1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineoでデビットカードは使える?支払い方法や使用できるカードまとめ

mineoでデビットカードは使える?支払い方法や使用できるカードまとめ

更新日:2021.11.19

mineoはデビットカードで申し込みできる数少ない格安SIMです。しかし、デビットカードでは登録ができない場合があります。事前に対策するとデビットカードで登録できる可能性が上がるため、この記事を参考に対策してデビットカードで登録しましょう。

格安SIMの申し込みにはクレジットカードが必要な会社がほとんどです。しかし、クレジットカードの利用に不安を感じたり、クレジットカードが入手できない人もいるのではないでしょうか。

mineoではクレジットカードのほかにデビットカードでも申し込みができます。

この記事では、デビットカードでのmineoの申し込みやデビットカードを登録する際の対策、ほかの支払い方法も解説します。

mineoはデビットカードで支払いができる

出典:mineo

ほとんどの格安SIMの申し込みでは、クレジットカードのみで、デビットカードが利用できません。しかし、mineoではデビットカードの登録で申し込みができます。

そのため、クレジットカードを使いたくない人や何か理由があってクレジットカードを作れない人にとっては、デビットカードで申し込みができる数少ない格安SIMの1つです。

ただし、mineoで推奨されている支払い方法はクレジットカードです。デビットカードが利用できないという記載はありませんが、登録できない場合があると記載されています。

デビットカードを選ぶ場合には、いくつかの対策が必要です。対策をしてデビットカード支払いでmineoに申し込みしましょう。

【mineo】詳細はこちら

mineoで選べる支払い方法一覧

mineoの申し込みで選べる支払い方法は3種類です。3つの中から自分に合ったものを選びましょう。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • デビットカード

クレジットカード

クレジットカードはその人の信頼性が確認しやすいために、多くの格安SIMの支払い方法で利用可能です。

契約者とクレジットカードの名義が一致していることを確認し、その人が月額料金の支払いができるかの確認をしています。

そのため、公式サイトでは申し込みの際にはクレジットカードを用意するように記載されています。クレジットカードを利用しての申し込みなら、スムーズに登録が行えるでしょう。

mineoで利用できるクレジットカードは、以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • American Express
  • それぞれの提携会社が発行するクレジットカード

口座振替

通常の申し込みで登録できるのはクレジットカードのみですが、eo光を契約している人なら口座振替での月額料金の支払いが可能です。

口座振替を使って申し込みたい場合には、申し込みのときにeoIDを登録すると、口座振替が指定できます。自身がeo光に契約していなくても家族が契約しているとそのeoIDを使って申し込みが可能です。

こちらの記事では、口座振替が利用できるおすすめ格安SIMを紹介していますので、ぜいご一読ください。

デビットカード

デビットカードで申し込みは可能ですが、登録がきちんとできて契約できるかはその人によって異なります。

また、mineoで利用できるデビットカードは言及されておらず、注意書きに、デビットカードプリペイドカードでは申し込みが登録できない場合があると記載されています。

登録に利用しているデビットカードはそれぞれ異なり、同じカードを利用して登録しても、登録できたりできなかったりとその人のカードの利用実績などが重要です。

こちらの記事では、デビットカードで支払いができるおすすめの格安SIMを紹介していますので、ぜひご一読ください。

【mineo】詳細はこちら

デビットカードを登録する方法

通常のクレジットカードで申し込む方法と変わりません。クレジットカードの登録欄でデビットカードの登録を行います。

デビットカードを用意する

mineoの申し込みのときには、支払い方法の登録が必要です。クレジットカードなら、VISAやMasterCard、JCB、Diners Club、American Expressなどのクレジットカードが利用できます。

デビットカードを登録するときにもこれらのブランドのデビットカードがおすすめです。

ジャパンネット銀行のデビットカード(VISA)や楽天銀行デビットカード(JCB)、スルガ銀行のデビットカード(VISA)が登録できた実績があるようです。

デビットカードを登録する

mineoの申し込みをする際にはプランなどを選択し、個人情報の登録をするとお支払い情報入力の画面に移動します。

お支払い入力の画面では、クレジットカードの情報の登録を行います。ここでデビットカードを登録が可能です。

登録する内容

  • デビットカードの会社名
  • カード番号
  • 有効期限
  • 名義
  • セキュリティコード

【mineo】詳細はこちら

すでにmineoを契約していて、支払い方法の変更をする場合にはマイページから行えます。

  1. マイページにログイン
  2. 登録情報の変更
  3. お支払い方法の変更

上の順に手続きを進めると変更できます。ただし、この場合にもデビットカードは登録できない場合があります。

mineoの支払いにデビットカードを選ぶメリット

クレジットカードは不正利用などがあり、あまり使用したくないという人もいるでしょう。ここでは、mineoの支払いにデビットカードを利用するメリットを紹介します。

入手が比較的簡単

クレジットカードの申し込みの際には審査があり、その審査に通らないとクレジットカードを入手できません。

この審査に通る条件には、年収や年齢、借り入れ状況などがあります。仕事を辞めたばかりの人など、安定した収入がない人は申し込みできない可能性があります。

デビットカードの場合、ほとんどのデビットカードではクレジットカードのような審査はありません。銀行口座を持っていれば比較的容易に入手できます。

ただし、mineoの申し込み実績のあるデビットカードとしてよく耳にする、スルガ銀行のデビットカードの申し込みでは注意が必要です。

スルガ銀行のデビットカードは建て替え機能がついていて、建て替え機能がついているものにはクレジットカードと同じように審査があります。

お金の管理がしやすい

デビットカードは決済に利用すると同時に口座から引き落とされます。

そのため、支払いができるのは銀行口座に入金されている残高の金額までです。使用した金額がすぐに反映されるので、自身が使える金額が把握しやすくなります。

クレジットカードは、カードで決済を行った日に引き落としされることはありません。締め日に金額が合計されて、翌月まとめて引き落としというところがほとんどです。

この場合、支払いまでにタイムラグがありお金の管理が難しい場合があります。

デビットカードのように利用時にその都度引き落とされていれば残りの金額がわかりやすく、残高以上は使えないため使いすぎが防げるというメリットもあります。

15歳から作れる

クレジットカードの申し込みができるのは18歳以上と決まっています。それに対して、デビットカードは15歳以上からです。

クレジットカードに比べて年齢制限がゆるいことや審査がないデビットカードがあるため、比較的誰でも簡単に入手できるという特徴があります。

【mineo】詳細はこちら

mineoの支払いにデビットカードを選ぶデメリットとその対策

デビットカードで申し込みができるというのは、クレジットカードを使いたくない人や持っていない人にとっては大きなメリットです。

しかし、デビットカードの申し込みにはよい点ばかりではないので確認しておきましょう。

mineoの支払いにデビットカードを選ぶデメリット

デビットカードはクレジットカードと異なり、誰でも入手しやすいという特徴がありますがデビットカードでの登録にはデメリットもあります。

登録できないことがある

mineoの申し込みの際にデビットカードを登録すると、申し込みができない可能性があります。

mineoでは基本的にはクレジットカードを用意するように記載されています。デビットカードの登録もできることがありますが、どのデビットカードが使えるかも公開していません。

デビットカードの登録は、実際に申し込みしてみないと登録できるかどうかはわかりません。新規なら再度、カードを変えてチャレンジできますが、乗り換えで申し込みを行うときには注意が必要です。

とくに、乗り換え前のキャリアの契約を定期契約で行っていて、契約更新月に手続きを行う場合には注意しましょう。

更新月の間に手続きが完了できなくて翌月にずれ込むようなことがあると、契約解除料が発生する可能性があります。

mineoに乗り換えで申し込むときには、契約更新の時期や契約解除料などを調べて日にちに余裕をもって申し込みを行うとよいでしょう。

口座残高までしか決済できない

月額料金の引き落としにデビットカードを利用するときに不便な点は、デビットカードは口座にある残高までしか支払いができないことです。mineoでスマホの利用をはじめると、毎月月額料金が発生します。

デビットカードは、クレジットカードのように利用限度額までいつでも利用できるわけではありません。

必要な金額は常に意識して銀行口座に入金する必要があります。このように常に残高を確認したり、入金する手間がかかります。

滞納のリスクがある

デビットカードでの支払いは、基本的には支払いと同時に引き落とされます。もし、月額料金が引き落とされる日に残高が足りないと決済ができません。

そのため、入金を忘れると決済ができず滞納する可能性があります。

引き落としができないとデビットカードでの支払いは解消され、翌月から請求書での請求に変更になることがあるようです。そのときには請求書の発行料金もかかります。

残高不足によって引き落としができないとデビットカードが支払いに利用できなくなるので注意が必要です。

mineo(マイネオ)

デメリットに対する対策

デビットカードの登録はできない場合があるので、登録ができるように事前に対策しましょう。

デビットカードの入金は多めに

mineoの申し込みの際にデビットカードを登録するときには、口座の残高を確認しましょう。月額料金の支払いは毎月続きます。

mineoの申し込みの際の審査では、支払いができるかを確認しています。支払いができないような金額しか口座に入っていない場合には、申し込みができない可能性もあるでしょう。

引き落としができる十分な金額を入金しておきましょう。念のため、2、3ヶ月分入金しておくことをおすすめします。

mineoの契約者名義とデビットカードの口座の名義を一致させる

これはクレジットカードを申し込みで登録する際にも言えることですが、デビットカードの口座の名義とmineoの契約者名義が一致しないと申し込みできません。

申し込みのときには、自身の口座のデビットカードを用意して入力ミスのないように申し込みを行いましょう。

利用実績を作る

どの程度の利用実績が必要かはわかりませんが、まったく決済の実績がないデビットカードでは登録できない可能性があります。

そのため、mineoの申し込みでデビットカードを登録する前に、ショッピングなどでデビットカードを使用して引き落としの実績を作ることをおすすめします。

実績を作ることで申し込みができる可能性が上がるでしょう。

月次決済に対応しているデビットカードを選ぶ

デビットカードには、月額料金を支払うような月次決済に対応していないカードがあります。そのようなカードを選んで登録すると、申し込みができない可能性があります。

以下のカードが月次決済が利用できるので参考にしてください。

  • ジャパンネット銀行デビットカード
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
  • ソニー銀行デビットカード

【mineo】詳細はこちら

mineoでデビットカードを利用する際のFAQ

mineoでデビットカードを利用する際に、気になるFAQをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

引き落とし日はいつ?

引き落とし日は、クレジットカード会社によっても多少異なるようですが、15日前後の方が多いようです。

また、請求情報の開示前に口座から引き落とされる場合もあります。

マイネ王などで同じクレジットカードの利用者に、質問してみるとよいでしょう。

審査落ちする原因は?

mineoではデビットカードを利用できますが、一部しか利用できないため審査に通らない場合、使えないデビットカードの可能性があります。

ただし、どのデビットカードが利用できるのかmineoでは公開されていません。

一度申し込んでみて審査に通らなかった場合は他のデビットカードを登録したり、クレジットカード払いにしたり、異なる支払い方法を試してみてください。

【mineo】詳細はこちら

こちらの記事では、mineoで審査落ちする原因と対処法を紹介していますので、あわせて参考にしてください。

まとめ

mineoではデビットカードを支払い方法に設定できます。

しかし、一部のデビットカードしか利用できないため、申し込みをして審査に通らない場合は他のデビットカードで申込むなど対策をしましょう。

また、mineoでデビットカードの利用は推奨されていないため、デビットカードでmineoの申し込みをするときには、多めに入金したり利用実績を作ったりと事前の準備が必要です。

対策を行ってデビットカードでのmineoの申し込みを成功させましょう。

【mineo】詳細はこちら

こちらの記事では、mineoの新規契約方法・手順について詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

SHARE!!

あわせて読みたい