1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 中古スマホの使い方を徹底解説|メリット注意点、ドコモ・au・ソフトバンクの端末でも大丈夫?

中古スマホの使い方を徹底解説|メリット注意点、ドコモ・au・ソフトバンクの端末でも大丈夫?

更新日:2021.09.08

中古スマホの使い方や中古スマホを購入する際の注意点についてまとめました。中古スマホは価格的に安いのでお買い得ですが、その状態はさまざまです。購入前に必ず「赤ロムでないかどうか」「本体や液晶のキズが価格と釣り合っているかどうか」などを厳しい目で見極める必要があります。

「前の端末を持っているけど、何か活用できないかな」
「中古スマホって、そもそもどう使うの?」

上記のように中古スマホの使い方に悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

結論としては、中古スマホの使い方は多種多様。

今回は、中古スマホの使い方から購入時の注意点まで、中古スマホを購入する際のポイントを徹底解説します。

中古スマホの使い方は多種多様

中古スマホの使用用途は多種多様です。下記のようにメインスマホ以外にもさまざまな使い方があります。

  • メインスマホ
  • ゲームアプリ専用機
  • 音楽・動画の専用プレイヤー
  • ドライブレコーダーや防犯カメラ
  • テザリング用のWi-Fiルーター

順番に確認していきましょう。

メインスマホとして使用する

まずはメインスマホとしての利用です。スマホ購入を検討する人の大半は、メインスマホとしての使用用途を考えているのではないでしょうか。

中古スマホはメインスマホとしての使用にも向いています。中古スマホは格安SIMと相性がよく、SIMを差し込むだけですぐに使用可能です。

さらに、端末購入代金と回線の月額料金が安いため、携帯代金を抑えたいという人には、まさにピッタリの選択肢となるでしょう。

ゲームアプリ専用機

ゲームアプリをダウンロードしておけば、ゲームアプリ専用機として使用できます。

スマホはSIMを挿入しなければ、携帯電話として使用できません。しかし、WiFi環境下であれば、SIM契約なしでも利用できます。

さらに、LINEなどの通話アプリをダウンロードしておけば、通話SIM契約をしなくても音声通話できるため、2台目として活用したい方にはおすすめの使い方ですね。

音楽・動画の専用プレイヤー

また、ゲームアプリ専用機と同様に、音楽・動画の専用プレイヤーとしても使用できます。

WiFi環境下でなくても、ファイルをダウンロードしておけば、場所を問わず音楽や動画を楽しめます。

音楽専用の端末が欲しいという方には、適した使い方ではないでしょうか。

ドライブレコーダーや防犯カメラ

ドライブレコーダーや防犯カメラなど防犯グッズとしても、中古スマホを使用できます。

端末に専用アプリをダウンロードすれば、身を守るためのアイテムとして活用できますね。

おすすめのドライブレコーダー・防犯カメラアプリ

ドライブレコーダー防犯カメラ
Safety Sightアルフレッドカメラ
DriveMate SafetyCamAtHome Camera -遠隔監視
ドライブレコーダーZ 運転録画ホーム セキュリティ監視システム: 監視カメラ
DailyRoads Voyagerベビーモニター 3G

安くドライブレコーダーや防犯カメラを購入したい人には、おすすめな使い方と言えるでしょう。

テザリング用のWi-Fiルーター

次はテザリング機としての使い方です。テザリングとはWiFi環境がない場所で、スマホなどのデータ通信を利用してパソコン等をインターネットに接続する方法になります。

大手キャリアや格安SIM会社などと中古スマホを契約すると、スマホをWiFiルーター代わりに利用可能。

テザリングは契約先によっては、オプションプランとしているケースがあります。使用する際は、申し込みが必要かどうかを確認するようにしてください。

中古スマホを使う際のメリット

ここからは、中古スマホを使う際のメリットを紹介します。中古スマホを使う主なメリットは下記の4つです。

  • 希望する性能・品質のスマホを安く購入できる
  • 現行販売されていないスマホを購入できる
  • サブスマホとして利用できる
  • 好きな時期に買い替えできる

順を追って、確認していきましょう。

希望する性能・品質のスマホを安く購入できる

中古スマホの一番のメリットは、安く購入できる点です。

年々性能が上がるスマホですが、中にはそんな性能や品質は必要ないという人もいれば、性能や品質がほしいけど手が出ないという人もいるでしょう。

ほとんど使っていないような、良い出物が見つかる可能性もあります。欲しいスマホや性能・品質が決まっているなら、該当する出物がないかをこまめにチェックすることをおすすめします。

現行販売されていないスマホを購入できる

3大キャリアや格安SIMのサービス店では、購入できるスマホは限られます。中にはお目当てのスマホのために、申込先を変更する人もいるくらいです。

しかし、中古スマホならば、好きなスマホを購入できます。販売終了になっているお気に入りのスマホも購入可能です。

サブスマホとして利用できる

先程お伝えしたように、中古スマホは下記の用途でサブスマホとして利用できます。

  • ゲームアプリ専用機
  • 音楽・動画の専用プレイヤー
  • ドライブレコーダーや防犯カメラ
  • テザリング用のWi-Fiルーター

使用用途の多くがSIM契約する必要がないので、実質中古スマホの購入代金だけでサブスマホが使用できるようになります。

メインスマホのデータ容量や電池容量を節約する意味でも、サブスマホとしての利用はメリットになるでしょう。

好きな時期に買い替えできる

中古スマホは好きな時期に買い替えできます。

3大キャリア等でスマホ購入する際は、分割払いを選ぶ人が大半です。

そのため、買い換えようにも分割払いが完済できておらず、買い替えを諦める人もいるでしょう。

原則、中古スマホは一括購入になります。そのため、買い換えようと思ったら、分割払いの残債を気にせずに買い換えることができます。

中古スマホを購入する前に注意すべき4つのポイント

ここからは中古スマホ購入で失敗しないために、注意すべき4つのポイントを紹介します。

注意すべき4つのポイントとは、下記のとおりです。

  • SIMサイズを確認する
  • 端末状態を確認する
  • 赤ロムでないかを確認する
  • 保証の有無を確認する

それでは、4つの注意すべきポイントを順を追って確認していきましょう。

SIMサイズを確認する

中古スマホを使う前に、SIMのサイズも確認しましょう。SIMカードには、下記のように3つのサイズが存在します。

  • SIMカード:最も一般的な通常サイズ
  • microSIMカード:SIMカードをひと回り小さくしたサイズ
  • nanoSIMカード:最新スマホに搭載されている、microSIMカードをさらに小さくしたサイズ

格安SIM等でSIM契約だけする場合には、提供するSIMタイプと同じでなければなりません。

「中古スマホを購入したはいいが、使用できなかった」なんてことにならないよう注意しましょう。

端末状態を確認する

中古スマホで、必ず確認してほしいのは端末状態です。

中古スマホの購入先はいくつもありますが、ネット等での購入が多いため、実物を目にすることなく購入するケースは少なくありません。

そのため、到着した現物が、写真等で見たものとかけ離れていたということも珍しくないのです。

現在、業界団体リユースモバイル・ジャパン(RMJ)は中古販売店に対して、下記の3つの評価結果の明示を5段階評価(S~J)で求めています。

  • 安心安全評価
  • 外装評価
  • 機能評価

すべての販売業者が遵守しているわけではありませんが、信頼性があり、評価の高い業者は評価結果を明示しています。

実物を見ることができない購入者にとって、これは大きな判断材料です。5段階評価は下記のとおり。

  • Sランク:未使用品
  • Aランク:美品
  • Bランク:中程度
  • Cランク:使用済み品
  • Jランク:ジャンク品

購入時の参考にしてください。

赤ロムでないかを確認する

赤ロムでないかも確認しておきましょう。中古スマホの中には、赤ロムと呼ばれるスマホが含まれます。

赤ロムとは、携帯電話会社からネットワーク利用制限をかけられて、SIMカードを挿入しても下記の通常サービスが利用できないスマホです。

  • 通話
  • データ通信
  • キャリアメール

赤ロム扱いとなる主な理由は下記の2つです。

  • 前所有者が端末の分割代金の支払いを滞らせている
  • スマホ自体が盗難など不正な手段で取得されている

販売業者の中には赤ロム補償をしているところもありますが、オークションやフリマではまず補償は期待できません。

補償しているのは、中古スマホショップのみと考えた方が良いでしょう。

しかし、中古スマホショップすべてが補償対応をしているわけではありません。購入するなら補償対応しているショップをおすすめします。

保証の有無を確認する

中古スマホの保証を確認しておきましょう。基本的に中古スマホ本体の保証は期待できません。中には購入時の保証期間が継続しているものもありますが、購入者本人しか保証が受けられないのが一般的です。

しかし、中古スマホショップの中には、販売する中古スマホに「半年から1年程度」の保証をつけて販売しているところもあります。

購入先を選ぶ際には、中古スマホ本体に保証をつけてくれるところを選ぶと安心して使えるでしょう。

中古スマホを購入する3つの方法

中古スマホの主な購入先は下記の3つです。

  • オンラインショップ
  • オークション・フリマアプリ
  • 実店舗

それぞれ特徴があるので、順を追ってその特徴を確認していきましょう。

オンラインショップ

1つ目はオンラインショップです。オンラインショップ最大の特徴は、豊富な在庫の中からお気に入りのスマホを、安く購入できる点です。

自宅で簡単に購入できるのも魅力ですし、先に紹介したように保証サービスなど、ショップ独自のサービスが展開されている点も見逃せません。

アフターサービスが充実しているところもあるので、信頼性の高いショップを選べば、満足のいく買い物ができるでしょう。

オークション・フリマアプリ

中古スマホをできるだけ購入したいなら、オークションやフリマアプリもおすすめです。

安い値段で購入できる可能性もあります。しかし、基本的には個人売買となるため、アフターサービス等は全くありません。

しかも、購入後トラブルや詐欺などのリスクも否めません。このリスクを十分理解した上で、購入するようにしてください。

実店舗

実店舗も中古スマホを購入する方法の1つです。金額としては、1番割高になりますが、現物をその場で確認できるというメリットがあります。

自分の目で見なければ安心できないという人には、一番おすすめな購入先になるでしょう。

また、その場で商品を確認できるため、実際に手に取って判断したい方におすすめです。

【中古スマホの使い方】購入後、使えるようにするための手順

それでは購入後、中古スマホを使えるようにするための手順を紹介します。

中古スマホの回線開通するまでの手順は下記の3ステップです。

  1. 中古スマホにSIMカードを挿入する
  2. 初期設定をする
  3. APN設定をする

原則、中古スマホを購入し、SIM契約だけをした場合、回線開通の設定は自分で進める必要があります。

3ステップの詳細を確認していきましょう。

ステップ1:中古スマホにSIMカードを挿入する

中古スマホには、SIMカードが挿入されていません。まずは、契約後に送られてきたSIMカードを挿入してください。

ステップ2:初期設定をする

SIMカードを挿入して電源を入れると、自動的に初期設定の画面が表れます。初期設定で重要なのが下記の3つです。

  • WiFiの設定
  • Googleアカウントやアプリ会員などの設定
  • セキュリティの設定

初期設定では、データの引き継ぎやセキュリティの設定など、今後利用していくに当たって必要な情報を設定しておきましょう。

ステップ3:APN設定をする

そして、最も重要なのがAPN設定です。APN設定とは、回線契約した会社とデータ通信をするために必要な設定となります。

契約先で購入したスマホなら必要ない作業ですが、それ以外の自身で購入したスマホの場合、所有者自身が設定しなければなりません。

APN設定の方法はSIMを契約した会社によって異なるため、確認しておくようにしましょう。

iPhoneやAndroidのSIMフリースマホでAPN設定する方法は別記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

3大キャリアに中古スマホを持ち込む際のポイントと注意点

最後に、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアに中古スマホを持ち込む際のポイントと注意点を紹介します。

3大キャリアでは、下記に該当すれば、中古スマホの利用が可能です。

  • 各社に対応した機種
  • SIMロックが解除された機種

基本的に、3大キャリアでも中古スマホを利用できます。

キャリア別に説明します。

ドコモ(docomo)

ドコモに中古スマホを持ち込む際のポイントは、下記のとおり。

  • ドコモショップでの契約が可能
  • 保証プランに加入するには条件がある

中古スマホをドコモで契約する場合、オンラインショップでの申し込みがおすすめです。

店頭・オンラインショップでの乗り換え手続きには、下記の手数料がかかります。

項目店頭オンラインショップ
契約事務手数料3,000円(税込3,300円)無料

※オンライン申し込みでは、dアカウントが必要

店頭では、1台当たりの契約事務手数料3,300円(税込)がかかりますが、オンラインショップなら契約事務手数料は無料です。

また、ドコモのSIMを使用していれば、基本的にドコモのサポートを受けることが可能です。しかし、ドコモの保証プランに加入するには、契約時から加入期間が決まっています。

注意するようにしましょう。

【ドコモ】詳細はこちら

au

auに中古スマホを持ち込む際のポイントは下記の2点です。

  • auオンラインショップでの申し込みが可能
  • Android端末は「LTE NET for DATA」への加入が必要

auで中古スマホを利用する場合、auオンラインショップからの申し込みがおすすめ。

auオンラインショップでは、2020年10月1日から「SIM乗りかえ特典」というキャンペーンを実施しています。(2021年8月現在)

「他社乗り換えで対象のSIM(au ICカード/eSIM)単体を契約すれば、au PAY残高へ10,000円相当(不課税)をキャッシュバック」

*UQ mobile、povoからの乗り換えは除く

auへの乗り換え時には、auオンラインショップから申し込むのがおすすめですね。

【au】詳細はこちら

ソフトバンク(SoftBank)

ソフトバンクに中古スマホを持ち込む際のポイントは下記の3点です。

  • 持ち込みスマホに保証が付かない
  • 基本的にソフトバンクショップだけの受付
  • 即日開通が難しい

基本的にソフトバンクでは、ソフトバンクショップだけの受付となります。

ソフトバンクユーザーで新旧端末のUSIMカードが同じなら、オンラインショップで契約可能ですが、乗り換え新規の場合はソフトバンクショップのみの対応になります。

また、ソフトバンクで回線開通するにはUSIMカードが必要になりますが、十分な量をストックしているソフトバンクショップは多くありません。

【ソフトバンク】詳細はこちら

まとめ

今回は、中古スマホの使い方から購入時の注意点まで、中古スマホ購入に欠かせないポイントを解説しました。

中古スマホ購入やSIM契約後の回線開通の手順には注意しなければなりません。

今回の記事を参考に、中古スマホを使ってみてくださいね。

SHARE!!

あわせて読みたい