1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auからのMNP手数料(乗り換え費用)はどのくらいかかる?

auからのMNP手数料(乗り換え費用)はどのくらいかかる?

更新日:2019.02.01

「auからMNPをする時の手数料」はどれくらいかかるか知っていますか?実は解約金・違約金も含めると費用は高くなる可能性もあるので「格安SIMへ乗り換えると本当に安くなるのか」を考えてみましょう!今回はmineo(マイネオ)とも比較してみます。

auからMNP(モバイルナンバーポータビリティ)をする手数料を徹底調査!他社へ電話番号をそのまま乗り換える際には3,240円の転出手数料が発生しますが、それ以外にも、現在の契約内容によって気をつけておくべき内容がいくつかあります。例えば格安SIMへ乗り換えると月額料金は安くなる可能性がありますが、初期費用もいくらかかかるので、チェックしておきましょう。


auのMNP(乗り換え)手数料はいくら?

auのMNP手数料とは「auから、電話番号をそのまま他社へ乗り換える際に発生する費用」です。いわば「電話番号を引き継ぐための手数料」のようなもので、例えば格安スマホなどへ乗り換えたい場合には、確認しておく必要があります。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)とは「Mobile Number Portability」の略で、簡単に言うと「電話番号をそのまま」他社サービスに乗り換えることを指します。

更新契約の場合はMNPの際に解除料金がかかることもあるので、格安SIMへ乗り換えを検討している方は、初期費用として以下の3つを確認しておきましょう。

  1. auからのMNP転出手数料 3,240円
  2. auの契約解除料/解約金/違約金 0円 ~ 1万260円
  3. 他社へのMNP転入手数料 約3,240円

MNP転出手数料

-費用
MNP転出手数料3,240円

他社へ電話番号をそのまま乗り換えする「MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)」では、手続きに費用が発生します。これが「MNP転出手数料」です。これはau(KDDI)から請求されます。

auではMNP転出手数料を「3,240円」としており、例えばauから「mineo(マイネオ)」や「UQモバイル(ユーキューモバイル)」へ番号をそのまま乗り換える際には、この3,240円が発生します。MNPで転出する際には基本的に発生する費用なので、まずはこちらを確認しておきましょう。

解約金/違約金 (契約解除料)

契約更新月以外に解約すると…
2年契約(誰でも割)解除料 1万260円
1年契約(年割)解除料 3,240円

auの契約状況によっては、MNPによって「契約解除料」が発生する場合もあります。これは2年契約や1年契約の更新月以外に乗り換えや解約をすると発生する料金で、「解約金」「違約金」と呼ばれたりしているものです。

上記表の通り、2年契約(誰でも割)の場合には1万260円1年契約(年割)の場合には3,240円の契約解除料金が設定されています。もちろん契約更新月にMNPするなら、これらの費用はかからずに済むので、まずは「自分の契約更新月はいつか、電話やauショップで確認」しておくことをオススメします。

MNP転入手数料/新規事務手数料

格安SIM費用
UQ mobile契約事務手数料:3,240円
mineo契約事務手数料:3,240円
+SIMカード発行料:
Aプラン 406円
Dプラン 394円
IIJmio契約事務手数料:3,240円
+SIMカード発行料:
タイプA 438円
タイプD 425円
OCN モバイル ONE初期工事費用:3,240円
+SIMカード手配料:425円
BIGLOBEモバイルプラン申込手数料:3,240円
+SIMカード準備料:425円
LINEモバイル登録事務手数料:3,240円
+SIMカード発行手数料:432円
楽天モバイル契約事務手数料:3,665円
イオンモバイル初期費用:3,240円
NifMo登録手数料:3,240円

次に、乗り換え先のサービスにも手数料がかかる場合がほとんどです。この場合は「MNP転入手数料(もしくは新規事務手数料)」などと呼ばれたりしますが、ほとんどのMVNOでは3,240円となっています。

SIM発行手数料は2017年に多くのMVNOが請求を開始した手数料です。以前よりSIM発行手数料は発生していたのですが、価格が安かったためMVNO側で負担していました。ところが、キャリア側の値上げによってMVNOの負担が重くなってしまったため、ユーザーにも負担してもらうようになりました。各社400円程度の料金設定となっています。

結局初期費用はどのくらいかかるのか

-費用請求
MNP転出手数料3,240円au(KDDI)
契約解除料/解約金/違約金0 ~ 1万260円au(KDDI)
MNP転入手数料
新規事務手数料
約3,240円(+400円前後のSIM発行手数料)乗り換え先

上記表に、すでに紹介した費用をまとめてみました。転出/転入手数料(合計約6,480円)は基本的にかかるとすると、解約金の費用に応じて合計「約6,480円~16,740円」の初期費用がかかることになります。

こうして見ると特に解約金/違約金の部分は大きな出費になってくるので、au契約の更新月は、まず確認しておくべきでしょう。

初期費用がかさんでも、格安SIMへ乗り換えるべき理由

すでに紹介した通りauからMMPで他社に乗り換えるとそこそこ費用がかかる場合もあるのですが「それでも格安スマホへ乗り換えるべき理由」というのはいくつかあります。

高速データ通信の料金が安い

まずは単純に「月額料金の安さ」が挙げられます。au系の回線を利用した格安SIMサービス「mineo」の例をみてみましょう。

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+
SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB756円756円(SMS付帯料なし)1,415円500MB/月1枚
3GB972円972円(SMS付帯料なし)1,631円3GB/月1枚
6GB1,707円1,707円(SMS付帯料なし)2,366円6GB/月1枚
10GB2,722円2,722円(SMS付帯料なし)3,381円10GB/月1枚
20GB4,299円4,299円(SMS付帯料なし)4,958円20GB/月1枚
30GB6,372円6,372円(SMS付帯料なし)7,031円30GB/月1枚

mineo Aプランの音声対応SIM月額料金をみていくと、月額1,414円~からのスタート。高速データ容量の多いプランも月額料金が安く、例え乗り換えの際にMNP転出/転入手数料や解約金があっても、月額料金の安さから、使い方やプランによっては半年~1年程度で十分にペイできるでしょう。

さらにmineoでは、10分かけ放題のサービスを月額918円の追加料金でオプションとして提供。これならau契約で電話をよくかけていた方も安心です。

実はau自体も「ピタットプラン」を提供開始しており、特に高速データ通信利用料が少ない場合は安くなるケースもあります。ただしauピタットプランの激安料金は各種割引が適用されての話なので、基本料金だけを比較していくと、格安SIMへ乗り換えた方がスマホ月額料金を抑えることのできる場合が多いでしょう。ですので、今から機種変更を検討していた方も、まずは格安SIMでどれだけ安くなるか比較してみるのがオススメです。

公式サイト:mineo(マイネオ)

縛りが短い

格安SIMでは最低利用期間などの縛りが短いのも特徴です。更新型のサービスも少ないので、最低利用期間が過ぎてしまえば、auの時のように「更新月っていつだったっけ?」と悩む必要はありません。

mineo(マイネオ)の例内容
最低利用期間 / 更新契約なし
MNP転出手数料2,160円
(※利用開始翌月から12カ月以内は、MNP転出手数料が1万2,420円)

mineoのサービスを例に挙げると、そもそも最低利用期間も設けていません。利用開始翌月から12カ月以内のMNP転出手数料は多めに設けていますが、それも更新型ではないので、約1年利用してしまえば、auでの契約解除料に該当するような費用というものは、mineoから他社に乗り換えても発生しないのが強みです。

キャンペーンも多い

格安SIMでも多くのキャンペーンが開催されているので、タイミングよく乗り換えを行うと、さらにお得にスマートフォンを使えます。

例えばすでに紹介したmineoでは、期間限定で月額料金の割引キャンペーンなども開催されています。こういった割引も絡めれば、乗り換え費用もすぐに月額料金の安くなった分で埋めることができるでしょうし、長期的に見れば、年間〇万円~の携帯電話料金節約も見えてきます。詳細は公式サイト、現在開催中のキャンペーンをチェックしてみましょう。

2019.5.8まで
Wでさらにおトク!!月額基本料金割引キャンペーン
音声通話SIMの新規申し込みで、基本料金が3カ月間540円割引!
6GB・10GBコースの申し込みなら割引額さらにアップ!詳細をチェック
公式サイトへ

auのMNP手数料は、格安SIMの安さでペイできる

  1. MNP手数料と解約金を合わせると、auから乗り換えるには「約6,480円 ~ 1万6,740円」程度の初期費用がかかる
  2. それでも格安SIMへ乗り換えれば、長期的にみてお得に使える場合が多い

auのMNP手数料を紹介しました。更新月によって解約金の部分で少し多めの初期費用が発生するケースはあるものの、格安SIMの月額料金の安さを考えれば、長い目でみてスマホ料金の節約につながる可能性が高いです。今回紹介したmineoはかけ放題など使えるオプションも多くキャンペーンも時期によっては充実しているので、auから格安SIMへ乗り換えを検討しているかたは、まずチェックしておくと良いでしょう。

2019.5.8まで
Wでさらにおトク!!月額基本料金割引キャンペーン
音声通話SIMの新規申し込みで、基本料金が3カ月間540円割引!
6GB・10GBコースの申し込みなら割引額さらにアップ!詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい