1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMでもらえるメールを比べてみよう

格安SIMでもらえるメールを比べてみよう

SIM

格安SIMのメールアドレスは、機能面でもスマホにしっかり対応しているものが多くあります。格安SIMのメールアドレスの機能を比べてみました。

格安SIMに乗り換えると、メールアドレスをもらうことができる会社もあります。もらえるメールアドレスにも一長一短がありますので、格安SIMのメールとその機能を調べました。メール機能も格安SIMを選ぶ上で大事な材料になります。


格安SIMのメールアドレスは利用するほうがいいの?

格安SIMのメールアドレスを利用するメリットはあるのか、どのようなデメリットが発生するのか考えてみました。

格安SIMのメールアドレスを利用するメリット

格安SIMのメールアドレスを利用するメリットは、迷惑メールに間違えられにくいことです。

フリーメールのYahooメールやGmailではなりすましメールも多くあり、迷惑メールとみなされることもあるのですが、格安SIMからもらえるメールアドレスはフリーメールとは違って誰でも手にはいるわけではないため、ドメイン名での受信設定をしても迷惑メールを受信することが少なくなります。

格安SIMのメールアドレスを利用するデメリット

格安SIMのメールアドレスを利用する上でデメリットとなるのは、乗り換え時にメールアドレス変更をお知らせするのが面倒という点です。多くの人にメールアドレスが変わったことを伝えなければならない上に、キャリアメール以外は受信拒否設定されている場合も多いので、受信設定も変更してもらわねばなりません。

どのMVNOでメールアドレスがもらえるの?

ここからはどの格安SIMでメールアドレスをもらうことができるのか、そのメールにはどんな機能が付いているのかをご紹介します。また、格安SIMではありませんが、比較としてドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスについてもご紹介していきます。

ドコモ

ドコモメールは@docomo.ne.jpのメールアドレスです。1GBまでメールの保存ができ、1GBを超えると古いメールから削除されます。1件の送信メールの添付ファイルは10MBまでです。スマホで利用ができるほかタブレットやパソコンでも利用できます。

  • 最大保存容量1GB
  • 1メールの添付ファイル最大10MB

au

auのメールは@ezweb.ne.jpです。メール保存容量は最大200MBで500件までです。本文への文字は送信最大250KB(全角125,000文字)で受信メールは最大1MB(全角520,000文字)まで受信できます。パソコン/タブレットのブラウザから「au ID」でログインするWebメールサービスを使うと、保存容量は最大200MBで5,000件に増えます。

iPhoneのメール保存容量は、メールアプリ利用で200MB/5,000件、メッセージアプリ(MMS)では200MB/2,000件。上記のWebメールサービスを使えば、条件によって最大1GB/20,000件となります。

1件の送信メールでの添付ファイルは5件/2MBまでとなっています。機種によって送信できる文字数が制限される場合があります。

  • スマホでの最大保存容量200MB
  • 1メールの添付ファイル最大2MB

ソフトバンク

ソフトバンクのメールアドレスは2つあります。@softbank.ne.jpと@i.softbank.jpです。@i.softbank.jpはiPhoneのアドレスです。もとはPC用メールとしての扱いでしたが、現在は携帯電話への送信も迷惑メールにならずに届くようになっています。

@softbank.ne.jpは最大保存容量12MB/500件。1件のメール送受信最大サイズは2MBです。

@i.softbank.jpは最大保存容量200MB/5,000件で、1件のメールの送信容量は本文と添付ファイル含めて3MBまでです。

  • @softbank.ne.jp は最大保存容量12MB
  • @softbank.ne.jpは1メールにつき2MBまで送受信可能
  • @i.softbank.jpは最大保存容量200MB
  • @i.softbank.jpは1メールにつき3MBまで送信可能

Y!mobile

Y!mobileでもらえるメールアドレスは、他社ケータイなどにも送れるスマートフォン用のメールアドレス@ymobile.ne.jpと、iPhone、スマホ、PC、タブレットなどマルチデバイスで利用出来る「Y!mobile メール」@yahoo.ne.jpの2つです。

@ymobile.ne.jpはカラフルな絵文字なども利用でき、iPhone SE、iPhone 5s、スマートフォン全機種で使えます。
1件のメールに添付出来るファイルは最大1MBです。

Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)は容量無制限でサーバーに保存され、専用のAndroid用メールアプリもあります。Yahoo!JAPAN ID が必要となり、対象プランはスマホプラン、データプラン、全てのPocket WiFiプラン、ケータイ(ケータイプランSS)となります。

  • @ymobile.ne.jpはカラフルな絵文字なども利用できる
  • @ymobile.ne.jpの添付ファイルは最大1MBまで
  • @yahoo.ne.jpは容量無制限でサーバーに保存
  • @yahoo.ne.jpは専用のAndroid用メールアプリがある

公式サイト:Y!mobile

mineo

格安SIMのmineoは契約をすると@mineo.jpのメールアドレスがもらえます。保存容量は200MB/60日間です。別途申し込みをすれば、保存容量 5GB、保存期間は無制限に延長できます。
1件のメールの添付ファイル送受信可能容量は、本文も含めて最大100MBです。

  • メール保存容量最大200MB/60日間
  • 添付ファイルは本文含め100MBまで
  • メール保存容量はMyページから申し込みすると保存期間は無制限、保存容量最大5GBに変更可能

スマホ、パソコンでも利用できますが、リアルタイム通知は対応していないためできません。

公式サイト:mineo

楽天モバイル

楽天モバイルに申し込むと@rakuten.jpのメールアドレスがもらえます。

保存容量は最大15GBです。1件のメールで送れる添付ファイルサイズは50MBです。IMAPにも対応してスマホ、パソコンでも利用が可能です。

  • 最大保存容量15GB
  • 添付ファイル最大容量50MB

フリーメールのGmail並に保存容量が多いのがアドバンテージですね。

公式サイト:楽天モバイル

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEで契約すると@×××.ocn.ne.jpのメールアドレスがもらえます。IMAPに対応していないため、一度見たメールや削除したメールが別のパソコンやスマホではそのまま残ることになります。

保存最大容量は1GBで、送信添付ファイルは最大100MBです。ただしOCNWebメールを利用していない場合は送信ファイルは最大10MBになります。

  • 保存最大容量1GB
  • 送信ファイル最大100MB
  • IMAP非対応

公式サイト:OCNモバイルONE

IIJmio

IIJmioでは有料でのメールサービスがあります。月額324円でメールが利用できるようになります。@IIJmio-mail.jpや@miomio.jpなど複数あるドメインから選ぶことができます。メールの保存容量は無制限ですが、保存期間は30日となっています。送信メールは1日に1,000件までとなっています。IMAPには対応していないようです。1件のメールは10MBまでという制限もあります。

  • ドメインを選べる
  • 保存容量は無制限 保存期間は30日
  • 送信メールは10MBまで
  • 1日のメール送信は1,000件まで

公式サイト:IIJmio

DMM mobile

格安SIMのDMM mobileではメールアドレスサービスは行っておらずメールサービスがありません。フリーメールを利用するしかないようです。

公式サイト:DMM mobile

DTI SIM

DTI SIMでは基本的にはメールアドレスの提供はありませんが、有料で関連サービスのメールアドレスを取得することができます。月額は216円で@dream.jpのメールアドレスが取得できます。メール保存容量は最大5GBで、1件の送信添付ファイルは100MBまで可能です。

  • 月額216円
  • 保存容量最大5GB
  • 添付ファイルは最大100MB

公式サイト:DTI SIM

Nifmo

格安SIMのNifmoに申し込むと@nifty.comのメールアドレスがもらえます。IMAPにも対応し保存容量は最大5GBです。送信できる添付ファイルは1件あたり20MBです。月額216円を支払うと、2つめのアドレスを取得+保存容量を10GBまで拡張できるサービスもあります。その他サンリオキャラクターのメールアドレスや保存容量100GBまで増やせるサービスも。

  • 保存容量5GB
  • 送信添付ファイルサイズ20MB

公式サイト:Nifmo

BIGLOBE LTE

格安SIMのBIGLOBE LTEに申し込むと@×××.biglobe.ne.jpのメールをもらえます。IMAP対応で最大保存容量は5GB、送信ファイルサイズは最大100MBです。

  • 保存容量最大5GB
  • 送信ファイルサイズ最大100MB

公式サイト:BIGLOBE LTE

UQ mobile

格安SIMのUQ mobileは月額216円でメールが利用できます。@uqmobile.jpのメールアドレスが取得でき、メール保存期間は30日間です。送信メールは最大3MBです。

UQ mobileのメールアドレスはドコモ、au、ソフトバンクのメールにも拒否されず、キャリアメールのような扱いで送信が可能です。他社の格安SIMよりも一つ抜きん出たメリットがあります。ただし、メールを使うにはUQ mobileが動作確認した機種である必要があります。

  • ドコモ、au、ソフトバンクにも受信設定なしでメールが送れる
  • 保存期間最大30日間
  • 送信ファイルサイズ最大3MB

公式サイト:UQ mobile

FREETEL

FREETELではメールサービスがありません。Gmail等のフリーメールを利用しましょう。

公式サイト:FREETEL

格安SIMでもらえるメールアドレスを上手く活用しよう!

格安SIMでもらえるメールを比べてみようをまとめました。

格安SIMでもらえるメールを比べてみようまとめ

多くの格安SIMのメールサービス状況を紹介しました。利用するメリットが大きいのはUQ mobileと楽天モバイルでしょうか。格安SIMでメールアドレスに困ったら今ならOutlook.comのメールアドレスを利用するのも便利です。メールサービスも格安SIMを選ぶ材料にしましょう。