1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 大容量が使える格安SIMはどれがいい?

大容量が使える格安SIMはどれがいい?

格安SIMで動画を見る女性
SIM

いろんな格安SIMで大容量プランが出揃いました。どのプランを選んだら安いのか、便利なのかを比較したいと思います。大容量プランは格安SIMとはいえ高額な月額が必要になるプランですので、しっかり見極めましょう。

格安SIMにも大容量プランが揃ってきて、たくさん通信を使うという人にもマッチするようになってきました。そこで大容量プランを比較し、どのプランが1番お得なのかを紹介したいと思います。大容量プランをたくさん使う人は月額料金にも大きな影響がでますので、きっと参考になることでしょう。


大容量プランは何に使う?

スマートフォンでたくさんの通信容量が使える大容量プランですが、多くの人はどんなことに大容量通信を使っているのでしょうか?大容量の高速通信が必要なコンテンツをいくつかあげてみました。

動画コンテンツ

動画サービスを使うと通信量がたくさん必要です。今はYouTubeに始まり、Abema TVやTVerなど無料でテレビ番組を配信するサービスやHulu、Amazonプライムビデオなどの映画をスマートフォンで見ることもできます。

利用料金は定額制なのですが、通信量はたくさん必要です。たくさんの動画コンテンツを楽しみたいのであれば通信容量は多く必要です。

ゲームアプリ

ゲーム自体はそんなに通信量が多いわけではありません。ですが、「長い時間プレイしたり、出先で時間の空いた時にプレイする」ということを続けていると意外と通信容量を圧迫することもあります。大容量が必要かと言われればそこまできにすることはないのですが、人によるとゲームだけで10GB消費することもあるようです。

音楽サービス

音楽の定額サービスは近年当たり前になってきました。音楽をダウンロードしたり、ストリーミングでそのまま再生したりを繰り返すと通信量がかさみます。

上記のゲームや動画と違って音楽サービスの場合は、常に行動しながらコンテンツを楽しむということが可能なので、移動中や仕事をしながらなどの間にも聞き続けることができるため、通信量はうなぎのぼりにもなります。

その他

上記3つがだいたい通信量を増大させるコンテンツなのですが、そのほかにもSNSサービスや電子書籍のダウンロードなどで通信量が増大する人もいます。

特に漫画をスマートフォンで見る人も増えているため、巻数が増えれば増えるほど1巻につき50MBから100MB増えます。もしも、某コミックを全巻読破しようとしたら、100巻以上のダウンロードが必要になるので10GB以上の大容量は絶対に必要になります。

20GB以上の大容量プランがある格安SIM

大容量通信が必要なサービスがわかったところで今度は20GB以上の大容量プランが使える代表的な格安SIMをリストアップしてみました。

20GB以上のプランを比べてみよう

20GB以上の通信容量が使えるプランを料金で比べてみましょう。(データ通信)

楽天モバイル

  • 20GB:月額4,050円
  • 30GB:月額5,450円

公式サイト:楽天モバイル

エキサイトモバイル

  • 20GB:月額3,980円
  • 30GB:月額5,980円
  • 40GB:月額7,980円
  • 50GB:月額10,180円

公式サイト:エキサイトモバイル

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

  • 20GB:月額4,500円
  • 30GB:月額6,750円

価格.com:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

FREETEL(フリーテル)

イオンモバイル

  • 20GB:月額3,980円
  • 30GB:月額5,380円
  • 40GB:月額7,480円
  • 50GB:月額10,300円

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

U-mobile(ユーモバイル)

  • U-mobile MAX 25GB:月額2,380円
  • U-mobile S 30GB:月額4,980円

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)

b-mobile

  • b-mobile S 開幕SIM 30GB:月額4,980円

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

DTI SIM

  • 20GB:月額4,850円

公式サイト:DTI SIM

DMM mobile(DMMモバイル)

  • 20GB:月額3,980円

公式サイト:DMM mobile(DMMモバイル)

20GBではイオンモバイル、エキサイトモバイル、DMM mobile(DMMモバイル)の3,980円が最安、30GBではb-mobile S 開幕SIM、U-mobile Sが4,980円で最安40GBでは、イオンモバイルが7,480円で最安50GBではエキサイトモバイルが10,180円で最安です

しかし、25GB使えるU-mobile MAXを20GBのプランと同等ラインとして比較すると最安になります。

無制限通信ができる格安SIM

大容量プランだけでなく通信無制限に使える格安SIMも合わせて比較してみましょう。

  • U-mobile PREMIUM:月額2,480円
  • DTI SIM ネット使い放題:月額2,200円
  • ぷららモバイルLTE 定額無制限:月額2,760円

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)

公式サイト:DTI SIM

無制限使い放題のプランではDTI SIMが1番安く月額2,200円です。

カウントフリーサービスがある格安SIM

忘れてはいけないのがカウントフリー機能の使える格安SIMです。ここでは動画や音楽サービスにまつわるカウントフリー機能のある格安SIMをリストアップしました。

  • LINEモバイル MUSIC+プラン:月額1,810円〜
  • BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) エンタメフリーオプション:月額480円〜

公式サイト:LINEモバイル

価格.com:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

カウントフリー機能で目玉なのはBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)です。YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWAのサービスは全部使い放題になります。

一方LINEモバイルだとLINEミュージックしか使い放題になりません。

大容量プラン&カウントフリーサービスの比較結果

いろんな格安SIMの大容量プランや無制限プラン、カウントフリー機能を洗い出して動画、音楽などの大容量通信が必要になりそうなサービスにどれが1番便利で安いのかを比べてみましょう。

カウントフリーを利用できるコンテンツならBIGLOBE

まず1番便利そうなのはBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)です。動画コンテンツの代名詞YouTubeそれにabema TVが使い放題になるのはとても大きいですね。

ただ、月額料金自体は安い部類というわけではないので、プランは20GB程度で抑えてエンタメフリーオプションと組み合わせましょう。

ゲームや動画コンテンツで使い倒すならコレ!

YouTubeやAbema TVを見るのではないよ、もっと他の動画コンテンツだよ、ゲームもたくさん使うよという方はイオンモバイルかU-mobile Sで30GBや40GBを契約するといいでしょう。

無制限使い放題は規制とスピードが心配

ここまで無制限格安SIMがおすすめになっていません。なぜ?と思う方もいるでしょう。その理由は、無制限に使えるのですが、3日間の合計通信量に応じて速度制限が実施される恐れがあるからです。

最安のDTI SIMは3GB程度使ったくらいでは通信制限に入らないという方向性ですが、では10GB使った場合はどうでしょう。10GBや20GB、あるいは40GB、50GBを3日間で消費された場合、格安SIM会社としてはかなり大赤字になります。つまり料金に見合った通信量になるように制限されコントロールされることが予想されます。

なので使い放題プランで動画を見続けるような使い方はお勧めできないのです。

使い放題を選択する場合の使い方としては、時折動画を見続けることがある、時折高速インターネットを使いつづける必要が発生する場合がある方いいでしょう。常に動画を流しているというような方の場合は3日間の通信制限がない格安SIMやプランを選ぶべきなのです。

大容量が使える格安SIMはどれがいい?まとめ

大容量が使える格安SIMはどれがいい?をまとめました。

大容量が使える格安SIMはどれがいい?まとめ

大容量プランを選ぶ場合、どんなサービスを使う予定なのか、どのくらい使う予定なのかを先に考慮してから選ばないといけません。まだ日本国内の通信会社ではあれもこれもどんどん使いたいということはできないのです。

ですので、基本的にはBIGLOBE SIMでエンタメフリーオプションを使ってください。BIGLOBE SIMのエンタメフリー対象に当てはまらない人はイオンモバイルやU-mobileを使いましょう。

価格.com:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)