1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobileのSIMフリー対応機種と設定方法【iPhone版/Android版】

Y!mobileのSIMフリー対応機種と設定方法【iPhone版/Android版】

Y!mobile(ワイモバイル)ではSIMフリー端末の対応機種が多く、SIM単体契約特別割引でお得に使えるので、今回はおすすめの乗り換え方法を解説します。SIMフリー端末に対応している機種をiPhoneとAndroidに分けて紹介、対応機種を使うメリット、注意点もまとめて紹介します。

格安スマホセットのイメージが強いY!mobileですが、実はSIMカードのみでも申し込めます。

Y!mobile(ワイモバイル)ではSIMフリー端末の対応機種が多いので、自分でSIMフリー端末を持ち込んでお得に利用しましょう!

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMフリー対応機種:iPhone編

日本国内で人気の高いAppleのiPhoneについて紹介します。

SIMフリー版iPhoneならほとんどがY!mobile(ワイモバイル)で持ち込み利用可

Y!mobile(ワイモバイル)ではSIMフリー版iPhoneの動作確認を独自に行っており、2013年に発売されたiPhone 5sから最新機種のiPhone XR、XS Max、XSまで対応しています。そのため、近年発売されたSIMフリー版のiPhoneならほとんどが利用可能です。

Y!mobileに対応したSIMフリー版のiPhone
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s

docomo、au、SoftBankで販売されたキャリア版端末とは異なり、SIMロックがかかっていません。


  1. SIMフリー版iPhoneなら、SIMロック解除手続きは不要で使えます

キャリア版iPhoneはSIMフリー化が必要

docomo、au、SoftBankで販売されたiPhoneはSIMロックをかけた状態で販売されているで、そのままの状態ではY!mobileで使えません。

SIMロックがかかった状態のiPhoneをY!mobileで使うには、他社回線のSIMカード利用制限をはずすSIMロック解除の手続きが必要となります。

上記リストのiPhoneはキャリア版もSIMロック解除さえすればほとんどがY!mobileのSIMカードで使えるようになりますが、iPhone 6、6 Plus、5sは大手3キャリアでSIMロック解除手続きに対応していないため注意してください。

  1. キャリア版iPhoneをSIMロック解除して使いたい場合は、iPhone 6s、6s Plus、SE世代以降を用意しないとね。


  1. SoftBank版のiPhoneはY!mobileと同じエリアなのでY!mobileでもそのまま使えると思いがちですが、Y!mobileで使うにはSIMロック解除が必要です。

Y!mobile(ワイモバイル)ではiPhoneのセット購入もできる

Y!mobileのSIMカードのみを契約してSIMフリー版・キャリア版のiPhoneを持ち込み利用するほかにも、iPhoneを使う方法があります。それが、スマホセットで申し込む方法です。

Y!mobileで購入可能なiPhone
iPhone 7
iPhone 6s
iPhone SE

iPhone 7、6s、SEの3モデルを取り扱っています。一括払いだけでなく分割払いも申し込み可能で、端末購入の初期費用を抑えて格安SIMを契約できる点もメリットです。

条件を満たしてスマホセットを申し込むと、最大24カ月間月額料金が割引される点もおすすめ。これから使うiPhoneの新規購入を検討している方は、Y!mobileのスマホセットも検討しておくと良いでしょう。

ちなみにY!mobileのスマホセットで取り扱っているiPhoneも、docomo、au、SoftBankのキャリア版と同じようにSIMロックをかけた状態で販売されています。将来的にY!mobile回線以外のSIMカードで使いたい場合は、Y!mobileにてSIMロック解除の手続きが必要です。

SIMフリー版iPadの対応機種は?

Y!mobileに対応したSIMフリー版のiPad
11インチiPad Pro
12.9インチiPad Pro(第3世代)
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
10.5インチ iPad Pro
12.9インチ iPad Pro
iPad mini 4

Appleからはモバイルデータ通信に対応したSIMフリー版iPad(WiFi+Cellularモデル)も販売しています。新しいモデルはもちろん、古いモデルでは2015年に販売開始したiPad mini 4のSIMフリー版もY!mobileの対応機種です。

キャリア版のiPadも上記モデルであればdocomo、au、SoftBankでのSIMロック解除手続きに対応しているので、解除後にY!mobileのSIMカードで運用可能です。

SIMフリー版のiOS端末はY!mobile(ワイモバイル)の構成プロファイルが必要

Y!mobile以外で販売されたiPhoneをY!mobileのSIMカードで使うには、APN設定用の構成プロファイルをダウンロードしてスマホ内にインストールします。


  1. 簡単にいえば、通信するために必要な設定ですね。手順は3ステップで簡単です。
iOS用APN設定方法
1. WiFiに接続してインターネットが使える環境にする
2. 各モデルに対応したAPN構成プロファイルをダウンロード
3. 手順に沿ってAPN構成プロファイルを本体にインストール

他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、先に削除してからY!mobile用のものを設定する

各iPhone・iPadに対応したAPN構成プロファイルは、Y!mobileの公式サイト動作確認済みページのリンクから辿れます。iOSに標準搭載されているSafariブラウザを起動して対象URLを開くか、QRコードをカメラで読み込んで対象ページへアクセスしましょう。

期間:2019.09.30まで
ワンキュッパ割で最安1,080円〜最大1年間そのままの価格で利用可能!
・データ定額 3GB ・国内通話10分以内のかけ放題 詳細をチェック
公式サイトへ

Y!mobile(ワイモバイル)SIMフリー対応機種:Android編

Android OSを搭載したSIMフリースマホの対応機種を紹介します。Y!mobileではSIMカードのみ契約での持ち込みスマホ利用も積極的に安さをアピールしているため、対応機種は多いです。

以下はY!mobileで動作確認済みのAndroid OS、Windows Mobile OSを搭載した他社販売のスマホ一覧です。古い機種も含めるとかなりの数が動作確認済みとなっているので、分かりやすいよう製造メーカー順にまとめてみました。


  1. SIMフリーだけでなくキャリア版スマホも含まれてます。


  1. SIMロックがかかった状態の端末はSIMロック解除が必要なので気を付けてください。

製造メーカー別・Y!mobileで動作確認済みのAndroidスマホ

ASUS
ZenFone Max Pro(M2)
ZenFone Max(M2)
ROG Phone
ZenFone Max(M1)
ZenFone 5Z
ZenFone 5
ZenFone 5Q
ZenFone 4 Max Pro
ZenFone 4 Max
ZenFone 4 Pro
ZenFone 4
ZenFone 4 Selfie Pro
ZenFone Live(ZB501KL)
ZenFone AR(ZS571KL)
ZenFone ZoomS(ZE553KL)
ZenFone 3 Max 5.5(ZC553KL)
ZenFone 3(ZE552KL)
ZenFone 3 Max(ZC520TL)
ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)
ZenFone 3 Laser(ZC551KL)
ZenFone 3 Deluxe(ZS550KL)
ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)
ZenFone 3(ZE520KL)
ZenFone Go(ZB551KL)
ZenFone Max
ZenFone Zoom
ZenFone Selfie
ZenFone5(A500KL)
ZenFone2(ZE551ML)
ZenFone2 Laser(ZE500KL)
BLU
GRAND X LTE
Covia
i-dio Phone
FLEAZ F5 CP-F50aK
FLEAZ F4SCP-F40S
FleaPhone CP-F03a
FREETEL
FREETEL RAIJIN
FREETEL Priori 4
FREETEL KIWAMI 2
FREETEL REI
FREETEL MUSASHI
FREETEL Priori3S
FREETEL KATANA02
FREETEL SAMURAI KIWAMI
FREETEL Priori3
FREETEL SAMURAI MIYABI
freetel nico
freetel LTE XM
freetel priori2
Fujitsu
arrows M04
arrows M03
ARROWS NX F-01F
ARROWS NX F-06E
HTC
HTC Desire EYE
HTC Desire 626
HUAWEI
Mate20 Pro
nova 3
P20
nova lite 2
Mate 10 Pro
Mate 10 lite
P10
P10 lite
P10 Plus
Nova
Mate 9
Y6
P9
P9 lite
KII-L22(GR5)
P8Max
Ascend Mate7
Ascend P7
Ascend G6
Ascend G620S
P8Lite
JENESIS
geanee FXC-5A
Kyocera
Torque SKT-01
LG
G2 L-01F
G2 mini
Nexus 5
Motorola
Moto E5
Moto G6
Moto G6 Plus
Moto X4
Moto Z2 Play
Moto G5 Plus
Moto G5
Moto Z
Moto Z Play
Moto G4 Plus
Nexus 6
nextbit
Robin
OPPO
Reno 10x Zoom
Find X
R15 Neo
R17 Pro
AX7
R11s
Panasonic
DMC-CM1
Polaroid
Pigu(PRO3523)
P-UP
Mode1 RS(MD-03P)
Mode1 Retro(MD-02P)
Samsung
GALAXY Note 3 SC-01F
GALAXY S4 SC-04E
GALAXY S5 SC-04F
SHARP
AQUOS R compact SH-M06
AQUOS sense lite SH-M05
AQUOS PHONE si SH-07E
AQUOS PHONE ZETA SH-01F
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
AQUOS ZETA SH-04F
SONY
Xperia A SO-04E
Xperia Z1 f SO-02F
Xperia Z1 SO-01F
Xperia Z2 SO-03F
TAKUMI JAPAN
KAZUNA eTalk 5
TCT Mobile
ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S
TJC
StarQ Q5001
StarQ Q5002
VAIO
VAIO Phone A
VAIO Phone Biz(※Windows 10 Mobile)
Wiko
Tommy
ZTE
AXON 7
AXON 7 mini
BLADE V7 MAX
BLADE E01
BLADE V7 Lite
BLADE V580

一部Android OS以外を搭載した端末あり。今後発売されたSIMフリースマホも対応機種として接続検証後に追加される可能性があります。

動作確認済みの公式ページに掲載されていないスマホであってもY!mobileのSIMカードで使えることがあります。ただし、公式で動作確認が行われていない機種は試してみないとわからず、自己責任になります。できれば動作確認済みとなっているスマホを選ぶのが無難でしょう。

Y!mobileで購入できるSIMフリー対応機種のスマホセット

はじめからSIMフリー仕様のAndroidスマホも、Y!mobileではセット販売を行っています。

Y!mobileでセット申し込みが可能なSIMフリースマホ
HUAWEI nova3
HUAWEI Mate20 Pro
HUAWEI P20
HUAWEI nova lite2
HUAWEI P10 Plus
HUAWEI Mate10 Pro
HUAWEI Mate10 lite
HUAWEI P20 lite

はじめからSIMフリー仕様のスマホであれば、将来的に他社回線の格安SIMへ乗り換える際にSIMロック解除をする手間が省けます。また、ネットワークに対応してれば海外旅行中に現地のSIMカードを挿して安い料金で通信を使う活用方法もあります。

取り扱っているSIMフリースマホのラインナップをみると「高性能な機種」「価格と性能のバランスが取れたミドルレンジ機種」「コスパに優れた低価格機種」など、予算にあわせて選べるのもおすすめポイントです。

Y!mobileが取り扱うSIMフリーではないAndroidスマホ

Y!mobileで取り扱っているAndroidスマホの中には、iPhone同様にSIMロックがかかった状態で販売されている機種もあります。Y!mobile回線以外のSIMカードで使えないように制限がかけられているので、将来的に他社へ乗り換えてそのまま持ち込み利用を考えている方は確認しておきましょう。

Y!mobileなら、他社では販売されていないモデルもスマホセットで申し込めます。特にAndroid Oneシリーズは製造メーカーによるカスタマイズが少なく、発売から24カ月間に最低1回のOSアップグレード実施、発売から3年間のアップデート実施など、ソフトウェアの面でシンプルかつ長く使える環境が揃っているのでおすすめです。

Y!mobile版のキャリアスマホとしてSIMロックをかけて販売しているスマホ

  • Android One X1/2/3/4/5
  • Android One S3/4/5
  • かんたんスマホ 705KC

2019年7月15日時点でオンラインストアで販売中の機種のみを掲載

念のため補足しておくと、2015年5月以降にY!mobileから発売された機種は、iPhone 5sとAQUOS CRYSTAL Yを除いて、原則すべてのスマホがSIMロック解除手続き対応機種です。

Y!!mobile(ワイモバイル)でSIMフリーの対応機種を利用するメリットは?

Y!mobileのSIMカードで使えるSIMフリーの対応機種はたくさんあるのですが、これらを利用するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

SIM単体契約ならキャンペーンで月額料金がお得に

Y!mobileでは対応機種のSIMフリースマホやSIMロック解除したキャリア版スマホを持ち込んでSIMカードのみの単体契約が可能です。SIMのみ申し込みの場合は条件を満たすと「SIM単体契約特別割引」が適用されます。

SIM単体契約特別割引

スマホプランS
432円/月 × 最大24カ月間割引
スマホプランM、L
648円/月 × 最大24カ月間割引

SIM単体契約特別割引が適用できれば、Y!mobileでスマホセットを申し込まなくても安い月額料金で運用ができます。また、今まで利用していたキャリア版スマホをSIMロック解除して使う場合は、スマホの新規購入費用も節約できるので一石二鳥です。

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホセットは割引があり、設定もラク

逆にY!mobileで取り扱っているスマホをセット申し込みするメリットとしては、条件を満たすと「月額割引」が適用される点が挙げられます。

月額割引はSIM単体契約特別割引よりも大きな割引金額に設定されていることが多いため、申し込みの内容によってはSIMカード単体契約よりもお得感があります。一部機種は月額割引がない代わりに一括価格の安いアウトレット商品もあり、いずれにせよ、スマホセットでもお得に申し込める点がY!mobileの強みです。

また、Y!mobileでセット購入可能なスマホは、通信に必要なAPN情報があらかじめ保存されている機種がほとんどです。

SIMカードを挿し込みモバイルデータ通信をオンにすればすぐに使えるので、スマホセットは初期設定が簡単に行える点もメリットといえるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホプランは10分かけ放題つき

Y!mobileのスマホプランを契約すれば、基本料金の中に国内通話10分かけ放題付きが含まれています

かけ放題付きのサービスはほかの格安SIMでも多くありますが、格安SIM全体でみてもY!mobileのスマホプランはかなり安く運用できるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)でSIMカードを差し替える方法

続いては、SIMカードを差し替える方法について解説していきます。慣れれば自分で設定するのは、簡単なのですが事前に確認しなければいけないこともあるので一緒に見ていきましょう。

SIMカードの種類

SIMカードは、そもそも3種類に分けられます。これらはただ、サイズが異なるだけです。

標準SIM
25mm×15mm
microSIM
15mm×12mm
nanoSIM
12.3mm×8.8mm

Y!mobile(ワイモバイル)は「microSIM」と「nanoSIM」の2種類のみ対応していて「標準SIM」対応のスマホはY!mobile(ワイモバイル)では使えないので注意してください。対応している端末は上で書いているのでチェックしてみてください。

カードを差し替える手順

SIMカードを挿入する手順は以下の通りです。

  1. SIMピンを準備する
  2. 端末にSIMカードを挿入するために、SIMスロットを引き出す必要があります。その時に使用するのが針金のような細い専用のピンです。SIMピンと呼ばれネットや家電量販店でも購入できます。今後使用する可能性がある方は契約時に一緒に買ってしまうと便利です。

  3. SIMカードを台紙から取り出す
  4. 新しいSIMカードを台紙から取り出します。とても小さいものなので扱いには注意しましょう。


  5. SIMスロットを引き出す
  6. 用意したSIMピンをSIMスロットが入っている小さな穴に差し込み、SIMスロットを端末から抜き出します。この時、先が少し出る程度で大丈夫です。


  7. SIMスロットに新しいSIMカードを設置する
  8. 取り出したSIMスロットにSIMカードを設置します。うまく入ってくれるので、なかなか入らない場合はサイズが異なる可能性iPhoneがあります。また、方向を間違えたりすると、SIMカードが破損する可能性もあるので注意しましょう。

  9. SIMスロットを端末に戻す
  10. 最後にSIMスロットを端末に戻してあげれば設置は完了です。


以上、端末で使用できるSIMカードを、正しい方向に、正しい場所に設置する点だけ気をつければ簡単に3分程度で作業は完了します。

Y!mobile(ワイモバイル)でSIMフリーの対応機種を使うときの注意点

ほとんどのSIMフリー機種もしくはSIMロック解除機種で利用可能なY!mobileですが、他社機種をY!mobileのSIMで利用する場合、どのようなことに注意すればよいでしょうか。

ここからは、Y!mobile SIMの注意点を紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)スマホプランは2年ごとの自動更新契約

Y!mobileの音声SIMプランを契約する場合、スマホプランもしくはスマホベーシックプランのどちらかを選択します。

スマホプランは2年ごとの自動更新契約があり、安い月額料金で使える反面、更新期間以外に解約すると解除料金が発生します。

スマホベーシックプランには契約期間の定めはありませんが、スマホプランと比較すると基本使用料は割高になるので、特別な理由がない限り料金面で乗り換えるメリットがありません。そのため、Y!mobileへ乗り換える方のほとんどが2年契約ありのスマホプランを選択するでしょう。

ほかの格安SIMでは、もっと短い期間の契約や契約期間のないプランを用意しているサービスもあります。他社と比べたときに縛り期間の長さや更新契約である点には注意しておくべきでしょう。

SoftBank(ソフトバンク)からの番号移行は一部割引キャンペーンが非適用

SoftBankからY!mobileへ電話番号をそのまま乗り換える場合は、auやdocomoから乗り換えるMNPとは若干異なる「番号移行」となります。

電話番号をそのままY!mobileへ乗り換えるという点はMNP転入と同じですが、SoftBankからの番号移行は一部キャンペーンが対象外となるケースがあるので注意が必要です。

SIMのみ契約で適用される「SIM単体契約特別割引」は、SoftBankからの番号移行は対象外になります。

SoftBankユーザーが格安SIMへ乗り換える場合はY!mobileより他社SIMのほうが安く申し込める可能性もあるので、視野を広げておくと良さそうですね。

Y!mobile(ワイモバイル)へ乗り換えはSIMフリーの対応機種を活用しよう

Y!mobile(ワイモバイル)はSIMフリー版iPhone・Androidスマホの多くが対応機種となっており、持ち込み利用で月額料金も安いのでおすすめです。

持ち込みの場合は「SIM単体契約特別割引」が適用されます。

SIMロック解除済みキャリアスマホの再利用や端末セット購入でもお得に使えるので、実際の料金やキャンペーンは公式サイトからチェックしてみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい