1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEMOでもeSIMは使える!手続き方法~メリット、注意点まで紹介

LINEMOでもeSIMは使える!手続き方法~メリット、注意点まで紹介

LINEMOに乗り換える場合、従来通りのSIMカードか、eSIMかを選択することができます。eSIMであれば、LINEMOへの乗り換え手続きが即日で終了するため、eSIMに関心がある方も多いのではないでしょうか。この記事では、LINEMOでeSIMを使う際の手続き方法やメリット、注意点を解説するとともに、LINEMOに関するよくある質問をQ&A形式で解説します。

LINEMOへの乗り換え手続きの際、従来通りのSIMカードか、eSIMかを選択することができます。

eSIMはスマホ埋込み型のSIMカードですので、従来のSIMカードのように、物理的に手で触り、抜き差しするものではありませんが、eSIMを使うことで、LINEMOへの手続きが即日で終了しますよ。

ここでは、LINEMOでeSIMを使うメリットや注意点、申込み手順までを解説。さらに、よくある質問をQ&Aとしてまとめています。

LINEMOへの乗り換えを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

LINEMOで使えるeSIMとはスマホ一体型SIMのこと

LINEMO eSIM

eSIMとは、スマホに内蔵されている、スマホ一体型のSIMのことです。

従来のSIMカードは、携帯会社を乗り換えたり、機種変更をしたりする際、新しいカードが届くのに時間が必要でしたし、紛失や破損の恐れが大きいものでした。

eSIMであれば、そのような心配はなく、SIMカードの差し替えが不要のため、時間や手間を省いてLINEMOへの乗り換え手続きを行うことが可能になります。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOでeSIMを使う2つのメリット

LINEMO eSIM

LINEMOでeSIMを使うメリットは、2つです。

  • 2つの回線を利用できる
  • SIMカードを入れ替える必要がない

詳しく見ていきましょう。

2つの回線を利用できる

eSIMはスマホ本体と一体化しているSIMカードですが、スマホ本体には、従来のSIMカードの差込口も付いています。

そのため1つのスマホで、2回線を使用することが可能になりました。

1つの番号をプライベート用、1つの番号をビジネス用とすることで、スマホを2台持つよりもお得で便利。

SIMの回線は、設定の「モバイル通信」から、オンにしたいキャリアを選ぶだけで切り替わります。

SIMカードを入れ替える必要がない

従来の物理的なSIMカードを使用するときは、使用する端末に入っているSIMカードを取り出し、新しいSIMカードを挿入することで、回線の切り替えを行っていました。

しかし、eSIMの場合は、既にスマホ本体にSIMカードが入っている状態です。

携帯電話会社を変更しても、SIMカードを入れ替える必要がありませんので、切り替えの際のひと手間がなくなったことになります。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOでeSIMを使う際の注意点

LINEMO eSIM

LINEMOでeSIMを使う際は、以下の点に注意しましょう。

  • 対応機種が少ない
  • LINEMOでは機種変更ができない
  • LINEMOではスマホ本体が購入できないため乗り換え前に購入が必要
  • SIMロック解除が必要
  • MNP予約番号が必要

今後の発展により、変わってくる部分は多くあるでしょう。

対応機種が少ない

eSIMは、まだ出てきたばかりのSIMカード。その対応機種はまだ少ないです。

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(2020・第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 4

LINEMO自体で動作確認済端末であるけれど、eSIMには対応していないというスマホは多いです。

eSIMを使いたいという人は、はじめに自分の使いたいスマホがeSIMに対応しているかどうかをチェックしてから用意しましょう。

LINEMOでは機種変更ができない

LINEMOではスマホ本体を販売していないので、契約後に機種変更をしようと思っても、できません。

LINEMO契約後にスマホを機種変更したいときは、2つの方法があります。

  • 一度ソフトバンクに戻して機種変更をする
  • SIMフリースマホを用意する

一度ソフトバンクに戻して機種変更をした場合、SIMロック解除をする必要があります。

ソフトバンクオンラインで手続きをする場合は無料で手続き可能ですが、店舗で手続きをする場合、機種変更したい端末を購入した当日であればSIMロック解除手続きは無料。

翌日以降は3,300円(税込)のSIMロック解除手数料が必要になりますので注意しましょう。

SIMフリースマホは、iPhoneであればApple storeで購入できるほか、家電量販店や中古市場でも購入可能。Androidスマホも、家電量販店や中古市場で購入できます。

中古の場合は赤ロムの可能性もあるため、心配な方は新品を購入するのがおすすめです。

おすすめの人気中古スマホを紹介した記事がありますので、中古スマホの購入を検討されている方はあわせてお読みください。

LINEMOではスマホ本体が購入できないため乗り換え前に購入が必要

上記でもお伝えしたように、LINEMOではスマホ本体が購入できないため、機種変更ができません。

機種変更を考えている人は、LINEMOへの乗り換え前に、スマホ本体を購入しておくとよいでしょう。

スムーズに新しいスマホでLINEMOを使い始めることができるはずです。

SIMロック解除が必要

eSIM対応のスマホを手に入れたら、そのまま乗り換えられるわけではありません。

現在使っているスマホや、ソフトバンクのオンラインショップで購入したスマホを今後利用したい場合は、先にSIMロック解除が必要です。

ちなみに、SIMフリースマホを購入した方や、ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOへのプラン変更の場合は、SIMロック解除手続きは不要となります。

MNP予約番号が必要

現在使用している携帯番号をそのまま使用したいという場合は、MNP予約番号の取得が必要になります。

携帯電話会社からMNP予約番号が発行されたら、手続きをするまで、しっかりと保管しておきましょう。

MNP予約番号には、15日間の有効期限があります。

15日経過すると一旦は無効となりますが、無料で再発行が可能です。

SIMロック解除と同じく、ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOへのプラン変更の場合は、MNP予約番号は不要となりました。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOでeSIMを使う際の申し込み手順

LINEMO eSIM

LINEMOでeSIMを使う際の申し込み手順を見てみましょう。

  1. SIMロック解除
  2. MNP予約番号の取得
  3. LINEMO申し込み
  4. SIMの選択
  5. APN設定を行う

ソフトバンク・ワイモバイルからのプラン変更の人は、SIMロック解除とMNP予約番号の取得が不要のため、さらに簡単な手続きとなりますね。

SIMロック解除

SIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限を無くし、その端末をどこの携帯電話会社でも使用できるようにする手続きのことです。

通常SIMロック解除手数料がかかりますが、3大キャリアすべてが、オンラインで手続きする場合に限り、無料と発表しています。

ソフトバンクの場合

SIMロック解除手数料金額(税込)対応時間
オンライン無料9時~21時
店舗3,300円店舗の営業時間内

ドコモの場合

SIMロック解除手数料金額(税込)対応時間
オンライン無料24時間受付
店舗3,300円店舗の営業時間内
電話3,300円9時~20時

auの場合

SIMロック解除手数料金額(税込)対応時間
オンライン無料9時~21時30分
店舗3,300円店舗の営業時間内

iPhoneでSIMロックを解除する方法をキャリアごとにまとめた記事がありますので、あわせてご覧ください

MNP予約番号の取得

現在の電話番号をそのまま使用したいという人は、MNP予約番号を取得して、電話番号の引き継ぎ手続きをします。

それぞれが使用している携帯電話会社に連絡の上、取得しましょう。

MNP予約番号の取得に関して、以前は手数料が必要でしたが、2021年4月より店頭、WEB、電話窓口いずれの申込みでも無料となりました。

ちなみにMNP予約番号も、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはLINEMOへのプラン変更の際、取得の必要はありません。

LINEMO申し込み

事前準備ができたら、申し込みです。

LINEMOの公式ページから、「今すぐ申し込む」を選択し、表示される画面に沿って進んでいきましょう。

携帯番号をそのまま使うか、新しい番号を発行するかは、こちらで選択します。

SIMで2回線使いたいという場合は、「新しい電話番号で契約する」を選択することで、発行が可能になります。

SIMの選択

利用するSIMの種類の選択は、ここで行います。SIMカードか、eSIMのどちらかです。

どちらかを選択し、本人確認書類やクレジットカードを用意し、入力・アップロードを終えれば、申し込みは完了です。

SIMの種類をSIMカードと選択した人は、1日~2日、新しいSIMカードが届くのを待ちましょう。届いてから、回線の切り替え手続きを行います。

SIMカードは、申込みの混雑状況により届くのが遅れる場合がありますので、余裕を持って切り替えることが重要です。

eSIMを選択した人は、既にSIMカードは端末の中にありますので、即日回線の切り替え手続きに進むことができるようになります。

APN設定を行う

eSIMの人は即日、SIMカードの人はカードが届くのを待って、最後にAPN設定を行いましょう。

このスマホで、どの携帯電話会社を通してデータ通信を行うかを指定するための手続きです。

LINEMOのAPN設定は、以下の通り。

iPhoneの場合

  1. APN構成プロファイルをダウンロードする
  2. プロファイルのダウンロードを許可
  3. 設定>「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップ
  4. インストール
  5. パスコードを入力
  6. インストール
  7. 完了

Androidの場合

  1. 設定からネットワークとインターネット>モバイルネットワークを選択
  2. アクセスポイント名をタップ
  3. LINEMOのAPNを選択/追加する
  4. APN一覧からLINEMOのAPNを選択し、完了

物理型SIMからeSIMへの変更方法

LINEMO eSIM

物理型SIMを選んだけれど、やはりeSIMへ変更したいという場合も、LINEMOは対応可能です。

  1. LINEMOのSIM変更ページにアクセス
  2. 「eSIM」を選択
  3. LINEMOにログイン
  4. セキュリティ番号入力と本人確認

対応時間は9時~20時の間ですので注意しましょう。

LINEMOの詳細はこちら

eSIMから物理型SIMへの変更方法

LINEMO eSIM

eSIMを選んだけれど、物理型SIMに変更したいという場合にも、LINEMOは対応しています。

  1. LINEMOのオンラインチャットで申し出
  2. 物理型SIMが届いたら、LINEMO申込み窓口に電話をかけて回線の切り替え手続きをする
  3. 手続きから1時間ほどで利用可能に

オンラインチャットは9時~20時、LINEMO申込み窓口は9時~19時と時間が決まっていますので注意しましょう。

LINEMOの詳細はこちら

eSIM再発行はMy menuから無料で行える

LINEMO eSIM

eSIMを再発行したい場合、LINEMOでは無料で行えます。

受付時間は9:00~21:00。LINEMOのMy menuから再発行可能です。

eSIMを再発行する場合は、eSIMを設定するスマホ以外の端末から行いましょう。パソコンからLINEMOに簡単にアクセスできます。

  1. My menuへログイン
  2. 「ご契約内容をみる」をクリック
  3. eSIM設定の「設定する」を選択
  4. eSIM再発行申込み>申込みする
  5. LINEMOの携帯電話番号または登録済メールアドレスにセキュリティ番号を送信
  6. 届いたセキュリティ番号を入力し、本人確認をするをクリック
  7. Web(My menu)で確認するにチェック→申込

手続き完了後、eSIM再発行は10~15分ほどで行われます。

eSIMの再発行が終わったら、「eSIMプロファイル発行完了のお知らせ」のメールで届くURLから、eSIMのQRコード表示画面に移動しましょう。

このQRコードを、eSIMを設定するスマホで読み取り、回線の切り替え手続きは完了です。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOのeSIM利用に関するQ&A

LINEMO eSIM

LINEMOのeSIMに関するよくある疑問をまとめました。

eSIMは発行までにどれくらいの時間がかかる?

eSIMの発行は、即日可能です。

SIMカードの発行は申込後郵送で行われますので、通常1日~2日、申込み状況によっては、もっとかかる可能性があり、その間、LINEMOへの切り替え手続きをすることができません。

eSIMの発行は、SIMカードの到着を待つ時間が必要ありませんので、自分の好きなタイミングで切り替え手続きをすることができますよ。

スマホ端末を変更したあとの設定で必要なeSIMの再発行の場合も、申込みから発行までは10分~15分ほどの時間で行えます。

eSIM発行に年齢制限はある?

LINEMOは、18歳以上の個人のみの契約となります。

eSIM発行をする人が、18歳、19歳の場合は、契約者の本人確認書類のほかに、

  • 親権者の本人確認書類
  • 同意書

が必要になります。

18歳未満の方の場合は、本人名義での申込みはできませんので、20歳以上の方が契約者となり、利用者として登録することが可能です。

まとめ

SIMカードよりも便利なeSIMについてご紹介しました。

eSIMはSIMカードと違い、スマホ一体型のため、紛失や破損の恐れもなく、SIMカードの到着を待つ必要がないので、LINEMOへのプラン変更後、即日切り替え手続きが可能です。

eSIMという言葉を聞いたことがあるけれど、どんなものか分からないという人は、この機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

LINEMOの詳細はこちら

SHARE!!

あわせて読みたい