1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【必見】SoftBank(ソフトバンク)でSIMロック解除して格安SIMを使おう

【必見】SoftBank(ソフトバンク)でSIMロック解除して格安SIMを使おう

yamada

更新日:2017.12.13

SoftBank(ソフトバンク)ユーザーが格安SIMを利用するためには乗り越えなければいけない壁がいくつかあります。壁は高く乗り越えるのは難しいものもありますが、SIMロック解除の方法をはじめ、格安SIMを使うための方法をご紹介します。

格安SIMで毎月の料金がすごく安くなる…そんな話を聞いても、SoftBankユーザーはなかなかMVNOに乗り換えることができませんでした。SoftBank利用者が格安SIMを利用するには様々な条件があるのが現状です。SIMロック解除を含めSoftBank(ソフトバンク)ユーザーが格安SIMを使う方法を少し掘り下げてみましょう。

SoftBank(ソフトバンク)でSIMロック解除する2つの方法

SoftBankの端末のSIMロック解除には、大きく分けて2つの方法があります。

  1. SoftBankでSIMロック解除する方法
  2. SIMロック解除アダプタ使う

①端末別!SoftBankでSIMロック解除

SIMロック解除をする上で最もポピュラーで簡単な方法は、SoftBankで手続きを踏むことです。ソフトバンクショップやMy SoftBank、法人の場合は法人コンシェルサイトから申し込むことができます。店舗での申し込みは手数料3,240円がかかるため、24時間いつでも利用可能な会員ページである「My SoftBank」(手数料:無料)から手続きをするのがお得ですね。

また、SoftBankは8月1日からSIMロック解除の受付条件が変更となりました。
条件1、5については2017年8月1日から、条件2~4については2017年12月1日から適用されます。2017年8月1日から2017年11月30日までは、機種購入日から101日目以降より契約者本人に限り手続き可能、対象機種は2015年5月以降に発売された端末です。解約済の場合、他社と比べて10日ほど猶予が少ないのが厳しいところ。また、SoftBankの格安SIMは数が限られているので、同じ端末で格安SIMを利用したい方はSIMロック解除をすることをおすすめします。

SoftBank(2015年5月以降の発売機種)SIMロック解除の条件SIMロック解除できる期間
条件1分割払いで端末を購入し、分割支払金の精算が終わっていない端末購入日から101日目以降
条件2
(2017年12月1日より)
分割払いで端末を購入し、 分割支払金の精算が終わり、支払確認が済んだ精算確認後、即日
条件3
(2017年12月1日より)
SoftBank回線で過去にSIMロック解除を行っており、その受付から101日以上経過した即日
機種購入日から100日以内の場合でも可
条件4
(2017年12月1日より)
一括払いで端末を購入した
一括払いの支払確認後から
11月30日までは機種購入日から101日目以降より手続き可能
条件5既にSoftBankを解約済解約後90日以内
分割支払の場合は、購入から101日以上経過後に限る

以下はSoftBankでのSIMロック解除の可否を端末ごとに並べた表ですので、SIMロック解除のできる端末についてはこちらをご覧ください。原則、2015年4月以前発売の機種はSIMロック解除不可、2015年5月以降発売の機種は可能となっています。

以下は2017年11月時点の情報です

iPhoneシリーズ
端末発売日SIMロック解除の可否手続方法
iPhone 42010年6月24日×-
iPhone 4s2011年10月14日×-
iPhone 52012年9月21日×-
iPhone 5c2013年9月20日×-
iPhone 5s2013年9月20日×-
iPhone 62014年9月19日×-
iPhone 6 Plus2014年9月19日×-
iPhone 6s2015年9月25日全て利用可能
iPhone 6s plus2015年9月25日全て利用可能
iPhone SE2016年3月21日全て利用可能
iPhone 72016年9月16日全て利用可能
iPhone 7 Plus2016年9月16日全て利用可能
iPhone 82017年9月22日全て利用可能
iPhone 8 Plus2017年9月22日全て利用可能
iPhone X2017年11月3日全て利用可能
Android(アンドロイド)スマホ
端末発売日SIMロック解除可能の可否手続き方法
008Z(シンプルスマートフォン)2011年8月11日ソフトバンクショップのみ(即日)
009Z(STAR7)2011年12月22日ソフトバンクショップのみ(即日)
201HW(STREAM)2012年10月10日ソフトバンクショップのみ(即日)
201M(RAZR M)2012年10月26日×-
200SH(PANTONE 6)2012年12月21日×-
201K(HONEY BEE)2013年1月25日×-
201F(ARROWS A)2013年2月16日×-
205SH(AQUOS PHONE ss)2013年6月21日×-
206SH(AQUOS PHONE Xx)2013年6月28日×-
202F(ARROWS A)2013年6月28日×-
202K(DIGNO R)2013年7月5日×-
301F(ARROWS A)2013年12月6日ソフトバンクショップのみ(即日)
302SH(AQUOS PHONE Xx)2013年12月6日×-
303SH(AQUOS PHONE Xx mini)2014年2月21日×-
304SH(AQUOS Xx)2014年5月23日×-
AQUOS CRYSTAL2014年8月29日×-
Xperia Z32014年11月21日×-
シンプルスマホ22014年11月28日×-
AQUOS CRYSTAL X2014年12月19日×-
BLADE Q+2015年4月24日ソフトバンクショップのみ
Galaxy S6 edge2015年5月29日全て利用可能
Xperia Z42015年6月12日全て利用可能
AQUOS Xx2015年6月26日全て利用可能
AQUOS CRYSTAL 22015年7月10日全て利用可能
Xperia Z52015年10月29日全て利用可能
AQUOS Xx22015年11月20日全て利用可能
AQUOS Xx2 mini2015年12月25日全て利用可能
AQUOS Xx32016年6月10日全て利用可能
DIGNO F2016年6月24日全て利用可能
Xperia X Performance2016年6月24日全て利用可能
シンプルスマホ32016年9月9日全て利用可能
Xperia XZ2016年11月2日全て利用可能
STAR WARS mobile2016年12月2日全て利用可能
AQUOS Xx3 mini2017年2月3日全て利用可能
Xperia XZs2017年5月26日全て利用可能
DIGNO G2017年7月7日全て利用可能
HTC U112017年7月7日全て利用可能
AQUOS R2017年7月7日全て利用可能
AQUOS ea2017年7月14日全て利用可能
Xperia XZ12017年11月10日全て利用可能
AQUOS R compact2017年12月下旬発売予定全て利用可能
ガラケー
端末発売日SIMロック解除の可否手続き方法
301SH(THE PREMIUM10 WATERPROOF)2013年11月22日×-
301P(COLOR LIFE 4 WATERPROOF)2014年1月31日×-
COLOR LIFE 5 WATERPROOF2015年5月29日全て利用可能
かんたん携帯82015年6月12日全て利用可能
AQUOS ケータイ2015年12月4日全て利用可能
かんたん携帯92016年2月25日全て利用可能
DIGNO ケータイ2016年2月26日全て利用可能
AQUOS ケータイ22016年10月28日全て利用可能
DIGNO ケータイ22017年12月中旬以降発売予定全て利用可能
iPad
端末発売日SIMロック解除可能の可否手続き方法
iPad2010年5月28日×-
iPad 22011年4月28日×-
iPad(第3世代)2012年3月16日×-
iPad with Retina display2012年11月30日×-
iPad mini2012年11月30日×-
iPad Air2013年11月1日×-
iPad mini 22013年11月14日×-
iPad Air 22014年10月24日×-
iPad mini 32014年10月24日×-
iPad mini 42015年9月19日全て利用可能
iPad Pro(12.9インチ・第1世代)2015年11月14日全て利用可能
iPad Pro(9.7インチ)2016年3月31日全て利用可能
iPad(9.7インチ)2017年3月31日全て利用可能
iPad Pro(10.5インチ)2017年6月13日全て利用可能
iPad Pro(12.9インチ・第2世代)2017年6月13日全て利用可能

②SIMロック解除アダプタを使う

次はSIMロック解除アダプタを利用する方法です。安くて簡単に利用できますが、完全なSIMロック解除が可能かといえばNOになります。

SIMロック解除アダプタでSIMロック解除が出来るのは、基本的にiPhoneになるのですが、SIMロック解除アダプタを利用すると以下の様なデメリットが発生する可能性があります。

SIMロック解除アダプタの3つのデメリット
  • iOSのアップデートでSIMロック解除ができなくなることがある
  • 再起動等でSIMロック解除がはずれてしまうことがある
  • 全機能が使えない場合がある

このため敷居が低いようで、初心者には手を出しづらいのがSIMロック解除アダプタです。ですが、成功した方は多くいるので多くのブログを調べてみるのもいいでしょう。私見ですが、SIMロック解除後にIIJmio(みおふぉん)DMM mobile(DMMモバイル)に乗り換えられるか実験した記事がしばしば見られます。

公式サイト
IIJmio
DMMモバイル

また、SIMロック解除アダプタを使う場合は以下の点に気をつけて下さい。

SIMロック解除アダプタ使用時の5つの注意点
  • SIMロック解除アダプタが利用できるiOSであるか?
  • SIMロック解除アダプタが利用できるベースバンドになっているか?
  • SIMロック解除アダプタが利用できるキャリアのバージョンになっているか?
  • 利用するSIMロック解除アダプタは正規のものか?SIMロック解除成功者は多いか?
  • SIMロック解除手順は自分に可能な内容か?

これらが基本的に考えなければいけない項目になります。まったく知識なくSIMロック解除アダプタに手を出して使えなかったという方もいるようですが、SIMロック解除アダプタが偽物だったり、SIMロック解除アダプタとiPhoneがマッチしていなかったりすることが多いので購入の際は気を付けましょう。

SIMチェンジでは、au版iPhone5をSIMロック解除アダプタでSIMフリー化、成功と失敗を紹介で、SIMロック解除アダプタの具体的な使い方を紹介しています。

SIMロック解除できない端末で格安SIMを使う方法

すでに見てきた通り、2015年4月以前に発売された端末は、原則公式のSIMロック解除ができません。とはいえ、「SIMロック解除アダプタは少し怖い…」という声があるのも事実でしょう。

確かに、SIMロック解除アダプタは偽物が流通していることもあり、必ずしも推奨できるものではありません。そこで、SIMロック解除せずに格安SIMに移行する方法を3つ紹介します。

  1. SIMフリースマホや格安スマホセットを購入
  2. SIMロック解除なく使える格安SIMに移行
  3. SIMロック解除ができるSoftBankのスマホに機種変更

①SIMフリースマホや格安スマホセットを購入

格安スマホを持つ女性
SIMフリースマホを改めて購入…!

1つ目の方法が最も有益です。SIMフリーのiPhoneや格安スマホに変更して格安SIMに乗り換えるか、ほかのMVNOで格安スマホセットを購入するほうが出費が少なくて済みます。

各MVNOでは、セット販売することで格安スマホの価格を抑えています。キャンペーンも実施しているので、そちらもあわせてご覧ください。

②SIMロック解除なく使える格安SIMに移行

b-mobile S 開幕SIM
出典:b-mobile S
b-mobile S 開幕SIM

2つ目の方法は、SIMロック解除なく使える格安SIMに移行する方法です。SoftBank回線を利用した格安SIMがいくつか発売開始されています。

2017年11月現在、発表されているのはb-mobile(ビーモバイル)U-mobile(ユーモバイル)スマモバです。

実は、同じ回線であればSIMロック解除不要で格安SIMへの移行が可能なのです。そのため、2015年4月以前の公式にSIMロック解除できないiPhoneやAndroid(アンドロイド)端末でも、各MVNOで動作確認が取れていればその格安SIMに乗り換えができてしまうんですね。

先に挙げたMVNOでは基本的にデータSIMプランしか用意されていない点が問題ですが、b-mobileのみ「スマホ電話SIM」「990ジャストフィットSIM」で音声通話プランを契約できます。

他MVNOでの契約を希望する場合は格安スマホセットを購入するべきでしょう。

期間:終了日未定
お友達紹介プログラム
b-mobile契約者が「b-mobile S スマホ電話SIM」を紹介し、被紹介者の契約が完了すると紹介者と被紹介者両方にデータ容量1GBをプレゼント! 詳細を確認

③SIMロック解除ができるSoftBank(ソフトバンク)のスマホに機種変更

長く待ち続けることになりますが、SIMロック解除ができる2015年5月以降に発売されたスマホを購入して、SIMロック解除可能な期間&解約もできる期間になるまで待つ方法もあります。

高額で機種変更する上に、上記で述べたように2017年11月末まではSIMロック解除出来るようになるまでに端末購入日から100日経過する必要があり、その間は高い利用料を支払い続けなければならないので、最も損な方法です。ただし、12月以降は支払い方法によって即日解除できたりするので、機種変更する場合はそれ以降に行うのがよいでしょう。

SoftBankでは、解約済み製品のSIMロック解除の手続き期間は解約後90日以内となっています。また、解約済みSIMロック解除は契約していた本人のみの手続きとなるので注意が必要です。

SoftBank(ソフトバンク)で格安SIMが使えなかった理由

SoftBankで格安SIMがなかったのは何故なのでしょうか。docomoやau回線を利用したMVNO・格安SIMは増えて競争は激しくなっているのに、SoftBank回線のMVNOはしばらく登場しませんでした。

SoftBank(ソフトバンク)の格安SIMはなぜなかったの?

SoftBankの回線を使った格安SIMはありませんでした(現在は3社)。唯一近い存在がY!mobile(ワイモバイル)だったのですが、Y!mobileも他社の格安SIMと比べると割高な印象。

格安SIMがSoftBankの回線に参加しなかったのは、SoftBankが回線の貸し出しをするのが他社より遅れたこと、回線の貸し出し料金がドコモ、auに対して割高なことが大きな原因だと思われます。

特に回線の貸し出し料は格安SIMにとって大きな影響になります。格安SIMは非常に安い料金で個人に提供するので、一人からは多くの利益がでません。一人からの利益が少ないと多くの人が利用してくれなければ成り立ちませんが、SoftBankの回線1口に対して契約できる個人ユーザーの数はある程度決まっていますので、なかなか採算を取るのが難しいようです。

期間:終了日未定
最大15,000円キャッシュバックキャンペーン
Y!mobileの音声SIMを新規または他社から乗り換えでスマホプランSの場合は10,000円、スマホプランM/Lの場合は15,000円キャッシュバック! 詳細を確認

SoftBank(ソフトバンク)と格安SIMは仲が悪い?

SoftBankと格安SIMの関係が良くないという噂もありますが、SoftBankもちゃんと格安SIM会社に対して門戸を広げていますからそんなことはありません。

ただしSoftBank(ソフトバンク)側としては格安SIMを利用してもらうよりも、Y!mobileを利用してもらった方が利益が大きくサポートが行き届くのでY!mobileを推しているというのが現状です。

期間:終了日未定
最大15,000円キャッシュバックキャンペーン
Y!mobileの音声SIMを新規または他社から乗り換えでスマホプランSの場合は10,000円、スマホプランM/Lの場合は15,000円キャッシュバック! 詳細を確認

SoftBank(ソフトバンク)ユーザーもSIMロック解除して格安SIMに移行!

SoftBank(ソフトバンク)の機種を使って格安SIMに移行する方法を紹介しました。SIMロック解除の可否と格安SIM移行のパターンは以下のように分けられます。

2015年5月以降の機種
SoftBankでSIMロック解除
2015年4月以前の機種
①SIMフリースマホや格安スマホセットを購入
②SIMロック解除なく使える格安SIMに移行
③SIMロック解除ができるSoftBankのスマホに機種変更

少し難しいと悩んでいる方は、おすすめ比較診断を試してみましょう。あなたに合った格安SIMを見つけることができます。

おすすめ比較診断を試そう!!

あなたがお支払いの携帯料金はもっと節約できるかも?
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断おすすめ格安スマホ比較診断であなた自身にぴったりな格安SIM・格安スマホを見つけよう。

SHARE!!

SIMロック解除の新着記事