1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMへの変更・乗り換えで重要!LINEの引継ぎ方法と注意点

格安SIMへの変更・乗り換えで重要!LINEの引継ぎ方法と注意点

更新日:2019.05.16

SIM変更したときのLINEの引継ぎ方法・手順と注意点を紹介します。機種変更や乗り換えのときは、事前にメールアドレスの設定やLINEの引継ぎ設定をしておかないと、LINEの情報が失われてしまいます。正しく引継ぎをして、乗り換え先の格安SIMでもすぐにLINEを使えるようにしましょう。

友達や家族とのやりとりや仕事の連絡までLINEを活用しているスマホユーザーは多いでしょう。もちろん格安SIMに変更してもLINEは利用できます。しかし、スマホの乗り換えのときにはLINEの引継ぎをする必要があります。

引継ぎの手順を間違えてLINEのデータが消えてしまったら、困りますよね。SIM変更のときのLINEの引継ぎ方法や注意点を確認しましょう。

キャリア変更・SIM変更のときのLINEの引継ぎ方法

LINEアカウントの引継ぎ方法は2016年に変更になりました。前回の機種変更のときに一度LINEの引継ぎをしている人も、格安SIMに乗り換えたりキャリア変更でスマホを変更する前に改めて最新の引継ぎ方法を確認しましょう。

LINEの引継ぎ1:メールアドレスの確認・登録・変更

新しいスマホに変更してLINEの引継ぎをするとき、通常は登録したメールアドレス・パスワードとSMSの受信ができる電話番号が必要です。

LINEにメールアドレスやパスワードが登録されているかを確認しましょう。登録されていない場合は手順にそって登録、古いアドレスが登録されている場合は変更しましょう。

  1. LINEアプリを最新の状態にアップデート
  2. 「友だち」>「設定」>「アカウント」>「メールアドレス」をタップ
  3. メールアドレスを確認、登録されていなければ入力
  4. 登録したメールアドレスに届く認証番号を入力、またはURLをタップ
  5. 「登録する」をタップ



出典:LINE ヘルプセンター

パスワードも同様に設定してください。登録したメールアドレスとパスワードは、新しいスマホでLINEにログインする際に利用するのでとても重要です。メールアドレスに間違いはないか、パスワードは適切か確認をしてください。

格安SIMへ変更後も使えるもの今後も使えるメールアドレスを登録する必要がありので、キャリアメールアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなど)以外のアドレスを登録してください。キャリアメールアドレスはキャリアから格安SIM、格安スマホに乗り換え後は使用できなくなるため、パスワードを忘れてしまったときなどに変更手続きができなくなります。

Facebook連携でもLINEにログインできる

メールアドレスを登録したくない場合、新しい格安SIMがデータSIMでSMSが使えない場合はFacebookアカウントでのログインもできます。新しいスマホでFacebookログインを使用したい場合は、Facebookアカウントの連携設定をしておきましょう。

  1. 「友だち」>「設定」>「アカウント」をタップ
  2. 「連携する」をタップ
  3. Facebookにログインする

「連携を解除する」となっている場合はすでに連携ができている状態です。

LINEの引継ぎ2:トーク履歴のバックアップ

トーク履歴はLINEを使うスマホを変更すると全部消えてしまいます。大切なトーク履歴がある場合にはバックアップが必要です。ただし、iPhoneからAndroidやAndroidからiPhoneへのようにOSの変更の場合はトーク履歴の引継ぎができないので注意してください。

AndroidとiPhoneでトーク履歴のバックアップ方法が異なります。

Android

LINEバージョン7.5.0以上で利用できます。

  1. 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ
  2. 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ
  3. 「Google ドライブにバックアップする」をタップ

iPhone

  • LINEバージョン 6.4.0以上
  • iOS 8.1以上

であることを確認してください。

  1. 「設定」>「アカウント情報」>「iCloud」から「iCloud Drive」をオンにしてその下にある「LINE」もオンにする
  2. 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ
  3. 「トークのバックアップ」をタップ
  4. 「今すぐバックアップ」をタップ

トーク内の画像やスタンプはバックアップ・復元ができません。必要な画像はアルバムやKeepへ保存してください。

LINEの引継ぎ3:旧機種で引継ぎ設定をする

次に引継ぎの設定をします。なお、「機種変更後に同一の電話番号でログインする場合」と「同一のスマートフォンでFacebookログインする場合」は設定不要です。

LINEアプリの「友だち」>「設定」>「アカウント引き継ぎ設定」>「アカウントを引き継ぐ」をONにしてください。

この「引き継ぎ設定」は電話番号が変わる場合、新しいスマホでFacebookログインをする場合に設定してください。「引き継ぎ設定」をONにしてから36時間以内に、新しい電話番号のスマホでの引継ぎ設定を完了してください。36時間以内に行わないと「引き継ぎ設定」がOFFになってしまいます。


出典:LINE MOBILE公式ブログ

LINEの引継ぎ4:変更後のSIM・スマホで引継ぎ設定

新しいスマホでLINEの引継ぎを設定をします。

  1. LINEアプリをインストール
  2. 「ログイン」をタップ
    「新規登録」を選択するとアカウントが引き継がれず新しいアカウントが作成されるので注意してください。
  3. 事前に準備したメールアドレスとパスワードを入力
  4. 電話番号を入力
  5. SMSで送られた認証番号を入力

LINEの引継ぎ5:変更後のSIM・スマホでトーク履歴を復元

トーク履歴のバックアップ復元方法もAndroidとiPhoneで異なります。

Android

  1. 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ
  2. 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ
  3. 「復元する」をタップ

iPhone

iPhoneでトーク履歴を復元する場合、ログインする前に「iCloud Drive」をオンにする必要があります。

  1. 「iCloud Drive」をオンにする
  2. 新しい端末で「ログイン」をタップし、引継ぎを行う
  3. トーク履歴の復元画面が表示されたら「トーク履歴をバックアップから復元」をタップ

スマホを変えずにキャリア変更・SIM変更ならLINEの引継ぎは不要

格安SIMへの乗り換えをしてもLINEの引継ぎが不要な場合があります。今のスマホのままSIMだけの変更であれば、基本的にはLINEの引き継ぎは不要です。

格安SIMへの乗り換えで電話番号が変わる場合と変わらない場合で対応方法が違うので確認しましょう。

格安SIMに変更やキャリア変更で電話番号が変わった場合

新しいSIMカードに入れ替え後に設定から電話番号を変更、再度認証をします。

  1. 端末に新しいSIMカードを挿す
  2. LINEを起動し「友だち」>「設定」>「アカウント」で電話番号の「変更」をタップ
  3. 「電話番号の変更」をタップし、新電話番号を入力し「次へ」
  4. 「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」と出るので「確認」をタップ
  5. SMSで受信した4桁の認証番号を入力し「次へ」
  6. 「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の設定画面になるのでONかFFを選択し「確認」をタップ

LINEから「電話番号が変更されました」のトークメッセージが届いたら完了です。

同じ電話番号のまま格安SIM・他キャリアに変更した場合

端末も電話番号も変更せずにSIMカードのみを変更した場合は、何も設定変更せずそのままLINEのアカウントを使用できます。

SIM変更・キャリア変更でLINEアカウントを引き継ぐ際の注意点

SIM変更・キャリア変更のときにありがちな失敗、引き継げないデータ、格安SIMに乗り換えてできなくなることをまとめました。SIM変更が終わってから困ることがないように確認しておきましょう。

格安SIMに変更するとできなくなること

格安SIMに変更してもLINEのほとんどの機能は問題なく利用できます。しかし、使えなくなる機能もあります。

LINEは青少年の保護のため、18歳未満の利用者はID検索による友達追加ができないようになっています。この年齢認証はdocomoやauなどのキャリアの登録情報を使って実施しているため、ほとんどの格安SIMでは18歳以上でも年齢の確認がとれずにID検索が利用できません。同じ機種、同じ番号のままのSIM変更であれば使える場合もありますが、機種や電話番号を変更してLINEにログインしなおすと利用できなくなります。

Y!mobile(ワイモバイル)は格安SIMを提供していますが、大手キャリアと同じくSoftBankが運営するサービスのためLINEの年齢認証ができます。どうしてもID検索を使いたいならY!mobileの格安SIMへの乗り換えを考えるといいでしょう。

期間:終了日未定
音声SIM限定!最大1万5,552円割引キャンペーン
新規または他社から乗り換えでY!mobileの音声SIMを単体契約すると、基本料からスマホプランS:最大1万368円、スマホプランM/L:最大1万5,552円割引! 詳細をチェック
公式サイトへ

また、LINEモバイル(ラインモバイル)でも、Y!mobile同様に年齢認証ができます。さらにLINEモバイルではどのプランを選んでもLINEの通信量が使い放題になるデータフリーのサービスがありますので、LINEをたくさん使うならLINEモバイルがおすすめです。

2019.6.30まで
新・月300円キャンペーン!&
au回線スタート記念 LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
さらに「au回線」提供開始にともないキャンペーン実施中!
キャンペーンコード「DAS333」入力で
LINEポイント最大3,300ポイントプレゼント
詳細をチェック
公式サイトへ

それ以外の格安SIMではID検索はできなくなりますが、QRコードやふるふるでの友達追加は可能です。遠くにいる友だちにも友だち追加用のURLをメールや他のSNSで送れるようになっていますので、ID検索ができなくてもさほど困ることはなさそうです。

SIM変更で引き継げるデータと引き継げないデータ

LINEアカウントを引き継ぐと以下のデータを新しい機種に移行できます。ただし、異なるOS間では、コイン残高が引き継げません。iOSとAndroid間で機種を変更するときは、事前にコインを使い切っておきましょう。

  • 友達リスト
  • ノートやアルバムの投稿内容
  • プロフィール
  • ホームやタイムラインの情報
  • 購入したスタンプ・着せかえ
  • 課金アイテムの購入履歴やコイン・LINE ポイント残高

SIM変更でLINEの引継ぎに失敗した場合

変更前の機種で「引き継ぎ設定」がOFFの状態のまま、新しいスマホに変えてしまった。もう前のスマホのLINEの設定が開けない。そんなときの対応方法を紹介します。

新しい機種で電話番号の認証をした後の画面で、「上記方法が利用できない場合」に進みLINEに登録したメールアドレスを入力します。メールアドレスに認証URLが届くので、URLを選択して「LINEアカウントを引き継ぐ」を選択することで引継ぎができます。

この方法でも引継ぎができない場合、LINEに問い合わせをすることになります。アカウントの復活がどうしてもできない場合も同じOSであれば課金アイテムなどを引き継げることがあります。

SIMカードにはLINEアカウントなどの情報は入っていない

SIMカードには固有のIDと電話番号が記録されています。LINEアカウントの情報や写真などはスマホ本体やSDカードなどに保存されているためSIMカードには記録されていません。そのため、今まで使用していたSIMカードを新しい端末に挿入しても、新しい端末にLINEアカウントなどのデータが引き継がれるということはありません。引継ぎ手順に沿って、LINEアカウントの引継ぎを行いましょう。

格安SIMへの変更もこれで安心!LINEを引き継ごう!

LINEの引継ぎは手順さえわかっていれば簡単です。

格安SIMに変更してもLINEの情報を正しく引継ぎやバックアップの復元をすれば、トーク履歴や友達、スタンプなどをこれまで通り使えます。

格安SIMでもLINEを活用して友達や家族とのやりとりを楽しみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい