1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルでiPhoneに機種変更・契約|セット購入・持ち込みのそれぞれを解説

ワイモバイルでiPhoneに機種変更・契約|セット購入・持ち込みのそれぞれを解説

更新日:2020.07.22

ワイモバイルでiPhoneを使う方法を解説します。ワイモバイルでiPhoneをセット購入する方法、SIMフリー端末を購入する方法、使用中のiPhoneをSIMロック解除して持ち込む方法について、詳しく解説しています。

大手キャリアより安くiPhoneを使いたいと思っている場合、ワイモバイルでiPhoneを使用すれば通信費を抑えることができます。

ワイモバイルではiPhone7をセットで購入できる他、自分でiPhoneを持ち込んでSIMだけ契約することも可能です。

今回はそんなワイモバイルでiPhoneを使用する方法について詳しく解説していきます。

ワイモバイルでiPhoneを使用する方法

ワイモバイルでiPhoneを使用する方法には次の3つがあります。

  • ワイモバイルでiPhoneをセット購入して新規契約する
  • SIMフリーのiPhoneを購入してワイモバイルのSIMカードを契約する
  • 手持ちのiPhoneをSIMロック解除してワイモバイルのSIMカードを契約する

現在iPhoneを持っているか、またiPhoneのどの機種を使いたいかによって契約方法が異なるので、自分に合った方法で手続きを進めてください。

ワイモバイルでiPhoneをセット契約で機種変更する

ワイモバイルで購入できるiPhoneの機種はiPhone7のみです。最新機種が使いたいという場合は、ワイモバイルでは購入できないので注意しましょう。

iPhone7の基本情報とスペックを紹介します。

発売時期2016年9月
カラーバリエーション(ワイモバイルで購入できるもの)ブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
液晶画面解像度

1,334 x 750
4.7インチ
326ppi

重さ138g
容量32GB/128GB
メインカメラ画素数1,200万画素
インカメラ画素数700万画素

端末の価格と月額料金

ワイモバイルで購入する場合のiPhone7の端末価格です。価格は契約するプランによって異なります。

容量契約プラン新規契約の場合乗り換えの場合機種変更の場合
32GBプランS21,600円24,873円29,455円
プランM21,600円21,600円29,455円
プランR21,600円21,600円29,455円
128GBプランS34,691円34,691円39,273円
プランM39,273円39,273円39,273円円
プランR31,419円31,419円39,273円

32GBのiPhone7を36回払いで購入し、プランSを契約した場合の月額料金の明細です。

端末代金割賦金760円/月
料金プランスマホベーシックプランS2,948円/月
オプションデータ増量オプション月額無料
割引新規割(翌月から)-770円/月
合計2,938円/月

新規割は、契約の翌月から6ヵ月間基本使用料から最大770円が割引されます。

セット購入の流れ

出典:ワイモバイル

ワイモバイルでiPhoneをセット購入する際の手続きの流れを簡単に解説します。ここではオンラインストアで手続きする方法を紹介します。

申し込みの際にはあらかじめ、クレジットカードと本人確認書類、乗り換えの場合はMNP予約番号を用意する必要があります。

準備ができたら次の手順で手続きを進めていきます。

  1. ワイモバイルのオンラインストアにアクセス
  2. iPhone7の製品ページを開く
  3. 端末の容量とカラーを選択
  4. 契約方法・料金プラン・支払い方法・オプションを選択
  5. 下取り等の割引が適用できる場合はチェック
  6. 選択内容を確認
  7. 「ご購入手続きへ」をクリック
  8. 「お手続きへ進む」をクリック
  9. 本人確認書類をアップロード
  10. 契約者情報を入力
  11. ネットワーク暗証番号を設定
  12. クレジットカード情報を入力
  13. 「入力内容確認へ」をクリック
  14. 「重要説明条項へ」をクリック
  15. 契約書類を確認してチェック
  16. 「申し込み」をクリック

これで手続きは完了です。手続きの際には料金をシミュレーションしながら購入できるので、支払額がわかりやすく安心です。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

SIMフリーのiPhoneを持ち込んで契約する

2つ目の方法がSIMフリーのiPhoneを自分で用意して、ワイモバイルではSIMカードだけを契約する方法です。

SIMフリースマホとは、簡単に言えば好きな携帯会社のSIMカードを挿入して使用できるスマホのことです。

ワイモバイルに新しいiPhoneを持ち込んで使いたい場合は、このSIMフリーの状態で販売されているiPhoneを用意する必要があります。

契約の際に必要なもの

この方法で契約する場合は次の3つを用意する必要があります。

  • 他社で購入したSIMフリーのiPhone
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • 印鑑(店頭で手続きする場合)

SIMフリーiPhoneを購入できる場所

SIMフリーのiPhoneは次の場所で購入可能です。

  • Apple Storeの店舗とオンラインストア
  • スマホの中古販売店
  • Amazonなどの通販
  • オークションサイト

現在Apple Storeで購入できるiPhoneは全てSIMフリーの端末です。

また、中古端末を購入したい場合はイオシスがおすすめです。イオシスはスマホの買取と販売で人気の店舗で、年間の販売実績は約26万件を誇ります。

中古の商品は厳密にチェックされ、新品から中古品まで5段階で評価されており、品質やサービスの点で信頼性の高い販売店です。

また、実店舗販売だけでなくネット通販も行っており、通販の場合でも条件を満たせば翌日から受け取りが可能です。

中古で品質の良いiPhoneを購入したいという方はぜひチェックしてください。

イオシスを詳しくみる

SIMフリーiPhoneをワイモバイルで使用する流れ

まずSIMフリーのiPhoneを自分で用意し、ワイモバイルでSIMカードだけを購入する流れになります。SIMカードは、ワイモバイルの店舗かオンラインストアで購入可能です。

店舗で購入する場合は、その場でスタッフが設定までしてくれます。しかし、オンラインストアで購入する場合は自分で設定をして使用できるようにする必要があります。

ここからは、SIMカードを購入した後に自分で初期設定を行う方法と流れを解説していきます。

iPhoneにSIMカードを挿入

ワイモバイルのSIMカードをiPhoneに装着していきます。

  1. SIMカードを取り外す
  2. SIMピンなどを使ってiPhoneのSIMスロットを引き出す
  3. SIMカードをSIMスロットに装着
  4. SIMスロットをiPhoneに装着

以上でSIMカードの装着は完了です。

SIMカードをSIMスロットに装着する際、向きを間違えてしまうと本体に挿入する際にSIMスロットを破損してしまう恐れがあります。

装着の際は、SIMカードの欠けている部分をSIMスロットの同じ形の部分に合わせて装着するように注意してください。

SIMフリー端末を使用する際の注意点

SIMフリー端末をワイモバイルで使用する場合は、次の3点に注意してiPhoneを購入してください。

セット割などが適用されない

ワイモバイルや他のキャリアでiPhoneを購入する場合は端末代金が割引されていますが、自分で購入する場合はこうしたキャリアの割引が適用されません。

購入する店舗によってはかなり端末代が高くなることがあるので、お得に購入したい方は価格を比較して選ぶようにしましょう。

また、店舗によっては分割払いの利息がつくこともあるので注意が必要です。

技適マークがついているものを使う

購入する端末に技適マークが付いていることを必ず確認しましょう。技適マークとは日本で使用が認められているという証で、付いてない端末は日本で使用できません。

日本で技適マークが付いていない端末を使用して通信した場合、電波法違反と見なされ、年以下の懲役または100万円以下の罰金の刑罰を受ける可能性もあるので注意してください。

中古の場合は残債に注意

分割払いの支払いが終わる前に売り出された中古のiPhoneを購入した場合、使えないケースがあります。残債が残った状態で放置しているとキャリアによってスマホとしての機能を停止させられてしまうためです。

残債のあるiPhoneを購入しないために、購入時には出品者や店舗による商品説明をよく確認するようにしましょう。「一括購入」、「残債無し」、「ネットワーク判定◯」などの表記がある商品を中心に検討するのがおすすめです。

現在使用しているiPhoneをSIMロック解除して使う

3つ目の方法は現在使用しているiPhoneのSIMロックを解除し、ワイモバイルのSIMカードを装着して使用する方法です。

ここではSIMロック解除の条件と方法を中心に解説します。

各キャリアのSIMロック解除の受付条件

SIMロックを解除するためには、各キャリアが決めた次の受付条件を満たす必要があります。

ドコモの場合

ドコモで購入したiPhoneの場合、SIMロック解除をするには次の受付条件を満たす必要があります。

  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
  • 購入日から100日経過した機種であること

なお、次の条件に当てはまる場合、端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除できる場合があります。

  • 過去にSIMロック解除を行い、その受付から100日経過している
  • 端末を一括払いで購入もしくは、分割払いで精算している
  • ドコモの携帯料金をクレジットカードで支払っている

auの場合

auで購入したiPhoneの場合、購入日から100日経過している機種であれば原則、SIMロック解除が可能です。

また、例外として次の条件に当てはまる場合は端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除できる場合があります。

  • 過去にSIMロック解除を行い、その受付から100日経過している
  • 端末を一括払いで購入もしくは、分割払いで精算している
  • 端末料金の残債があるときに割賦代金2カ月分を預り金として支払った

ソフトバンクの場合

ソフトバンクで購入したiPhoneの場合も、購入日から100日経過している機種であれば原則、SIMロック解除が可能です。

また、例外として次の条件に当てはまる場合は端末を購入してから100日以内でもSIMロック解除できる場合があります。

  • 過去に他の端末でSIMロック解除の実績がある
  • 端末を一括払いで購入もしくは、分割払いで精算している
  • ソフトバンクの販売店からクレジットカード払いで端末を購入している

SIMロック解除の方法と流れ

SIMロック解除の方法と流れを解説します。

SIMロック解除の手続きは次の3つの方法のいずれかで行います。

  • 各キャリアの店舗で手続きする
  • 電話で申し込む
  • キャリアのWebサイトで手続きする

店舗と電話での手続きの場合は、手数料が3,000円かかります。キャリアのWebサイトで手続きをする場合は費用がかからないので、Web上での手続きがおすすめです。

ここではWeb上での手続き方法を紹介します。各キャリアで解除の手続きの流れはほとんど同じなので、ここではソフトバンクを例に解説していきます。

  1. ウェブサイトでSIMロック解除の対応機種であることを確認
  2. IMEI番号を調べてメモを取る
  3. My Softbankを開く
  4. 「契約の確認・変更」のページの関連メニューから「SIMロック解除手続き」のページにアクセス
  5. 指示通りにIMEI番号を入力
  6. iPhoneの機種の詳細が表示される
  7. 間違いがなければ「解除手続きする」をクリック

これで手続きは完了です。手順通りに操作してもうまくできない場合は、IMEI番号の入力にミスがある可能性があります。

また、そうでない場合はSIMロック解除ができる期間でない可能性があるので、確認してみましょう。

これ以降のワイモバイルでの手続きや設定の手順は、SIMフリー端末を使用する場合と同じなので、そちらを確認してください。

ワイモバイルでiPhoneを使おう

ワイモバイルでiPhoneを使う方法には、ワイモバイルでiPhoneをセット購入する他にSIMフリー端末を購入する方法とキャリアのiPhoneをSIMロック解除して使用する方法があります。

現在ワイモバイルではiPhone7をお得に購入できます。しかし、iPhone7しか選択肢がないため、他の機種を使いたい方は自分でSIMフリー端末を用意しなければなりません。

中古のSIMフリーiPhoneを購入するという方は、問題なく使用できる状態の端末を選ぶようにしましょう。また、SIMロック解除をする場合は、SIMロック解除の受付条件に当てはまっているか確認してください。

このように、どの方法が1番適しているかは状況によって異なるので、自分に合った方法を選んで、ワイモバイルでiPhoneを使えるようにしましょう。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

SHARE!!

あわせて読みたい