1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用はどのくらいかかる?

Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用はどのくらいかかる?

更新日:2019.09.13

3年連続スマホ満足度No.1を獲得したY!mobile(ワイモバイル)の初期費用を抑える方法とは?この記事ではY!mobile(ワイモバイル)の初期費用について説明します。初期費用の節約方法はもちろん、お得なキャンペーン情報やおすすめポイントも紹介しています。

イチキュッパ(1,980円)やイチヨンパ(1,480円)などのフレーズでお馴染みのY!mobileは学割や60歳以上の国内通話0円などのさまざまなサービスが注目を集めています。

3大キャリアから格安SIMに乗り換える際、心配なのは品質ですよね。しかしY!mobileは大手キャリアの1つであるSoftBankが運営するサービスで、3年連続スマホ満足度No.1(2018年度サービス産業生産性協議会JCSI)を獲得しています。品質には期待できそうですね。

今回は、そんなY!mobile(ワイモバイル)の初期費用についてご紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用にはどんなものがあるの?

携帯会社を変えると、手数料などで初期費用が高くなりがちです。Y!mobile(ワイモバイル)の契約時にかかってくる初期費用は、以下のとおりです。

  • 契約事務手数料
  • 月額料金
  • 機種代金
  • MNP転出手数料
  • 契約解除料

それでは、それぞれどのようなものか詳しく見ていきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)初期費用【1】 契約事務手数料

Y!mobileを契約する際には契約事務手数料3,000円がかかります。これは、基本的には契約者全員にかかる料金です。この料金は初月の月額使用料金に合算して請求されます。

Y!mobile(ワイモバイル)初期費用【2】 月額料金

Y!mobileには、スマートフォンとのセットで契約する際に選択できる「スマホプラン」や、タブレット利用時のみ選択できる「データプラン」があります。もちろん、手持ちのスマホをそのまま使いたい人はSIM単体で契約することもでき、この場合は「SIM単体契約特別割引」が適用されます。

スマートフォンとセットの場合


出典:Y!mobile 公式サイト

スマートフォンとセットで契約する場合の月額料金は、1年間1,980円~4,980円程度。おうち割光セット(A)が適用される場合は1年間1,480円~3,980円がかかります。

月額料金をイチヨンパ(1,480円)にしたい人はY!mobile(ワイモバイル)を1480円(イチヨンパ)で使う方法を解説も併せてご覧ください。

SIM単体の場合


出典:Y!mobile公式サイト

SIM単体で申し込む場合の月額料金は「SIM単体契約特別割引」が適用され、1年間1,080円~3,380円となります。SIMカード単体の契約でも基本料が最大24カ月間割引されるので、手持ちのスマホをそのまま使いたい人にはありがたいですね。

Y!mobile(ワイモバイル)初期費用【3】 機種代金

Y!mobileでは、AndroidスマホだけでなくiPhoneも契約できます。さらに、Pocket WiFiやタブレット、ケータイも用意されており豊富なラインアップとなっています。

機種により金額は異なります。機種代金の支払い方法を一括払いと分割払いから選べる機種が多いため、初期費用を抑えたいなら分割払いにするといいでしょう。

オンラインショップで分割払いで購入すると500円程度の頭金がかかることがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)初期費用【4】 MNP転出手数料

MNPとは「Mobile Number portability(モバイルナンバーポータビリティ)」の略で、携帯電話会社を変更しても電話番号はそのまま利用できるサービスです。MNPを利用して転出する際は携帯会社でMNP転出手数料がかかります。

キャリアMNP転出手数料
docomo2,160円(※1)
au3,240円
SoftBank3,240円(※2)

【※1】携帯電話を購入しない新規契約を行う場合で、90日以内に携帯電話番号ポータビリティを利用した契約を行う場合、手数料が5,000円になります。

【※2】携帯電話を購入しない新規契約、シンプルスタイル・スマート一括契約・みまもりケータイの契約にて新規で加入の場合、契約後翌々請求月末までのMNP転出については、手数料が5,000円になります。

MNPでの転入については、Y!mobileでは転入手数料や番号移行手数料はかかりません。通常の契約と同様の契約事務手数料のみかかります。

Y!mobile(ワイモバイル)初期費用【5】 契約解除料

「契約解除料」とは、契約期間が定められている料金プランや割引サービスから、契約更新月を除く期間に、他の料金プランや割引サービスへ変更・解除を行うと発生する料金です。

出典:SoftBank(ソフトバンク)公式サイト

つまり、更新月以外の月に契約の変更・解除をすると契約解除料9,500円がかかります。

docomo(ドコモ)・au・SoftBank(ソフトバンク)の契約解除料

  • 契約解除料金 9,500円
  • 契約期間 24カ月
  • 契約更新月 25カ月目、26カ月目(2回目以降…24カ月ごとに2カ月間)


出典:SoftBank – 契約更新イメージ

auの場合は、au加入年数11年目以降で「2年契約」と「家族割(または「法人割」)」をセットで加入している場合、契約解除料が3,000円になります。

2019年3月から契約更新期間が延長

なお、docomo・au・SoftBank・Y!mobileは2019年3月から2年契約の更新期間が3カ月となります。この3カ月は契約期間満了月を加えた期間です(2019年4月に更新期間となる場合は2019年3月~5月が更新期間)。


出典:au – 企業情報

Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用はいくら?

ここまで初期費用をひとつひとつ確認してきましたが、ここでは具体的に発生してくる費用の合計を計算してみましょう。

  • 契約事務手数料 3,000円
  • 月額料金 1,980円~4,980円
  • 機種代金 頭金500円
  • MNP転出手数料 2,000円~5,000円
  • 契約解除料 0円~9,500円

合わせると7,480円~2万2,980円となります。契約解除料が9,500円と初期費用のなかでもっとも高額ですので、費用を抑えたい人は契約解除料がかからない契約更新期間にY!mobileへ変更するといいでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)契約時に初期費用などをお得にするには?

Y!mobileをお得に契約するなら、キャンペーン情報は見逃せません。Y!mobileで実施されているお得なキャンペーンを紹介します。Y!mobileに契約する際は利用しなきゃ損ですよ!

※キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更される場合があります。キャンペーンの最新情報はY!mobile公式ホームページを確認してください。

新規・他社から乗り換えで最大1万4,400円割引キャンペーン

出典:Y!mobile

キャンペーン内容
新規または他社から乗り換えでY!mobileの音声SIM単体(スマホプランS/M/L)を契約すると、スマホプランS:400円(最大9,600円)、スマホプランM/L:600円(最大1万4,400円)を契約翌月から24カ月間割引!
キャンペーン期間
終了日未定
キャンペーン対象者
受付期間中にUSIM(音声)カード単体でスマホプラン S/M/Lを契約した個人の方
(ベーシックプラン・バリュースタイル(F)は対象外)
新規契約、他社からの乗り換え(MNP)のいずれかで申し込んだ方
キャンペーン注意事項
SoftBankからの番号移行は対象外です。
スマホセットの契約は対象外です。
契約月を1カ月目として、24カ月以内に契約解除、もしくはプラン変更した場合は、当月利用分までの割引適用となります。
スマホプランは2年間が契約期間のため、解約の場合は契約解除料(9,500円)が請求されます。

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン


出典:Y!mobile

指定機種(かんたんスマホ)購入時の使用者の年齢が60歳以上の場合、「スーパーだれとでも定額」の月額料が無料になるキャンペーンです。

キャンペーン内容
スーパーだれとでも定額の月額料1,000円が無料になる。(スーパーだれとでも定額への申し込みは別途必要。)
キャンペーン対象者
  • 個人契約の方
  • 指定機種購入時の使用者の年齢が60歳以上の方
  • 指定機種の購入を伴い、対象料金プラン、対象申込種別でご契約すること
    ◎指定機種:かんたんスマホ
    ◎対象料金プラン:スマホプランS/M/L(ベーシックプランはのぞく)
    ◎対象申込種別:新規契約(MNP含む)、番号移行、契約変更、機種変更
キャンペーン期間
2018年8月9日(木)~終了日未定
キャンペーン注意事項
以下のいずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分までの特典適用となります。その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。

  • 対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合
  • 指定機種以外に機種変更した場合(修理や初期不良による交換、当社が提供している交換サービス及び会員価格での購入サービスの利用による機種変更は含みません。)
  • 持ち込み機種に機種変更した場合
  • USIMカードを変更した場合(故障・紛失により同種類のUSIMカードに交換した場合を除く)
  • システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合
  • 法人へ契約を譲渡、承継した場合
  • 解約した場合

MVNOでシニア向けのスマホの取り扱いが増えるのはうれしいことですね。スマホの操作に困ったときに押すだけで問題を解決してくれる「押すだけサポート」という機能を搭載していたり、かんたんスマホ専用のカスタマーセンターに問い合わせができたり、シニアのスマホデビューをサポートする体制が整っています

Y!mobile(ワイモバイル)を利用するうえで知っておきたいポイント

ここでは、Y!mobileにするか迷っている人や、Y!mobileをもっと知りたい!という人のためにおすすめポイントを紹介します。

10分の無料通話が何度でも使える!
Y!mobileがおすすめな理由の1つにプラン内に10分かけ放題が含まれていることが挙げられます。こちらはスマホプランを契約の場合に利用できるサービスです(SIMカード単体契約も含む)。通話料金をなるべく無料に抑えたい人は、通話時間が10分超えそうになったらいったん切ってまたかけ直しても良いですし、あらかじめ長電話になりそうな時はLINEからかければ通話料金を抑えられるでしょう。
「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料で使える!
スマホプランやデータプランを契約すると、申し込み不要・無料でソフトバンクWi-Fiスポットが使い放題。駅や空港、カフェなど、日本国内の主要スポットならば繋がる場所もたくさんあり、いざという時に便利です(一部のエリアおよび海外での利用は不可)。WiFiの利用を無料で提供している格安SIMは少ないので、これもY!mobileを契約する大きなメリットの1つです。
iPhoneが購入できる!
格安SIMはたくさんあるものの、実はiPhoneを取り扱っていないサービスも多いです。しかし、Y!mobileであればSIMカードとセットでiPhoneを購入できます。2019年1月現在はiPhone7(32GB・128GB)、iPhone6s(32GB・128GB)、iPhone SE(32GB・128GB)がライアンアップしています。
「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」が月額料金内に含まれている!
Yahoo!プレミアムは通常、月額462円の入会費用がかかる有料サービスです。しかし、SoftBankユーザーとY!mobileユーザーはなんと利用料金が月額料金に含まれており、申し込み不要・無料で使うことができます。Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント5倍になったり、お得な割引やクーポンがあったりと、たくさんの特典が魅力です。

Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用を理解してお得に契約!

Y!mobile(ワイモバイル)の初期費用について解説しました。契約事務手数料のようにどうしてもかかってしまう費用がある一方、契約解除料のように乗り換えのタイミングによって無料になる費用もあります。お得に乗り換えをするためには再度自分の現在の契約情報を確認することも必要です。

Y!mobileは格安SIMのなかでも人気があるおすすめのサービスです。本記事を参考に、お得なスマホライフを!

期間:終了日未定
新規割で6カ月間基本使用料が700円割引
新規・MNP(ソフトバンクからの番号移行含む)・契約変更でスマホベーシックプラン申し込みの方対象
加入翌月から6カ月間基本使用料が700円割引
★バリュースタイル・バリュースタイル(F)に加入すると対象の端末がバリュースタイル販売価格で購入できます。 詳細をチェック
公式サイトへ

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい

/****とりもち******************************/