1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルデュアルSIM最強の組み合わせ5選!おすすめ対応機種・設定方法

楽天モバイルデュアルSIM最強の組み合わせ5選!おすすめ対応機種・設定方法

楽天モバイルでデュアルSIMを利用する最強の組み合わせと対応端末を紹介します。また、デュアルSIMとは何か、メリットデメリット、設定方法など、デュアルSIMの基本情報もまとめました。楽天モバイルでデュアルSIMを使って2回線を使い倒しましょう。

プライベート用とビジネス用の電話番号を、1台のスマホで使い分けたい」「用途に応じてSIMカードを付け替えるのは面倒」と感じている方も多いのではないでしょうか。

このようなときには、デュアルSIM対応のスマホを利用すると便利です。デュアルSIMは、2枚のSIMカードを1台のスマホに入れることで2つの電話番号を使い分けられます。

本記事では、楽天モバイルのデュアルSIM対応端末とeSIMの設定方法について解説します。これからデュアルSIMの利用を検討している方は、この記事を読んで参考にしてください。

デュアルSIMとは?

「デュアルSIM」とは、1台のスマホに2枚のSIMカードを挿入して利用できる機能のことです。

スマホを2台持ちしているような使い方ができます。

デュアルSIMを利用する場合は、デュアルSIM対応端末が必要です。

デュアルSIMの種類

一般的なSIMカードはサイズは違っても、通話やデータ通信などのできることは同じです。

一方、デュアルSIMの場合、種類によってできることとできないことがあります。デュアルSIMの種類について解説しましょう。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

デュアルSIMのDSDSは、デュアルSIMデュアルスタンバイの略称です。その名の通り、1台のスマホで2台分の電話番号からの着信が受けられます

1台のスマホに2枚のSIMを挿入する点ではどのデュアルSIMも同じですが、DSDSは切り替え不要です。

どちらに紐づく電話番号の着信でも受けられますが、同時に通話はできません。また、片方のSIMでデータ通信中に、もう一方のSIMに着信があった場合は受けられません。

DSDV(デュアルSIMデュアル VoLTE)

デュアルSIMのDSDVは、デュアルSIMデュアルVoLTEの略称です。それぞれのSIMで通話だけでなく、データ通信も可能です。

2枚のSIMを同時に利用はできませんが、4G(LTE)での通話とデータ通信が同時に行えます

そのため、DSDVは2枚のSIMあての着信を受けることが可能です。

しかし、片方のSIMでデータ通信中にもう一方のSIMで電話の着信は受けられず、同時に2枚のSIMの通話はできません。また、DSDSと同様にSIMの切り替えは不要です。

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)

デュアルSIMのDSDAは、デュアルSIMデュアルアクティブの略称です。DSDSが片方のSIMの通話やデータ通信ができないのに対し、DSDAは同時に対応できます。

DSDVと同様に2枚のSIMあての着信をが受けられます。異なるのは、片方のSIMで通話しながらもう一方のSIMでデータ通信が行えることです。

DSDSやDSDVと同様にSIMの切り替えは不要ですが、2枚のSIMで同時に通話はできません。

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)

デュアルSIMのDSSSは、デュアルSIMシングルスタンバイの略称です。DSSSは、優先的に設定した片方のSIMでの通話やデータ通信が行えます

他のデュアルSIMと異なり、SIMの切り替えが必要です。利用する度に手動でSIMを切り替える必要があるため、2枚のSIMあての着信は受けられません。

また、有効でないSIMでは通話もデータ通信もできません。

デュアルSIMのおすすめ活用法

楽天モバイルを契約して、デュアルSIMでスマホを運用する際のおすすめ活用法について解説します。

デュアルSIMは2枚のSIMを1台のスマホで利用します。しかし、どちらも同じ携帯電話会社で契約しなければならないわけではありません。

通話とデータ通信の両方を多く利用する場合

  • 音声通話:大手キャリア
  • データ通信:楽天モバイル

通話定額に対応した大手キャリアのSIMで、よりクリアな音声品質のVoLTEと呼ばれる音声通信サービスを利用できます。キャリアごとに周波数帯が異なるため、端末が対応しているかをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

月額料金が安い楽天モバイルのSIMをデータ通信に利用することで、毎月の通信費を抑えられます。

楽天モバイルの通信に不安を感じる場合

楽天モバイルは楽天回線エリアを拡大中ということもあり、一部地域では通信が安定しません。

しかし、キャリアの新料金プランであるahamo、povo、LINEMOはキャリアの高品質な回線を利用しているため、全国の幅広いエリアをカバーしています。

そのため、楽天モバイルの通信に不安を感じている方は、月額料金が安い大手キャリアの新料金プランと組み合わせてみましょう。

  • 音声通話:楽天モバイル
  • データ通信:大手キャリア新料金プラン

デュアルSIMで通信費を抑えたい場合

  • 音声通話:楽天モバイル
  • データ通信:格安SIM

多くの格安SIMではユーザーの利用状況にあわせて選べる複数の料金プランを用意しており、大手キャリアよりも月額料金が安いです。

楽天モバイルでは通常30秒あたり22円(税込)の通話料金が、専用アプリのRakuten Linkを利用すると国内通話無料になります。

そのため、音声通話は楽天モバイル、データ通信は格安SIMを契約することで通信費の節約に繋がります。

デュアルSIMで通信環境の安定を重視する場合

サブブランドのUQモバイルやワイモバイルは大手キャリアの通話や通信品質を保ちつつ、月額料金が安い料金プランを用意しています。

そのため、毎月の通信費を節約できるだけでなく、楽天モバイルの通信環境が安定しないときにはサブブランドのSIMでカバーも可能です。

  • 音声通話:サブブランド
  • データ通信:楽天モバイル

デュアルSIM最強の組み合わせはどれ?

楽天モバイルと組み合わせるおすすめの格安SIM・キャリアを紹介します。スマホ代を節約したい方や、海外でもスマホを使いたい方は必見です。

楽天モバイル+IIJmio|スマホ代を節約できる

出典:IIJmio

IIJmioのeSIMはデータ通信専用プランで、2GBで440円(税込)から利用できます。

楽天モバイルのSIMを音声通話用、IIJmioのeSIMをデータ通信用として使えば、スマホ代を1,500円程度に抑えられます。「Rakuten Link」アプリを使用すると、国内通話が無料でかけ放題です。

データ容量楽天モバイル
月額料金(税込)
IIJmio eSIM
月額料金(税込)
~2GB1,078円440円
3GB1,078円660円
4GB2,178円
8GB1,100円
15GB1,430円
20GB1,650円
20GB~3,278円
デュアルSIMでスマホをお得に利用
楽天モバイル
詳細はこちら
IIJmio
詳細はこちら

楽天モバイル+ahamo|海外でも使える

ahamo出典:ahamo

ahamoは、ドコモから登場したオンライン専用の料金プランです。申し込みや各種手続きはオンラインに限られますが、ドコモの既存プランと比較すると月額料金が安いことで注目を集めています。

ahamoは、月額料金2,970円(税込)でデータ容量が20GB、さらに国内通話が5分無料のプランを提供中です。海外でのデータ通信・電話・SMSを申し込み不要で利用できるため、海外出張に行くことが多い方に向いています。

楽天モバイルも海外でのデータ通信に対応していますが2GBまでに限られており、2GB超過後は容量の追加が必要です。しかし、ahamoは20GBまで使えるので、2つを組み合わせることで海外でも安心して使えます。

海外でも利用中のスマホを使いたい場合は、楽天モバイルとahamoの組み合わせを活用してみましょう。

デュアルSIMでスマホをお得に利用
楽天モバイル
詳細はこちら
ahamo
詳細はこちら

 

楽天モバイル+OCNモバイルONE|通信環境が安定している

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズから提供されている格安SIMです。ドコモの回線を使用しており、安定した通信と豊富なプランを提供しています。

初心者におすすめの500MB/月コースは、月額550円(税込)で毎月最大10分間の通話が無料で楽しめるのも人気のポイントです。1GB以上のコースなら、OCN光モバイル割も適用され、毎月220円(税込)割引されます。

OCNモバイルONEはスマホのセット購入もできます。そのため、デュアルSIM対応端末を持っていない人にも、OCNモバイルはおすすめです。

OCNモバイルONEの公式サイトでは定期的にセールを行っているので、お得に買い物できるチャンスを逃さないようにチェックしてみてください。

注目!
注目!
格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?
現在、月々のスマホ代が だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
3GBプランの安値上位10社の平均値
をもとに算出
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

楽天モバイル+mineo|大手キャリアの回線が使用できる

出典:mineo

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンク回線に対応している格安SIMです。どのキャリアを選んでも料金が変わらないというメリットもあります。

料金は音声通話が可能なデュアルタイプと、データ通信のみのシングルタイプから選択可能です。楽天モバイルと組み合わせるならシングルタイプがおすすめです。

通話する際は、楽天モバイルの「Rakuten Link」を使用すれば、大手キャリアの回線を使いながら通話し放題が実現することができます。

また、mineoには気軽にお試しできる「mineoプチ体験」が用意されています。200MBの少容量SIMが、デュアルタイプなら1,100円(税込)、シングルタイプなら330円(税込)で体験可能です。

サポート窓口も充実しており、AIチャットサポートなら自動で24時間対応してくれます。はじめての購入に不安がある方にもmineoはおすすめです。

デュアルSIMでスマホをお得に利用
楽天モバイル
詳細はこちら
mineo
詳細はこちら

楽天モバイル+日本通信SIM|とにかくシンプルなサービスが受けられる

楽天モバイルの回線をメインに使用したい方は、日本通信SIMのシンプルなサービスがおすすめです。なかでも、1GBのみが付いた「合理的シンプル290」を選んでみてください。

「合理的シンプル290」は、月額基本料金290円(税込)という非常に低価格で利用できます。無料通話は含まれておらず、国内通話は30秒11円(税込)です。70分無料通話や通話かけ放題のオプションが付けられるので、使用用途によってカスタマイズしてみてください。

1GB単位で最大100GBまで追加できるので、データ量が足りなくなっても安心です。日本通信SIMは、使い切れないデータ量や通話時間などの無駄を省き、本当に必要なサービスだけを提供しています。

日本通信SIMは利用者が得する料金プランを届けることを目標にしています。家のWiFiを使っている、長期間使用する予定がないなど、本当に必要なサービスしかいらないという方におすすめです。

楽天モバイルでおすすめのデュアルSIM対応機種

デュアルSIMは、2枚のSIMカードを1台のスマホに入れて利用します。そのため、2つの電話番号を1台のスマホで使い分けることが可能です。

楽天モバイルで現在販売中のデュアルSIMが使えるおすすめ端末を紹介します。

iPhoneシリーズ

2018年発売のiPhone XS以降は全てデュアルSIMに対応しています。

対応SIM
iPhone 14 Pro MaxeSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 14 ProeSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 14 PluseSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 14eSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 13 Pro MaxeSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 13 ProeSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 13eSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone 13 minieSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iPhone SE(第3世代)nanoSIM/eSIM
iPhone 12nanoSIM/eSIM

Android

楽天モバイルで販売しているAndroidもデュアルSIMに対応しています。

対応SIM
Rakuten Hand 5GeSIM x 2
Galaxy A23 5GnanoSIM/eSIM
Xperia 5 IVnanoSIM/eSIM
Galaxy Z Flip4nanoSIM/eSIM
iXperia 10 IVnanoSIM/eSIM
Xperia 10 III LitenanoSIM/eSIM
OPPO Reno7 AnanoSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
iRedmi Note 11 Pro 5GnanoSIM/eSIM
OPPO A55s 5GnanoSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
OPPO Reno5 AnanoSIM x 2
または
nanoSIM/eSIM
AQUOS sense7nanoSIM/eSIM
AQUOS sense6nanoSIM/eSIM
AQUOS sense6snanoSIM/eSIM
AQUOS wishnanoSIM/eSIM
AQUOS zero6nanoSIM/eSIM

デュアルSIMのメリット・デメリット

デュアルSIMのメリット・デメリットを紹介します。事前に把握しておくことで、購入後のトラブルを回避しましょう。

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMのメリットを3つ紹介します。

  • 電話番号を2つ持つことができる
  • 通信障害に強くなる
  • 通信料を安くできることもある

電話番号を2つ持つことができる

デュアルSIMを持つと、スマホ1台で2つの電話番号を利用できます。プライベート用や仕事用に電話番号を分けたい方におすすめです。

電話番号を2つ持ちたい方は、通話SIMを2枚契約しましょう。

通信障害に強くなる

デュアルSIMは2つの回線を使い分けられるため、片方の回線に障害が発生してももう一方でカバーすることができます。楽天とドコモ、楽天とソフトバンクなど、異なる回線のSIMを契約しましょう。

仕事用に使用していて、緊急の連絡が入りやすい方におすすめです。

通信料を安くできることもある

自分に合った料金プランを組み合わせることで、通信料を安くできることがあります。

例えば、楽天モバイルで無料通話を、もうひとつのSIMで無制限のデータ通信プランを契約することで、通信料の節約が可能です。

デュアルSIMのデメリット

デュアルSIMのデメリットを2つ紹介します。

  • バッテリーの消費が早くなる
  • 使えるスマホが限られる

バッテリーの消費が早くなる

2枚のSIMあての着信をいつでも受けられる状態のDSDSやDSDVやDSDAの場合、バッテリーを消費しやすいので、モバイルバッテリーを持ち歩くという対策も必要です。

使えるスマホが限られる

スマホ自体がデュアルSIMに対応していても、SIMによっては3Gしか対応しておらず、4Gは対応できないものも存在します。例えば、auから出ている「VoLTE専用SIM」は、3Gしか対応できません。

スマホがデュアルSIMだからといって安心せず、4Gにも対応しているSIMか確認してから契約するのがおすすめです。

また、デュアルSIM対応端末でも、どのSIMタイプに対応しているか忘れずにチェックしましょう。

楽天モバイルでデュアルSIMを設定する方法

楽天モバイルでデュアルSIMを初期設定する方法を解説します。eSIMの設定方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

SIMカードの場合

機種によって設定方法は異なります。また、SIMロック解除済の端末でないとデュアルSIMは利用できないので注意しましょう。

  1. スマホにSIMカードを2枚セットし挿入する
  2. ホーム画面の「設定」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク設定」をタップ
  4. 「アクセスポイント名」をタップ
  5. 「プロファイルの選択」で優先的に利用するSIMカードを振り分ける
  6. 設定完了

SIMピンを使ってスマホからSIMトレイを取り出しましょう。2枚のSIMをSIMトレイにセットし、元の場所に挿入します。

機種によってはAPN設定が不要なケースもありますが、2枚のSIMカードの使用環境を設定すれば完了です。

eSIMの場合

楽天モバイルでは、複数のデュアルSIM端末を取り扱っています。

AndroidはデュアルSIM対応端末が多いです。iPhoneの場合はSIMがあらかじめ内蔵されているので、eSIMと呼ばれる方法で利用します。

ここではeSIMの概要と設定方法について解説しましょう。

eSIMとは

eSIMは一般的なSIMに比べてサイズが小さいチップで、スマホやタブレットといった端末にあらかじめ埋め込まれています。

一方のデュアルSIMは、2枚のSIMカードを1台のスマホに入れて使うのが一般的です。デュアルSIMを利用するためにはSIMカードの抜き差しが必要ですが、eSIMの場合は不要です。

eSIMはSIMカードを抜き差しする代わりに、プロファイルと呼ばれるデータをダウンロードして利用します。

しかし、eSIM対応機種はすべての携帯電話会社で取り扱っているわけではありません。

eSIM対応端末を取り扱っている事業者

  • 楽天モバイル
  • BIC SIM
  • IIjmio など

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアでもeSIM対応機種はあります。しかし、eSIM契約に対応する料金プランがありません。

国内でeSIM契約できる携帯電話会社は限られているので、利用する際にはきちんと確認するようにしましょう。

1.楽天モバイルでeSIMを申し込む

eSIMを楽天モバイルで利用する場合、楽天ユーザーでなければ新規申し込みが必要です。

新規申し込みの場合

  1. 公式サイトの新規申し込みページにアクセス
  2. 「プランを選択する」をタップ
  3. 「SIMタイプ」の選択画面で「eSIM」を選ぶ
  4. 申し込みと同時にeSIM対応機種を購入する場合は「製品選択へ進む」をタップ
  5. 申し込み内容を確認して「この内容で申し込む」をタップ

すでにeSIMを契約している場合は、SIMカードの交換手続きが必要です。

SIMカードをeSIMに交換申し込みする場合

  1. my楽天モバイルにアクセス
  2. ユーザーIDとパスワードを入力してログイン
  3. メニュー画面から「my 楽天モバイル」の「契約プラン」を選ぶ
  4. 「各種手続き」から「SIM交換」を選ぶ
  5. 「SIM交換・再発行の理由」を選ぶ
  6. 申し込み内容を確認して「次へ進む」をタップ
  7. 画面に表示される「申込番号」をタップ
  8. 「開通手続きをする」をタップ

なお、楽天モバイルでは事務手数料や契約解除時の手数料はかかりません。2020年10月12日からは、SIMカードの交換手続きの手数料も無料になりました。

2.PCなどにQRコードを表示させる

新規申し込みやeSIMへの交換手続き後は、QRコードを使って初期設定の作業に移ります。

QRコードを表示させるには、eSIMを設定する端末以外のPCやタブレットで行う必要があります。

これには理由があり、eSIMを設定するもの以外の端末でmy楽天モバイルにログインし、QRコードを表示させないと利用開始できない仕組みになっているためです。

QRコードを表示させる手順

  1. my楽天モバイルにログイン
  2. 申込番号の下に表示されている「>」をタップ
  3. 「楽天回線の開通手続きを行う」をタップ
  4. QRコードが表示

3.設定でモバイル通信を開きQRコードを読み込む

QRコードを表示させたら、eSIMを設定する端末の操作に移ります。

タ例)eSIMを設定する端末がiPhone(iOS14)の場合

  1. ホーム画面の「設定」をタップ
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  4. カメラが起動
  5. QRコードを読み取る

4.モバイル通信プランを追加し初期設定を行う

QRコードを読み取った後は、モバイル通信プランを追加して初期設定を行います。

  1. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  2. 「デフォルト設定が変更されました」の「OK」をタップ
  3. 「モバイル通信」の「通話オプション」をタップ
  4. 「音声通話とデータ」をタップ
  5. 「VoLTE」をON
  6. 画面下部に表示される「OK」をタップ
  7. 「VoLTE」がONであることを確認
  8. 「モバイル通信」で「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  9. 「モバイルデータ通信」の「APN」に「rakuten.jp」を入力
  10. 「インターネット共有」の「APN」に「rakuten.jp」を入力
  11. 設定完了

楽天モバイルのデュアルSIM活用に関するFAQ

楽天モバイルのデュアルSIM活用に関するQ&Aについて解説します。

端末のSIMロック解除は必要?

楽天モバイルでデュアルSIMを利用する場合、次のような端末以外はSIMロックの解除が必要です。

  • SIMフリー端末
  • 楽天モバイルで購入した端末

SIMロックの解除方法は携帯電話会社によって異なります。楽天モバイルで購入した端末かわからない場合は、公式サイトで確認できます。

各キャリアでVoLTE通話は行える?

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアでは、新しい音声通信サービスであるVoLTEを提供しています。

ドコモとソフトバンクでは、VoLTEに比べて人の耳で聞こえる範囲に近い周波数帯であるVoLTE(HD+)の利用が可能です。

VoLTE(HD+)は、従来の音声通話では聞こえなかった高音域の成分が含まれているため、よりクリアな音声通話が実現できます。

また、楽天モバイルでも、対応端末または専用アプリである「Rakuten Link」をインストールしていれば、VoLTEの利用が可能です。

各キャリアでSIMのみの契約はできる?

SIMカードだけの契約は、ドコモやau、ソフトバンク、2020年4月に参入した楽天モバイルといったすべてのキャリアで可能です。

大手キャリアでSIMカードを契約する際には、店舗に行かなくてもオンラインショップで受け付けています。オンラインショップ限定のキャンペーンも実施しているので、サイトをチェックしてみましょう。

デュアルSIMで5G通信は利用できる?

iPhone 12シリーズは5G通信に対応したモデルですが、デュアルSIMの状態にすると、どちらも強制的に4G通信になっていました。

しかし、iOS14.5ではこの問題が改善され、デュアルSIMにしても5G通信を利用できるようになっています。そのため、デュアルSIMで5G通信を利用できない場合は、最新のiOSにアップデートしてみてください。

5G対応のAndroidスマホでも、一部機種は5G通信が利用できない場合があります。この場合は、今後Android 12がリリースされたら解決するかもしれません。

楽天モバイルでデュアルSIMを活用して賢い通信生活を

デュアルSIMを利用するためには、対応機種であることが前提です。そのため、まずは使用中のスマホが対応機種であるかを確認し、非対応であれば別途購入する必要があります。

この記事で分かったこと

  • デュアルSIMのおすすめ活用法
  • デュアルSIMを使った楽天モバイルとの最強組み合わせ
  • 楽天モバイルで取り扱いのあるデュアルSIM対応端末
  • 楽天モバイルでのデュアルSIM設定方法

楽天モバイルでは、オリジナルブランドをはじめとする複数のデュアルSIM対応機種を取り扱っています。

高性能の機種も数多く販売されているので、楽天モバイルでデュアルSIMを活用してスマートな通信生活を実現しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい