1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 無料通話10分!Y!mobile(ワイモバイル)かけ放題プランの料金を他社と比較

無料通話10分!Y!mobile(ワイモバイル)かけ放題プランの料金を他社と比較

Y!mobile(ワイモバイル)のかけ放題を解説!スマホプランS/M/Lなら10分以内の通話定額が使えますし、スーパーだれとでも定額を付ければ時間無制限の国内通話もOK 。電話をかけることが多い方におすすめのプランですが、他社MVNO・格安SIMとの違いも簡単に比較してみました!

Y!mobile(ワイモバイル)では、10分以内の通話が無料になるかけ放題が利用できます。ゆえに、音声通話をよく利用する人に人気の格安スマホ会社として知られています。この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)の無料通話について紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)かけ放題が利用できる

Y!mobile(ワイモバイル)ではスマホプランS/M/Lを契約すれば、それだけで1回あたり10分以内の国内通話が、通話料無料かつ回数無制限のかけ放題サービスが利用可能です。

それでは、スマホプランで利用できるかけ放題の内容について確認していきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の無料通話かけ放題プラン


出典:Y!mobile

Y!mobileでスマホプランを契約すると……
10分かけ放題
基本料金に含まれている
かけ放題内容
他社のスマホ・ケータイ、自宅・会社の固定電話へ、1回あたり10分以内の国内通話が、何回かけても通話料0円
10分を超えた国内通話
20円/30秒

Y!mobile(ワイモバイル)では、スマホプランS/M/Lの3つのプランが用意されていて、いずれのプランにおいても1回あたりの10分以内の国内通話かけ放題がついてきます

Y!mobile(ワイモバイル)の各料金プランはこちらで詳しく書いています。

まず目を引くのが「かけ放題が基本料金に含まれている」ことです。格安SIM・格安スマホでは通話SIMにオプションで付けるタイプのかけ放題が多く、かけ放題を付けることで基本料金は少し高くなります。

Y!mobileのスマホプランなら、基本料金だけでかけ放題が使えるので安心ですし、オプションを選ぶ面倒な作業が必要ないのも良いところです。

次に注目したいのが「かけ放題時間は1回あたり10分」という部分です。現在は他社の格安SIMでもかけ放題は10分となっているオプションが多いですが、なかには1回あたり3分以内や5分以内のものもあります。

1回あたり10分の国内通話かけ放題は格安SIMの中では時間が長いので、通話も利用する方ならY!mobileがおすすめです。

時間無制限のかけ放題プランも


出典:Y!mobile

スーパーだれとでも定額 オプション料金
スマホプランS/M/L
ケータイプランSS
1,000円/月
ケータイプラン
1,500円/月

Y!mobileは「スーパーだれとでも定額」という通話オプションを提供しています。こちらをつけると、通話回数だけでなく、通話時間も無制限で国内通話かけ放題となるのがメリットです。

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankでも選ぶ基本プランによっては時間無制限のかけ放題が使えますが、格安SIMでは時間も無制限のかけ放題オプションを提供しているサービスが実はほとんどありません。

Y!mobileは時間無制限で定額通話が使える数少ない格安SIMの1つなので、貴重な存在です。オプション基本料金もスマホプランS/M/Lなら1,000円/月と安く、1回あたりの通話が長いユーザーであれば付けておくとお得になる可能性が高まりますね。

スーパーだれとでも定額プランの契約にあたっては「10分を超えた通話をどれくらいかけるか」が重要なポイントとなります。スマホプランにおいて通話時間が10分を超過すると、30秒ごとに20円の通話料金が加算されます。1分で40円なので、超過した状態で25分通話すればあっという間に通話料金は1,000円加算されます。

スーパーだれとでも定額プランは毎月1,000円の定額利用のため、毎月10分を超える通話を25分以上するのであれば、スーパーだれとでも定額を契約しておいたほうが良いということです。

Y!mobile(ワイモバイル)でかけ放題を使うときの月額料金は?

Y!mobileでかけ放題を使うときの月額料金も確認しておきましょう。通話定額込みで考えれば基本料金はお得なので、通話も使うならおすすめサービスの1つです。>

国内通話10分かけ放題を使う場合

スマホプランS/M/Lのみ
スマホプランS
3GB(2年)
1,980円/月
(利用開始翌月から12カ月以降:2,980円)
スマホプランM
9GB(2年)
2,980円/月
(利用開始翌月から12カ月以降:3,980円)
スマホプランL
21GB(2年)
4,980円/月
(利用開始翌月から12カ月以降:5,980円)

ワンキュッパ割適用時の月額料金

国内通話10分かけ放題が使えるスマホプランS/M/Lの月額料金は上記の通りです。基本料金は1年目のワンキュッパ割を含めて1,980円/月からとなっていますが、2年目はワンキュッパ割が終わるので1,000円高くなります。

回数・時間無制限のかけ放題を使う場合

スーパーだれとでも定額あり
スマホプランS
3GB(2年)
2,980円
(利用開始翌月から12カ月以降:3,980円)
スマホプランM
9GB(2年)
3,980円
(利用開始翌月から12カ月以降:4,980円)
スマホプランL
21GB(2年)
5,980円
(利用開始翌月から12カ月以降:6,980円)

ワンキュッパ割適用時の月額料金

時間も無制限のスーパーだれとでも定額オプションを付けた場合は、ワンキュッパ割を含めて1年目は2,980円/月から使えます。

家族割引サービスで500円お得に!


出典:Y!mobile

Y!mobileには「家族割引サービス」があり、指定料金プランにて契約すると2回線目以降の基本料金が毎月500円割引されます(最大9回線まで割引が適用)。家族で複数回線を使う場合はさらに安いので、家族の誰かがY!mobileへ乗り換えるなら、家族全員でY!mobileへ乗り換えるとお得です。

ちなみに、Y!mobileのスマホプランは家族通話に対しての特別な割引というのはなく、定額対象の10分を超えたあとは通常通り20円/30秒が課金されます。家族間でも長電話が多い場合には、スーパーだれとでも定額を付けた回線から発信するか、もしくは10分以内で一旦通話を終了して掛け直すなど工夫しましょう。>

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

光回線同時契約で500円以上お得に!


出典:Y!mobile

自宅用インターネットサービスの「SoftBank 光」や「SoftBank Air」を契約して条件を満たすと「おうち割 光セット(A)」の割引が適用されます。

スマホプランで割引が適用されると、スマホプランSなら500円/月、スマホプランMなら700円/月、スマホプランLなら1,000円/月の割引特典が受けられます。対象固定通信サービス1回線に対して、Y!mobile側は最大10回線まで割引が適用可能です。

SoftBank 光でおうち割 光セット(A)を適用させるには「光セット割 適用必須オプション」へ申し込みが必要なので確認しておきましょう。

おうち割 光セット(A)の割引は家族割引サービスとの併用はできませんが、家族割引サービスと違い1回線目も割引対象かつ、スマホプランMやスマホプランLの割引金額が多いので、割引自体はおうち割 光セット(A)のほうがお得です。

Y!mobile(ワイモバイル)契約のメリット

料金プラン
かけ放題が基本料金に含まれている
通話時間
付属かけ放題の時間が10分以内
時間制限
オプションで時間無制限のかけ放題も使える

Y!mobileのスマホプランを利用するメリットを簡単に紹介します。

例えば、UQモバイル(ユーキューモバイル)もかけ放題セットの「おしゃべりプラン」を提供していますが、おしゃべりプランのかけ放題時間は1回あたり5分以内と短めです。

基本料金やデータ容量はほぼ同じなので、無料通話対象の時間が長い分だけY!mobileのほうがお得に使えます。

すでに説明したように、時間無制限のかけ放題を提供している格安SIMは少ないので、1回あたりの通話時間が長い方もY!mobileでスーパーだれとでも定額を追加すれば安く使えるメリットがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)契約のデメリット

契約期間の縛り
約2年ごとの定期契約がある
2年目の月額料金
1,000円/月が増える
データ容量
2年後は少なくなる

Y!mobileのスマホプランを利用するデメリットも簡単に紹介します。

まずは「2年間の契約期間がある」部分がデメリットです。格安SIMは通話プランなら最低利用期間が半年や1年のプランが多いのですが、Y!mobile スマホプランは2年間。

自動更新による縛りもあるので、契約期間には注意しておきましょう。契約期間なしでもスマホベーシックプランとして申し込めますが、その場合は月額料金が高くなるのであまりおすすめできません。

次にデメリットとなるのが「2年目以降の月額料金」です。Y!mobile スマホプランは「ワンキュッパ割」が適用されて1年目に1,000円の割引があるのですが、2年目以降はなくなるので1,000円月額料金が高くなります。

最後のデメリットになるのが「データ容量」です。Y!mobileのスマホプランは、「データ増量オプション」を適用するとスマホプランS 2GB→3GB、スマホプランM 6GB→9GB、スマホプランL 14GB→21GBへ増量されるのですが、無料特典は2年間だけなので、3年目は2GB、6GB、14GBの元のデータ容量へ戻ります(もしくは500円のオプション料金を支払って継続します)。

ちなみに2年契約の縛り、2年目に月額料金が増える、データ増量の特典が2年で終わるというデメリットは、UQモバイルのおしゃべりプランも同じです。Y!mobileとUQモバイルは回線が違ったり、かけ放題の時間が異なりますが、かけ放題セットのプランとしては似たようなメリット・デメリットを持っている、と覚えておくと分かりやすいかもしれません。

かけ放題込みのプランでは楽天モバイル スーパーホーダイもありますが、こちらは最低利用期間のみで更新契約がありませんし、データ容量は2年後も据え置きなので安心です。

Y!mobile(ワイモバイル)かけ放題の注意点

かけ放題プランの注意点が2つあります。1つは、対象外の番号に電話をする場合は有料になる点。もう1つは、他社のかけ放題プランの方が安い場合がある点です。

対象外電話は有料

国内向けの通話であっても、以下の電話番号にかける場合は有料になります。特に注意が必要なのが、留守番電話を残す場合や0570のナビダイヤルです。そして当然ですが、海外にかける場合も有料になるので、注意しましょう。

無料対象外の通話

  • 国際ローミング・国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センター(録音料・再生料を含む)
  • 0570(ナビダイヤル)/0180(テレドーム)などから始まる他社が料金設定している番号への通話料
  • 番号案内(104)
  • ソフトバンク株式会社が指定し別途公表する電話番号
  • 他社着信転送サービス

上記のようなケースでは、スマホプランS/M/Lの10分かけ放題、スーパーだれとでも定額の時間無制限かけ放題でも無料対象とならないので注意しておきましょう。

他社プランの方が安い場合もある

かけ放題セットプランだからといって、必ずしもお得というわけではないことには注意が必要です。例えば、月額料金の安いDMM mobile(DMMモバイル)通話SIM 3GBで10分かけ放題をつけた場合の2年間の費用は、実はY!mobile スマホプランSで使うよりもお得です。

10分かけ放題付き 2年費用目安

Y!mobile
スマホプランS
‭5万9,520‬円
(1,980円×12カ月+2,980円×12カ月)

DMM mobile
通話SIM 3GB
+10分かけ放題
‭5万6,400‬円
(‭2,350‬円×24カ月)
BIGLOBEモバイル
通話SIM 3ギガプラン
+10分かけ放題
‭5万8,320‬円
(‭2,430‬円×24カ月)
LINEモバイル
通話SIM 3GB
コミュニケーションフリー
+10分かけ放題
6万‭1,680‬円
(‭2,570‬円×24カ月)

ただし、Y!mobileは通信速度が安定している部分や、かけ放題以外のところにもたくさんのメリットがあります。より快適に格安SIMを使いたいなら、月額料金やデータ容量以外の部分も比較しておくのがおすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)と他社のかけ放題プランを比較

ここからはY!mobileのスマホプランS/M/Lを、UQモバイルや楽天モバイルのかけ放題セットプランと比較してみます。似ているようで違いもあるので、どのプランが自分に合っているかどうか確認しておきましょう。

UQモバイル|おしゃべりプラン

まずはUQモバイル おしゃべりプランとの比較ですが、契約期間は両者約2年ごとの縛りがあるのでほぼ同じです。データ容量に対する1年目の基本料金も同じですし、UQモバイルも14カ月以降は1,000円高くなるので、月額料金に対するデータ容量は同等と考えておいて良いでしょう。

Y!mobile スマホプランUQモバイル おしゃべりプラン
月額料金月額料金
スマホプランS
最大3GB
1,980円/月おしゃべりプランS
最大3GB
1,980円/月
スマホプランM
最大9GB
2,980円/月おしゃべりプランM
最大9GB
2,980円/月
スマホプランL
最大21GB
4,980円/月おしゃべりプランL
最大21GB
4,980円/月
かけ放題10分かけ放題かけ放題5分かけ放題
データ容量超過後最大128Kbpsデータ容量超過後最大300Kbps
複数回線の割引家族割引サービス
2回線目以降500円割引
複数回線の割引UQ家族割
2回線目以降500円割引
自宅ネット回線との
セット割引
おうち割 光セット(A)
※家族割引サービスと併用不可
自宅ネット回線との
セット割引
なし

複数回線利用での割引も、Y!mobileは家族割引サービス、UQモバイルはUQ家族割で2回線目以降が500円割引になります。両者割引が適用されるのは子回線9回線までなので、回線数も同様です。

UQモバイルを提供するUQコミュニケーションズはモバイルWiFiルーターで有名な「WiMAX」も提供していますが、UQモバイルとWiMAXのセット割引はありません

Y!mobileでは「おうち割 光セット(A)」があるので、別途インターネット回線のセット割引を含めればY!mobileのほうが安く使える可能性があります。

大きく異なるのは、基本料金に含まれている「かけ放題の対象時間」です。Y!mobile スマホプランでは国内通話1回あたり10分以内であれば無料対象になるのに対して、UQモバイル おしゃべりプランは無料対象が国内通話5分以内と短め

また、Y!mobileではスーパーだれとでも定額をオプションで付ければ時間無制限のかけ放題が使えるのですが、UQモバイルでは同じようなオプションが提供されていません。通話面ではY!mobileがおすすめといえます。

データ容量を超過したあとの通信速度は、UQモバイルのほうが300Kbpsと少し速いです。どちらも低速通信ですが、制限後の速度でそのまま使うならUQモバイルが若干快適に利用できる可能性があります。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!3,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

楽天モバイル|スーパーホーダイ

楽天モバイル スーパーホーダイは10分かけ放題が基本料金に含まれているので、かけ放題の内容はほぼ同じです。Y!mobileのように時間無制限のかけ放題はありませんが、半額通話の「楽天でんわ」を利用すれば10分を超えたあとも10円/30秒と半額通話が可能なので、どちらも通話料金はお得といえます。

楽天モバイル スーパーホーダイ料金表(docomo回線のみ)

プラン名ダイヤモンド会員楽天会員非会員2年目以降
プランS
(2GB)
980円1,480円1,980円2,980円
プランM
(6GB)
1,980円2,480円3,980円
3,980円
プランL
(14GB)
3,980円4,480円5,980円5,980円
プランLL
(24GB)
4,980円5,480円6,980円6,980円
※プランM/L/LLは初月のみプランSと同じ金額です。
※2年目以降は、通常の月額基本料

スーパーホーダイの月額料金は契約期間と楽天会員ランクで月額料金が異なり、最低利用期間は3年、2年、1年から選べて、長い契約期間ほど1〜2年目の基本料金が安くなります。

楽天会員ランクは非会員よりも楽天会員のほうが安く、ダイヤモンド会員なら1年目がさらに安くなる仕組みです。最安980円/月から使えるので、組み合わせ次第では楽天モバイルのほうが月額料金はお得です。

またスーパーホーダイが優れている点として「データ容量は2年後も同じ」と「データ容量を使い切ったあとの通信速度」があります。

Y!mobile スマホプランとの大きな違い

2年後のデータ容量
Y!mobile
スマホプラン
3GB→2GB
9GB→6GB
21GB→14GB
楽天モバイル
スーパーホーダイ
2年後も同じ
データ容量を使い切ったあとの通信速度
Y!mobile
スマホプラン
最大128Kbps楽天モバイル
スーパーホーダイ
最大1Mbps
12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps

Y!mobile スマホプランでは増量されていたデータ容量が2年後は元の2GB、6GB、14GBへ戻りますが、楽天モバイル スーパーホーダイは2GB、6GB、14GB、21GBのままです。

データ増量オプションを適用したときのY!mobileデータ容量はスーパーホーダイと異なるので一概にどちらが良いとはいい切れませんが、Y!mobileのデータ増量オプション無料特典は2年のみである点には注意しておくべきでしょう。

データ容量を使い切ったあとの通信速度も、スーパーホーダイなら最大1Mbpsとなかなか高速の通信を使えます。12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbpsとなりますが、それでもY!mobileの最大128Kbpsよりは高速なので、制限後の最大スピードにもスーパーホーダイに強みがあります。

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

OCNモバイルONE


出典:OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズの格安SIM、OCNモバイルONEでは、10分の通話がかけ放題となるオプションプラン「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」を提供しています。

月額850円のオプション料金が必要となりますが、10分以内の通話であれば何度でもかけ放題。さらに、10分を超過した通話に関しては、Y!mobile(ワイモバイル)の場合より安い、30秒あたり10円の料金で通話が可能です。

公式サイト: OCNモバイルONE

NifMo(ニフモ)


出典:NifMo(ニフモ)

老舗インターネットプロバイダNiftyがサービス提供するNifMo(ニフモ)でも、10分のかけ放題サービス「「NifMo 10分かけ放題」を提供しています。

月額830円のオプション料金が必要となりますが、10分以内の通話であれば何度でもかけ放題。さらに、10分を超過した通話に関しては、OCNモバイルONEと同じく30秒あたり10円の料金で通話が可能です。

公式サイト: NifMo(ニフモ)

Y!mobile(ワイモバイル)はかけ放題がおすすめ!

Y!mobile(ワイモバイル)のかけ放題について解説しました!スマホプランS/M/Lには国内通話10分かけ放題がついており、スーパーだれとでも定額オプションを付ければ格安SIMでは珍しい時間無制限のかけ放題も使える点が強みです。通信速度も安定しておりおすすめのSIMカードの1つなので、詳細を公式サイトでチェックしてみましょう!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい

/****とりもち******************************/