1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 人気おすすめSIM変換アダプタ10選!SIMカードアダプタの選び方・使用方法・注意点を解説

人気おすすめSIM変換アダプタ10選!SIMカードアダプタの選び方・使用方法・注意点を解説

更新日:2021.01.14

SIM変換アダプターを使用すれば、サイズの異なるSIMカードを端末に挿入できます。SIM変換アダプターの選び方、使用方法、注意点をまとめ、おすすめの商品を5つ紹介します。SIM変換アダプタの使用は自己責任なので、扱いに注意してください。

格安SIMを契約した際、「使用中のスマホにSIMカードが入らない」といったケースがあります。そんなとき活躍してくれるのが、SIMサイズを変更できる「SIM変換アダプター」です。

SIM変換アダプターがあれば、SIMカードのサイズ変更手続きや、手続きにかかる手数料も必要ありません。ただし、自分に合ったSIM変換アダプターを選ぶには、いくつかの大切なポイントがあります。

ここでは、SIM変換アダプターの選び方や使用方法、またSIM変換アダプターを利用する前に知っておきたい注意点のほか、機能性・利便性に優れた人気SIM変換アダプターも10種類紹介します。

SIM変換アダプターとは?

SIM変換アダプターは、SIMカードに取り付けることでサイズに変えられるようになる製品のことをいいます

例えば、nanoSIMカードのように小さなSIMカードを、microSIMなどのように大きなサイズのSIMカードとして使えるようにできます。SIM変換アダプターは家電量販店やネット通販などで購入可能です。

SIM変換アダプターは格安SIMが普及して、SIMカードの交換作業が必要になってきているからです。

SIMカード交換時にSIMカードのサイズが異なるケースがあり、そのままではカードが装着できない場合に利用するのがSIM変換アダプターです。SIM変換アダプターを使えばサイズが異なるSIMカードでもそのまま使えます。

SIMカードのサイズについては以下記事で詳しく解説しています。

SIM変換アダプターの選び方

自分に合ったSIM変換アダプターを選ぶには、サイズや機能に注目するのがポイントです。また、便利なセットアイテムもあると使い勝手が格段にアップします。

SIMカードサイズを確認して選ぶ

SIM変換アダプターを検討する際は、現在使用中のSIMカードサイズと、端末に搭載されているスロット(SIMの差込み口)のサイズをよく確認しましょう。

SIMカードのサイズには、旧機種に搭載されていることの多い「標準SIM(大)」「microSIM(中)」と、最新機種に搭載されている「nanoSIM(小)」の3タイプがあります。

手持ちのSIMサイズをどのタイプに変更するかをチェックして、対応するSIM変換アダプターを選択するようにしましょう。

なお、手持ちのSIMサイズは端末名などで検索し、公式サイトのスペック表にある「SIMカードスロット」または「対応SIM」という項目で確認できます。

また、SIM変換アダプターには、すべてのサイズ・組み合わせに対応したセット商品もあります。

SIMカードの落下防止機能があると装着しやすい

SIM変換アダプター選びのポイントの1つに、SIMカードの「落下防止機能」があります。本体にフィルムがついていることで、小さなSIMカードをしっかり固定し装着しやすいことが特徴です。

SIMカードの装着は繊細な作業のため、誤って落下させると本体やSIMカードの破損につながるケースもあります。落下防止機能付きのアダプターなら、このようなトラブルを未然に防ぐことも可能です。

便利なセットアイテムにも注目

SIM変換アダプターを選ぶ際は、装着や持ち運びに便利なセットアイテムにも注目です。

SIMピンがあると装着しやすい

SIMカードを取り外す際に必要な「SIMピン」付きのSIM変換アダプターを選べば、SIMカードの差し替えを頻繁にする人でも、毎日の装着がスムーズに行えます。

SIMピンは端末に付属されているアイテムです。SIMピン付きのSIM変換アダプターを選択すれば、紛失時の予備としても利用可能です。

▼ただし、SIMピンがない場合は代用することも可能です。以下記事ではSIMピンの使い方や代わりになる物もご紹介しているのでご一読ください。

SIMカード収納ケースがあると保管しやすい

SIMカード収納ケース」がアダプターとセットになっている商品は、SIMカードやSDカード・SIMピンなどが1つに整理できるため、保管しやすいことが特徴です。

また、持ち運びに便利なので、複数のSIMを所有している人や、出先でSIMを入れ替える頻度が多い人にも適しています。

収納ケースは名刺サイズのコンパクトなものが多いため、日常使いはもちろん、旅行や海外出張でも荷物がかさばりません。

SIM変換アダプターおすすめ10選

装着時の落下防止機能や、SIMピン・収納ケースなど、便利なプラスアイテムが魅力の、人気おすすめSIM変換アダプターを10選紹介します。

※SIM変換アダプターは商品により仕様が異なるため、購入元の注意書きをよくお読みになってお使いください。また壊れた場合は保証の対象外となりますので、あくまで自己責任のもと行ってください。

DOLLY nanoSIM D01SIMADWH

nanoSIMからmicroSIM、nanoSIMから標準SIM、加えてmicroSIMから標準SIMへの、3パターンに対応する変換アダプターがセットになっています。

落下防止機能がついているので、SIMカードをしっかり固定し、脱落の心配がなく差し替えもスムーズです。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能フィルム
セットアイテムSIMピン

NanoSIM MicroSIM 変換アダプター3点セット

3パターンに対応する変換アダプターの3点セットです。SIMピンはついていませんが、本体には落下防止用のフィルムの膜がついており、SIMカードをセットする際、下に突き抜けて落下するのを防ぎます。

装着中に誤ってSIMカードを落とし、破損させるといったリスクを減らすことも可能です。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能フィルム
セットアイテムなし

ミヨシ SIM変換アダプター付きカードホルダー SCM-SI01

コンパクトな収納ケースに、SIMカードの変換アダプター3つとSIMピン1つが収まる、カードホルダー付きSIM変換アダプターです。ケースは名刺サイズなので財布やカードケースにもすっぽり収まります。

複数のSIMカードを保有している場合や、外出先で差し替えの機会が多い場合でも持ち運びに便利です。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能なし
セットアイテムSIMピン・SIMカード収納ケース

mobee NanoSIM MicroSIM変換アダプター3点セット

3パターンにサイズ変換できる3枚の変換アダプターには、セット部分に落下防止用のフィルムがあります。SIMの組み込み作業中に落下して、SIMカードに傷をつけるといった心配がありません。

アダプターは、SIMカードをしっかり固定する精密なサイズのため、スロットからの抜き差しもスムーズです。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能フィルム
セットアイテムなし

Cismax HD NanoSIM MicroSIM 変換アダプター4点セット

色鮮やかな明るいグリーンが印象的な、SIM落下防止フィルム付変換アダプターです。

使用中は内部に搭載されるため本体は隠れてしまいますが、色がついていることで境目がわかりやすくなっています。カラーはグリーンのほかにも、ブラックとホワイトもあります。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能SIM落下防止フィルム付
セットアイテムSIMピン

F.Wave Silver nano SIM変換アダプター4点セット

品のあるシルバーカラーのSIM変換アダプターには、適度な弾力性のある落下防止用の半透明フィルムがついています。落下しにくいのはもちろん、SIMカードを取り出しやすいのが特徴です。

アダプターは、セットしやすいサイズ感でありながら、SIMカードがぴったり固定される構造になっています。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能フィルム
セットアイテムSIMピン

microsim sim変換アダプター tfn-90894

変形しにくいアルミ製のSIM変換アダプター3種と、トレーを開ける際に便利なSIMピン、さらにSIMをカットした際、サイズを微調整できるヤスリがセットになっています。

本体にフィルム膜はついていませんが、落下防止シールでSIMカードをしっかり固定することが可能です。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能落下防止シール×3
セットアイテムSIMピン・ヤスリ

JAPAN EMOTION SIMアダプター4点セット A-JE-NANO-SET-

国内外のSIMカード販売をおこなうJAPAN EMOTIONの、SIMピンつきSIMアダプター4点セットです。

本体には、アクリル板を約1mmに引き伸ばした薄い脱落防止フィルムが貼られています。装着時の落下で、SIMカードに傷がついて故障するといったリスクを防ぐことができます。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能脱落防止フィルム
セットアイテムSIMピン

モバイルライフ SIM変換アダプター NSA-03BK

スマートフォン向けのサービスを展開するモバイルライフの「SIM変換アダプター NSA-03BK」は、すべてのサイズ・組み合わせに対応したアダプター3枚に加え、取り出しに便利なSIMピンがついています。

SIMピンは端末に付属されていますが、予備で1つ持っておきたい場合にも重宝するでしょう。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能なし
セットアイテムSIMピン

Nano SIM Adaptor ACSR-028F

iPhone5などに使用されるnanoSIMをmicroSIM/標準SIMに、iPhone4などのmicroSIMを標準SIMにサイズ変更する、変換アダプター3種類がそろっています。

3パターンの変換アダプターのセットは、タブレットなどスマホ以外の機器をよく使用する場合にも便利です。

変更可能サイズnanoSIMからmicroSIM
nanoSIMから標準SIM
microSIMから標準SIM
落下防止機能なし
セットアイテムSIMピン

SIM変換アダプターの使用方法

SIMを取り出す際は、スマホの電源を切っておきましょう。

取り出し方は、一部のAndroid端末のように、スロットやトレーに直接SIMカードをセットするタイプと、iPhoneのようにSIMピンを使って取り出す方法があるので、どちらのタイプか事前に確認しておきます。

SIMを取り出したら、SIM変換アダプターにSIMカードを装着しSIMトレーに挿入して完了です。

  1. スマホの電源を切る
  2. SIMピンなどを活用しSIMを取り出す
  3. SIMカードに変換アダプターを装着する
  4. SIMトレーに挿入する

SIM変換アダプターを使用する際の注意点

SIM変換アダプターを使用する前に確認しておきたい、いくつかの注意点があります。

大きいサイズを小さいサイズにすることはできない

SIM変換アダプターは、基本的にSIMカードを小さいサイズから大きいサイズに変更するアイテムです。

そのため、標準SIMからmicroSIM/nanoSIM、microSIMからnanoSIMなど、大きいサイズから小さいサイズに変換はできません。

大きいサイズのSIMカードを小さなサイズにするための専用カッターやSIMパンチなども流通していますが、一般的にSIMカードの改造は禁止されています。

また、SIMカードの返却を義務づけている携帯会社では、改造があった場合、損壊金を請求されることもあるので注意が必要です。

SIM変換アダプターを使用する際は慎重に行う

SIM変換アダプターを使用する際は、アダプター本体やSIMカードが破損しないよう慎重にしましょう。

カードを出し入れする場面では、つい力が入りすぎてアダプターが変形したり、誤ってアダプターのみを挿入すると、中で金具が引っかかって取り出せなくなるケースもあります。

また、SIMカードは落下によるキズや、金属部分のサビが原因で作動しなくなる場合があります。サビを防ぐには、金属部分に直接手が触れないように扱うのがポイントです。

自己責任で使用する必要がある

SIM変換アダプターの使用は、携帯会社が推奨する方法ではないため自己責任でする必要があります。

このことから、SIM変換アダプターの使用によるSIMカードの破損やスマホの故障は、メーカー保証が受けられません。

SIMカードの返却が義務づけられている会社の場合、SIM変換アダプターの使用による故障の損壊金や修理代にコストがかかる可能性もあります。

どうしても不安な場合は、SIMカードのサイズ変更手続きをするなど、正規の方法を取るのがおすすめです。

SIM変換アダプターの使用時は慎重にしよう

SIM変換アダプターは、小さなサイズのSIMカードを大きなサイズのSIMカードに変換できるのが大きな特徴です。手持ちのSIMと組み合わせることでスマホをそのまま利用できるのがメリットです。

ただ、便利なアイテムである一方、変換アダプターの使用は携帯会社が推奨する方法ではないため、変換アダプターの使用による故障についてはメーカー保証が受けられない点に注意が必要です。

SHARE!!