1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2020年】ポケットWiFi徹底比較!おすすめはこれだ|安くて無制限なのは?人気プロバイダを調査

【2020年】ポケットWiFi徹底比較!おすすめはこれだ|安くて無制限なのは?人気プロバイダを調査

更新日:2020.11.26

安いポケットWiFiを比較し、1番おすすめのポケットWiFiをご紹介します。ポケットWiFiとWiMAXの違いや、おすすめの海外向けレンタルWiFiもまとめました。最安のポケットWiFiを契約したい方、無制限ポケットWiFiを探している方必見です。

ポケットWiFiを契約したいのに、種類があり過ぎて「どのポケットWiFiを選べばいいかわからない」と悩んでいませんか?

結論からいうと、ポケットWiFiの中ではWiMAXが1番おすすめです。

実際に利用している方の口コミでも、実質料金の安さや通信速度の速さを高く評価している声が多くみられます。

本記事ではポケットWiFiの料金や速度を比較し、1番おすすめのポケットWiFiをご紹介します。最安のポケットWiFi・WiMAXを契約したい方必見です。

結論、1番おすすめのポケットWiFiはこれ!

出典:カシモWiMAX

結論から言ってしまうと、1番おすすめのポケットWiFiは「カシモWiMAX」です。

さらに、カシモWiMAXの「W06」というポケットWiFiルーターが通信速度が速くておすすめです。

なぜカシモWiMAXが最もおすすめなのか。それは月額料金が安くてお客様満足度が高いからです。

多くのポケットWiFiサービスを比べた中で、カシモWiMAXは業界最安級の料金設定になっています

もちろん月によって各社キャンペーンが異なるため、常にカシモWiMAXが最安というわけではありません。

しかし、カシモWiMAXは特別なキャッシュバックキャンペーン等がない状態でも最安級の料金となっています。

加えて、価格が安いだけでなくお客様満足度が高いことから、サービス内容も充実していることがわかります。

以上の理由から、安くて使いやすいポケットWiFiを探しているならカシモWiMAXが断然おすすめです。他社のポケットWiFiサービスも比較してみたいという方は、ぜひこの先の記事を読み進めてみてください。

【業界最安級】カシモWiMAXはこちら

安いポケットWiFi6社比較【2020年】

人気のポケットWiFi・WiMAXの中からおすすめ6社を厳選し、サービス特長や月額料金を比較しました。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX
  • 業界最安級の月額料金
  • キャッシュバックがない分、月額料金が安い
  • 速度に定評がある

カシモWiMAX」は、月額料金1,380円~という業界最安級で契約できるポケットWiFiです。

もしかしたら、カシモWiMAXというサービス自体初めて知った方が多いかもしれません。

CM広告を行っていないため知名度は高くありませんが、宣伝広告費をユーザーに還元することで最安級の料金を実現しています。

さらにお客様満足度94.2%という高い数値からも、価格だけでなく通信速度でも高い評価を得ていることがわかるでしょう。

【業界最安級】カシモWiMAXはこちら

月額料金

ギガ放題プランライトプラン
初月1,380円
1カ月目以降3,610円2,990円

カシモWiMAXには2つの料金プランがあります。

1つはデータ容量無制限で使える「ギガ放題プラン」、もう1つは月間7GBまでの「ライトプラン」です。

初月が1,380円、その後の料金はずっと3,610円(ギガ放題プラン)、2,990円(ライトプラン)で変わりません。非常にシンプルかつお得なプランになっています。

カシモWiMAXがなぜこんなに安いのか、気になった方も多いでしょう。

実は、カシモWiMAXにはキャッシュバックキャンペーンがありません。一見キャッシュバックがある方がお得に見えますが、実際はキャッシュバックなしの方がお得であることが多いのです。

キャッシュバックは契約半年後ということに加え、普段使わないプロバイダのアドレスに届くため、多くの人が受け取りを忘れてしまうのです。

そのため、キャッシュバックよりも月額料金が元々安い方が結果的にお得になります。

カシモWiMAXは、確実に安く契約したい方におすすめのポケットWiFiなのです。

【業界最安級】カシモWiMAXはこちら

口コミ・評判

ポケットWiFiは、料金と同じくらい速度も重要です。

ポケットWiFiは使ってみるまで速度がわからない点が不安ですが、カシモWiMAXは「体感したことのない快適さ」と好評のようです。

カシモWiMAXは、スマホから簡単に申し込みができます。申し込んだ翌日には自宅に届くので、すぐにネットを使いたい方に最適です。

この方は、元々契約していた光回線を解約してカシモWiMAXに乗り換えたようです。月々のインターネット代を節約したいなら、光回線からカシモWiMAXに乗り換えるのも1つの手でしょう。

こちらの方も、契約翌日にWiFiルーターが届くという速さにびっくりしているようです。

使い心地についても、今のところ快適と満足しています。端末によって微妙にサイズが変わるので、契約前に一度大きさを調べておくと安全です。

こちらは、新R25でカシモWiMAXが特集された時の動画です。月額料金の安さと共に通信速度の速さも高く評価されています。

ポケットWiFiは、いくら安くてもネットが遅いとイライラしてしまうので、安さ・速さが揃っているのは心強いですね。

カシモWiMAXの悪い口コミでは、申し込みたかったプランがなくなっていたというものでした。WiMAXは定期的に新しい端末が発売されるため、それに応じて古い端末の提供を終了することがあります。

また、現在WiMAXでは3年契約が主流になっています。この方のようにいきなりプランがなくなることは稀ですが、契約を決めたタイミングで早めに申し込んだ方が良いでしょう。

【業界最安級】カシモWiMAXはこちら

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX
  • 月額料金が一定でわかりやすい
  • お客様満足度No.1
  • UQモバイルとセットで契約すると割引がある

UQ三姉妹やガチャピン・ムックのCMで有名なUQ WiMAXです。UQ WiMAXは、契約期間中ずっと3,880円でポケットWiFiを使うことができます。

さらに、多くのWiMAXでは現在ほとんど3年契約ですが、UQ WiMAXは2年契約できるのも特徴的です。ただし、2年間の自動更新なので解約や乗り換えには気を付けましょう。

また、UQモバイルとUQ WiMAXを一緒に契約するとスマホの通信料金を抑えることができます。通常1,980円/月~のところ、セット割引で1,680円/月~です。

ポケットWiFiを契約してスマホ代金を節約したい方は、ぜひUQモバイルとUQ WiMAXをセットで契約しましょう!

UQ WiMAXを契約する!

月額料金

UQ WiMAXはのギガ放題プランは月3,880円~、契約期間中ずっと月額料金が変わらないわかりやすい料金プランです。WiMAXは月によって金額が変動する会社が多いので、ずっと同じ料金なのは嬉しいですね。

ただし、一点注意したい点があります。それは、UQ WiMAXには7GBのライトプランがない点です。多くのWiMAXでは使い放題のギガ放題と、7GBまでのライトプランがありますが、UQ WiMAXはギガ放題のみとなっています。

これまでは「UQ Flat ツープラス」というライトプランがあったのですが、2019年10月の料金改定と共に新規受付を終了しました。そのため、UQ WiMAXはインターネットを無制限で使いたい方、自宅でも外でもWiFiを使いたい方におすすめです。

UQ WiMAXを契約する!

口コミ・評判

UQ WiMAXには、Try WiMAXという無料のお試しサービスがあります。この方は、Try WiMAXのお試しサービスを使って通信速度が速いと感じたようです。

Try WiMAXは、契約前にポケットWiFiの速度やエリアを確認できるため便利です。初めてポケットWiFiを契約する方は、事前にお試し版を使ってみても良いでしょう。

UQ WiMAXを使っていたら、すぐに低速(速度制限)がきてしまったようです。WiMAXのギガ放題は、3日間でトータル10GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。

これはどのWiMAXプロバイダでも同じ条件なので、使い方を工夫する必要があるかもしれません。

UQ WiMAXを契約する!

BIGLOBE WiMAX 2+

出典:BIGLOBEWiMAX
  • 1年契約・自動更新なし
  • 口座振替でも申し込みできる
  • ルーターなしのSIMのみ契約もできる

BIGLOBE WiMAX 2+は、BIGLOBE光、BIGLOBEモバイル等を展開するビッグローブ株式会社のポケットWiFiです。

WiMAXは現在最低3年からの契約が主流ですが、BIGLOBE WiMAX 2+ではなんと1年契約も可能です。さらに自動更新制度ではないので、自分で契約を続けるかどうか判断することができます。

契約解除料(違約金)が発生するのは、契約した月~12ヶ月目までです。13ヶ月目(2年目)以降はいつ解約しても、違約金は発生しません。

契約してみたけど合わなかった、使わなかったとなった場合も、1年程度で解約できるのでリスクが少ないですね。

さらにBIGLOBE WiMAX 2+では、ルーターなしのSIMのみ契約も可能です。通常は契約と同時に新しい端末を選ぶ必要がありますが、持っているWiFiルーターのSIMカードを入れ替えて使うという契約もできます。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

月額料金

BIGLOBE WiMAX 2+ギガ放題
初月0円
2ヶ月~3,980円

BIGLOBE WiMAX 2+の月額料金は、ギガ放題のみとなっています。料金プラン変更に伴い、これまでのライトプラン(7GB)は新規受付を終了したようです。

契約した初月は無料、1~3ヶ月目は1,000円割引で使うことができます。さらに、契約時期によってはキャッシュバックキャンペーンを行っていることもあります。

キャッシュバックを上手に活用すれば、通常の月額料金よりも安く契約できるかもしれませんね。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

口コミ・評判

使い勝手に関する口コミではありませんが、BIGLOBE WiMAXの違約金と1年契約への変更を喜んでいる声です。また、SIMカードのみを契約できるというBIGLOBE WiMAXならではの点も魅力に感じているようです。

実際に使っている方の評判では、ネットがつながりにくい・速度が遅いといったものがありました。WiMAXは光回線程通信が安定していないので、接続台数や使う時間帯には気を付ける必要がありそうです。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX
  • 業界初の店舗受け取りサービスがある
  • 乗り換えの違約金が最大19,000円免除
  • 条件を満たすと初期費用が0円になる

Broad WiMAXは、様々な業界初を実施したポケットWiFiサービスです。

例えば、Broad WiMAXでは店舗受け取りサービスというものがあります。WiMAXは普通店舗を設けていないことが多いため、インターネットで申し込んで郵送で受け取るのが一般的です。

しかしBroad WiMAXでは、店舗で最短当日にルーターを受け取ることができます。引越し等ですぐにインターネット環境を整えたい方にとってはとても心強いサービスです。

もちろん、店舗受け取り以外にも宅配で受け取る方法もあるので、自分に合った受け取り方法を選択することができます。

Broad WiMAXを契約する!

月額料金

Broad WiMAXギガ放題ライト
初月(日割)2,726円2,726円
1~2ヶ月2,726円2,726円
3~24ヶ月3,411円2,726円
25~36ヶ月4,011円3,326円

Broad WiMAXは、契約初月が日割料金となっています。つまり、いつ申し込んでも契約した日数分だけの料金で済むということです。

ポケットWiFiの会社によっては、日割料金がないために1ヶ月分を請求されることもあります。Broad WiMAXなら、ポケットWiFiを契約したいと思った時に「次の月まで待たなき」なんてことが起きません。

さらに、Web申し込み・クレジットカード決済を選択すると、初期費用の18,857円が無料になります。ポケットWiFi契約初期は何かとお金がかかるので、初期費用が0円になるのはありがたいでしょう。

Broad WiMAXを契約する!

口コミ・評判

キャッシュバックを含めない実際の支払い金額では、Broad WiMAXが最安という口コミです。WiMAXはキャンペーンや料金改定によって最安のプロバイダが変わるため、契約前にしっかり料金比較することが必要ですね。

Broad WiMAXを2人で使うと、通信速度がかなり遅くなるという口コミです。ポケットWiFi・WiMAXは光回線ほど回線が安定していません。

そのため、複数人や複数端末を接続して使う場合は、動画の画質を落とすといった工夫があると良いです。

Broad WiMAXは、契約から何ヶ月経っているかで違約金の金額が変わります。更新月で解約した場合は0円、最も高い場合で19,000円です。

違約金を1,000円に引き下げているポケットWiFi・WiMAXもあるので、Broad WiMAXの違約金は高いと言わざるを得ません。

  • 12ヶ月以内:19,000円
  • 13-24ヶ月以内:14,000円
  • 25ヶ月目以降:9,500円
  • 更新月:0円

Broad WiMAXを契約する!

GMO とくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX
  • 高額キャッシュバックがある
  • 20日以内ならキャンセルできる

GMO とくとくBB WiMAXといえば、高額なキャッシュバックキャンペーンが有名です。GMO とくとくBB WiMAX以外のポケットWiFiもキャンペーンを実施していますが、数万円単位のキャッシュバックを行っているのはGMOくらいでしょう。

GMOが他社と比べて特徴的な点は、キャッシュバックキャンペーンだけではありません。20日以内という長期間キャンセルが可能な点も特徴的です。

一般的なポケットWiFiのキャンセル可能期間は、クーリングオフで定められている8日以内です。ですが、GMOとくとくBB WiMAXでは、その期間が倍以上の20日以内となっています。

万が一キャンセルしたい、やめたいとなった場合も、GMO とくとくBB WiMAXなら安心ですね。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

月額料金

月額料金

GMO とくとくBB WiMAXギガ放題7GB
初月(日割)3,609円3,609円
1~2ヶ月3,609円3,609円
3ヶ月~4,263円3,609円

GMO とくとくBB WiMAXは、初月の料金が日割計算です。上記の表では、1ヶ月丸々契約した場合の料金を計算しています。

また、キャッシュバックは時期によって金額が異なるため、上記表はキャッシュバックなしの月額料金です。

前述のようにキャッシュバックは受け取りが非常に難しいため、受け取り忘れないように手帳やカレンダーでしっかりとメモしておきましょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

口コミ・評判

GMO とくとくBB WiMAXで、最新端末を使っている方の口コミです。端末の性能によってWiFi通信の速さが変わるため、GMOのように最新端末が使えるポケットWiFi・WiMAXの方が良いでしょう。

GMO とくとくBB WiMAXのインターネット速度が遅いという評判です。仕事で使うためにポケットWiFiを契約する方も多いので、通信速度はかなり重要な指標といえます。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

ワイモバイル ポケットWiFi

格安SIMで有名なワイモバイルのポケットWiFiサービスです。WiMAXと回線が異なりますが、持ち運べるモバイルルーターという点では同じといえます。

WiMAXでは自宅専用の据え置き型ルーターもありますが、ワイモバイルはポケットWiFiのみです。現在は803ZT・801HW・603HWの3機種があります。

ワイモバイルポケットWiFiを契約する!

月額料金

ワイモバイル上限なし7GB
料金4,380円3,696円

WiMAXと同じく「使い放題の上限なしプラン」と、「7GBまでプラン」の2種類があります。WiMAX同様、上限なしプランの場合も3日間で10GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。

ワイモバイルポケットWiFiを契約する!

口コミ・評判

ワイモバイルポケットWiFiの通信速度がとても遅いという口コミです。画像の通り、何も通信制限がかかっていない状態で1Mbps前後となっています。

ワイモバイルの「803ZT」というポケットWiFiの場合、下り最大988Mbps・上り最大37.5Mbpsなので、かなり遅いことがわかります。

こちらも、ワイモバイルのポケットWiFiで通信速度にストレスを感じている口コミです。ポケットWiFi・WiMAXは時間帯や接続台数によって通信速度が左右されるので、遅いと感じた場合は使い方を工夫すると良いかもしれません。

ワイモバイルポケットWiFiを契約する!

ポケットWiFiの選び方・比較ポイント

スマホに関しては、ドコモやau、ソフトバンクの三大キャリアにおいて「電波の強弱」こそあれど、各会社における料金プランなどはさほど大きく変わりません。そのため、スマホを大手キャリアで契約する場合は好みで会社を選択できます。

しかし、ポケットWiFiを選ぶ場合にはそうはいきません。次にあげるポイントがポケットWiFiを販売する5つの会社によって大きく異なりますので、じっくりと比較検討することが必要です。

結論からいうと、現時点での1番のおすすめはWiMAXです。WiMAXのポケットWiFiは、これらのポイント以外にも機種変更時が原則無料だったり新規申し込み特典があったりと大変お得です。

月額料金の安さ

ポケットWiFiの月額費用は各社同様におよそ4,000円です。しかし、「実際にひと月いくらかかるのか」という実質月額で各社料金を比較する必要があります。

なぜなら、新規購入キャンペーンで端末代に割引があったり、逆に端末代やデータ料金がそのまま加算されて高くなったりと、会社により実際にかかる費用が異なるからです。

次の契約期間が3年/36ヵ月の場合の計算式に当てはめて、各社それぞれのポケットWiFiの月額を比較していきましょう。

  • 実質月額=(初期費用+(毎月かかる費用×36)−キャッシュバック)÷36

なお、最新機種かつ通信容量が一番多いプランで比較すると、1番目がWiMAX、2番目はau、3番目はワイモバイルという結果になります。(2019年10月現在)

1位 WiMAX:約3,400円/月

最新の端末「W06」がキャンペーンにより0円で入手でき、さらに販売代理店の「GMOとくとくBB」が2019年10月1日(火)から34,500円(税込)のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

なお、実質月額が3,000円代なのはWiMAXのみです。

2位 au:約4,600円/月

auのポケットWiFiは、WiMAXと同じ通信サービスですが実質月額はWiMAXよりもおよそ1,100円も高くなります。WiMAXと同様に最新端末「W06」が0円で、速度制限と通信エリアといった条件は全く相違ありません。

そのため、少しでも安価なWiMAXを選択するのがおすすめです。

3位 ワイモバイル:約5,000円/月

ワイモバイルのポケットWiFiが実質月額約5,000円と高くなっているのは、WiMAX・auとは違い端末代が発生しているからです。なお、3年間使い続ければ月額割引が適用されるので、実質の端末代は21,384円(税込)になります。

ただし、途中で解約する場合には端末代の残金が一括で請求されるため注意しましょう。

業界最安級のポケットWiFiはこちら

通信速度の速さ

ポケットWiFiは基本的に「LTE」系か「WiMAX」系のいずれかの電波を使用しています。両者とも快適にインターネットを楽しむのに十分な速度を誇っているのですが、WiMAX系ポケットWiFiの通信速度はLTE系よりも高速なのです。

LTE系

ドコモ・au・ソフトバンクの所有する回線を借りているポケットWiFiをLTE系と定義しています。移動しながらの使うことが前提となる携帯電話に適した回線です。

WiMAX系

UQコミュニケーションズが所有している回線を使用しているポケットWiFiのことをいいます。接続の安定性がLTEにやや劣るとはいえWiMAXは高周波帯の電波であるため、しっかりとつながる場所であれば光回線に負けないほどの高速通信が可能です。

LTEとWiMAXの性質は通信速度以外の面でも異なっていますので、次にまとめてみました。

 LTEWiMAX
対応エリア国内ならほぼつながる地方に行くとつながりにくいことがある
電波の強さ建物などの障害物に強い建物などの障害物に弱い
通信制限ありなし

業界最安級のポケットWiFiはこちら

データ容量・速度制限

ドコモやソフトバンクといったLTE系のポケットWiFiには、原則的に月間通信速度制限が設けられています。たとえ「無制限」と表記されていても、無制限で利用できるエリアは限られているケースが多いです。

しかし、WiMAX系のポケットWiFiには月間の通信制限がありません。3日間で10GB以上を消費すると制限がかかってしまう点にさえ注意すれば、かなり快適に利用できます。

なお、WiMAXはUQコミュニケーションズというauの関連会社が提供しているので、auが取り扱っているポケットWiFiはWiMAXです。

業界最安級のポケットWiFiはこちら

対応エリア

次の表は、UQWiMAX/au・ワイモバイル・ソフトバンク・ドコモの通信エリアを比較したものです。(無制限プランの場合・2019年10月現在)

なお、WiMAXサービスに関しては、UQコミュニケーションズが本家大元でauは代理店のような関係になっているため、これら2社の情報はひとまとめにして解説していきます。

ポケットWiFiがカバーしているエリアは各社同じくらい広範囲にみえますが、ワイモバイルは濃い青色が塗られている部分しか使用できません。他者と比較すると、対応エリアが倍近く異なっています。

また、各社同様に山間部や地下鉄においてはつながりにくいケースが多いです。ただし、UQWiMAXとauに関しては、つながりにくいエリアでは「au 4G LTE(ハイスピードエリアモード)」(※無制限プラン対象外)に切り替えることにより、つながりやすくなります。

ポケットWiFiを使用する際には、通信エリアの幅広さは使い勝手を左右する必須条件となります。そのため、各社それぞれの通信エリアが自分の住んでいる地域に対応しているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

業界最安級のポケットWiFiはこちら

ポケットWiFiとWiMAX・固定回線の違い

契約前に知っておきたい、ポケットWiFiとWiMAX、ポケットWiFiと固定回線の違いをまとめました。

ポケットWiFiとWiMAXの違い

現在ではほとんどの場合、ポケットWiFiとは「持ち運びが可能な無線のモバイルルーターのこと」をいいます。

しかし、元々はソフトバンクグループの子会社であるワイモバイルのサービス名(商標)で、ワイモバイルが提供するモバイルルーターの名称です。

ワイモバイルが他社よりも先行して提供した持ち運べるインターネット回線であるポケットWiFiが世間に広く普及したことにより、他社における同様のサービスをポケットWiFiと呼ぶ人が増加したのです。そのため、WiMAXやドコモのデータ通信サービスなどは厳密にいうとポケットWiFiではありません。

ただし、ここではワイモバイル以外のモバイルルーターも、一般名詞的に「ポケットWiFi」と呼んでいます。現在ポケットWiFiサービスを提供している会社は、次の5社です。

ただし、サービスを提供している会社により料金が異なっていたり、すぐに速度制限にかかったりと大きく差が生じます。そのため、ポケットWiFiを選ぶ際には、WiFi機種を吟味するよりも先にそれぞれの会社のポケットWiFiの特徴を徹底的に比較しましょう

なお、特徴に関する詳しい内容は「ポケットWiFiサービスの選び方」以降に記述しています。

ポケットWiFiと固定回線の違い

ポケットWiFiは無線のインターネットですので、固定回線(光回線)のような面倒な自宅の回線工事は必要ありません。WiFiの設定も、パソコンやスマホなど接続したいデバイスにSSIDと暗号化キー(パスワード)を入力するだけなので、非常に簡単です。

届いたその日に設定すればすぐに使えるのは大きなメリットだといえます。光回線の開通には数週間を要することもしばしばありますので、早くインターネットを使いたいのであればポケットWiFiがおすすめです。

また、転勤などで引っ越す機会が多かったり、工事ができない賃貸物件に住んでいたりする方でも、手軽にインターネット環境を手に入れることができます。

一般的な固定回線の料金は月額5,000~6,000円ほどですが、ポケットWiFiを利用すれば通信制限がないプランでも月額4,000円前後になります。

ポケットWiFiは光回線を利用するよりも料金が安く済むので、外出のとき専用としてだけではなく自宅用としても利用する方が多いです。

スマホに特化して言及すると、データ容量の少ない料金プランを選んだ上でポケットWiFiを併用すれば通信費の大幅な節約にもつながります。

また、ポケットWiFiなら引っ越しの際に解約の必要がありませんので、違約金の心配は不要です。

業界最安級のポケットWiFiはこちら

海外で使えるポケットWiFiのおすすめレンタル会社

海外で使えるおすすめポケットWiFiをまとめました。短期の海外旅行や出張用のレンタルポケットWiFiを探している方は、参考にしてください。

グローバルWiFi

出典:グローバルWiFi

グローバルWiFiは、海外でインターネットを使いたい方におすすめのポケットWiFiです。ポケットWiFiをレンタルしたい方は、渡航先の国を選んだ後に「通信速度」と「データ容量」を選ぶだけです。

通信速度は、快適に使える4Gの高速プランか、料金が安い3Gの中速プランの2種類があります。データ容量は、以下の4つから選べます。

  • 通常:300MB/日
  • 大容量:600MB/日
  • 超大容量:1.1GB/日
  • 無制限:無制限

メールやLINEでの連絡なら「通常プラン」、家族や友人と一緒に使う方は「大容量プラン」、それ以上なら「超大容量プラン」か「無制限プラン」がおすすめです。

万が一ポケットWiFiの容量が足りなくなった場合は、海外渡航中に追加することができます。

グローバルWiFiでポケットWiFiをレンタルする

イモトのWiFi

出典:イモトのWiFi

お笑い芸人のイモトさんがイメージキャラクターになっていることで有名な、イモトのWiFi。

国名から料金を簡単に検索できるので、レンタルした場合の料金をざっくり知りたい方におすすめです。国ごとの料金プランに加え、「4G/LTE回線」か「3G回線」か選べます。

簡単に言うと、4G/LTEがスマホやポケットWiFiで使われている高速回線、3G回線は1つ前の中速回線です。海外で必要になった時の保障として契約したい方や、なるべく安くポケットWiFiを契約したい方におすすめできます。

イモトのWiFiでポケットWiFiをレンタルする

Wi-Ho!

出典:NEXT mobile

Wi-Ho!のレンタルポケットWiFiは、旅行先が1カ国しかない場合と、何カ国かに渡航する場合の料金プランに分かれています。

  • 海外1カ国用Wi-Ho!:390円/日~
  • アジア周遊Wi-Ho!:980円/日~
  • ヨーロッパ周遊Wi-Ho!:1,180円/日~
  • 世界周遊Wi-Ho!:1,380円/日~

〇〇周遊プランとついているのが、複数カ国で使用できる料金プランです。さらに、使えるギガ数によって通常・大容量・ギガ・無制限の4つに分かれます。

例えば、台湾に2泊3日であんしん保障パックをつけた場合、手数料等コミコミで3,310円で利用することが可能です。

Wi-Ho!でポケットWiFiをレンタルする

ポケットWiFiのおすすめ端末・ルーター

ポケットWiFiのおすすめ端末・ルーターをまとめました。通信速度の速いポケットWiFiを探している方は、ぜひ参考にしてください。

Speed WiFi NEXT W06


出典:UQ WiMAX

Speed WiFi NEXT W06は、2019年1月25日に発売された最新のモデルです。下りの最大速度が、なんと1,237Mbps(1.2Gbps)と、W05下り最大速度778Mbpsから格段にスピードが上がっています。

  • 下り最大1.2Gbps
  • 連続通信時間 約9時間
  • WiFi TXビームフォーミング搭載
  • 受信感度20%アップ

【業界最安級】カシモWiMAXでW06を契約する

Speed WiFi NEXT W05


出典:UQ WiMAX

薄型のフォルムと極限までそぎ落とされた潔い造形により、スピード感を感じさせるデザインが特徴的です。これまで利用していたWiFiルーターの接続情報をコピーできるので、面倒な再設定が必要ありません。

  • 下り最大758Mbps
  • 連続通信時間 ノーマルモードで約9時間
  • 無線LAN5GHz
  • シャープなデザイン

【業界最安級】カシモWiMAXでW05を契約する

Pocket WiFi 603 HW


出典:ワイモバイル

5Gの有力技術要素の1つであるMassive MIMOに対応しているので、駅や繁華街などの混雑エリアでも快適にインターネットが楽しめます。使いたいときにすぐ使える、約5秒の高速起動機能が便利です。

  • 下り最大612Mbps
  • バッテリー容量2,400mAh
  • 連続通信時間 約6時間(省電力設定OFF時)/約8.5時間(省電力設定ON時)

ワイモバイルでPocket WiFi 603 HWを契約する

Pocket WiFi 801 HW


出典:ワイモバイル

2019年3月7日発売のこちらは、Pocket WiFi 603を進化させたモデルです。

「さらに使いやすく簡単接続・高機能」とのキャッチコピーの通り、QRコードを利用したかんたん接続をはじめ、WiFi対応機器の同時接続可能台数が16台に増加するなどの性能向上化を実現しています。

  • 下り最大972Mbps
  • 5CA対応
  • バッテリー3,000mAh
  • 連続通信時間 約8時間(省電力設定OFF時)/約10時間(省電力設定ON時)

ワイモバイルでPocket WiFi 801 HWを契約する

ポケットWiFiで気軽にインターネットを楽しもう

手軽に持ち運ぶことができ、いつでもどこでもインターネットが楽しめるポケットWiFi。光回線のような大掛かりな工事は必要なく安い金額で利用できるのが魅力です。

これまでみてきたポケットWiFiサービスの情報を参考にし、自分のライフスタイルに最も合ったものを選んで今よりもっと気軽にインターネットを楽しんでいきましょう。

業界最安級のポケットWiFiはこちら

SHARE!!

あわせて読みたい