1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 防水機能つきのおすすめ格安スマホ機種7選

防水機能つきのおすすめ格安スマホ機種7選

更新日:2019.01.18

今では当たり前の格安スマホの防水機能ですが、防水規格の「IPX7」や「IPX8」など見方が分からないという方は多いと思います。格安スマホの防水規格について解説します。おすすめの防水機能付き格安スマホも紹介します。お風呂で使える防水機能付きの格安スマホが欲しい方は参考にしてください。

格安スマホについてよく分からない方は、防水機能付きの機種があることに驚かれるかもしれません。現在ではさまざまな格安スマホに防水機能が付いています。今回は防水機能付きを使うべきなのはどのような方なのか、おすすめの格安スマホはどれかをご紹介します。


格安スマホの防水規格の見方とは?

最近は多くの格安スマホに防水機能が付いていますが、機種のスペック(仕様)を見てみると、「IPX7」「IPX8」といった表記があるのに気づくでしょう。

これは防水に関する規格で、防水機能を持っているスマホでも、規格の数値によって防水の範囲が異なってきます。そのため、スマホをどのように利用するかによってそれにに適した防水規格の機種を購入する必要があります。

知っておきたいIP規格のこと

IPX0
無保護:特に保護されていない状態
IPX1
滴下する水に対する保護:ちょっとした水滴なら問題ない程度
IPX2
15°傾斜したとき滴下する水に対する保護:15°傾斜した状態でちょっとした水滴なら問題ない程度
IPX3
噴射水に対する保護:鉛直から60°以内の噴射状に落下する水なら問題なし
IPX4
飛沫に対する保護:どんな方向の飛沫でも影響を受けない
IPX5
噴流水に対する保護:どんな方向の噴流でも影響を受けない
IPX6
波浪に対する保護:どんな方向の波浪でも影響を受けない
IPX7
水中に対する保護:規定の圧力、時間で水中に沈めても影響を受けない
IPX8
水没に対する保護:連続的に水中に沈めても影響を受けない

防水の保護度合いを表す「IPX◯」はIPX0からIPX8まであります。

「IPX5/8」という表記の場合、上記の表と照らし合わせるとIPX5は「噴流水に対する保護:どんな方向の噴流でも影響を受けない」、そしてIPX8は「水没に対する保護:連続的に水中に沈めても影響を受けない」といった防水機能が付いているということになります。

防水機能付きのスマホを見る場合はIPXに続く表記を見てみましょう。

防水機能付き格安スマホの価格帯は?

  • 防水機能付きスマホは主に3万円代から手に入ります!

防水機能付きスマホは国産のスマホに多い機能で、価格帯はだいたい3万円代からとなっています。1~2万円代では、防水機能付きスマホは少ないので注意しましょう。

「格安スマホで3万円はちょっと高い」と思う方がいるかもしれませんが、防水機能に水没などによる故障を防げ、修理代が発生しなくなるメリットがあります。

例えば2万円の格安スマホを購入して水没で壊れてしまった場合、保証に入っていなければ買い直しということになり、結局4万円かかってしまったということが起こりえます。そう考えると、あらかじめ防水機能付きのスマホを買った方が無駄な費用がかからず済みますね。

できれば防塵・耐衝撃も欲しい

防水に加え、ほこりやちりに強い防塵機能や、万が一落としたときでも安心な耐衝撃性能も備えている機種は心強いです。工事現場で働く方やスポーツやアウトドアなどアクティブに活動する方、家の中でもさまざまな場所にスマホを移動させる方は、汚れや落下を経験する確率がどうしても高くなります。

以前は防塵・耐衝撃まで備えている端末はごく一部でしたが、最近ではいろいろな端末に搭載されるようになりました。スマホを破損させることが多いと自覚している場合は、これらの機能が揃ったものを検討してみてはいかがでしょうか?

格安スマホの防水機能はどんな方におすすめ?

続いて、格安スマホの防水機能はどんなシチュエーションで使う際におすすめなのかまとめました!当てはまるシチュエーションが多い方は、ぜひ防水機能付きの格安スマホの購入を検討してみてください。

スマホの事故で一番多いのは水没事故?

もっとも身近なスマホトラブルは「破損・水没」。「紛失」の約3倍も!要注意なのは40代男性 約5人に1人が破損・水没の経験者に。
◎スマホトラブルワースト1は「スマホの破損・水没」(10.7%)。「紛失」(3.2%)の3倍以上に。
◎スマホを破損・水没させるのは、女性(8.7%)よりも男性(12.7%)に多い。
◎スマホの破損・水没に要注意な40代男性 約5人に1人(18.7%)が破損・水没の経験あり。

出典:40代~60代のスマホユーザー900人に聞く、スマホトラブル実態調査 最も身近なスマホトラブルは 破損・水没によるデータ消失 PR TIMES

スマホの落下や破損などの事故の中でも、もっとも多い事故が水没です。女性よりも男性、特に40代の男性の約5人に1人が破損や水没の経験をしています。働き盛りのこの年代こそ、防水・防塵機能を搭載したスマホが必要のようです。

「防水・防塵機能がなくてもMVNOが提供する端末保証に入っていれば問題ないのでは?」という意見もあるでしょう。防水・防塵機能を搭載したスマホの場合、万が一のトラブルでもスマホが故障していなければ、新たに料金が発生することはありません。しかし、防止・防塵機能がないスマホの場合、保証に入っていなければスマホを買い替える料金が発生します。保証に入っていても契約内容によっては多少の料金がかかります。

水没などのトラブルを避けたい方は、防水・防塵機能を搭載したスマホを購入したうえで保証に入っておけば、トラブルによって多額の料金が発生することはありません。自分の状況を考えて防水・防塵機能のスマホを購入しましょう。

こんなところでスマホを使う方は要注意

普段から台所やバスルームでスマホ利用する方は要注意です。防水・防塵機能の付いていないスマホは多少の水でも故障することがあります。また、屋外で仕事をしている方も雨やそのほかの水で故障する恐れがあることを覚えておきましょう。

自分で水場に注意していても、不慮の事故でスマホに水がかかることもあります。カフェやレストラン、雨上がりの道路などいくらでも水がかかる心配はあるので、防水・防塵機能搭載のスマホでこうした事態を避けましょう。

シチュエーション別!おすすめの防水規格を紹介

それでは、シチュエーション別におすすめの防水規格を紹介していきます。シチュエーションに当てはまる方は、どの防水規格を備えた格安スマホを購入すればいいかチェックしておきましょう。

台所でよくスマホを使う方

  • 台所で使うなら「IPX5以上」がおすすめ

料理する際にレシピや手順を確認したり、調理中にメッセージのやり取りをしたりする方は、主婦に多いでしょう。キッチンは家の中で水がかかる可能性が高い場所の1つです。防水機能付きなら少しぐらい水がかかっても問題ありません。

バスルームでスマホを使いたい方

  • バスルームで使うなら「IPX7以上」がおすすめ

入浴中にお気に入りの曲を聴いたり動画を閲覧したりしたい場合、防水機能は必須。IPX7以上の場合なら水中に落とした場合でも問題ないので、IPX7以上に相当する格安スマホがおすすめです。とはいえ、防水機能も絶対ではないので過信しすぎは禁物です。湿気や水気の多い浴室で長時間使用するのはリスクを伴うことをあらかじめ理解したうえ、自己責任で使用するようにしましょう。

屋外のライブ・コンサートによく出かける方

  • 屋外で使うなら「IPX5以上」がおすすめ

一般的にライブやコンサートでは写真撮影を禁止にすることが多いですが、最近では海外アーティストを中心にスマホでの撮影をOKにするアーティストも増えており、ライブの演出でスマホのライトを使用するケースもあります。屋外フェスなど、屋根のない会場で雨が降ってしまっても、防水機能付きなら安心です。濡れても問題なく操作できる格安スマホなら屋外での使用も安心です。

防水機能付きの格安スマホおすすめ機種7選

 arrows m04HTC U11 lifeAQUOS sense lite(SH-M05)DIGNO AHUAWEI Mate 10 ProDURA FORCE PROTONE m17
メーカーFUJITSUHTCSHARPKYOCERAHUAWEIKYOCERATONE
防水規格IPX5/8IPX7IPX5/IPX8IPX5/IPX8IPX7IPX5/IPX8IPX5/8
価格3万5,424円3万2,184円3万5,424円3万1,212円8万6,184円7万5,384円3万2,184円
オススメ度★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆

価格は本記事で紹介しているMVNOの一括払いの料金(2018年6月現在)

それでは、防水機能付きのおすすめ格安スマホを紹介していきます。今回は防水規格を中心に機種ごとの特徴も紹介していくので、防水機能付きの格安スマホが欲しいという方はぜひ参考にしてください。

arrows M04


出典:FUJITSU arrows M04 製品ページ

arrows M04の防水規格は?
IPX5/IPX8

arrows M04の最大の特長はハンドソープで洗えるという点。防水規格はIPX5/8なので、多少の水や水中は問題ないということが分かります。さらに、防塵(IP6X)にも対応しているためアウトドアにも強いです。

当サイトでは、arrows M04の実機レビューをしています!興味がある方はぜひご覧ください!arrows M04は国産スマホで、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーション、十分なスペックを保持しているので、初めて格安スマホを使う方でも安心して使えます。

arrows M04はいくらで契約できる?


出典:LINEモバイル arrows M04

一括払い
3万5,424円
分割払い(24回)
月額:1,530円

arrows M04を契約するならLINEモバイル(ラインモバイル)がおすすめです。LINEモバイルは対象のSNSがカウントフリー、つまり通信量がかからなくなる機能があるので、通常よりもお得にスマホが使えます。

arrows M04は、一括払いなら3万5,424円。分割払いだと24回払いで1,530円です。分割払いで低通信量のプランと組み合わせれば月額3,000円以下で利用できます。

2019.6.30まで
新・月300円キャンペーン!&
au回線スタート記念 LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
さらに「au回線」提供開始にともないキャンペーン実施中!
キャンペーンコード「DAS333」入力で
LINEポイント最大3,300ポイントプレゼント
詳細をチェック
公式サイトへ

HTC U11 life


出典:HTC HTC U11 life 製品ページ

HTC U11 lifeの防水規格は?
IPX7

HTC U11 lifeは、あらゆるシーンに対応した防水機能付きスマホです。IPX7は、水深1mの水没に30分程度までなら耐えられるので、万が一の水没も問題ありません。防水以外にもIP6X程度の防塵があるので、外出中アクティブに使っても故障しづらいのが特徴です。

HTC U11 lifeは防水防塵以外の部分でもハイスペックな端末です。スマホを手で握るだけで操作できるエッジ・センスや、音楽を最適な聴こえ方に調整するHTC Uソニック・ハイレゾなどバラエティ豊かな機能でスマホライフを支えてくれます。

HTC U11 lifeはいくらで契約できる?


出典:楽天モバイル HTC U11 life

一括払い
3万2,184円
分割払い(24回)
月額:1,341円+分割手数料

HTC U11 lifeは、楽天モバイルでの契約がおすすめ。スーパーホーダイと呼ばれる音声SIMを一緒に契約すれば、一括払いなら3万2,184円、分割払いなら1,341円+分割手数料で利用できます。スーパーホーダイは、すべてのプランに5分かけ放題とデータ通信制限後も送受信最大1Mbpsで使い放題になる特典が付いているのでおすすめです。

2019.5.9 9:59まで
令和 x 楽天モバイル ダブル元年記念 スマホ割引キャンペーン
HUAWEIの最新機種、nova lite 3が一括1万563円で購入可能。
AQUOS sense2 SH-M08やZenFone 5などの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

AQUOS sense lite(SH-M05)


出典:SHARP AQUOS sense lite 製品ページ

AQUOS sense liteの防水規格は?
IPX5/IPX8

AQUOS sense lite(SH-M05)は、わずか5インチのコンパクトな液晶が特徴的なスマホです。SHARP製の国産スマホで、防水・防塵、おサイフケータイなど充実した機能を搭載しています。

防水規格は、IPX5/IPX8なのでお風呂に入りながら使用したり、濡れた手で触ってたりしても問題ありません。防塵はIP6Xです。また、AQUOSシリーズではIGZOディスプレイを搭載しているので、濡れても画面が見やすく操作しやすいです。

AQUOS R compact(SH-M06)


出典:SHARP AQUOS R compact SH-M06 製品ページ

AQUOS R compact SH-M06の
防水規格は?
IPX5/IPX8

AQUOS R compact(SH-M06)は、先ほど紹介したAQUOS sense lite(SH-M05)の上位モデルです。こちらはauやSoftBank向けに開発されたバージョンのSIMフリーモデルで、AQUOS sense lite(SH-M05)よりも少しスペックが上がっています。

ほかにも、3辺のベゼルがギリギリまで削られているなど、最新の流行を取り入れた仕上がりが特徴的です。AQUOS sense liteではスペック的に物足りなさを感じる方は、AQUOS R compact(SH-M06)の契約を考えてみください。楽天モバイルなどで取り扱っています。

2019.5.9 9:59まで
令和 x 楽天モバイル ダブル元年記念 スマホ割引キャンペーン
HUAWEIの最新機種、nova lite 3が一括1万563円で購入可能。
AQUOS sense2 SH-M08やZenFone 5などの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

AQUOS sense liteはいくらで契約できる?


出典:イオンモバイル AQUOS sense lite

一括払い
3万5,424円
分割払い(24回)
月額:1,476円

AQUOS sense liteを契約するならイオンモバイル(イオンスマホ)がおすすめ。イオンモバイルは、500MBから50GBまでの幅広いプランや、全国のイオンを使ったサポート店の多さが人気のMVNOです。AQUOS sense liteは、一括払いで3万5,424円、分割払いだと1,476円の24回払いで契約できます。

終了日未定
イオンモバイル ご紹介キャンペーン
キャンペーン期間中に紹介された人がイオンモバイルに新規契約すると、紹介した人・された人双方に1GBクーポンをプレゼント 詳細をチェック
公式サイトへ

DIGNO A


出典:KYOCERA DIGNO A 製品ページ

DIGNO Aの防水規格は?
IPX5/IPX8

DIGNO AはKYOCARA製の国産スマホす。バランスがよく使いやすいスマホなので万人におすすめできます。防水規格はIPX5/IPX8で、雨や濡れた手、お風呂での使用が可能です。防塵はIP5Xです。さらに、KYOCERA独自のハイブリットシールド構造で防水に加えて、画面が割れにくく作られています。

DIGNO Aはいくらで契約できる?


出典:UQモバイル DIGNO A

一括払い
3万1,212円
分割払い(24回)
月額:1,296円

分割払いは初回のみ1,404円

DIGNO Aは、UQモバイル(ユーキューモバイル)専売の格安スマホです。UQモバイルはau回線のみを提供しているMVNOで、通信速度の速さに定評があります。DIGNO Aは、一括払いで3万1,212円、分割払いだと1,296円の24回払いとなっています。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

HUAWEI Mate 10 Pro


出典:HUAWEI HUAWEI Mate 10 Pro 製品ページ

HUAWEI Mate 10 Proの
防水規格は?
IPX7

HUAWEI Mate 10 Proは、格安スマホで人気の高いHUAWEI製のフラグシップモデルです。世界初のAIプラットフォームであるKirin 970が搭載されており、驚異的なスペックを誇っています。防水規格は、IPX7相当で多少の水濡れや水没なら問題なく利用できます。防塵はIP6Xです。

HUAWEI Mate 10 Proはいくらで契約できる?


出典:IIJmio HUAWEI Mate 10 Pro

一括払い
8万6,184円
分割払い(24回)
月額:3,618円

HUAWEI Mate 10 Proは、IIJmio(みおふぉん)がおすすめです。IIJmioは、docomo回線とau回線に対応したマルチキャリア対応のMVNOです。ただ、HUAWEI Mate 10 Proは、docomo回線のみで契約できるスマホなので注意しましょう。ハイスペックな端末だけあって、一括払いは8万6,184円、分割払いでは3,618円の24回払いとなっています。

2019.7.3まで
3カ月間音声SIM1,404円割引・3GB増量&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
通常1GB増量のところSIMチェンジ限定12カ月間データ3GB増量
音声通話SIM1,404円×3カ月割引で月額料金が324円から! 詳細をチェック
公式サイトへ

DURA FORCE PRO


出典:KYOCERA DURA FORCE PRO 製品ページ

DURA FORCE PROの防水規格は?
IPX5/IPX8

DURA FORCE PROは、どんな現場で使っても壊れることのないと謳われている高耐久スマホです。米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gに準拠した16項目をクリアし、防水・防塵機能も備えています。さらに、バンパー構造なので高い位置からスマホが落下しても壊れる心配はありません。

防水規格は、IPX5/IPX8なので多少の水濡れや一定時間の水没に関して問題ありません。濡れた手やグローブをつけても作業できるディスプレイなので、いつでもどこでもスマホが使えます。防塵はIP6Xです。

DURA FORCE PROはいくらで契約できる?


出典:IIJmio DURA FORCE PRO

一括払い
7万5,384円
分割払い(24回)
月額:3,240円

DURA FORCE PROは、IIJmioがおすすめ。IIJmioはマルチキャリア対応ですが、DURA FORCE PROはdocomo回線のみでしか契約できません。一括払いは7万5,384円、分割払いでは3,240円の24回払いとなっています。

2019.7.3まで
3カ月間音声SIM1,404円割引・3GB増量&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
通常1GB増量のところSIMチェンジ限定12カ月間データ3GB増量
音声通話SIM1,404円×3カ月割引で月額料金が324円から! 詳細をチェック
公式サイトへ

TONE m17


出典:TONEモバイル TONE m17 製品ページ

TONE m17の防水規格は?
IPX5/IPX8

TONEモバイル(トーンモバイル)TONE m17は、IPX5/IPX8相当です。スマホ自体を洗ったり、水中に落としても問題ありません。さらにTONE m17はダメージレス構造を採用しているため、防塵・防水、耐衝撃と家でも外でもアクティブに利用できます。お子さまに持たせても心配ありません。

TONE m17はほかにも、ワンセグやおサイフケータイに対応しています。大容量バッテリーなので長時間の利用も気になりません。

TONE m17はいくらで契約できる?


出典:TONEモバイル TONE m17

一括払い
3万2,184円
分割払い(24回)
月額:1,341円+分割手数料

TONEモバイルで扱われているTONE m17は一括払いまたは分割払いで購入できます。一括払いだと3万円代と格安スマホにしては高く感じますが、分割払いの場合は1,000円ちょっとの月額でスマホを持てます。

さらに、TONEモバイルのプランは一律1,080円なので端末代と合わせても2,000円ちょっとと経済的に負担なく利用できる点も魅力です。

期間:2019.5.31まで
基本プラン月額と090音声オプションが3カ月無料
TONE e19を同一名義で同時に2台以上契約すると基本プラン月額と090音声オプションが3カ月無料!契約台数が増えると最大15カ月基本プラン料金無料です。 詳細をチェック
公式サイトへ

格安スマホを選ぶときは防水機能を意識しよう!

おすすめの防水機能付き格安スマホを紹介しました!現在、多くの防水対応スマホが販売されているので、防水機能が欲しい方は本記事を参考にしてください。また、防水規格の見方に関しても覚えておくとスマホを選ぶ際に便利です!ぜひ、本記事で防水に関する知識を深めてください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい