1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイル「Wi-Fiオプション」徹底解説!|料金・注意点・使い方

LINEモバイル「Wi-Fiオプション」徹底解説!|料金・注意点・使い方

更新日:2019.09.06

MVNOの中には、契約時に無料Wi-Fiスポットが使える場合があります。これからLINEモバイルを契約する方の中には、LINEモバイルでも無料Wi-Fiスポットが使えるのか気になる方も多いでしょう!今回は、LINEモバイルの無料Wi-Fiスポットに関して調べてみました!

格安SIMの中には、契約すると無料WiFiスポットが使える場合があります。これからLINEモバイルを契約する方の中には、LINEモバイル(ラインモバイル)でも無料WiFi(ワイファイ)スポットが使えるのか気になる方も多いでしょう。この記事では、LINEモバイルで無料WiFiスポットが使えるかどうかを紹介します。

LINEモバイル(ラインモバイル)を契約すればWiFi(ワイファイ)スポットが使える?

LINEモバイルでは、契約するだけで全国のWiFiスポットが利用できるWiFiオプションを提供しています。

ここでは、LINEモバイルのWiFiオプションについて紹介します。

WiFi(ワイファイ)スポットを利用するメリットは?

LINEモバイルのWiFiオプションについて紹介する前に、WiFiスポットを利用するメリットを簡単に紹介します。

外出中、スマホをWiFiスポットに接続してインターネットを利用する場合、WiFi回線を通じてインターネットを使うことになるので、LTE通信ではありません。したがって、契約しているプランで定められた月々に使える通信量は減らず、結果として通信量の節約になります。

またWiFiスポットを利用できるということは、外出先でスマホだけでなくパソコンやタブレットもインターネットに接続できることになります。仕事で外でインターネットを使った作業をする人にとっては、WiFiスポットはかかせないものになっています。

LINEモバイル(ラインモバイル)のWiFiオプションとは?

LINEモバイルのWiFiオプションは、月額216円のオプション料金を支払うことで利用できるオプションサービスとなっています。

WiFiオプションを利用するとカフェや駅にある全国約5万箇所のWiFiスポットを利用することができます。上で説明したように、LTE通信を利用しないので通信量の節約になりますし、動画視聴やアプリダウンロードなど大きな容量のデータ通信を外出先で行うことができます。

また、料金についてですが、初めてオプションを利用する人は、最初の2カ月間のオプション料金が無料となっています。

LINEモバイル(ラインモバイル)のWiFiオプションの特徴は?

後でも紹介しますが、LINEモバイル以外にもWiFiスポットを利用できるオプションを提供しているMVNOはあります。ただし、他の会社にはないLINEモバイルのWiFiオプションだからこその特徴も存在しています。

その中でも大きな特徴が、セキュリティの高いWPA2方式の暗号化に対応しているということ。LINEモバイルのWiFiオプションで利用できる全てのスポットが、このWPA2方式の通信に対応しています。

また現在地情報やキーワード検索から、接続できるWiFiスポットを簡単に見つけられるのも嬉しいポイント。さらに、簡単な初期設定さえ済ましておけば、利用できるWiFiスポットを見つけた瞬間、自動で接続するように設定することも可能です。

LINEモバイル(ラインモバイル)で無料WiFi(ワイファイ)スポットを使う代替案は?

上で紹介したように、LINEモバイルのWiFiオプションを契約すると、全国5万カ所近くの公衆無線LANサービスを利用することができますが、当然ながらオプション料金がかかってきます。

ここでは、WiFiオプションを契約せずに無料WiFiを利用する代替案を紹介します。WiFiオプションとのメリット・デメリットを比較して、自分に合った方法を選ぶ参考にしてみてください。

無料の公衆無線LANを利用する

街中には無料の公衆無線LANが用意されている場所があります。公共施設や駅、カフェやファストフード店などがそのような場所にあたります。

街中の公衆無線LANを利用するメリットは、オプション料金が必要ないということです。特別にお金を払うことなく利用できるので、LINEモバイルのWiFiオプションを利用する場合と比べると、月々の支払い金額が少なくなります。

一方でデメリットとしては、使う場所が限られているということがあります。その場所から離れればWiFi接続できなくなりますし、限られた場所にしか用意されていないので、いつでも利用できるわけではありません。

また、無料で利用できる公衆無線LANの中には、事前に利用登録が必要な場合もあります。さらには、使える時間が1日に30分や1時間など、制限されている場合も多いので、長い時間利用したいという人は注意が必要です。

テザリングで対応する

WiFiを利用したいと考えている人の中には、外でパソコンやタブレットなどをWiFi接続してインターネットを楽しみたいから利用したいという人も多いでしょう。そのような人の場合は、スマホのテザリングで対応することができます。

LINEモバイルでは、テザリングを無料で利用することができます。大手キャリアではテザリングの利用に月々オプション料金が必要となるので、この点はLINEモバイルならではのメリットと言えるでしょう。

ただし、LINEモバイルでテザリングを利用するには、使っているスマホ端末がテザリングに対応している必要があります。自分の端末がLINEモバイルでテザリングに対応しているかどうかは、動作確認済み端末のページで確認できますので、事前にチェックするようにしてくださいね。

LINEモバイル(ラインモバイル)以外に無料WiFi(ワイファイ)スポットが使えるMVNOは?

LINEモバイル以外にも、契約すれば、またオプションを追加すれば、無料WiFiスポットが使えるようになるMVNOが存在します。

ここでは、そんなLINEモバイル以外のMVNOを紹介します。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

au回線を利用してサービスを提供するUQモバイルも、WiFiスポットを利用できるMVNOの1つです。

オプションサービスの名前は「Wi2 300 for UQ mobile」で、利用料金はなんと無料です。

アクセスできるのは、UQ_WiFiとBBモバイルポイントとWiFiスクエアの記載があるモバイルポイント。東海道新幹線の東京~新大阪間での利用も可能となっています。

LINEモバイルのWiFiオプションと比較したときに、利用料金は無料というのが大きなメリットと言えるでしょう。

OCN モバイル ONE

LINEモバイルと並んでいくつものサービスのカウントフリーオプションが話題になっているOCN モバイル ONEも、WiFiスポットを利用できるMVNOの1つです。

こちらも利用料金は無料。OCN モバイル ONEの格安SIMを利用していれば、誰でもWiFiスポットを利用できます。また、利用できるWiFiスポットの数も、LINEモバイルよりも多い全国8万カ所以上となっています。

セキュリティを重視したWPA2方式のWiFi通信を使えるスポットがあったり、無料WiFiスポットが利用できる場所で自動的にWiFi接続できたりと、便利な機能も多くなっています。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

老舗のインターネットプロバイダがサービスを提供するBIGLOBEモバイルも、WiFiスポットを利用できるMVNOの1つです。

サービス名は「BIGLOBE Wi-Fi」で、利用料金は1ライセンスあたり月額270円です。ただし6GB以上のプランをBIGLOBEモバイルで契約していれば、1ライセンス無料で利用することができます。

全国8万3,000カ所の「Do SPOT]「SECURED Wi-Fi」ステッカーがある無料WiFiスポットが利用できます。

NifMo(ニフモ)

老舗のインターネットプロバイダのNiftyがサービスを提供するNifMoも、WiFiスポットを利用できるMVNOの1つです。

サービスの名称は「My NifMo/NifMoコネクト」。SoftBankが提供する有料WiFiサービスのBBモバイルポイントに追加料金なしで接続できます。

なお、My NifMoはWiFiスポットへの自動接続以外にも便利な機能のあるアプリとなっています。

WiFi(ワイファイ)オプション以外のLINEモバイル(ラインモバイル)の特徴を紹介!

WiFiオプションを契約すれば無料WiFiスポットが利用できるのはLINEモバイルの大きな特徴のひとつですが、それ以外にも他のMVNOと比較したときに、LINEモバイルならではの特徴がいくつも存在します。

上で紹介したようにWifiスポットを利用できるMVNOはいくつもあり、LINEモバイルのWiFiオプションよりも利用料金が安い会社も多いですが、LINEモバイルを選ぶ決め手になるであろう大きな魅力をここでは紹介します。

いろんなサービスが使い放題になるカウントフリー

LINEモバイルの一番の特徴といえるのが、カウントフリーと呼ばれる仕組み。これは指定されたサービスで利用する通信量が月々の通信量消費としてカウントされず、結果として指定のサービスが使い放題になるというしくみです。

LINEモバイルでは、LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランを提供していますが、それぞれのプランでカウントフリーとなるサービスが異なります。それぞれのプランでカウントフリーとなるサービスは以下に示すとおりです。

LINEフリープラン
LINE
コミュニケーションフリープラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

通信量を家族や友達とLINEアプリで分けあえる

通信量を家族や友達とシェアできるMVNOはいくつかありますが、LINEモバイルならではの特徴はLINEアプリを使って通信量をシェアできるということ。

マイページから申し込めば2回線目以降の登録事務手数料がお得になり、音声通話SIMの場合はなんと無料。家族で同じMVNOのSIMを使うことを考えている人は、LINEモバイルがお得と言えます。

LINEアプリの年連認証やID検索が可能

格安SIMでLINEアプリを使っていて困るのが年齢認証ができずID検索が使えないこと。これはLINEアプリの年齢認証に大手キャリアに登録された年齢のデータを用いているからです。

でもLINEモバイルなら心配無用。年齢認証が行えるので、ID検索などLINEアプリを使う上で便利な機能が利用できます。LINEアプリのヘビーユーザーならLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイル(ラインモバイル)のWiFiオプションについて知っておこう!

LINEモバイルのWiFiオプションについて紹介しました。LINEモバイル(ラインモバイル)のWiFiオプションを契約すれば、外出先でWiFi(ワイファイ)接続を行うことができます。

WiFiオプションの利用料金は月額216円かかり、他のMVNOには無料でWiFiスポットを使えるところもありますが、カウントフリー機能などLINEモバイルならではの特徴もあります。LINEアプリを使いこなしている人は特に、LINEモバイルの契約がおすすめです。

終了日未定
スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン
キャンペーンコード入力で5,000LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中にコミュニケーションフリーまたはMUSIC+プランの音声通話SIMの契約・利用開始で月額基本利用料5カ月間半額!初月はどの容量でも600円!
さらに申し込み時に「1908WA05」入力でLINEポイント5,000ポイントプレゼント 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい