1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「接続済み インターネットは利用できません」と表示される原因|対処法を解説

「接続済み インターネットは利用できません」と表示される原因|対処法を解説

更新日:2020.08.13

Androidを使っていると、Wi-Fiに接続済みとなっているのにWi-Fiが使えない時がありませんか?本記事では、「接続済み インターネットは利用できません」と表示された時の原因や対処法を解説しています。

Androidスマホで自宅のWi-Fiを使おうとした時に、「接続済み インターネットは利用できません」と表示されることがあります。

スマホを使う時にWi-Fiがないとデータ通信量を多く消費してしまい、通信制限にかかってしまいます。

今回は、インターネットが利用できない原因と対処法を解説するので、Wi-Fiが使えなくて困っている方は、ぜひ参考にしてください。

「接続済み インターネットは利用できません」はどんな状態?

AndroidスマホをWi-Fiに接続して利用する時に、「接続済み インターネットは利用できません」と表示されて、インターネット通信が不安定になってしまうことがあります。

「接続済み インターネットは利用できません」と表示された時は、Wi-Fiに接続することができたけどそれ以外に異常が発生しているため、インターネットが利用できない状態です。

つまり、Wi-Fiを利用するための認証が完了していないということです。この状態のままだと、AndroidスマホでWi-Fiを利用することはできません。

考えられる原因

「接続済み インターネットは利用できません」と表示されてしまう主な原因として次の3つが考えられます。

  • SSID/パスワードが間違っている
  • Androidスマホに不具合がある
  • Wi-Fiルーターに不具合がある・接続方法に問題がある

Wi-Fiに接続してインターネットを利用するために、いずれかの原因を特定して解決する必要があります。

どこが原因か特定する方法

考えられる原因のどれが当てはまるかを特定する方法は、以下の通りです。

リンクをクリックすると、それぞれの解決方法を紹介している章にジャンプできます。

  1. 異なる通信環境で接続してみる

    異なる回線で繋がるようであれば、ルーターの不具合や接続環境が原因の可能性が高いです。Wi-Fiルーターの状態を確認してみましょう
  2. 異なる通信環境でも接続できない場合

    異なる回線でも繋がらないようであれば子機側(Android端末側)が原因の可能性が高いです。端末側の設定を見直しましょう
  3. 両方繋がらない場合

    そもそものWiFi接続方法が間違えているかもしれません。SSID/パスワードの入力方法に間違いはありませんか。大文字、小文字など意外と見落としがちです。

Wi-Fiルーターの不具合や接続方法が原因

利用できないWi-Fiではなく、他の回線でインターネットが利用できた場合、Wi-Fiルーターの不具合またはWi-Fiの接続方法が間違っているかもしれません。

そのようなときは、Wi-Fiルーターの状態を確認してみましょう。

Wi-Fiを正しく接続する方法

身の回りでは安定しているWi-Fiから不安定なWi-Fiまで、常に様々なWi-Fiが飛び交っています。

自宅以外でも公共のWi-Fiを利用していると、何らかのきっかけで不安定なWi-Fiに自動接続するように設定されていることがあります。

そのため、自動接続されている不安定なWi-Fiを解除して、自動接続したいWi-Fiの優先順位を変更すると、この問題は解消されます。

自動接続を解除する

Androidには、Wi-Fiを自動的に接続する機能があります。

それによって、不要なWi-Fiに勝手に繋がってしまうので、インターネット通信が不安定になってしまうというようなことが起きるのです。

Androidは端末によって設定方法が異なるので、以下の方法でできない場合もあります。

Wi-Fiの自動接続を解除する方法

  1. 「設定」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」や「Wi-Fi」などが書かれているところをタップ
  3. 保存済みのネットワーク一覧が出てきたら自動接続をしたくないWi-Fiをタップ
  4. 自動接続をオフにする

自動接続するWi-Fiの順位を変更する

Androidには、接続したいWi-Fiの優先順位を変更できる機能はありませんが、アプリを利用するとWi-Fiの優先順位を設定できます。

中でも無料で使えるおすすめのアプリは、「Wi-Fi Prioritizer」です。

「Wi-Fi Prioritizer」は、過去に接続したことのあるアクセスポイントが表示されて、優先して接続したいWi-Fiを上から順に並び変えることができるアプリです。

このアプリを使うと不要なWi-Fiにつながることなく、すぐに接続したい安定したWi-Fiに繋がります。

WiFi Prioritizer

WiFi Prioritizer
無料
posted withアプリーチ

Wi-Fiルーターを再起動する

Wi-Fiに接続できない時は、Wi-Fiルーターを再起動してみるのも一つの手段です。

再起動ボタンがあるWi-Fiルーターの場合は、ボタンを押して再起動してみてください。

ボタンがない場合や再起動の方法がわからない場合は、コンセントの抜き差しをして強制的に再起動してみましょう。

この時、一度コンセントを抜いてから少し時間をおいてWi-Fiルーターを起動させないと、改善されない可能性があります。

ファームウェアをアップデートする

ファームウェアとは、Wi-Fiを利用するための制御プログラムのことです。

ファームウェはあまり更新する機会がないので忘れてしまいがちですが、更新していないとWi-Fiが接続できない原因に繋がることがあります

更新方法はそれぞれのメーカーや機種によって異なるので、各メーカーのホームページにアクセスしてみてください。

Wi-Fiルーターにも寿命がある

スマホを何年か使い続けていると、動きが鈍くなってしまったりバッテリーの持ちが悪くなってしまうなど、買い替え時かなというタイミングがあると思います。

実はスマホと同じで、Wi-Fiルーターにも寿命があります。年数は機種によって異なりますが、4年から6年ほどと言われています。

通信速度が落ちてきたり、接続できない時が増えてきたらWi-Fiルーターの寿命かもしれないので、買い替えを検討してみてください。

修理に出す

Wi-Fiルーターを再起動しても、ファームウェアを更新しても改善しない場合は、Wi-Fiルーターが故障している可能性が考えられます。

その場合は、メーカーがサポートしている修理サービスに修理を依頼しましょう。

メーカーや機種によって費用や修理期間は異なるので、各メーカーに問い合わせるかホームページにアクセスしてみてください。

Androidスマホの不具合

インターネットを利用できない原因がWi-Fiルーターではなかった場合、Android端末に不具合が生じている可能性があります。

ここでは、Android端末が原因だったときの対処法を紹介します。

機内モードをオン/オフする

機内モードとは、飛行機内でスマホの通信を遮断するための機能です。

この機内モードをオン/オフするとスマホの通信機能がリセットされて、通信関連の不具合が改善されることがあります。

機内モードのオン/オフは、スマホ本体だけですぐにできるので「接続済み インターネットは利用できません」と表示された時は一度試してみるといいかもしれません。

Androidスマホを再起動する

機内モードをオン/オフしても改善されない時は、スマホを再起動してみましょう。

再起動の方法は端末によって異なりますが、基本的には電源ボタンを長押しして「再起動」を選択すると、すぐに再起動が開始されます。

「再起動」の表示がない場合は、一度スマホの電源を落として再度スマホを起動してみてください。

うまく再起動できなかった時は、強制再起動します。

こちらも方法は端末によって異なりますが、電源ボタンをと音量調節ボタンを長押し、または電源ボタンを10秒ほど長押しでできる場合が多いので試してみてください。

Android OSをアップデートする

Wi-Fiルーターのファームウェア更新と同じように、スマホのAndroid OSを最新版にアップデートすると問題が解消される可能性があります。

スマホの「設定」を開いて「詳細設定」をタップ。「システムアップデート」を開くと現在のAndroidのOSバージョンがわかるので確認します。最新ではなかったら、更新しましょう。

なお、Android OSのアップデートはデータ通信量を多く消費します。利用できるWi-Fi環境下で行うか、通信が可能なパソコンを使って行うことをおすすめします

SSID/パスワードが間違っている

Wi-FiルーターとAndroidスマホが原因ではない場合、SSIDもしくはパスワードを誤って入力している可能性が考えられます。

使用したいWi-FiのSSIDとパスワードが間違っていないか、今一度確認してみましょう。

SSID/パスワードを確認

「SSID」とは、Wi-Fiアクセスポイントの識別名のことを指します。

常に様々なWi-Fiが飛び交っているので、接続したいWi-Fiを選択する時に違ったSSIDを選択してしまうと、Wi-Fiが正常に接続できません。

似たような文字列のSSIDもあるので、誤って別のWi-Fiに繋げてしまわないように注意しましょう。

SSIDとパスワードは多くの場合、Wi-Fiルーターの本体に記載されているか、Wi-Fiルーターと一緒に同梱されているカードなどに記載されています。

初期値から変更していない場合SSIDを入力することはありませんが、パスワードは入力が必要です。

何度入力しても利用できない時は、「0(ゼロ)」と「O(オー)」を間違っていないかなど確認してみてください。

接続と解除を繰り返してみる

正しいSSIDを選択し、パスワードを入力してもWi-Fiが接続できないという時は、Wi-Fiの接続と解除を何度か繰り返してみてください。

接続と解除をを繰り返すと、Wi-Fiの接続がリセットされて最終的に接続できるようになる可能性があります。

Wi-Fiが使えない原因を見つけよう

スマホで動画を視聴したい時や、長時間スマホを使いたい時、Wi-Fiは必要不可欠なものです。

Wi-Fiを使わずにスマホを使い続けると、通信制限の原因にもなってしまいます。

いち早く問題を解決して、快適にスマホでインターネットを利用しましょう!

SHARE!!

あわせて読みたい