1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?切り替え方法・料金・速度を解説

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?切り替え方法・料金・速度を解説

WiMAXのハイスピードプラスエリアについて、その概要やメリット、使用する際の注意点や設定方法について紹介しています。ハイスピードプラスエリアモードを使うと電波の不感地帯が解消されて通信速度も速くなるので、WiMAXユーザーは必見です。

WiMAXには「ハイスピードプラスエリアモード」というものが用意されていることをご存じでしょうか。WiMAXのルーターは、デフォルトでは「ハイスピードエリアモード」になっていますが、これをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけで電波の入るエリアが広がり、通信速度が最大で倍以上の速さになります。

そこでこの記事では、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは何かを詳しく紹介すると共に、メリットや注意点、ルーターの設定の切り替え方法などについてまとめました。

今現在WiMAXを使っている人で、ハイスピードプラスエリアモードが初耳だ、という人、WiMAXの電波がつかめなかったり、途切れがちだ、という人は必見です。

SIMチェンジWIFI

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは?

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは、簡単に言うと「WiMAXをより広いエリアで、より高速に使えるモード」のことです。なぜより広いエリアで、より高速に使えるのかというと、WiMAXが独自に展開している回線に加えてauの4G LTE回線も併せて使うからです。

これはWiMAXの大元を運営しているのが、auブランドを展開するKDDIの子会社、UQコミュニケーションズであることが理由です。

ハイスピードプラスエリアモードのメリット

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードのメリットを3つ紹介しましょう。

通信エリアが広くなる

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXの独自回線に加えて、auの4G LTE回線も併用できるようになります。

両者の通信エリアを人口カバー率で比較すると、WiMAXは全国主要都市での人口カバー率は99%以上になるものの、全国の人口カバー率は90%超にとどまります。一方auは、全国の人口カバー率が99%に達しています。

つまり日本全国で比較した場合、「WiMAXではつながらないがauならつながる」というエリアが10%弱はあり、「WiMAXよりauのほうが通信エリアが広い」のです。auに比べてWiMAXが弱いのが「県境などの山間部エリア」です。

WiMAXが山間部エリアに弱いのは理由があります。WiMAXの電波は「直進性が強く、回折性が弱い」という特徴を持つ高周波数帯(2.4GHz帯、5GHz帯)の電波を使っており、基地局からの電波が高い山などで遮られてしまうからです。

これに対して、auは非常に幅広い周波数帯を使用していて、特に「プラチナバンド」と呼ばれる700MHz帯~900MHz帯の周波数帯を押さえているのが大きな強みです。プラチナバンドはWiMAXが使っている周波数帯に比べると低い周波数帯のため、直進性と回折性のバランスが取れていると言われています。

つまり、真っ直ぐ進む性質を備えながら、山などの障害物を回り込んで越える性質も持ち合わせているということです。そのため電波がより遠くに届きやすく、結果的に通信エリアが広くなります。

SIMチェンジWIFI

屋内・地下もつながりやすくなる

WiMAXを使っている人の口コミでよく見るのが「地下街や地下鉄でつながらない」「建物の中で電波が途切れることがある」というものです。これもWiMAXの電波の「直進性が強く、回折性が弱い」という特徴が理由です。

屋内であればWiMAXのルーターを窓に近くて高い位置に置くといった方法で多少は解決できますが、地下でつながりにくいのはどうしようもなく、地下鉄の利用が多いビジネスマンなどは使用の際に大いに支障をきたすことになります。しかし、これもハイスピードプラスエリアモードを使うことで解決します。

auの4G LTE回線は、屋内でも地下でもほとんどの場所でつながるからです。auのスマホを使っている人の口コミで「地下や室内でつながりにくい」という口コミはほとんどないのがその証拠といえるでしょう。

通信速度が速くなる

2020年2月現在、WiMAX(正確にはWiMAX2+)の最大通信速度は、下り558Mbps・上り30Mbpsとなっています。WiMAXの回線のみを使っている場合、最新のルーターを使ってもこの通信速度が限界です。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードだとここにauの4G LTE回線の電波が加わるので、最大通信速度は下り1,237Mbps、上り75Mbpsと超高速になります。これは最新の「キャリアアグリゲーション」という技術によって、電波を「束ねて」いるからです。

WiMAX単体の電波もキャリアアグリゲーションの技術を使って通信速度を上げてきました。下り最大558Mbpsという数字は、139.5Mbps×2=279Mbpsの回線を更に2つ束ねることによって成り立っています。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXの279Mbpsに加え、auの4G LTEの279Mbps×2と400Mbpsが加わります。つまり279Mbps+558Mbps+400Mbps=1,237Mbps、という速度になります。

ただし、通信速度はルーターの性能によっても左右されますので、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えば必ずこの数字が出るというわけではありません。この数字はあくまでもベストエフォート、理論上の最大値なので、対応するルーターを使っても常時この速度が出るわけではありません

ハイスピードプラスエリアモードの注意点

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは多くのメリットがありますが、逆に注意をしなくてはならない点もいくつかあります。

SIMチェンジWIFI

通信量に制限がある

WiMAXの料金プランはWiMAXプロバイダによって多少違いがありますが、多くのWiMAXプロバイダが使い放題のプラン(以下「ギガ放題プラン」)と月間データ量が月7GBまでのプラン(以下「ライトプラン」)とに分かれています。

ギガ放題プランは前日までの直近3日間のデータ量が10GBを超えた場合、翌日18時頃から翌々日2時頃にかけて1Mbps程度までの速度制限がかかります。ライトプランは月7GB以上使うと、128kbpsの速度制限がかかります。

しかし、これらとは別にハイスピードプラスエリアモードには「ハイスピードプラスエリアモードを使った通信は月7GBまで」という通信量の制限があります。これを超えた場合は128kbpsの速度制限がかかります。

そしてここが最も重要な点ですが、この制限はギガ放題プランを契約している人にも適用されてしまいます。ハイスピードプラスエリアモードを月7GB以上使って速度制限がかかった場合、WiMAXの独自回線しか使わないハイスピードモードのほうも速度制限がかかります。

つまりハイスピードプラスエリアモードを使うと、本当の意味での「ギガ放題」ではなくなってしまうわけです。

最新のWiMAXルーターの中には「通信モード自動切替機能」が搭載されたモデルもある

ハイスピードエリアプラスモードには月7GBまでという制限があるので、たとえギガ放題であっても事実上の制限つきプランになってしまうことは理解してもらえたと思います。これを聞くと「消費したデータ量を確認しながらルーターを使うのは面倒だ」「知らないうちにデータ量が7GBを超えてしまい、すべての通信に速度制限がかかるのは困る」と思う人も少なくないでしょう。

そこでおすすめしたいのが「通信モード自動切替機能」が搭載された最新のWiMAXルーターです。2020年1月現在、この機能は「Speed Wi-Fi NEXT W06」と「Speed Wi-Fi NEXT WX05」に搭載されています。

通信モード自動切替機能とは、ハイスピードプラスエリアモードを利用していてもあらかじめ設定したデータ通信量に到達すると自動的にハイスピードエリアモードに通信モードを切り替える、という機能です。

例えば、ハイスピードプラスエリアモードを「月に6.5GBまで」のように設定しておくと、それ以降の通信は使い放題のWiMAX独自回線であるハイスピードエリアモードに自動的に切り替わるというわけです。この機能があれば、気が付かない間にデータ通信を使いすぎてその月の残りを128kbpsで過ごさなくてはならない、という事態を避けることができます。

追加料金が発生する→3年ギガ放題プランなら無料

2つめの注意点は「月額1,005円の追加料金が発生する」ということです。WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使うには事前の申し込みの必要はなく、ルーターの設定の切り替えだけですぐに使うことができるようになります。

電話やネットでの申し込みが必要なく、使いたい時にすぐに使えるのはメリットですが、その月に一瞬でもハイスピードプラスエリアモードを使うと1,005円の料金が課金されます。ただし、この月額料金は多くのWiMAXプロバイダでは「最低利用期間が3年に設定されたギガ放題プランを利用する際は無料」になります。

WiMAXを提供している本家本元であるUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)では、2019年10月にスタートした新料金プランから最低利用期間が2年のみで3年のものは廃止されています。しかし、その他の多くのWiMAXプロバイダでは、まだまだギガ放題を中心に3年のものが主流です。

毎月のようにハイスピードプラスエリアモードを使うという人は、これらWiMAXプロバイダで最低利用期間が3年のギガ放題プランを利用するとよいでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードの設定方法

WiMAXのルーターをハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使うための設定方法を紹介します。ハイスピードプラスエリアモードへの切り替え方法はルーターによって多少異なりますが、ここでは「Speed Wi-Fi NEXT W05」を例にとります。

最初に、W05本体のホーム画面から「通信モード設定」をタップします。すると「ハイスピード」と「ハイスピードプラスエリア」のどちらかが選択できるようになっており、デフォルトではハイスピードモードが選択された状態になっているはずです。

このハイスピードモードが選択された状態だと、WiMAXの独自回線にのみ接続されるようになっています。ハイスピードエリアプラスモードに切り替えてauの4G LTE回線も使いたい場合は、「ハイスピードプラスエリア」に選択を切り替えます。

ハイスピードプラスエリアを選択すると「ご注意」というタイトルで追加料金の発生に注意を促す警告画面が出ます。これは例外的なケース(3年契約のギガ放題を利用している)を除くと発生する月額1,005円の料金のことで、同意する場合は「OK」をタップします。

ハイスピードプラスエリアが選択された状態だと、WiMAX2+とauの4G LTEの両方で通信できるようになります。最後に「通信モード設定」と書かれた右側のレ点のようなチェックマークをタップすれば、ハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは終了です。

なお、通信モードの一覧にハイスピードプラスエリアが表示されていない場合、「ハイスピードプラスエリアモード規制」がオンになっています。これをオフにするには、ブラウザから「Wi-Fi WALKER WiMAX2+設定ツール」を開き、「設定」から「ハイスピードプラスエリアモード規制」という項目で「オン」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは最強!エリアも広くて速度も速い!

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの概要と注意点、切り替え方法について紹介しました。WiMAXは「回線速度が速い上に使い放題の料金プランがある」という点が大きなメリットですが、その反面唯一のネックが山間部や地下、室内等に電波が入りにくい場所がある点でした。

この点はハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使うことによってほぼ解消されます。月額1,005円がかかること、無料にしたければ料金プランに3年契約のギガ放題を選ぶこと、といったハードルはありますが、これさえクリアできればエリアも速度も最強なモバイルルーターとなるでしょう。

固定回線の代わりとしても十分使えますので、家計に占める月々の通信費用を節約したい人にもおすすめです。

SHARE!!

あわせて読みたい