1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 地下鉄で使えるWiMAXは?無料で快適に使える方法や対処法も紹介

地下鉄で使えるWiMAXは?無料で快適に使える方法や対処法も紹介

地下鉄や地下街でネットが繋がらなくて困ったことはありませんか?WiMAXを使っている方も、これから利用しようと考えている方も地下でも問題なくネットが繋がるか気になりますよね。そこで今回はWiMAXを使って地下鉄でもネットが快適に使えるか、電車が走行中にネットが繋がらない時の対処法などをご紹介します。

地下鉄でWiMAXを利用しようと思っても、うまく通信できずに困ったことはないでしょうか。地下鉄は電波が通りにくいことがあるため、快適にネットを利用するためには工夫が必要です。

この記事では地下鉄でも快適にネットに接続できる方法と、地下鉄でも利用しやすいおすすめのWiMAXを紹介していきます。

SIMチェンジWIFI

WiMAXが地下鉄でつながるか

地下鉄でもWiMAXが利用できるのか見ていきましょう。

WiMAXに対応している地下鉄

以前は地下でWiMAXを利用できませんでしたが、WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズは地下でもWiMAXが利用できるように回線の整備に尽力してきました。

2015年ごろから全国の地下鉄で順次WiMAXを導入しており、WiMAXが利用可能なエリアは拡大し続けています。地下鉄の中でも最も利用者の多い東京メトロでは2018年の1月に全駅の整備を完了しています。

東京以外でもWiMAXを整備している地下鉄は全国にあるので表で見ていきましょう。

地下鉄名WiMAX2+
札幌市営地下鉄2016年7月27日に全駅整備を発表
仙台市営地下鉄2016年11月1日に全駅整備を発表
東京メトロ2018年1月31日全駅整備完了
都営地下鉄2016年3月14日全駅整備完了
横浜市営地下鉄2015年3月5日に全駅整備を発表
名古屋市営地下鉄2015年7月14日全駅整備完了
京都市営地下鉄2016年3月22日全駅整備完了
大阪市営地下鉄2017年7月10日全駅整備完了
神戸市営地下鉄2016年3月25日全駅整備完了
福岡市営地下鉄2015年2月26日に全駅整備を発表
※WiMAXはすべて整備完了(2020年3月31日をもってサービス停止)

全ての地下鉄エリアでWiMAX回線とWiMAX2+回線に対応しており、WiMAX回線に関しては完全に整備されています。ただし、WiMAX回線は2020年3月31日をもってサービスを停止してしまうため、それ以降はWiMAX2+回線しか利用できなくなります。

また、走行中の電車の中ではトンネルなどの影響でネットにつながらない場合や速度が著しく低下する場合もあるので気をつけましょう。

ホームやコンコースでは繋がりやすい

今では日本全国ほとんどの地下鉄の駅でWiMAXの回線が整備されています。そのため駅内では快適にネットに繋げるはずです。

もし電車内で繋がりにくくなることが不安なら、電車を待っている間にデータをダウンロードをするといいでしょう。

SIMチェンジWIFI

走行中は繋がりにくい

WiMAX回線は駅では整備されているものの、電車が走り出すと駅から離れてしまうため繋がりにくくなります。また、地下鉄は走行中にトンネルを通ることも多く、トンネルが電波を遮断するために電波が届きにくくなってしまうのです。

通信を行う場合は電車が走り出す前に済ませると、快適にネットを利用できるでしょう。

WiMAXを地下鉄で使う方法や対処法

技術の進歩と企業努力により、電車でもWiMAXは繋がりやすくなりましたが、まだエリアによっては繋がりにくい場所もあるでしょう。繋がりにくい時に試してもらいたい方法を紹介していきます。

公共のWiMAXやWi-Fiを使う

駅でWiMAXが通じにくいと感じている方の中には、自前のWiMAX回線を活用している方もいるでしょう。その場合は交通会社が用意している公共のWi-Fiを試してみましょう。

駅内に設置されているWiMAXは、駅を利用する方に快適なネット環境を提供するために工夫されています。自前のWiMAXではネットに通じない方も公共のWiMAXでは快適にネットを利用できるかもしれません。

ハイスピードプラスエリアモードを使う

公共のWiMAXでも繋がりにくいと感じた方はハイスピードエリアプラスモードに切り替えてみましょう。WiMAXはWiMAX回線とWiMAX2+回線のほかにauの4GLTE回線を利用した「ハイスピードプラスエリアモード」を用意しています。

これはWiMAXの端末の設定を変更するだけで簡単に切り替えが可能です。4G LTE回線はWiMAXの回線に比べ通信速度は劣りますが、電波が遠くまで届く点や遮蔽物の影響が出にくい点ではWiMAXに勝ります。

そのため、WiMAXの電波が通りにくい駅と駅の間でも比較的快適にネットを活用できるでしょう。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを活用する時は注意すべき点もあります。プロバイダによってはハイスピードプラスエリアモードをオプションとして利用するために、3年契約が必要になる場合もあるからです。

また、ハイスピードエリアモードのまま月に7GB以上利用すると、通信制限がかかってしまうこともあります。WiMAX2+のギガ放題プランは3日で10GB以上使わなければ通信制限がかからず、実質無制限が魅力ですが、以外な落とし穴があるのです。

LTE回線で7GB以上使うと、その月は低速通信(128kbps)となり、WiMAX2+通信に切り替えても通信速度が戻りません。ハイスピードプラスエリアモードを利用した場合は、必ずWiMAX2+回線に戻しましょう

おすすめのWiMAX

地下鉄でWiMAXを使うための対処法を紹介してきました。おすすめのWiMAXサービスについても紹介していくので見ていきましょう。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは上場企業であるマーケットエンタープライズの子会社MEモバイルが提供している通信サービスです。最大のおすすめポイントは初月無料の上に、1ヶ月目の料金が1,380円とWiMAX業界最安クラスの料金を実現している点です。

料金プランがシンプルで、2ヶ月目以降の料金も3,380円と大変リーズナブルなため、とにかく安くWiMAXを使いたい方におすすめです。

WiMAXのサービスの中には高額なキャッシュバックを謳っているケースもありますが、キャッシュバックを受け取る条件があって結局受け取れない場合もあるのです。しかし、カシモWiMAXはキャッシュバックではなく最初から低料金でサービスを提供しているため、後から後悔することもありません。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX

出典:BIGLOBEWiMAX

BIGLOBE WiMAXは大手通信プロバイダのBIGLOBEが提供する通信サービス。大手が提供していることもあり、安心感があります。

一番の特徴はWiMAXサービスには珍しく1年契約ができること。多くのWiMAXサービスが3年、もしくは2年契約しかできず、期間中に解約すると2万円ほどの契約解除料が発生してしまいます。

BIGLOBE WiMAXであれば仮に1年以内に解約しても、1,000円の契約解除料しか発生しません。試しにWiMAXを使ってみたいという方でも安心です。

また、クレジットカードがなくても契約できる点も人気の理由の1つです。多くのWiMAXサービスはクレジットでしか支払いができず、クレジットカードを持っていない方は契約できません。

BIGLOBE WiMAXであれば口座振替でも支払いが可能なため、理由があってクレジットカードを利用したくない方でも契約可能です。他にも口座振替で支払いができるWiMAXサービスもありますが、振替手数料がかかったりキャンペーンが適用されないなどのデメリットが存在しますが、BIGLOBE WiMAXであればそのような心配もないので安心です。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

SIMチェンジWIFI

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

UQ WiMAXはWiMAXのサービスの本家とも言えるプロバイダで、手厚いフォローが魅力の1つです。WiMAXサービスでは珍しく、全国47都道府県に店舗を持っており、カウンターにて契約が可能です。

契約をするのに不安があったりプランが選びきれない方でも、カウンターでスタッフに相談できるので安心して契約できます。

また、UQ WiMAXを契約することで公衆無線LANである「UQ Wi-Fiプレミアム」が無料で利用できるのも大きな特徴の1つ。「UQ Wi-Fiプレミアム」は、駅や空港で利用できる公衆無線LANですが、通常であれば有料で利用するサービスです。

UQ WiMAXを契約していれば、端末を持ち歩いていなくてもUQ Wi-Fiプレミアムのエリアで気軽にWiMAXを利用できるので安心です。

UQ WiMAXを契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは株式会社リンクライフが提供する通信サービス。一番の特徴は最新端末W06を業界最安クラスで契約できる点です。

W06はWiMAX市場最速を誇るので、通信速度も安さも妥協したくない方におすすめです。また、契約してからすぐにサービスが利用できるのも大きな特徴の1つです。

平日13時までの申込みであれば最短で当日にモバイルWi-Fi端末が家に届けられ、そのままWiMAXが利用できます。店舗で端末を受け取ることも可能なため、店舗で契約をしてそのままサービス開始もできます。

口座振替での支払いもできるため、クレジットカードを利用したくない方にもおすすめです。ただし、口座振替の場合は初期費用として18,857円かかるため注意が必要です。

業界の中でも低価格を実現しているBroad WiMAXですが、その安さを最大限活かすにはクレジットカードで契約するのがベストと言えるでしょう。他社からの乗り換えキャンペーンも行っているため、現在契約していプロバイダの契約解除料が気になっている方も、Broad WiMAX が負担してくれるため安心してのりかえられます。

Broad WiMAXを契約する!

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBBは、WiMAX業界でも最大手のプロバイダで、人気ランキングでもよく上位で見かけます。その人気の理由の1つは業界最安値クラスの料金設定。

常に最安とは言えませんが、大手ならではの最安級のプランを実現しています。また、キャッシュバックではなく月額割引キャンペーンを実施しているので、契約後にキャッシュバックの手続きで手間どったり、手続きを忘れてもらい忘れることもありません。

もう1つの大きな特徴は、契約後20日以内であれば解約できること。通常であれば25,000円かかる契約解除金が契約から20日以内であれば無料で解約可能です。

他社でも無料解約期間を設けている場合もありますが、基本的には8日程度であることがほとんど。GMOであれば20日も用意されているため、たっぷりサービスを試してみてから解約化継続かを考えることができます。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

まとめ

WiMAXは地下鉄でも利用できるように順次整備を進めていますが、エリアによってはまだ満足に繋がらない場合もあります。そのようなエリアでは、電車が走り始める前にデータを読み込んだり、WiMAXではなく4GLTE回線を利用するなどの工夫をしましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい