1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【最新版】TONE m17 徹底解説!誰でも使いやすい機能やスペック紹介も

TONEモバイル発売されている格安スマホ「TONE m17」のスペックや価格、評判、レビュー、取り扱いMVNOなど丸ごと徹底解説します。DSDSへの対応やバッテリー、カメラ性能、限定キャンペーン情報から最安で買えるMVNOも紹介!

TONE m17のスペック(性能)のおすすめポイントと注意点

TONE m17は2017年8月1日にTONEモバイルから発売されたスマートフォンです。シンプルな料金プランや様々な機能が付帯したTONEモバイル専用の機種が販売されている部分から、お子様やシニアにも簡単なスマホとして注目を集めています。
今回TONEモバイルの端末はarrows M04を販売している富士通コネクテッドテクノロジーから販売された端末で、従来機と比べ高い仕上がりになっています。

2019年5月現在、TONE m17の販売は終了し、後継機のTONE e19が販売されています。

ここではそんなTONE m17のスペック(性能)や価格についての評価・評判、他スマホとの比較をご紹介していきます。

TONE m17のスペック(性能)

TONE m17のスペックは以下の通り。TONEモバイル専売の端末はすべての人に使いやすいスマホを。というコンセプトのもと作られています。家族に持たせる際に便利な機能がついているので使いやすさは抜群です。

まずはカメラ機能。メインカメラは1,310万画素、前面のインカメラは500万画素と画素数は高くきれいな写真を撮ることができます。画面は5インチと手になじむちょうどいいサイズ。本体のデザインもマット仕立てでシンプルかつ頑丈な仕上がりに。

国産スマホならではの防水・防塵機能をはじめ、おサイフケータイ機能やワンセグ機能が付帯しています。耐衝撃にも特化し、ステンレスフレームやGorilla Glassを搭載した「TONEダメージレス構造」になっています。これによって1.5mの高さから落としても耐えられるようになりました。

バッテリーに関しても省電力設計がなされているため、長時間利用することができます。キャップレス防水である点や、手袋をつけたままでもタッチパネルが操作できるような細かな配慮までされているのも良いですね◎

また、端末が入っていた箱に置くだけでインターネット接続をはじめとしたトラブルを解決することができたり、オリジナルアプリでTポイントを貯めることもできるんですよ。TONEモバイルならではのアプリなどが使用できるのもこの端末だけです。

TONE m17スペック表

端末名TONE m17
メーカー富士通コネクテッドテクノロジー
画面サイズ・液晶720×1280ピクセル 5インチHD
CPUMSM8916
(64bit 1.2GHz クアッドコア)
OSAndroid™7.1.1
RAM2GB
ROM16B
カメラ画質(背面)1,310万画素
カメラ画質(内面)500万画素
micro SD スロット〇(最大256GB)
SIMカードnano SIM
通信(LTE)GSM 850/900/1800/1900、W-CDMA(3G) 1/5/6/8/19、LTE 1/3/8/19/26
Wi-FiWi-Fi(a/b/g/n)
BluetoothBluetooth 4.1
バッテリー2,580mAh
入出力端子micro USB
サイズ高さ144mm×横幅71mm×8mm
本体カラーホワイト
重量約148g

TONE m17のおすすめポイント

TONE m17のおすすめポイントを挙げていきましょう。

防水・ワンセグ・おサイフケータイ機能に対応している
国産スマホならではの便利な機能に対応しています。防水機能はより強化され、常温・水深1.5mなら30分耐久出来るようになりました。
TONEモバイルならではのサービスが利用できる
お子様や高齢者の方の見守り機能としてTONEファミリーが使えたり、歩くだけでTポイントがたまる「TONEライフログ」などを利用できます。アプリごとに使用時間を管理することも可能です。
シンプルな機能で誰にでも使いやすい
お子様やシニア向けということで分かりにくい機能は搭載せず、シンプルなつくりになっているので誰にでも使いやすいスマートフォンとなっています。

TONE m17で注意したいこと

同様にTONE m17で注意したい点についても挙げていきます。

RAM/ROMが小さめである点
お子様やシニア層に向けたスマホであるため、RAM/ROMは控えめとなっています。ですので、動作の重くなるようなアプリなどは使いづらいといえます。
指紋認証などの機能は搭載していない
子供に利用させるということを考え、スマホのセキュリティロックは強固なものではありません。
入出力端子がmicro USBである
現在普及してきているUSB type-Cではなく、micro USB端子である点は注意が必要です。

TONE m17の評価・評判と取り扱いMVNO

では気になるTONE m17についての評価・評判や、TONE m17と格安SIMをセットで販売しているMVNOについて紹介します。

TONE m17の評価・評判

TONE m17の評価・評判ですが、TONEモバイルのアプリが利用できることによって迷惑電話などの判別ができたり、子供の見守りができるという点で評価を集めているようです。富士通コネクテッドテクノロジーが製造しているということでarrows M04に似た仕上がりとなっているのもポイントが高い点となっています。

TONE m17を取り扱うMVNO

TONE m17の販売は終了いたしました。

TONE m17と他の機種との比較

最後にTONE m17と他の機種とスペックを比較してみましょう。比較対象には従来機の「TONE m15」を選びました。

TONE m17とTONE m15スペック比較

従来機のTONE m15とスペックを比較してみます。
大きな変更点は本体サイズ・重量とバッテリー、SDカードの対応容量、防水防塵機能・ワンセグ・おサイフケータイの有無になっています。
メーカーも台湾のfreebitから国内の富士通コネクテッドテクノロジーに変更されたことでより日本国内で使いやすい端末となりました。
本体サイズはTONE m17が軽量化しサイズも少しコンパクトに。しかしその分バッテリー容量が3,000mAhから2,580mAhへ縮小しました。ですが省電力設計となっていますので従来のように利用できます。

端末名TONE m17TONE m15
メーカー富士通コネクテッドテクノロジーfreebit
画面サイズ・液晶720×1280ピクセル 5インチHD720×1280ピクセル 5.5インチHD
CPUMSM8916
(64bit 1.2GHz クアッドコア)
MediaTek MT6735
(64bit 1.3GHz クアッドコア)
OSAndroid™7.1.1Android™ 5.1、Google Play™搭載
RAM2GB2GB
ROM16B16GB
カメラ画質(背面)1,310万画素1300万画素
カメラ画質(内面)500万画素500万画素
micro SD スロット〇(最大256GB)〇(最大32GB)
SIMカードnano SIMnano SIM
通信(LTE)GSM 850/900/1800/1900、W-CDMA(3G) 1/5/6/8/19、LTE 1/3/8/19/26GSM 850/900/1800/1900,、W-CDMA(3G) 1/6/9/19、LTE 1/3/19/21
Wi-FiWi-Fi(a/b/g/n)Wi-Fi (802.11a/b/g/n)
BluetoothBluetooth 4.1Bluetooth 4.1
バッテリー2,580mAh3,000mAh
入出力端子micro USBmicro USB
サイズ高さ144mm×横幅71mm×8mm高さ147.9mm×横幅74.5mm×8.6mm
本体カラーホワイトホワイト
重量約148g約165g

TONE m17に関する新着記事