1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMとiPhone SEの組み合わせはお得か検証してみました

格安SIMとiPhone SEの組み合わせはお得か検証してみました

更新日:2019.10.30

iPhone SEで格安SIMを使いたいという方は多いのでは。小型で使いやすいiPhone SEは安価で購入でき、格安SIMとの相性ばっちり。格安SIMとiPhoneの組み合わせが本当にお得になるのか検証してみました!iPhone SEの購入方法からどの格安SIMがおすすめかなど、必要な情報を徹底解説します。

今話題の格安SIMでiPhone SEを使いたいという方は多いと思います。ただ、iPhoneシリーズを使うとなると月額料金が気になってしまいますよね。そこで、今回は格安SIMとiPhone SEの組み合わせでどれだけお得になるのか検証してみました!iPhone SEをすでに持っている方、これからiPhone SEを購入したい方それぞれにおすすめのお得な組み合わせも紹介します。

出典:Apple

格安SIMでiPhone SEがお得になるって本当?

iPhoneシリーズの中でも比較的安価なiPhone SE。「もし格安SIMで利用できたら安く使えるのでは?」と考えている方も多いでしょう。

実は、格安SIMでiPhone SEを利用することで、月額料金を節約できます。それでは、格安SIMとiPhone SEでどれだけお得に使えるか検証した結果を見ていきましょう。

格安SIMとiPhone SEの組み合わせでこんなに安くなる!

docomoで契約した場合
ベーシックパック(5GBまで):5,400円
カケホーダイライトプラン:1,836円
spモード:324円
iPhone SE(32GB):実質648円/月(月々サポート適用時、分割)
計 8,208円
UQモバイルで契約した場合
おしゃべりプランM(最大9GB):3,218円
iPhone SE(32GB):実質432円/月(マンスリー割適用時、分割)
計 3,650円

分割金額は金額調整の初回分を除く。金額は2018年10月4日時点

上記は、iPhoneSE 32GBをdocomoで契約した場合と、同じくiPhoneSE 32GBを取り扱うUQモバイル(ユーキューモバイル)で契約した場合の月額料金を比較したものです。UQモバイルではdocomoの半額以下の料金になっています!しかも、UQモバイルのおしゃべりプランMは増量オプション(2年無料)と特盛キャンペーンを適用した場合、データ容量が4GBも多いのです。

docomoのカケホーダイライトプランに該当する内容が、UQモバイルのプランには含まれていないのでは?と疑問に思う方もいると思います。実は、UQモバイルのおしゃべりプランにカケホーダイライトプランと同じ5分以内のかけ放題サービスが含まれています。そうすると、すべての面で上回っているうえに安いという結果になるのです!

  • 格安SIMとiPhone SEを組み合わせるとキャリアに比べて毎月4,558円もお得だった!

ということで、格安SIMとiPhone SEを組み合わせると、とってもお得になるということがわかりました。

格安SIMで使うiPhone SEを手に入れる、おすすめの方法は?

格安SIMでiPhone SEを使うには、まずiPhone SE本体を手に入れる必要があります。すでにキャリア版のiPhone SEを利用しているならそのまま持ち込み利用ができますし、SIMフリー版を購入する方法や、中古端末を手に入れる方法もあるので確認しておきましょう。

iPhone SEを入手する方法

  • キャリア版のiPhone SEを格安SIMでも利用する
  • 格安SIMの端末セットを購入する
  • SIMフリー版をのiPhone SEを購入する
  • 中古スマホ店やオークションで中古を購入する

すでにdocomo、au、SoftBankでキャリア版のiPhone SEを利用している方は、持っているiPhone SEを格安SIMでそのまま使う方法があります(SIMロック解除が必要な場合があります)。この方法ではスマートフォンを新規購入しないので、費用を抑えるという観点ではもっともお得です。

格安SIMとiPhone SEの組み合わせでお得に利用するためには、格安SIMの端末セットを購入する方法もおすすめです。本体代金の割引サポートなどが付くこともあるため、これらの割引を含めて安く使える場合があります。

続いては、SIMフリー版を購入する方法。SIMフリーのiPhone SEを手に入れれば、ほとんどのMVNOで利用可能です。ただし、通信事業者による端末割引などがないため、本体代金をすべて負担することになります。iPhone XS/XS Maxの発表とあわせて、Apple Store(オンラインストア)でのiPhone SEの販売は終了しました。SIMフリーのiPhone SEの新品が欲しい場合は、 Apple Premium Resellerや家電量販店などのApple製品取扱店で購入できます。

最後に中古スマホ店やオークションで中古を購入する方法。中古ということもあり、新品に比べて安く手に入ります。状態にもよりますが新品の半額程度で購入できる場合もあるため、MVNOの端末セットよりも安くなるケースも多いです。ただし、常にいい状態のものがあるわけではないので、購入までに時間がかかってしまいます。中古の購入に慣れていない方は注意が必要です。

docomo、au、SoftBankなどのキャリア版iPhone SEは、使う格安SIMによってはSIMロック解除が必要な場合があります。SIMロックがかかった端末を中古で購入しても希望のSIMカードで使えない可能性があるので確認しておきましょう。

iPhone SEをセット購入できる格安SIM・MVNO

iPhone SEをセットで申し込めるお得なプランがあります。本体分割代金を含めても月額2,000円台から使えるSIMカードもあります。おすすめのMVNOをいくつか紹介しますので、プランを比較して選びましょう。

UQモバイル(ユーキューモバイル)× iPhone SE


出典:UQモバイル

UQモバイルはau回線網を利用した格安SIMで、iPhone 6sとiPhone SEを扱っています。iPhone 6sは32GBと128GB、iPhone SEは32GBの機種を購入できます。公式サイトで実測No.1をうたうUQモバイルは通信速度も安定しているので、初めて格安SIMを利用する方におすすめです。

iPhone SEを分割購入した場合の月額料金

iPhone SE 32GBを
セット購入
月額2,570円~(おしゃべり/ぴったりプランS(最大3GB):2,138円+本体代金:実質432円/月)

スマトク割、イチキュッパ割を含む。データ容量はオプション・キャンペーン適用時。本体代金はマンスリー割適用時。2018年10月4日時点

UQモバイルでは対象機種をセットで申し込むと、マンスリー割が適用されます。この割引を適用すると実質の分割支払い金額は安くなるので、最大3GBの高速通信が使えるおしゃべり/ぴったりプランSならiPhone SE 32GBの分割代金を含めて月額2,570円から使うことが可能です。

UQモバイルのメインプランは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2種類ですが、前者は国内通話5分かけ放題、後者はプランに応じた無料通話分が付いてくるという違いがあります。データ容量は同じなので、通話頻度や通話時間に合わせてプランを選びましょう。

おしゃべり/ぴったりプランの違い

おしゃべりプラン
1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題
ぴったりプラン
月ごとに無料通話分(S:最大60分、M:最大120分、L:最大180分)が付いてくる


UQモバイル各プランの基本料金は以下のとおりですが、データ特盛キャンペーン(2018年9月1日~)を適用すればプランSは最大3GB、プランMは最大9GB、プランLは最大21GBへデータ容量が増量されるのでさらにお得に使えます。

UQモバイルの基本料金表

UQモバイル月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度SIM枚数
データ高速プラン980円1,680円
(2019年9月30日までの受付)
3GB下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン1,980円2,680円
(2019年9月30日までの受付)
無制限最大500kbps1枚
おしゃべり/
ぴったりプランS
(2019年9月30日までの受付)
-1,980円
(14カ月以降は2,980円)
最大3GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は2GB)
下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
おしゃべり/
ぴったりプランM
(2019年9月30日までの受付)
-2,980円
(14カ月以降は3,980円)
最大9GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は6GB)
下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
おしゃべり/
ぴったりプランL
(2019年9月30日までの受付)
-4,980円
(14カ月以降は5,980円)
最大21GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は14GB)
下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
スマホプランS-1,980円3GB下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
スマホプランM-2,980円3GB下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
スマホプランL-3,980円14GB下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
1枚
期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!5,000円分キャッシュバック!
【SIMチェンジ限定】10/1から新登場の「スマホプラン」の申し込みで、3,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

Y!mobile(ワイモバイル)× iPhone SE


出典:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)でも、iPhone SEとiPhone 6sが提供されています。こちらは32GB/128GBの容量を揃えており、S/M/Lの3種類で展開されている「スマホプラン」で契約可能です。データ容量2倍オプションによって最大2年間は追加料金なしでデータ容量が2倍となるお得さが魅力です。

iPhone SEを分割購入した場合の月額料金

iPhone SE 32GBを
セット購入
月額2,138円~(スマホプランS(最大3GB):2,138円+本体代金:実質0円/月)
iPhone SE 128GBを
セット購入
月額2,678円~(スマホプランS(最大3GB):2,138円+本体代金:実質540円/月)

月額割引、ワンキュッパ割を含む。データ容量はデータ増量オプション適用時。2018年10月4日時点

スマホ購入に伴う月額割引も含めると、iPhone SE 32GBは実質0円/月の負担金額となり、UQモバイルよりも安く使えます。

データ容量はキャンペーン適用時のUQモバイル おしゃべり/ぴったりプランと同様の最大データ容量で使えますが、Y!mobile スマホプランは「国内10分かけ放題」が付属しており、通話定額対象の時間がUQモバイル おしゃべりプランの5分かけ放題よりも長い点が強みです。また「スーパーだれとでも定額(月額1,080円)」を追加すれば、時間も回数も無制限で国内通話かけ放題が使えます。

これらの特徴を踏まえると、iPhone SEの32GBモデルを購入する場合、そして通話が多い方はY!mobileでセット購入したほうがお得になる可能性が高いです。

Y!mobileの月額料金表

Y!mobile基本月額料金新規割適用
(6カ月間)
おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス」適用高速通信容量SIM枚数
スマホベーシックプランS2,680円-700円-500円4GB/月(2年経過後:3GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランM3,680円12GB/月(2年経過後:9GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランR4,680円17GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
「データ増量無料キャンペーン」データ増量オプション(500円/月)が2年間無料となります。2年経過後は、「データ増量オプション」の料金として、500円/月がかかります。
期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイル × iPhone SE


出典:楽天モバイル

楽天モバイルではiPhone SEの海外販売モデル、iPhone 6s Plusのメーカー認定整備済品がセット販売されていますが、iPhone SEは16GB/32GB/64GBモデルの3種類を取り扱っています。

基本プランは10分かけ放題をオプションで付けるか選べる「組み合わせプラン」と、10分かけ放題が基本料金に含まれた「スーパーホーダイ」の2種類があり、それぞれ特徴が異なるので確認しておきましょう。

組み合わせプランでセット購入時の月額料金

組み合わせプラン」は、データSIM(SMSなし)、050データSIM(SMSあり)、通話SIMの3種類があります。楽天モバイルの格安SIMにはdocomo回線とau回線がありますが、au回線ではデータSIM(SMSなし)が提供されていません。通話SIMにはオプションで「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル(月額918円)」を追加でき、かけ放題を付けるか選べる点が、スーパーホーダイとの大きな違いです。

また提供されているプランのデータ容量も異なり、高速通信なしの激安ベーシックプランから、最大30GBプランまで幅広く対応しています。基本料金は以下のとおり。

組み合わせプランの月額料金表

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
SIM枚数
ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

Y!mobile スマホプランSやUQモバイル おしゃべりプランSとほぼ同じデータ容量の3.1GBプランで比較してみると、セット購入した場合の月額料金は若干高いです。オプションで10分かけ放題を利用する場合はさらに高くなるので、月額料金だけでいえばY!mobileやUQモバイルのほうが安く使える可能性が高いでしょう。

iPhone SEセットを分割購入した場合(3.1GBプラン)

iPhone SE 16GB
月額2,604円~(通話SIM 3.1GBプラン:1,350円 + 本体代金:1,254円/月)
iPhone SE 32GB
月額3,366円~(通話SIM 3.1GBプラン:1,350円 + 本体代金:2,016円/月)
iPhone SE 64GB
月額3,456円~(通話SIM 3.1GBプラン:1,350円 + 本体代金:2,106円/月)

2018年10月4日時点

ただし楽天モバイル 組み合わせプランは「最低利用期間が約1年」のみで、自動更新契約の縛りがない点にはメリットがあります。またキャンペーンが開催されていればさらに安く申し込める可能性もあるので、公式サイトで料金は比較しておきましょう。

スーパーホーダイでセット購入時の月額料金

スーパーホーダイ」は、国内10分かけ放題が基本料金に含まれているセットプランです。組み合わせプランとは違い、docomo回線の通話SIMのみが提供されています。

データ容量はプラン(2GB)、プランM(6GB)、プランL(14GB)、プランLL(24GB)の4種類。基本料金は楽天会員ランクが高いほど安く、最低利用期間の契約が長いほど安くなるのが特徴です。

下記の月額料金表を見てわかるとおり基本料金だけなら最安1,059円からと激安で、かけ放題付きの格安SIMプランの中では屈指の安さで使えるのがおすすめポイントです。

スーパーホーダイの月額料金表

iPhone SEをセット購入した場合の月額費用を見てみると、Y!mobileの月額割引、UQモバイル マンスリー割のような端末購入に伴う割引特典がスーパーホーダイにはないので、合計金額は少し高くなります。

スーパーホーダイ プランS(2GB)、ダイヤモンド会員、最低利用期間3年の場合

iPhone SE 16GB
月額2,313円~(プランS(2GB):1,059円 + 本体代金:1,254円/月)
iPhone SE 32GB
月額3,075円~(プランS(2GB):1,059円 + 本体代金:2,016円/月)
iPhone SE 64GB
月額3,165円~(プランS(2GB):1,059円 + 本体代金:2,106円/月)

2018年10月4日時点

スーパーホーダイ プランS(2GB)、楽天会員、最低利用期間3年の場合

iPhone SE 16GB
月額2,853円~(プランS(2GB):1,599円 + 本体代金:1,254円/月)
iPhone SE 32GB
月額3,615円~(プランS(2GB):1,599円 + 本体代金:2,016円/月)
iPhone SE 64GB
月額3,705円~(プランS(2GB):1,599円 + 本体代金:2,106円/月)

2018年10月4日時点

しかしながら、多少月額料金が高くなってもスーパーホーダイを利用するメリットはいくつかあります。1つ目が「定期契約がない」こと、2つ目が「データ容量を使い切ったあとも最大1Mbpsで使える」ことです。

スーパーホーダイでは1年、2年、3年から最低利用期間を選ぶことが可能ですが、これはあくまで最低利用期間なので、期間を過ぎてしまえば解約金はかかりません。Y!mobileやUQモバイルは約2年ごとの更新契約があるので、自動更新に縛られない点がメリットです(Y!mobileは定期契約なしも選べますが、その場合は月額料金が高くなります)。

またスーパーホーダイ独自の特典で「データ容量を使い切ったあとも、最大1Mbpsで使える(12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps)」メリットがあります。つまり昼と夕方以外はデータ容量を超えてもそこそこ快適にインターネットを使える可能性が高いので、月間データ容量を超えそうなヘビーユーザーの方にもおすすめです。

特にY!mobile スマホプランは、月間データ容量を超えると最大128Kbpsとかなりの低速に制限されます。最大128Kbpsは普通に使うのがかなり厳しい通信速度なので、こういった速度制限内容も含めるなら、使い方によっては多少月額料金が高くてもスーパーホーダイを選ぶ理由になるでしょう。

Y!mobile、UQモバイル、楽天モバイルのデータ容量超過後 通信速度

Y!mobile
スマホプラン
最大128kbps
UQモバイル
おしゃべり/ぴったりプラン
最大300kbps
楽天モバイル
スーパーホーダイ
最大1Mbps
(12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps)

また3日間のデータ利用量によって通信速度制限を行う「3日制限」も、楽天モバイルにはありません。UQモバイルには3日で6GB使った場合に速度を制限される可能性があるので、3日制限の視点からみても楽天モバイル スーパーホーダイはおすすめです。

3日制限の比較

Y!mobile
スマホプラン
なし
UQモバイル
おしゃべり/ぴったりプラン
直近3日間の通信量が6GBを超えた場合、ネットワークの品質および利用の公平性確保を目的に、通信速度を制限する場合がある
楽天モバイル
スーパーホーダイ
なし

上記の比較からわかるように、スーパーホーダイは他社格安SIMのかけ放題セットプランと比較して、速度制限の内容が厳しくない点にメリットがあります。現在iPhoneを使っていて低速制限にかかることが多かった方は、楽天モバイルのスーパーホーダイを乗り換え先として検討することをおすすめします。

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)× iPhone SE


出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル(ビックローブSIM)では、iPhone 6sとiPhone SEを扱っています。こちらも32GB/128GBの容量を揃えています。BIGLOBEモバイルは、「BIGLOBEでんわ」「エンタメフリー・オプション」といった魅力的なオプションが多いMVNOです。

BIGLOBEモバイルではdocomo回線とau回線のプランを取り扱っているのですが、iPhone SEをセット契約する場合は「スマホまる得プラン」のみが対象となっており、またタイプA(au回線)でのSIMカード契約となることに留意しておきましょう。

iPhone SEを分割購入した場合の月額料金

iPhone SE 32GBを
セット購入
月額3,327円~(スマホまる得S+プラン(3GB):2,409円 +「ベーシック」コース:216円 + アシストパック月額加算料:1,836円 – 対象端末値引き特典:1,134円)
iPhone SE 128GBを
セット購入
月額3,759円~スマホまる得S+プラン(3GB):2,409円 +「ベーシック」コース:216円 + アシストパック月額加算料:2,268円 – 対象端末値引き特典:1,134円)

2018年10月4日時点

スマホまる得プランでiPhone SEをセット購入した場合の月額料金をみると、同じデータ容量プランではUQモバイルやY!mobileよりも若干高め。不定期でキャンペーンが開催されていることもあるので、お得に申し込めるタイミングで契約できるかが重要なポイントです。

基本料金には「10分かけ放題」もしくは「通話パック90」が含まれており、通話もお得に使えます。ユーザーは好きなほうを選べます。

10分かけ放題と通話パック90の違い

10分かけ放題
10分以内の国内通話が何度でもかけ放題
通話パック90
最大90分の国内通話が無料
2019.10.31まで
【SIMチェンジ限定】BIGLOBEモバイル Gポイントプレゼント
初期費用無料キャンペーン&SIMチェンジ限定特典で4,394円お得!
SIMチェンジ限定Gポイント(1,000円相当)プレゼントを受けるには、クーポンコード「DGC」を申し込み時に入力してください!!
音声通話SIMと同時に申し込むとエンタメフリー・オプションとセキュリティセット・プレミアムのオプション月額料金最大6カ月間無料のキャンペーンも実施中!
詳細をチェック
公式サイトへ

SIMカードのみ契約でiPhone SEを使うならどれ?

すでに格安SIMで使えるキャリア版iPhone SEを持っている、もしくはApple取扱店や中古でSIMフリー版iPhone SEを手に入れて使う場合には、SIMカードのみを申し込んで使います。

すでに紹介した格安SIMはiPhone SEとセット購入が可能なサービスでしたが、SIMカードのみ契約する場合は、どの会社のプランを申し込むとお得に使えるのでしょうか?見てみましょう。

契約するMVNOを決めるときは「何を重視するか?」という点を考えると決めやすくなります。例えば、とにかく安く使いたいという方は「安さ」を重視したMVNO、毎月一定以上の通話をするという方はかけ放題のオプションが用意されている「通話」を重視したMVNOがおすすめです。

安さで選ぶなら

LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイル(ラインモバイル)は、docomo回線とSoftBank回線のプランを提供する格安SIMです。LINEフリープラン 1GBなら通話SIMでも月額1,296円からと、最安級の月額料金で使える点がおすすめポイント。通話オプションでは10分電話かけ放題オプション(月額950円)にも対応しており、電話もお得にかけられます。

またLINEモバイルでiPhone SEを使ううえでおすすめなのが「データフリー」機能。各プランに対応したSNSなどのサービス利用ではデータ容量を消費しないので、例えばLINEをメインに使うであるとか、Instagramへ写真をアップロードすることの多いユーザーはデータ容量を節約可能です。

LINEモバイルで動作確認のとれているiPhone SE

SIMフリー版(A1723)
docmo回線:データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.0で動作確認

SoftBank回線:データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.0で動作確認

docomo版(A1723)
docmo回線:データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 9.3で動作確認

SoftBank回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.4で動作確認

au版(A1723)
docmo回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 10.3.3で動作確認

SoftBank回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.4で動作確認

SoftBank版(A1723)
docmo回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 10.3.3で動作確認

SoftBank回線:データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.4で動作確認

Y!mobile版(A1723)
docmo回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.2で動作確認

SoftBank回線:SIMロック解除が必要。データ通信◯、音声通話◯、テザリング◯、iOS 11.2で動作確認

LINEモバイルの月額料金表

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
SIM枚数
LINEフリープラン 1GB500円620円1,200円1GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,110円1,690円3GB/月1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,810円2,390円3GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,640円2,220円5GB/月1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,140円2,720円5GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,300円2,880円7GB/月1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,700円3,280円7GB/月1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,640円3,220円10GB/月1枚
MUSIC+プラン
10GB
-2,940円3,520円10GB/月1枚
au回線はLINEフリープランのデータSIMプランの提供がありません。
終了日未定
スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン
キャンペーンコード入力で5,000LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中にコミュニケーションフリーまたはMUSIC+プランの音声通話SIMの契約・利用開始で月額基本利用料5カ月間半額!初月はどの容量でも600円!
さらに申し込み時に「1908WA05」入力でLINEポイント5,000ポイントプレゼント 詳細をチェック
公式サイトへ

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)も、月額料金の安いプランで有名なMVNOです。docomo回線網を利用したSIMカードを提供しており、高速通信なしのライトプランなら通話SIMでも月額1,232円から使えます。

10分かけ放題オプションを月額918円で追加することもできるので、通話料金もお得。SIMフリー版とdocomo版のiPhone SEであれば、SIMロック解除なしで利用可能です。

DMM mobileで動作確認のとれているiPhone SE

SIMフリー版
LTE◯、テザリング◯、アンテナピクト表示◯(VoLTE有効時)、iOS 12.0で動作確認
docomo版
LTE◯、テザリング◯、アンテナピクト表示◯(VoLTE有効時)、iOS 11.4.1で動作確認
au版
SIMロック解除が必要。LTE◯、テザリング◯、アンテナピクト表示◯(VoLTE有効時)、iOS 11.4.1で動作確認
SoftBank版
SIMロック解除が必要。LTE◯、テザリング◯、アンテナピクト表示◯(VoLTE有効時)、iOS 11.4.1で動作確認

DMM mobileの月額料金表

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン440円‭590‬円1,140円-最大200kbps1枚
1GBプラン480円‭630‬円1,260円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン770円‭920‬円1,380円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン850円1,000円1,500円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,210円1,360円1,910円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン1,860円2,010円2,560円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン1,980円2,130円2,680円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,190円2,340円2,890円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,280円3,430円3,980円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン3,980円4,130円4,680円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

かけ放題オプションで選ぶなら

通話料金もお得な格安SIMを利用したい方は、各社が提供している通話SIMのかけ放題オプションを比較しておきましょう。オプションによって定額対象となる時間が異なるので、自分のかける通話時間に合わせたプランを選んでみてください。

タイプ別かけ放題オプション表

格安スマホオプション料金
国内通話3分かけ放題
BIGLOBEモバイルBIGLOBEでんわ 選べる通話オプション(3分)
月額648円(国内通話1回あたり3分以内)
IIJmio通話定額オプション(3分)
月額648円(国内通話1回あたり3分以内)
※同一mioID間は定額対象の時間が10分以内へ延長
U-mobileU-CALL MAX(U-mobile MAX 25GBのみ)
月額540円(国内通話1回あたり3分以内 ※50回まで)
国内通話5分かけ放題
b-mobile通話5分かけ放題
月額540円(国内通話1回あたり5分以内)
TONEモバイル090電話かけ放題オプション
月額810円(国内通話1回あたり5分以内)
J:COM MOBILEかけ放題5分
月額918円(国内通話1回あたり5分以内)
国内通話10分かけ放題
OCN モバイル ONE10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
IIJmio通話定額オプション(10分)
月額896円(国内通話1回あたり10分以内)
※同一mioID間は定額対象の時間が30分以内へ延長
イオンモバイルイオンでんわ10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
楽天モバイル楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル(組み合わせプラン)
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
BIGLOBEモバイルBIGLOBEでんわ 選べる通話オプション(10分)
月額896円(国内通話1回あたり10分以内)
DMM mobile10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
DTI SIMおとくコール10
月額886円(国内通話1回あたり10分以内)
FiimoFiimoおトクでんわ 10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
LIBMO10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
LinksMate10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
mineomineoでんわ 10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
LINEモバイル10分電話かけ放題
月額951円(国内通話1回あたり10分以内)
@モバイルくん。モバイルくんでんわ10分かけ放題
月額1,080円(国内通話1回あたり10分以内)
NifMoNifMo 10分かけ放題
月額897円(国内通話1回あたり10分以内)
QTmobile10分かけ放題
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
スマモバスマート通話定額プレミアム
月額918円(国内通話1回あたり10分以内)
その他
OCN モバイル ONEトップ3かけ放題
月額918円(国内通話料上位3番号の通話料が0円)
OCN モバイル ONEかけ放題ダブル
月額1,404円(国内通話1回あたり10分以内 & 国内通話料上位3番号の通話料が0円)
スマモバスマート通話定額60
月額430円(国内通話1回あたり1分以内:1日50回まで)
Y!mobileスーパーだれとでも定額(スマホプランS/M/L)
月額1,080円(国内通話が時間、回数無制限でかけ放題)
※スマホプランS/M/Lには10分かけ放題が付属
@モバイルくん。モバイルくんでんわかけ放題ダブル
月額1,620円(国内通話1回あたり10分以内 & 国内通話料上位3番号の通話料が0円)

回線で選ぶなら

以前はdocomo回線網を利用した格安SIMばかりでしたが、最近はau回線とSoftBank回線を使った格安SIMサービスも増えてきました。キャリア版iPhone SEでも回線との組み合わせによってはSIMロック解除なしで使える場合もあるので、公式サイトで確認してみましょう。

au回線網を利用した格安SIM

au回線公式サイト
UQモバイル公式を確認
mineo
Aプラン
公式を確認
IIJmio
タイプA
公式を確認
BIGLOBEモバイル
タイプA
公式を確認
イオンモバイル
タイプ1 au回線
公式を確認
QTmobile
Aタイプ
公式を確認
Fiimo
Aプラン
公式を確認
J:COM MOBILE
au回線プラン
公式を確認
楽天モバイル
au回線
公式を確認

SoftBank回線網を利用した格安SIM

SoftBank回線公式サイト
Y!mobile公式を確認
LINEモバイル
ソフトバンク回線
公式を確認
U-mobile S公式を確認
b-mobile S公式を確認
QTmobile
Sタイプ
公式を確認
nuromobile
ソフトバンク回線
公式を確認
スマモバ
(S)プラン
公式を確認
H.I.S.モバイル公式を確認
mineo
Sプラン
公式を確認

契約に必要なものを用意しよう

下記は、契約の際に用意する基本的なものです。MVNOによってはデビットカードや口座振替などで契約できたり、本人確認書類に求められるものが違う場合もありますので、必ず契約先の注意事項をチェックしてから契約するようにしましょう。

データ専用SIMの場合

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス

音声通話SIMの場合

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス

音声通話SIMを契約する場合もデータSIMと同じものを準備しておきましょう。書類不備があった場合は契約できないこともあるため注意してください。

音声通話SIMに新規ではなくMNPで乗り換える場合は、MNP予約番号を発行してください。乗り換える前に現在契約しているキャリアやMVNOで発行できます。1つ注意しておきたいのが、有効期間。乗り換え先のMVNOによっては「MNP予約番号の有効期間が○日以上残っているもの」と指定される場合がありますので、乗り換える直前に発行するのが無難です。

MNP:電話番号をそのまま他社に乗り換えできる制度

MNPで乗り換える場合

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

格安SIMとiPhone SEを組み合わせてお得に使おう!

格安SIMとiPhone SEの組み合わせについて紹介しました!ほとんどのMVNOでキャリアの半分以下の月額料金で使えることがわかりましたね。少しでもお得に使いたいなら格安SIMとiPhone SEの組み合わせがおすすめです!これから契約を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい