1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auでMNP予約番号を取得する方法|157に電話するだけでお手軽乗り換え

auでMNP予約番号を取得する方法|157に電話するだけでお手軽乗り換え

更新日:2020.11.27

現在auでスマホを運用していて格安SIMにMNP(ナンバーポータビリティ)をしたいと考えている人も多いかと思います。auではMNP(ナンバーポータビリティ)時に157に発信などをする必要があります。また他にもMNP時の手順はあるのでそのようなことをここではまとめていきます。

今auと契約をしているものの月額料金などを更に安くしたいと考えていてMNP(ナンバーポータビリティ)を検討しているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではauからMNPをする手順などをまとめていきたいと思います。

auではMNP(ナンバーポータビリティ)時に157に発信することが必要であったりそのような情報を載せていくので、ぜひ参考にしてください。

auでのMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号取得方法

早速auでのMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号取得方法をまとめていきます。

MNP予約番号の取得方法は複数ありますが、自分が一番楽な方法を選ぶと良いでしょう。

157に発信をしてMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を取得しよう

157に発信をすることでauではMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を取得できます。

auでMNP予約番号を取得する時に一番おすすめな方法となります。

  • 157に発信「3」をタップ「2」をタップ(年中無休9:00~20:00)

157に発信をしてMNP予約番号を取得するにはこの手順が必要です。157に発信をして順番にタップをしたらオペレーターに繋がります。

オペレーターに繋がったら電話番号や氏名などを聞かれるので答えていきましょう。その後解約時の料金や注意事項などの説明を受けます。ちなみにこのタイミングでau側から引き止められることもあり、端末を割引してくれたりすることもあります。

  • 0077-75470(年中無休9:00~20:00)

MNP(ナンバーポータビリティ)時は157だけではなくこちらの番号でもMNP予約番号を取得できます。繋がった後の手順は157に発信をした場合と同じとなっています。

EZwebで取得しよう

ケータイ(ガラケー)を使用している場合はEZwebからMNP予約番号を取得することもできます。

EZwebボタンを押し、トップメニューまたはauポータルトップ→お客さまサポート→申し込む/変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)という順番でMNP予約番号を取得できます。

EZwebでMNP予約番号を取得する場合は受付時間が9:00~21:30となっていることに注意しましょう。

auショップで取得しよう

auでは直接auショップに行くことでもMNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を取得することが可能です。店舗で取得することも可能なのですが、直接店舗まで行かないといけないことや待ち時間がかかることもありあまりおすすめできません。受付時間は店舗によって異なるので注意しましょう。

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号の注意点

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号には有効期限が決められておりこの有効期限が切れてしまうとそのMNP予約番号は使えなくなります。

MNP予約番号の有効期限は発行した日も含めて15日となっています。有効期限が切れるとそのMNP予約番号は使えなくなってしまいますが、MNP予約番号を再び取得すれば問題ありません。

また、取得するだけではauが解約になることもありません。そのためMNP予約番号は出来るだけ早めに取得しておいて、期限内に乗り換えができなかったらまた再発行するという流れもおすすめです。ですが格安SIM会社によっては有効期限が10日以上ないと使えないなどの条件が指定されていることもあるので注意しましょう。

auのMNP転出手数料については以下記事で詳しく解説しています。

157発信を利用してauから乗り換えるのにおすすめの格安SIM会社

ここからはauで157発信を利用して乗り換えるのにおすすめの格安SIM会社をご紹介していきます。

①mineo(マイネオ)


出典:mineo(マイネオ)

まず最初にご紹介する格安SIM会社がmineo(マイネオ)になります。mineo(マイネオ)はdocomo(ドコモ)回線だけでなくau回線も利用できるのでauから乗り換える時におすすめです。

mineoの料金プラン

mineo出典:mineo

mineoの料金プランは数が多く、少し複雑です。データSIMと音声通話SIMの他に、データ容量・通信速度・回線を選ぶ必要があります。

  • SIMタイプ:シングルタイプ・デュアルタイプ
  • データ容量:6種類
  • 通信速度:通常コース・エココース
  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク

シングルタイプはデータ通信SIM、デュアルタイプは音声通話SIMのことです。呼び方が違うだけで、できることは他の格安SIMを変わりません。

通信速度は、通常コースの他に「エココース」があります。エココースは、最大速度が制限される代わりに料金が安いプランです。

月曜〜金曜までは最大速度が200kbpsになり、土日は通常速度で使えます。さらに、ギガを使い切ったあとも最大200kbpsが維持されるので、通信制限でイライラすることもありません。

通常プランに比べ、月額料金は450円安くなります。年間で5400円も安くなるので、かなりお得ですね。

SIMタイプ・データ容量・速度を選んだら、あとは回線だけです。ドコモ・au・ソフトバンク回線で月額料金が違っており、ドコモが最も安くなっています。

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB700円790円
3GB900円990円
6GB1580円1670円
10GB2520円2610円
20GB3980円4070円
30GB5900円5990円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB1310円1400円1750円
3GB1510円1600円1950円
6GB2190円2280円2630円
10GB3130円3220円3570円
20GB4590円4680円5030円
30GB6510円6600円6950円

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB
3GB850円940円
6GB1480円1570円
10GB2370円2460円
20GB3680円3770円
30GB5450円5540円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB
3GB1460円1550円1900円
6GB2090円2180円2530円
10GB2980円3070円3420円
20GB4290円4380円4730円
30GB6060円6150円6500円

mineo(マイネオ)の特徴

ここからはmineo(マイネオ)の特徴をまとめていきます。mineo(マイネオ)の良い点を更に知っていきましょう。

音声通話SIMも安くなっている

au回線を利用するAプランの場合はデータ通信SIMの料金に658円追加することで090音声通話が利用できます。つまりmineo(マイネオ)は比較的安い料金で通話を利用できます。

無料でメールアドレスが発行される

mineo(マイネオ)は無料で「mineo.jp」というメールアドレスが発行されます。メールアドレスが発行される格安SIM会社は他にもありますが、無料というケースはあまりありません。

公式サイト:mineo(マイネオ)

②IIJmio

cover_image
出典:IIJmio

次にご紹介する格安SIMがIIJmioになります。IIJmioもau回線を利用できるのでauからの乗り換え先の候補になります。

IIJmioの料金プラン

プラン名音声通話SIMSMS付きデータSIMデータSIM
タイプD・タイプAタイプDタイプAタイプD
3GB1600円1040円900円900円
6GB2220円1660円1520円1520円
12GB3260円2700円2560円2560円

IIJmioの料金プランは、音声通話SIM・SMS付きデータSIM・データSIMの3種類です。

ここ数年、SMSなしのデータ通信SIMが減ってきているので、なるべく料金を抑えたい方にとってはありがたいですね。

回線は、ドコモ・au回線の2種類から選べます。ただし、SMSなしのデータSIMはドコモ回線のみなので、注意してください。

データ容量は、3GB・6GB・12GBの3種類です。IIJmioでは、データ容量に応じて1つのプランで複数のSIMカードが使えます

  • 3GB(ミニマムスタートプラン):最大2枚
  • 6GB(ライトスタートプラン):最大2枚
  • 12GB(ファミリーシェアプラン):最大10枚

最も容量が多い12GBプランでは、最大10枚までSIMカードが使えます。

複数のSIMカードが使えるメリットは、複数端末や家族でギガを分け合える点です。スマホとタブレットでギガを分け合って使えば、SIMカードを2枚別々に契約するよりも安く済みます。

また、あまりギガを使わない子どもや両親とギガを分け合うのもおすすめです。IIJmioなら、スマホだけでなく家計の通信費用も抑えることができるでしょう。

支払いは使った分だけ!|従量制プラン

出典:IIJmio

従量制プランは、モバイル通信は自宅での利用が多い方や、LINEやメールの利用が中心でデータ通信をあまり使わない方におすすめの料金プランです。こちらは、タイプA(au回線)のみ選択できます。

使った分だけ1GB単位で支払いできて、SMS機能付きSIMなら1GB480円から利用可能。最大20GBまで使用できます。

1GBを超える場合は、1GB単位ごとに200円ずつかかります。従量制プランの月額基本料金はこちらです。

バンドルクーポンSMS機能付きSIM音声通話機能付きSIM
~1GB480円1,180円
~2GB700円1,400円
~3GB900円1,600円
~4GB1,100円1,800円
~5GB1,300円2,000円
~20GB4,300円5,000円

※すべて税抜価格です。

高速通信が使えるバンドルクーポンの適用はオン/オフ可能です。非適用時は、通信速度が低下したり通信制限にかかりやすくなるので注意しましょう。

また、使いすぎ防止機能としてデータ通信容量の上限を設定できます。上限を超えそうなときは、会員ページから上限値を変更すると即日反映されます。

SIMカードを3枚まで利用できてデータシェアが可能なので、家族でシェアしたり複数の端末で使いたい方にもおすすめです。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

IIJmioの特徴

ここからはIIJmioの特徴をまとめていきます。

格安SIM業界でも人気が高い

IIJmioは格安SIM業界でも非常に人気が高い格安SIM会社となっています。人気が高くユーザー数が多いというのはそれだけ信頼度にも繋がります。

設備投資を行う回数が多い

IIJmioは設備投資を行う回数が多いという特徴があります。ユーザー数が増えてくると回線速度が遅くなったりするのですが、IIJmioは設備投資を繰り返して行っているので回線速度が一時的に遅くなってもすぐに解決するケースが多くなっています。

公式サイト:IIJmio

▼SIMチェンジではほかにもau回線のおすすめ格安SIMを比較しご紹介しています。ぜひご一読ください。

auからMNP(ナンバーポータビリティ)するときは157発信を使おうまとめ

auからMNP(ナンバーポータビリティ)するときは157発信を利用することをおすすめします。EZwebはケータイ(ガラケー)からしか使えませんし、店舗に行くのは少し手間がかかってしまいます。そのため電話でのMNP予約番号取得がおすすめなのです。

au端末をそのまま使うという場合は乗り換え先はmineo(マイネオ)かIIJmioがおすすめなので覚えておきましょう。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい