1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法はどれが使える?

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法はどれが使える?

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法を解説。格安SIMにはさまざまな支払方法がありますが、DMM mobile(DMMモバイル)はクレジットカードのみ。でも、領収書の発行機能など便利なサービスがあります。月額料金が安く人気なDMM mobile(DMMモバイル)を契約したいなら支払方法も確認しよう!

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法はクレジットカードのみなのをご存じですか?デビットカードや口座振替は使えないので注意が必要です。ただし領収書が発行できたりメールでの決済通知が使えたりと便利なサービスが揃っているので、今回の記事ではDMM mobileの支払いの詳細や注意点を説明していきます。

他のSIMカードならデビットカードや口座振替が使える場合もあるので、他社格安SIMの支払方法も簡単にまとめてみました!

DMM mobile(DMMモバイル)で利用可能な支払方法


まずは、DMM mobile(DMMモバイル)利用可能な支払方法について紹介します。

クレジットカード

多くのMVNOがクレジットカードでの支払いに対応していますが、DMM mobileも例外ではありません。支払いに使用可能なクレジットカードの種類は、Visa(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカン・エキスプレス/アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)の5種類です。

デビットカード・プリペイド式クレジットカード

クレジットカードが事後決済型のカードであるのに対して、即時決済型のカードがデビットカードです。デビットカードを利用すれば、その都度指定口座から料金が引き落とされることになるので、通常は預金額を上回って利用することがない点が安心のカードといえます。

……が、DMM mobile公式サイトのよくある質問「DMMではデビットカードやプリペイド式クレジットカードは利用できますか?」のページで回答されている通り、DMM mobileではデビットカード・プリペイド式クレジットカードを支払方法として使うことはできません

口座振替・銀行振込

DMM mobileでは銀行振込や口座振替による支払いも利用できません


  1. つまり、DMM mobileの支払方法はクレジットカードのみなのね。

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法の設定と変更

続いて、DMM mobileでの支払方法の設定と変更について説明します。

支払方法の設定方法

DMM mobileでは、SIMカードの契約申し込み時に、支払方法の設定を行います

支払方法の設定は非常に簡単で、利用者情報登録のあとで、支払いに使うクレジットカードの番号などを入力するだけです。クレジットカードの名義が利用者情報として登録した名前と一致している必要があるので、申し込みの際にはしっかり確認しておきましょう。

支払方法の変更方法

DMM mobileでは支払いをクレジットカードでしか受け付けていないため、支払方法の変更=登録するクレジットカードの変更ということになります。マイページにログインすれば、支払い用のクレジットカードが変更可能です。

支払方法の変更手順

  1. DMMへログイン
  2. 右上の人物マークから「お客様情報」をクリック
  3. お客様情報の左メニューの「クレジットカード」をクリック
  4. クレジットカード情報右側の「登録」をクリック

登録するクレジットカードの変更ですが、DMMにログインし、ページ右上の「マイページ」メニューから「お客様情報」を選択します。そして、メニュー左側の「クレジットカード」をクリックすれば、新たに設定するクレジットカード情報を入力できます。

DMM mobile(DMMモバイル)の支払いに関する注意点・その他事項

DMM mobileでの支払いに関する注意点や、活用したいサービスもいくつか紹介します。実は領収書が発行できたりするので便利です。

通知サービス

月の利用料が決済されたあとは、登録したEメールアドレスに決済完了の通知が届きます。決済金額の記載もあるので、すぐに確認することができます。もちろんメール通知だけでなく、マイページにログインして確認することも可能です。

クレジット限度額を超えた場合

DMM mobileに登録しているクレジットカードの限度額が超えてしまった場合、その月の支払いをどのようにすればいいかですが、DMM mobileではクレジットカードでしか支払うことができないので、その月だけ銀行振込に変更するというようなことはできません。上記で説明した支払い情報の変更方法に沿って、別のクレジットカードを登録して、その月の支払いを完了する必要があります

料金決済は当月5日までに先払い

DMM mobileでは、毎月1日〜5日に利用料が決済されます。そのため、基本的には月初に前払いが行われることになります。

特殊なケースとしては、初回申し込みをしたときです。SIMカード手配時(申し込み完了後24時間以内)に、初回利用料金が決済されます。

例外:SIMカード手配時の新規契約手数料・SIMカード準備料・初回利用料金

  • 新規契約手数料
  • SIMカード準備料
  • 日割りのプラン料金(SIMカード手配時から5日後を起算日とした日割計算)
  • 各種オプション料金
  • 端末料金
  • ユニバーサルサービス料

MNPで、初回の日割りプラン料金の起算日が申し込み当月かつ電話番号の切り替えが申し込み月の翌月に行われた場合、2カ月目に限り11日までに決済。

領収書が発行できる

DMM mobileでは領収書を発行可能で、お客様情報ページ内の「購入履歴」から、該当の領収書を印刷することができます。他社のSIMカードは領収書発行に対応していないサービスもあるので、この機能はDMM mobileを利用する上でのメリットです。

領収書の発行方法

  1. 発行したい履歴の領収書欄にある「発行する」をクリック
  2. 社名・宛名を入力して、「内容を確認する」をクリック
  3. 内容をご確認の上、「領収書を発行する」をクリック
  4. 領収書画面にて、「印刷する」ボタンをクリック

発行の方法は、「マイページ」の「お客様情報」を選択し、そこから「購入履歴」を選択します。利用した購入履歴が出てくるので、そこから必要な領収書を選び、、発行・印刷するだけです。

領収書発行時には、社名・宛名を記入することもできます(ただしDMM mobileは法人契約を受け付けていません)。

端末の一括/分割払いができる

DMM mobileで格安SIMと端末セットが申し込めますが、取り扱い端末の支払方法は分割か一括を選べます


  1. 端末の支払方法が選べたり、通知サービスがあったり、領収書が発行できたりと便利ね!

DMM mobile(DMMモバイル)のおすすめポイントは?

DMM mobileの格安SIMへ乗り換えるメリットは「月額料金の安さ」と「容量コースの豊富さ」です。

シングルコースの格安SIM料金プラン

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン476円638円1,232円-最大200kbps1枚
1GBプラン519円681円1,361円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン832円994円1,491円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,307円1,469円2,063円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,009円2,171円2,765円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,139円2,301円2,895円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,366円2,528円3,122円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,543円3,705円4,299円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,299円4,461円5,055円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

データ通信専用SIMなら月額476円、通話SIMでも月額1,232円と激安で、高速通信ありの容量コースも最大20GBまで豊富に用意されています。どのプランも安い水準となっており、特に安さを求めるユーザーにおすすめです。

DMM mobile(DMMモバイル)以外の格安SIM支払方法はどうなってるの?

DMM mobileの支払方法はクレジットカードのみですが、他社の格安SIMならデビットカードや口座振替で支払うことのできるサービスも存在します。もしクレジットカードを持っていない、もしくは別の方法で支払いたい方は、こちらをチェックしておきましょう。

デビットカードOKの格安SIM・MVNO

デビットカードで支払いが可能な格安SIMは以下の3つです(登録できるかもしれないMVNOはいくつかありますが、利用可能としているのは以下の3つです)。

格安SIM対応デビットカード公式サイト
楽天モバイル楽天銀行デビットカード(Visa、JCB)
スルガ銀行デビットカード(SURUGA Visaデビットカード)
公式を確認
ロケットモバイル可能
一部できないカードあり
公式を確認
J:COM MOBILEVISAデビットカード
登録できない場合あり
公式を確認

楽天モバイルは支払方法として設定可能なデビットカードを明記しており、VisaもしくはJCBの「楽天銀行デビットカード」か、「スルガ銀行デビットカード(SURUGA Visaデビットカード)」なら使うことができます。

ロケットモバイル(ロケモバ)では、デビットカードでの支払いは可能、かつ、ロケットモバイル側でデビットカードへの制限を行なっていないとしながらも、利用できる具体的なカードは明記されていません。

J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)は原則クレジッドカードでの支払いですが、Visaデビットカードであれば発行銀行を問わずに登録が可能としています(公式サイトには記載されていませんが、サポートに確認済み)。

使える具体的なカードまで明記しているのは楽天モバイルのみなので、デビットカードで支払いたいなら楽天モバイルを選ぶのが確実です。

口座振替OKの格安SIM・MVNO

口座振替が可能な格安SIMは、実はたくさんあります。

格安SIM公式サイト備考
楽天モバイル公式を確認
Y!mobile公式を確認
UQモバイル公式を確認
OCN モバイル ONE公式を確認カスタマーズフロントへ連絡
BIGLOBEモバイル公式を確認(BIGLOBE会員でない)
データ通信専用SIMのみ対応
(BIGLOBE会員である)
通話SIMも口座振替できる場合がある
J:COM MOBILE公式を確認J:COM利用中で口座振替の場合のみ
@モバイルくん。公式を確認データSIMのみ対応
インターリンクLTE SIM公式を確認別途郵送が必要
X-mobile(エックスモバイル/旧:もしもシークス)公式を確認代理店
別途保証金が必要

楽天モバイルはクレジットカード・デビットカード・口座振替に対応しているため、支払方法が豊富な格安SIMです。ウェブ手続きができ、申し込みも簡単でおすすめ。Y!mobileやUQモバイルも口座振替で支払うことができます。

OCN モバイル ONEで口座振替を行いたい場合は、カスタマーズフロントへ連絡が必要です。BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)は通常データ通信専用SIMでのみ口座振替ができますが、もともとBIGLOBE会員、かつ、固定通信サービスを口座振替で支払っている場合などに限り、音声通話SIMでも口座振替で支払える可能性があります。

そのほかの格安SIMも、サービスによっては口座振替で支払うための条件や方法が指定されているので、それぞれ詳細を確認しておきましょう。

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法はクレジットカードのみ!

DMM mobile(DMMモバイル)の支払方法について解説しました。支払方法として利用できるのはクレジットカードのみですが、領収書が発行できたり、Eメールでの通知サービスがあったりと便利な機能が揃っているのが特徴です。

月額料金も安くおすすめのSIMカードの1つなので、詳細を公式サイトで確認してみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい