1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPadのSIMロック解除方法をキャリア別に解説!解約後・中古のSIMロック解除も

iPadのSIMロック解除方法をキャリア別に解説!解約後・中古のSIMロック解除も

更新日:2020.06.23

iPadをSIMロック解除、格安SIMに変えて節約する方法を徹底解説。SIMロック解除できるiPadの機種は?キャリアごとにSIMロック解除の手続きは違うの?解除したあとどうしたら格安SIMで使えるの?といった疑問への答えから、おすすめの格安SIMまで丸わかり!

すでにiPadを持っている方のなかには、月額料金の安い格安SIMで利用したい方も多いのではないでしょうか。

iPadのSIMロック解除ができるようになり、格安SIMで利用できる機会はさらに増えてきました。

格安SIMでiPadを使うためにSIMロック解除が必要なのか、またSIMロック解除の方法についてドコモ、au、ソフトバンクでの手続き方法をまとめてみました!

iPadはSIMロック解除をすべき?

Appleの人気タブレット「iPad」にはハイスペックの「iPad Pro」、薄型の「iPad Air」、持ち運びに便利な「iPad mini」の3つのシリーズがあります。

ドコモやau、ソフトバンクで購入した機種であっても、月額料金の安い格安SIMで利用できるのでしょうか。

結論をいえば、格安SIMでもiPadを利用できます。しかし、iPadを購入したキャリアと使いたい格安SIMの組み合わせによってはSIMロック解除の手続きが必要になることがあります。

この記事ではMVNOの提供する格安SIMでiPadを使いたい方に、SIMロック解除の手続き方法やおすすめの格安SIMなどをまとめています。

なぜiPadのSIMロックを解除するのか

実はSIMロックの解除をしなくても格安SIMでiPadは使えることがあります。

例えば、ドコモ回線を利用した格安SIMであればドコモで購入したiPadはほぼそのまま使えますし、au回線を利用した格安SIMならau購入のiPadが使えることがあります。

では、なぜSIMロック解除が必要かという疑問が出てくるのですが、これは購入したキャリアとは別の回線を利用した格安SIMで使えるようにするためです。例えば以下のようなケースがあげられます。

iPadのSIMロック解除が必要なケース
ドコモで購入したiPad→au回線の格安SIMを使いたい
auで購入したiPad→ドコモ回線の格安SIMを使いたい

前提として、キャリアで購入したiPadやスマホには他のキャリアの回線で使えないようにSIMロックという制限がかけられています。SIMロック解除の手続きをすることによって他社の回線でも使えるようになります。

キャリアで購入したAndroidスマートフォンやタブレットの場合、周波数・バンド自体がほかの回線に対応していないことがあります。

周波数やバンドが合わないと電波が入らない、エリアが狭くなるなど、SIMロックを解除してもほかの回線のSIMカードでは使えないことがあります。

その点、対応する周波数・バンドが多いiPhoneやiPadはSIMロックの解除をしてしまえば他の回線でも利用しやすいという特長があります。

ソフトバンク回線の格安SIMが増えてきましたが、まだまだドコモ系の格安SIMが多いのが現状です。

auやソフトバンクのSIMロックがかかったiPadでは、利用したい格安SIMプランを選べない場合も出てくるでしょう。こういった状況を打破するのがiPadのSIMロック解除というわけです。

ただし、SIMロックを解除するためには条件がいくつかあります。キャリアごとに多少違いがあるので、後述しているキャリアごとのSIMロック解除方法のところであわせて確認してください。

SIMロック解除が可能なiPadのモデル

日本でSIMロック解除が義務化されたのは2015年から。そのため、それ以前に発売された機種はSIMロック解除の対象になっていないことがあります。

iPadの場合も同様で、古い機種は対象外になっているので注意しましょう。

以下のような比較的新しいモデルであればSIMロック解除が可能です。最新の機種はキャリアによってはまだ対応していない場合があるので、対応機種を公式サイトで確認しましょう。

  • iPad(第7世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro
  • iPad(第6世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • iPad(第5世代)
  • 9.7インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • iPad mini 4

iPadのSIMロック解除の準備

iPadのSIMロック解除は購入したキャリアのショップ(ドコモはコールセンターでも可能)またはMy docomoやMy auのようなキャリアのマイページで手続きできます。

ショップや電話では3,000円の手数料がかかりますが、オンラインのマイページからの手続きであれば手数料が無料ですので、オンラインから手続きをすることをおすすめします。

まずはどのキャリアでも共通して準備するものを確認しましょう。

  • SIMロックを解除するiPad本体
  • SIMロックを解除するiPadの製造番号(本体で確認が可能)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 手数料3,000円

中古のSIMフリーiPadを購入するのも手

まだiPadを購入していないのであれば、中古でSIMフリーのiPadを購入するのも一つの手です。

イオシスといったオンラインショップでは中古とはいえ美品の端末が多く揃っており、最新端末でも2万円代~と安価で購入が可能です。

新品のiPadを購入する前に、一度中古のiPadを扱うオンラインストアを確認してみるのも良いでしょう。

イオシスで中古のiPadを見てみる

マイページから手続きを行う場合、製造番号(IMEI)を自分で入力します。

製造番号はiPadの「設定」>「一般」>「情報」の画面または購入した製品の裏面で確認できます。本人確認書類はショップでの手続きのときのみ必要です。

この後はキャリア別のSIMロック解除の受付基準や受付時間などをくわしく解説していきますので、自分のiPadを購入したキャリアの説明を確認してくださいね。

【ドコモ編】iPadのSIMロック解除方法

ドコモではショップ、コールセンター、My docomoでSIMロック解除の手続きができます。

パソコンがない場合は電話かショップでの手続きとなりますが、電話の場合もショップ同様に手数料がかかるので注意しましょう。

  • ドコモショップ(店舗の営業時間内):3,000円
  • ドコモの携帯電話から「151」に電話(9時〜20時):3,000円
  • My docomo(24時間):無料

SIMロック解除の手続きには利用期間などの条件が設定されています。分割購入してすぐのiPadなどはSIMロック解除ができません。手続き前に確認しましょう。

ドコモのSIMロック解除の条件と期間

docomoのSIMロック解除の条件(2015年5月以降の発売機種)
ネットワーク利用制限やおまかせロックがかかっていない
契約者本人の購入履歴がある機種知人・友人などから譲り受けたり、中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機も下記の条件に当てはまらなければ可能。

①「ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過していない場合」

②「端末購入サポートが適用された日から100日経過していない場合」
端末購入日から100日経過しているただし、以下の場合は即時解除可能


①過去にSIMロック解除をしたことがある回線で、前回のSIMロック解除から100日経過している

②一括払いで購入または分割支払い金の精算が済んでいる場合※端末購入サポートを利用の場合は解除料が必要
すでにdocomoを解約済の場合、解約日から100日以内である解約から100日以内でも購入日から100日経過していない場合は解除不可

My docomoでのSIMロック解除手順

  1. パソコンでMy docomoにアクセスしてログイン
  2. 「ドコモオンライン手続き」に進む
  3. 「その他」の「SIMロック解除」に進む
  4. 製造番号(IMEI番号)を入力して、「次へ」をクリック
  5. 注意事項などを確認して「手続きを完了する」をクリックして完了
  6. 他社のSIMカードをiPadに入れて初期設定する(他社のSIMカードがない場合はiPhoneを初期化して再設定する)

【au編】iPadのSIMロック解除方法

auではショップ、My auでSIMロック解除の手続きができます。My auはPC版、スマホ版のどちらでも手続きできます。コールセンターでの手続きはできません。

  • auショップ(店舗の営業時間内):3,240円
  • My au(9時〜21時30分):無料

auのSIMロック解除の条件と期間

auのSIMロック解除の条件(2015年4月23日以降の発売機種)
契約者本人の購入履歴がある機種
ネットワーク利用制限中や故障中、料金滞納中でない故障中の場合は修理完了後、滞納中の場合は料金支払完了後の手続き
機種購入日から101日目以降であるただし、以下の場合は100日以内でも解除可能

①過去にSIMロック解除をしたことがある回線で、前回のSIMロック解除から101日目以降の場合

②一括払いで端末を購入している場合※au購入サポート適用の場合は100日以内のSIMロック解除不可
すでにauを解約済の場合は解約日から100日以内である

My auでのSIMロック解除の手順

  1. My auにアクセスしてログイン
  2. 「契約照会手続き」を選択する
  3. 「各種手続案内」を選択する
  4. 「SIMロック解除」を選択し「SIMロック解除のお手続きはこちら」を選択する
  5. 「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」を選択する
  6. IMEI番号を入力して「判定」
  7. 判定結果が○の場合は「こちらからお手続き」に進む
  8. 表示される電話番号と機種名が自分のものと合っているか確認して「選択」
  9. 契約時に設定した4桁の暗証番号を入力して「次へ」
  10. 注意事項と解除理由などを確認していき「この内容で申し込む」で完了
  11. 他社のSIMカードをiPadに入れて初期設定する(他社のSIMカードがない場合はiPhoneを初期化して再設定する)

【ソフトバンク編】iPadのSIMロック解除方法

auではショップ、My SoftBankでSIMロック解除の手続きができます。

PC版、スマホ版のどちらでも手続きできますが、au同様にコールセンターでの手続きはできません。また、解約済みの場合はショップでのみ手続きが可能です。

  • ソフトバンクショップ(店舗の営業時間内):3,240円
  • My SoftBank(9時〜21時):無料

ソフトバンクのSIMロック解除の条件と期間

SoftBankのSIMロック解除の条件(2015年5月以降の発売機種)
購入日より101日目以降であるただし、以下の場合は100日以内でも解除可能

①分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入した場合※一部キャンペーン利用時などは不可

②2017年12月1日以降にSIMロック解除をしたことがある回線で、前回の受付から101日以上経過している。また、前回のSIMロック解除機種が2015年5月以降に発売の機種である
製品を契約していた本人からの手続きである
ネットワーク利用制限中や水濡れ・故障中、安心遠隔ロック利用中でない故障の場合は修理完了後、安心遠隔ロックはサービス解除後に手続き可能
すでにSoftBankを解約済の場合は解約後90日以内である

My SoftBankでのSIMロック解除の手順

  1. SIMロック解除をする携帯電話番号でMy SoftBankからログイン
  2. 暗証番号を入力
  3. 「メニュー」を選択
  4. 「契約・オプション管理」を選択
  5. 「SIMロック解除手続き」を選択
  6. SIMロック解除をする端末の製造番号(IMEI番号)を入力し「次へ」を選択して完了
  7. 他社のSIMカードをiPadに入れて初期設定する(他社のSIMカードがない場合はiPhoneを初期化して再設定する)

iPadにおすすめの格安SIM

iPadの動作確認がとれているおすすめの格安SIMをピックアップしました。

安くiPadを使いたい方にもiPadで動画やSNSをたくさん使いたい方にもおすすめのサービスを紹介するので、使い方にあわせて選んでください!

選ぶ格安SIMと持っているiPadの組み合わせによってSIMロック解除が必要な場合と不要な場合があります。申し込み前には公式サイトの動作確認機種の一覧ページを確認しておきましょう。

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

動画や音楽をたくさん使うならBIGLOBEモバイルがおすすめ!BIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション」という、YouTubeをはじめとする動画や音楽サービスのデータ通信が使い放題になるオプションがあります。

動画の画質はスマホ向けなので、iPad Proなどの大画面には向きませんが、iPadでも十分利用できます。画質にこだわるよりもとにかくたくさん動画や音楽を使いたい、という人は検討してみるといいかも。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • SIMの種類:3種類
  • データ容量:6種類
  • 回線の種類:2種類

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIM・データSIM(SMS付き)・データSIM(SMSなし)の3種類のプランがあります。

SMS付きだと、電話番号宛にくるショートメッセージの送受信が可能です。SMSはGmailやアプリの認証でよく使うので、あった方が便利です。

3つのSIMタイプから選んだら、あとはデータ容量と回線の種類を選びます。データ容量は1GB〜30GBまでの6種類、回線はau回線・ドコモ回線の2種類です。

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1400円
3GB1600円
6GB2150円
12GB3400円
20GB5200円
30GB7450円

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、月額1400円〜7450円までの6種類です。低容量プランが主流な中、20GBや30GBといった大容量プランがあるのは珍しいですね。

ネットもSNSも十分使えてコスパの高い、6GBプランが最も人気なようです。

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
1GB
3GB1020円900円
6GB1570円1450円
12GB2820円2700円
20GB4620円4500円
30GB6870円6750円

データSIMは、SM付きとSMSなしの2種類があります。SMS付きはau回線・ドコモ回線どちらも選べますが、SMSなしはドコモ回線のみです。

また、データ容量は3GB〜30GBの5種類となっています。1GBは音声通話SIM限定で、データSIMでの契約はできないので注意してください。

au回線のタイプAにはSMSなしのデータ通信専用SIMがないため、料金を抑えたい場合はdocomo回線のタイプDの契約がおすすめです。タイプAでは機種によってテザリングができない場合もあるので、申し込み前には公式サイトで動作確認機種のチェックを必ずしておきましょう。

おすすめオプション

エンタメフリー・オプション(1,058円/月 ※データ通信専用SIMの場合)
YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kidsのデータ通信量がカウントされずに使い放題

【BIGLOBEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、2020年2月より新料金プランを開始し、LINE使い放題+オプションでSNS使い放題になりました。

iPadでもSNSで友人とコミュニケーションを行うという方や、音楽などをたくさん聴きたいという方にはおすすめになっています。

LINEモバイルの月額料金

SIMタイプデータ容量月額料金
データSIM(SMS付き)500MB600円
3GB980円
6GB1700円
12GB2700円
音声通話SIM500MB1100円
3GB1480円
6GB2200円
12GB3200円

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、料金はどの回線でも同じです。

料金プランは、(1)SIMタイプ、(2)データ容量、(3)データフリーオプションの3段階で選んでいきます。

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

SIMタイプは、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。

データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。

どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

データSIMを選んだら次はデータ容量です。データ容量は、500MB・3GB・6GB・12GBの4種類から選びます。

データSIM(SMS付き)で最も少ない500MBを選んだ場合、月額料金はたったの600円です。(3)データフリーオプションで詳しくご紹介しますが、LINEモバイルの全料金プランにはLINE使い放題が付いています。

そのため、LINEをメインに使っている方なら500MBでも十分足りるのです。その他、SNS使い放題のオプションもあるため、データ容量はオプションと合わせて選んだ方が良いでしょう。

  • LINEデータフリー:0円
  • SNSデータフリー:+280円/月
  • SNS音楽データフリー:+480円/月

最後は、3種類の中からデータフリーオプションを決めます。

「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。

「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。

SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

b-mobile

出典:b-mobile

b-mobileにはiPad向けの音声通話なしの格安SIM「190 PAD SIM」があります。

その名のとおり、最安料金なら税抜きで190円から使えるのが特長。

プランを事前に選ぶのではなく、100MB〜10GBまでの間で使った分だけ支払う段階制の料金です。普段は自宅のWiFiを使っていてたまに外にも持ち出す、というように利用量に波がある方でも無駄なく快適に使えます。

ドコモ回線とソフトバンク回線のサービスがあり、それぞれのキャリアで購入したセルラー版iPadは全機種利用できます。

b-mobileの料金プラン

  • 音声SIM:START SIM・990ジャストフィットSIM
  • データSIM:190PadSIM

b-mobileの料金プランは、音声通話SIMが2種類、データSIMが1種類です。回線は、ドコモ・ソフトバンクに対応しています。

音声通話SIMは、「START SIM」と「990ジャストフィットSIM」の2つがあります。「START SIM」は、最低利用期間と解約金がない料金プランです。スタートという名前の通り、月間1.5GBまでのお試しプランとなっています。

音声SIMもう1つの「990ジャストフィットSIM」は、b-mobileで最も人気の料金プランです。毎月1GB単位でギガ数を決めることができるので、ギガを余らせることなく使えます。

データ利用量の上限設定もできるため、使いすぎも防止できます。ここまで細かくデータ容量を設定できるのは、格安SIMの中でもb-mobileだけではないでしょうか。

990ジャストフィットSIM料金
1GBまで990円
2GBまで1190円
3GBまで1390円
4GBまで1590円
5GBまで1790円
6GBまで1990円
7GBまで2190円
8GBまで2390円
9GBまで2590円
10GBまで2790円
11GBまで2990円
12GBまで3190円
13GBまで3390円
14GBまで3590円
15GBまで3790円
16GBまで3990円
17GBまで4190円
18GBまで4390円
19GBまで4590円
20GBまで4790円

データSIMは、「190PadSIM」という料金プランです。SMS付きプランとSMSなしプランの2種類から選べます。

「990ジャストフィットSIM」と同じように、月額料金は使ったデータ量に応じて変動します。あまり使わない月・使う月によって必要な分だけ使えるので、無駄がありません。

最も少ない100MBまでなら、月額190円で契約できます

190iPadSIMSMSなし
(ドコモ・ソフトバンク)
SMS付き
(ドコモ)
100MBまで190円320円
1GBまで480円610円
3GBまで850円980円
6GBまで1450円1580円
10GBまで2190円2320円
15GBまで3280円3410円

【b-mobile】最新キャンペーンはこちら

DTI SIM

DTI SIMには「DTI見放題SIM」というYouTube、Twitter、マイナビのサイト閲覧の通信が使い放題になるプランがあります。

ネット使い放題プランもあるので、YouTube、Twitter、マイナビサイト以外のサービスもよく使うという方は使い放題がおすすめです。

DTI SIMの格安SIM料金プラン

DTI SIMデータプランデータSMSプラン音声プラン高速通信容量通信速度SIM枚数
1GB600円750円1,200円1GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GB840円990円1,490円3GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GB1,220円1,370円1,920円5GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GB2,100円2,250円2,800円10GB/月下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
1枚
ネット使い放題2,200円2,350円2,900円上限なし下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
1枚

【DTI SIM】最新キャンペーンはこちら

こちらの記事では、人気格安SIMの料金・速度を比較したおすすめ格安SIMを解説しています。併せてご覧ください。

iPadのSIMロック解除に関するよくある質問

ここでは、iPadのSIMロック解除のよくある質問に回答していきます。

中古iPadでもSIMロック解除はできる?

中古で購入したiPadにSIMロックがかかっていた場合、契約する格安SIMによってはSIMロックの解除が必要になります。

中古iPadでもSIMロック解除は可能です。ドコモは店頭・WEB、au・ソフトバンクは店頭のみ受け付けています。

店頭でSIMロック解除をする場合は事務手数料3000円がかかるので、ドコモはWEBから手続きした方がいいでしょう。

解約後でもiPadのSIMロック解除はできる?

キャリア乗り換え後、もしくは解約後でもiPadのSIMロックは解除できます

2019年にSIMロック解除のルールが変更され、ドコモ・au・ソフトバンク全て解約後の解除ができるようになりました。

そのため、最近解約したばかりのiPadだけでなく、過去に使っていたiPadやもらったiPadのSIMロック解除もできるのです。

SIMロック解除をしたiPadの初期設定方法

SIMロック解除後に最初にする初期設定の方法とAPN設定の手順を紹介します。APN設定とはインターネットに接続するための接続先を設定すること。難しそうに感じますが、手順どおりに進めば簡単に設定できます。

初期設定(アクティベーション)の方法

初期設定は通常のiPhone、iPadを購入したときと同じ設定です。画面の指示に従って操作しましょう。

  1. 電源を入れる
  2. 「日本語」を選択する
  3. 国または地域で「日本」を選択
  4. 「手動で設定」を選択
  5. 使用するキーボードにチェックを入れ「次へ」を選択
  6. 「WiFiネットワーク」または「次へ」(「iTunesに接続」)を選択
    ※初期設定中の通信方法です。WiFiを使用しない場合は「次へ」を選択します。
  7. 各データを設定またはスキップする
  8. 「さあ、はじめよう!」をタップして設定が完了

APN設定の方法

APN設定とはインターネットに接続するための設定です。格安SIMの公式サイトからAPN設定用のファイルをダウンロードする必要があるので、WiFiなどでインターネットに接続できる環境で作業しましょう。

  1. SIMカードを挿入する
  2. 使用する格安SIMカードの公式サイトやサポートページからAPN構成プロファイルをダウンロードする
  3. ダウンロードが完了すると「プロファイル」画面が開くので「インストール」をタップ
  4. 「警告」画面が出たら「インストール」を選択
  5. 再度「インストール」をタップ(パスコードが求められた場合は入力)
  6. インストールが完了したら「完了」をタップ

iPadをSIMロック解除して格安SIMでお得に使おう

手順とおりに手続きをすれば、iPadのSIMロック解除は簡単です。iPadを格安SIMに変えて安く使いたいなら、ぜひチャレンジしてみてください。

SIMロック解除しなくても格安SIMを使える場合がありますが、SIMロック解除をすることで選べる格安SIMが多くなります。購入キャリアとは別回線の格安SIMでiPadを利用したい場合はSIMロック解除をしておきましょう。

iPadにおすすめの格安SIMをピックアップして紹介しましたが、他にも格安SIMはたくさんあります。紹介したサービス以外の格安SIMを探したいなら「SIMチェンジプラン診断」から比較してみましょう。

自分にあった格安SIMを診断してみる!


SHARE!!

あわせて読みたい