2ですが、mineoで翌月に繰り越したパケット通信容量は「翌々月には繰り越しできない」です。

例えば1月から繰り越したパケット容量を2月で使い切れなかった場合、その分を翌々月の3月まで持ち越すことはできないようになっています。

すでに説明したように繰り越したデータ通信容量は優先的に消費するので、無駄にしたくないのであれば翌月に繰り越した分はすべて使ってしまうのがおすすめです。

mineo(マイネオ)の繰り越し基本・その1

  1. 当月余った通信容量は、翌月に繰り越しOK
  2. プラン変更時も、繰り越しの内容は引き継がれる
  3. 自動繰り越しなので、手続きを行う必要はない
  4. 翌月に繰り越した通信容量は、優先的に消費される
  5. 翌月に繰り越した通信容量を、翌々月まで繰り越すことはできない
  6. 繰り越した通信容量は、翌月にすべて使ってしまうのがオススメ!

mineo(マイネオ)で繰り越しできるパケット

mineoでは他社にはないサービスをいくつか提供しており、余ったパケット通信容量をシェアしたり、あげたり、もらったりできます。これらで当月に取得した通信容量に関しても、余れば翌月に繰り越すことができるので紹介しておきます。

基本プランの通信容量

月額プランについてくる「基本データ容量」ですが、当月余れば翌月に持ち越して使えます。

mineoにはau回線を利用したauプラン(Aプラン)と、docomo回線を利用したドコモプラン(Dプラン)の2種類がありますが、どちらを選んでも繰り越しはできるようになっています。

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+
SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB756円756円(SMS付帯料なし)1,414円500MB/月1枚
1GB864円864円(SMS付帯料なし)1,522円1GB/月1枚
3GB972円972円(SMS付帯料なし)1,630円3GB/月1枚
6GB1,706円1,706円(SMS付帯料なし)2,365円6GB/月1枚
10GB2,721円2,721円(SMS付帯料なし)3,380円10GB/月1枚
20GB4,298円4,298円(SMS付帯料なし)4,957円20GB/月1枚
30GB6,372円6,372円(SMS付帯料なし)7,030円30GB/月1枚
mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB756円885円1,512円500MB/月1枚
1GB864円993円1,620円1GB/月1枚
3GB972円1,101円1,728円3GB/月1枚
6GB1,706円1,835円2,462円6GB/月1枚
10GB2,721円2,850円3,477円10GB/月1枚
20GB4,298円4,427円5,054円20GB/月1枚
30GB6,372円6,501円7,128円30GB/月1枚

パケットチャージ


出典:mineo

mineoには「パケットチャージ」といって、追加料金を支払って高速データ通信の容量をチャージ(162円/100MB)できるサービスがあります。もしチャージして当月使い切れなかった場合にも、余った分は翌月へ繰り越すことが可能です。

格安SIMの中には追加チャージの容量を繰り越しできないサービスもあったりするので、ここはmineoの強みでもあります。

パケットシェア


出典:mineo

単身利用でもパケット通信容量は繰り越せるのですが、「パケットシェア」を利用すれば、最大5回線までのグループを作って、当月余ったデータ容量を、翌月グループ内でシェアすることができます。

パケットシェアの利用には申し込み(無料)が必要です。

mineoユーザー同士であればグループを組むことができるので、家族でmineoの格安SIMを利用していれば余った通信容量を翌月シェアできますし、もちろん家族だけでなく、mineoユーザーであれば恋人や友人ともグループを作って分け合うことができます。柔軟にグループを組んで余ったデータ容量を分け合えるのが魅力です。

パケットギフト


出典:mineo

パケットギフト」は、持っているデータ容量を10MB単位(最大9,990MB)であげたり、もらったりできるサービス。パケットギフトでもらったデータ容量も、もし当月余ったら、翌月に持ち越して使えます

同一eoIDの回線間ではパケットギフトを送れないので注意。

さらに先ほど紹介した「パケットシェア」と組み合わせれば、パケットギフトでもらって、余ったデータ容量を翌月グループ内でシェア利用することもできます。

このようにmineoは「データ容量をあげる・もらう・繰り越す」が柔軟にできる格安SIMなので、無駄なく楽しく使えるのがオススメポイントでもあります。

裏技1:パケットギフトで(実質)無限繰り越し

パケットギフトをmineoユーザー間で繰り返すと、(実質)無限に繰り越しできる裏技もあるので紹介しておきます。

例えば当月余っているデータ容量をパケットギフトで友人に送ります。受け取った友人は翌月末まで使えるので、そのパケットギフト分が残っているうちに、またパケットギフトでデータ容量を返してもらいます。これを繰り返すと、実質的に無限ループで繰り越しを繰り返すことが可能です。


回線間でパケットギフトを繰り返して、実質的に無限データ容量の繰り越しを行う図

もちろんパケットギフトを繰り返す手間はあるのですが、「どうしてもデータ容量を消化できないので繰り越したい」ということであれば、この裏技を使ってみましょう(毎月データ通信容量が余って場合しまう場合には、そもそも自分に合ったプランを選んでいない可能性もあります。そういったときには、よりデータ容量が少なく、月額料金も安いプランに変更するのがオススメです)。

フリータンク


出典:mineo

フリータンク」は、mineoユーザーがみんなでデータ容量を貯めて、必要であれば引き出すことも可能なサービスです。格安SIMの中でもかなり珍しいサービスとなっており、eoIDと、公式コミュニティサイト「マイネ王」のアカウントを連携することで使えます。

実はフリータンクから引き出したデータ容量も、当月使い切れなかった場合は翌月へ繰り越すことができます

例えば「今月データ容量が足りない!」というときにフリータンクからパケット量を引き出して使い、次の月には余ったのでフリータンクに戻すといったことも可能。翌月まで繰り越せるので、使わない月、使う月に合わせて柔軟にフリータンクを活用することができます。

裏技2:フリータンクで(実質)無限繰り越し

ここでまた裏技を紹介。実はフリータンクを使って、実質的に無限に繰り越しできる方法もあります

本来は翌月に繰り越した分は翌々月には持ち越せないのですが、例えば翌月の時点で繰り越したデータ容量をフリータンクに入れてしまいます。そのあとに同じ容量をフリータンクから引き出します。フリータンクから引き出したパケット量はその翌月まで使えるので、これを繰り返すことで、実質無限にデータ容量の繰り越しを行えます。


フリータンクでデータ容量を出し入れして、実質的に無限繰り越しを行う図

注意しておきたいのは「フリータンクはmineoユーザーが共有して使うデータ容量」というところです。そもそもフリータンクに多くのデータ容量が貯まっているのは、1人1人のユーザーがデータ容量を入れてくれて存在しているわけで、引き出す容量が上回ってしまえば、それこそフリータンクが機能しなくなってしまいます。

mineoのフリータンクやパケットギフトは柔軟性が高いがゆえに裏技もいくつかあるわけですが、他のユーザーに大きな影響が出ない程度に使うと良いでしょう(とはいっても、フリータンクは引き出し回数や容量に上限はあるので、たとえ1人のユーザーが毎回引き出しを行っても、フリータンク全体に与える影響は大きくないかもしれません。ただし、同じことを行う人が多ければ多いほどフリータンクの容量は少なくなるので、他のmineoユーザーのことも考えながら、楽しくフリータンクを使いましょう)。

チップ


出典:mineo

mineoには「チップ」という機能もあります。eoIDとマイネ王アカウントを連携して使えるサービスで、例えばマイネ王内の書き込みで役に立った・おもしろい情報を共有してくれたユーザーにたいして、お礼として1回10MBのチップを送ることができます。

ここで獲得したチップ分のデータ容量も、もらった翌月まで繰り越しOKです。マイネ王でコミュニティに役立つ情報を発信していればもらえる可能性があるので、積極的にコミュニティに参加して、使えるデータ容量を増やしてみましょう。

mineo(マイネオ)の繰り越し基本・その2

  1. 当月獲得したデータ容量は、基本的にすべて翌月に繰り越せる
  2. 裏技を使うと、(実質)無限に繰り越しができる

mineo(マイネオ)以外でデータ容量の繰り越しができる格安SIM

他社MVNOでも余った基本プランの通信容量を繰り越せる格安SIMがあるので、いくつか紹介します。

格安SIM公式サイト
IIJmio(みおふぉん)公式を確認
OCN モバイル ONE公式を確認
楽天モバイル公式を確認
DMM mobile(DMMモバイル)公式を確認
BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)公式を確認
エキサイトモバイル公式を確認
NifMo(ニフモ)公式を確認
インターリンクLTE SIM公式を確認

mineo(マイネオ)の柔軟な繰り越しサービスを活用しよう

mineo(マイネオ)の繰り越しサービスを紹介しました。

余ったパケット容量が翌月繰り越しできるメリットはもちろん、パケットチャージで追加したデータ容量、パケットギフトでもらったデータ容量、フリータンクで引き出したデータ容量などもすべて翌月に繰り越せる柔軟性があるので、うまく活用すれば少ないデータ容量プランでも快適にインターネットを楽しめます。

詳しい内容は、mineoの公式サイトで確認してみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい