1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルを比較!どちらがお得?

UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルを比較!どちらがお得?

更新日:2018.07.31

UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルを徹底比較!かけ放題がセットになったおしゃべりプランとスーパーホーダイを中心に、月額料金、通話料金、シェアプランの利用可否や速度制限の内容をみて、どちらがお得に契約できるか比べてみました!おすすめポイントや注意点が異なるので、各項目をチェックしてみましょう。

UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルを徹底比較!UQモバイルは「おしゃべりプラン」、楽天モバイルは「スーパーホーダイ」というかけ放題がセットになったプランを提供しているので、月額料金やデータ容量、通話料金や契約期間を比べて、どちらがお得に使えるのか調べてみました!似ているようで異なる部分が多いので、自分にあったプランを選んでください!


UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルを比較

UQモバイル(ユーキューモバイル)は「おしゃべりプラン」、楽天モバイルは「スーパーホーダイ」を提供しており、どちらもかけ放題がコミコミになったお得な格安SIMプランです。

「高速データ通信やかけ放題がセットになったプラン」という点では似ている部分がありますが、実は月額料金やプラン内容は大きく異なっています。

今回はおしゃべりプランとスーパーホーダイを中心に「どちらのプランを選ぶべきか?」比較していきます。

UQモバイル(ユーキューモバイル)とは

  • au回線を利用した格安SIM
  • 5分かけ放題込みの「おしゃべりプラン」

UQモバイルはau回線を利用した格安SIMです。月3GB使える「データ高速プラン」や500Kbpsの通信が月間容量無制限で利用できる「データ無制限プラン」もありますが、最近プッシュされているおすすめプランが「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」です。

おしゃべりプランは5分かけ放題が付属しており、ぴったりプランは無料通話分が付いてくるのですが、今回は比較対象の楽天モバイル・スーパーホーダイがかけ放題付きなので、主におしゃべりプランとの比較を紹介します。

UQモバイル おしゃべりプラン料金表

UQモバイル月額料金
音声通話プラン
高速通信容量
おしゃべりプランS2,138円
(14ヵ月以降は3,218円)
2GB
(26ヵ月以降は1GB)
おしゃべりプランM3,218円
(14ヵ月以降は4,298円)
6GB
(26ヵ月以降は3GB)
おしゃべりプランL5,378円
(14ヵ月以降は6,458円)
14GB
(26ヵ月以降は7GB)

おしゃべりプランのメリット・デメリット

メリット・おすすめポイント
5分かけ放題がセット
シンプルなS/M/L、3つのプラン

おしゃべりプランは5分かけ放題がセットになっているので、お得に通話を発信できます。データ容量は3種類とシンプルで、ライトユーザー向けのプランS、インターネットもそこそこ利用する方向けのプランM、大容量のプランLから選択できます。

デメリット・注意点
2年の自動更新契約
14カ月以降の月額料金
26カ月以降のデータ容量

デメリットは2年契約が自動更新となっている部分。契約期間なしで申し込みも可能ですが、そのぶん月額料金が高くなるので2年契約を前提に考えておくのがベターです。自動更新契約が気になる方は、別の格安SIMを選ぶほうがいいでしょう。

月額料金とデータ容量にも注意点があります。まずは基本料金ですが、14カ月以降は1,080円月額料金が高くなります。これは13カ月間で「イチキュッパ割」が終了するためです。

データ容量も26カ月以降は「データ容量最大2倍!2年間無料キャンペーン」が終了するので、540円/月を支払って2倍の状態を継続するか、もしくは増量オプションを解除して少ないデータ容量(S:1GB、M:3GB、L:7GB)で利用する必要があります。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルとは

  • docomo回線を利用した格安SIM
  • 10分かけ放題込みの「スーパーホーダイ」

楽天モバイルは、docomo回線を使った格安SIMサービスです。プランは大きく分けて「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」がありますが、今回はUQモバイルとの比較対象であるスーパーホーダイに注目しましょう。

楽天モバイル スーパーホーダイ料金表

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員
(1年目・対象月のみ)
楽天会員
(1~2年目)
非会員
(1~2年目)
25カ月目以降
プランS
(2GB)
3年1,059円/月1,599円/月2,139円/月3,219円/月
2年1,599円/月2,139円/月2,679円/月
1年2,139円/月2,679円/月3,219円/月
プランM
(6GB)
3年2,139円/月2,679円/月3,219円/月4,299円/月
2年2,679円/月3,219円/月3,759円/月
1年3,219円/月3,759円/月4,299円/月
プランL
(14GB)
3年4,299円/月4,839円/月5,379円/月6,459円/月
2年4,839円/月5,379円/月5,919円/月
1年5,379円/月5,919円/月6,459円/月
プランLL
(24GB)
3年5,379円/月5,919円/月6,459円/月7,539円/月
2年5,919円/月6,459円/月6,999円/月
1年6,459円/月6,999円/月7,539円/月

スーパーホーダイのメリット・デメリット

メリット・おすすめポイント
国内通話10分かけ放題がセット
2GB、6GB、14GB、24GBの選べるプラン
データ容量を使い切ったあとも、通信が混み合う時間帯以外は最大1Mbps
自動更新の縛りがない

まずは通話料金ですが、スーパーホーダイには「1回あたり10分以内の国内通話は、回数無制限で無料」の割引が付属しています。最近は格安SIMでもかけ放題オプションが増えていますが、スーパーホーダイははじめからプラン料金に含まれているので簡単に申し込める点、また他社よりもかけ放題の無料時間が長い点がメリットです。(他社のかけ放題は3分、5分が多い)

プランがS(2GB)、M(6GB)、L(14GB)、LL(24GB)と、少容量から大容量まで全4種類のコースを用意しているのも強みです。例えばUQモバイルやY!mobileのかけ放題込みプランはS/M/Lの3種類しかありませんし、スーパーホーダイのプランLL 24GBのような大容量プランも提供されていません。

さらにプランごとの高速データ通信容量を使い切ったあとも、通信が込み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)以外は最大1Mbpsの高速通信が利用可能です。UQモバイルではデータ容量消化後最大300kbpsまで制限されるため、制限内容も楽天モバイルにメリットがあります。

スーパーホーダイは1年契約、2年契約、3年契約の3つを用意していますが、自動更新はありません。その期間を使い切ってしまえば違約金がない点も、他社と比較してメリットと言えます。

デメリット・注意点
3年の場合、安いかわりに最低利用期間が長い

最低利用期間を選べるのは楽天モバイルのメリットなのですが、3年プランは他社と比較して長い最低利用期間になります。UQモバイルのおしゃべりプランやY!mobileのスマホプランは2年の自動更新契約なので一概には比較できませんが、最低利用期間3年を選んだ場合は月額料金が安いかわりに長い縛りがあることは注意しておくべきでしょう。

期間:2018年11月8日9:59まで
\契約数No.1記念セール!/
人気のZenFone 4 Maxが804円/月から購入可能。さらに、HUAWEI Mate 10 ProやHTC U11 lifeなどの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

UQモバイル(ユーキューモバイル)おしゃべりプラン VS 楽天モバイル スーパーホーダイ、どちらがお得?

月額料金・データ容量で比較

UQモバイルおしゃべりプラン
月額料金
楽天モバイルスーパーホーダイ
月額料金
おしゃべりプランS(2GB)(1年目)
2,138円/月

※14ヵ月以降は3,218円
※26ヵ月以降は1GB
プランS(2GB)(1年~2年目)
3年契約:1,599円/月
2年契約:2,139円/月
1年契約:2,679円/月

(25カ月目以降)
3,219円/月
おしゃべりプランM(6GB)3,218円/月

※14ヵ月以降は4,298円
※26ヵ月以降は3GB
プランM(6GB)(1年~2年目)
3年契約:2,679円/月
2年契約:3,219円/月
1年契約:3,759円/月

(25カ月目以降)
4,299円/月
おしゃべりプランM(14GB)5,378円/月

※14ヵ月以降は6,458円
※26ヵ月以降は7GB
プランL(14GB)(1年~2年目)
3年契約:4,839円/月
2年契約:5,379円/月
1年契約:5,919円/月

(25カ月目以降)
6,459円/月
プランLL(24GB)(1年~2年目)
3年契約:5,919円/月
2年契約:6,459円/月
1年契約:6,999円/月

(25カ月目以降)
7,539円/月

UQモバイルは2年自動更新契約時、楽天モバイルではダイヤモンド会員の場合1年目がさらに安くなる

ココが比較ポイント
最低利用期間3年なら、楽天モバイルのほうが安い
楽天モバイルはデータ容量が固定、UQモバイルは26カ月経つと半分になる
プランLL(24GB)の容量は楽天モバイルのみ

【月額料金】
まずは基本料金の比較。最低利用期間3年を選んだ場合、同じ容量プランで比較すると楽天モバイル・スーパーホーダイのほうが安いです。単純に安いことに加えて、UQモバイルは14カ月後に月額料金がプラスになりますが、楽天モバイルでは2年間は同じ基本料金が続きます。

またスーパーホーダイではダイヤモンド会員であれば1年間540円/月がさらに割引されるので、単純な料金比較で言えば楽天モバイルのほうがお得といっていいでしょう。

【データ容量】
次に月間データ容量の比較。UQモバイルは通常おしゃべりプランSが1GB、Mが3GB、Lが7GBとなっているのですが、2年間無料の「増量オプション」をつけることで2GB、6GB、14GBとなっています。2年を越えると540円/月のオプション料金を支払わないとデータ容量が元に戻るのがデメリット。

それに対して楽天モバイル・スーパーホーダイはデータ容量が固定となっており、プランSが2GB、Mが6GB、Lが14GB、LLが24GBのまま、2年後も変化がありません。データ容量の面でもスーパーホーダイのほうがお得と言えます。

通話料金・かけ放題で比較

プランUQモバイル
おしゃべりプラン
楽天モバイル
スーパーホーダイ
かけ放題5分以内の国内通話がかけ放題10分以内の国内通話がかけ放題※
かけ放題の時間超過後21.6円/30秒10.8円/30秒

※楽天でんわアプリを利用した場合

どちらもかけ放題が込みになったプランですが、UQモバイル・おしゃべりプランが1回5分以内であることに対し、楽天モバイル・スーパーホーダイは1回10分以内の国内通話がかけ放題になります。

単純に無料通話となる対象時間はスーパーホーダイが長いですし、1回あたりの通話発信でかけ放題時間を超えた場合の電話料金も、楽天モバイルのほうが半額でお得です。

家族割引で比較

  • UQモバイル:UQ家族割で2台目以降は540円/月の割引

UQ家族割を適用すると2台目以降の回線は540円/月安く利用できるので、家族や個人で2台以上使う場合はUQモバイルがお得になる可能性もあります。

ただし楽天モバイルでも「2回線目から超おトク!プラス割キャンペーン」があり、こちらが適用されると2回線目が事務手数料0円、月額基本料3カ月0円の特典あり(1回線目が通話SIMであることが条件)。終了時期は未定なので、キャンペーンが開催されているか確認は必要です。

つまり複数回線で利用する場合は、キャンペーン次第でどちらもお得に使えます。

データ容量繰り越しで比較

おしゃべりプランもスーパーホーダイも、当月内で余った高速通信容量を翌月に繰り越せます。

容量シェアプランで比較

  • UQモバイル:不可
  • 楽天モバイル:データシェア

UQモバイルでは容量シェアプランはありません。楽天モバイルでは「データシェア」オプションを提供しており、月額108円で楽天モバイル契約者となら誰とでも繰り越し分を分け合えます。

通信速度・速度制限で比較

MVNOUQモバイル
おしゃべりプラン
楽天モバイル
スーパーホーダイ
最大速度(理論値)下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
データ容量を使い切ったあとの制限速度最大300Kbps12:00~13:00、18:00~19:00:最大300kbps
それ以外の時間帯:最大1Mbps
3日制限0~24時までを1日とし、前日までの直近3日間の通信量が「6GB」を超えている場合は、ネットワークの品質および利用の公平性確保を目的に、通信速度を制限するケースがある-

最大通信速度はあくまで理論値・ベストエフォートの数値なので、参考程度に見ておくのがベターです。過去の実測データでは、UQモバイルの安定感が際立っています。昼夜問わず、低速になる時間帯があまりなく、ストレスなく通信できる可能性が高いのはUQモバイルと言えそうです。なお、実際のリアルタイムの通信速度は「格安SIM スピードチェッカー」で公開しているので、こちらから最新の情報をチェックしてみてください。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
公式サイトへ

注目したいのは速度制限の内容です。まずデータ容量を使い切った後の最大通信速度ですが、おしゃべりプランでは常に最大300kbpsまで制限されるのに対し、スーパーホーダイでは昼と夕方以外なら最大1Mbpsの高速通信が使えるのが強み。またUQモバイルには直近3日間のデータ利用量による速度制限が別途ありますが、楽天モバイルでは3日制限はすでに撤廃済みです。

速度は利用環境や使うスマホによっても異なりますが、速度制限の部分では楽天モバイルのほうが緩い内容になっていることが分かります。

最低利用期間・縛り・解約金で比較

格安SIMUQモバイル
おしゃべりプラン
楽天モバイル
スーパーホーダイ
契約2年
1年 or 2年 or 3年
定期/自動更新契約ありなし
解約金/違約金更新月以外の解約で1万260円最低利用期間内の解約で1万584円

UQモバイルは2年契約で、自動更新がある点に注意しておきましょう。2年契約なしでの申し込みも可能ですが、その場合は月額料金が高いのであまりおすすめできません。楽天モバイルは1年、2年、3年と3種類の契約期間を用意しており、これらは最低利用期間なので、更新契約はありません。

月額料金の比較を確認していただくとわかるのですが、UQモバイルで2年契約した場合と楽天モバイルの最低利用期間2年は月額料金がほぼ同じです。

楽天モバイルのスーパーホーダイなら、3年プランで月額料金の安さを優先することもできますし、2年プランでUQモバイルと似たような月額料金で使いながら(正確にいうとUQモバイルは14カ月後月額料金が高くなるので、2年プランでも楽天モバイルのほうが安いです)自動更新契約はなし、という選択も可能です。選べる選択肢が多いという点では、こちらも楽天モバイルのほうがメリットが大きいでしょう。

動作確認済みのスマホ・テザリング利用可否で比較

楽天モバイルはdocomo回線、UQモバイルはau回線を利用しているので動作確認済みとなっている端末も異なります。実際に動作確認が取れているスマホは公式サイトを参照していただきたいところですが、UQモバイルに関しては「iPhoneのテザリング利用可否」に注意が必要です。

現状iPhoneとUQモバイルSIMカードの組み合わせだと、テザリングが利用できないモデルがいくつかあります。楽天モバイルであれば最近のiPhoneならほとんどテザリングの動作確認が取れているので安心です。

UQモバイルでテザリング対応iPhoneが増える可能性も?

au回線の格安SIMも提供しているmineoが2018年10月末からiPhoneのテザリング対応を拡大することを発表しており、この時期から同じau回線を利用したUQモバイルでもテザリング対応のiPhoneが増える可能性があります。

2018年7月26日時点ではUQコミュニケーションズから正式発表があった訳ではないので今後の発表を見ておく必要はありますが、今後au回線を利用したMVNOでもiPhoneのテザリングは使いやすくなるかもしれません。

スマホのセット購入で比較

UQモバイルも楽天モバイルも取り扱い端末のセット購入が可能で、一括・分割購入のどちらにも対応しています。少し古くなったiPhoneを取り扱っているのも特徴で、端末をセットで申し込みたい場合はどちらもおすすめです。

UQモバイルは購入機種によって「マンスリー割」が付いてきますし、楽天モバイルもキャンペーンが強く、時にはスマートフォンが一括1万円以下で購入できる場合もあります。おすすめ度はそのときのキャンペーンと端末価格によるので、お得に申し込みたいなら両方確認しておくべきでしょう。

楽天モバイルとUQモバイル(ユーキューモバイル)、おすすめは?

 どちらがお得?理由
基本料金楽天モバイル
・スーパーホーダイ3年プランの月額料金が安い
・UQモバイルは14カ月後に月額料金が上がるが、スーパーホーダイは2年間同じ
通話料金楽天モバイル・かけ放題時間が長い
・時間超過後の通話料金も安い
データ容量楽天モバイル・UQモバイルは2年後増量オプションの無料期間が終了、以降は540円/月を継続しないと、データ容量は半分になる
・楽天モバイルのデータ容量は2年後も変化なし
データ繰り越しどちらも可能-
容量シェア楽天モバイル・データシェア(108円/月)で、繰り越し分を分けあえる
複数回線UQモバイル・UQ家族割で2回線目以降540円/月の割引
・楽天モバイルもプラス割キャンペーンが適用されれば2回線目以降をお得に使える
通信速度(実効速度)UQモバイル・昼夜問わず安定した速度
・速度を重視するならUQモバイル
速度制限楽天モバイル・制限内容はスーパーホーダイの方が緩い
契約期間楽天モバイル・UQモバイルは2年の自動更新契約、楽天モバイルは最低利用期間のみで更新なし
・楽天モバイルは3種類の最低利用期間から選べる
スマホセット購入どちらも可能-
テザリング楽天モバイル・UQモバイルのSIMカードでは、iPhoneの一部でテザリングが使えないことが多い

UQモバイル(ユーキューモバイル)と楽天モバイルのプランを比較しました。今回はかけ放題が込みになったおしゃべりプランとスーパーホーダイを比べてみましたが、スーパーホーダイは2018年6月に大きなプラン改定があり、内容だけみるとほとんどの項目で楽天モバイル・スーパーホーダイのほうがお得です。

もちろん申し込み時のキャンペーン内容によってお得度も異なってくるので、まずは公式サイトをのぞいてみましょう。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
公式サイトへ
期間:2018年11月8日9:59まで
\契約数No.1記念セール!/
人気のZenFone 4 Maxが804円/月から購入可能。さらに、HUAWEI Mate 10 ProやHTC U11 lifeなどの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい