1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2021年】iPadを安く買う方法|Apple公式・キャリア・中古!どこで買うのがお得?

【2021年】iPadを安く買う方法|Apple公式・キャリア・中古!どこで買うのがお得?

更新日:2021.01.04

iPadを安く購入する方法はいくつかありますが、価格だけで判断すると不便で使いにくく、場合によっては保証対象外で修理代が逆に高くついてしまうこともあります。iPadの種類と特徴、スペックを確認することで自分に合うものを選びましょう。

画面が大きくて見やすく、基本タップ操作で高齢の方でも簡単に操作ができるため、スマホとは別にiPadも愛用しているという方も多いでしょう。

今ではiPadはappleなどの正規店だけでなく、家電量販店、ECサイトなど様々は方法で購入ができるようになりました。

ここでは、最新のiPadの特徴や種類、料金やスペックなどを紹介して、安くてお得に購入するための方法を紹介します

自分にとって最適な方法でiPadを購入し、日々の生活に活用していきましょう。

iPadを安く買うためのポイント

価格だけでなく、キャンペーンやポイント還元、セット購入・利用などそれ以外にも比較ポイントがあります。

また、iPad端末自体の保証も踏まえて決めないと、壊れた際に実費修理になり高額になってしまう可能性もあります。

そのため、価格以外のポイントも見極めていくことが大切です。

  • キャンペーンやポイント還元など価格だけで決めない
  • iPad端末自体の保証があるか確認する
  • 価格以外のポイントも見極めの対象とする

iPadを最安で買う方法は?

比較的、価格を抑えやすいのは中古品でWiFiモデルのiPadを購入し利用する方法でしょう

ただし、WiFiモデルのiPadは単独では通信ができません。そのため、ポケットWiFiを持ち歩くなどしなければ使いたい時に使えない可能性があります。

iPad単独でも通信を行いたいのであれば、中古品でSIMフリーiPadを購入し、格安SIMを契約する方法がおすすめです。

ただし、中古品の状態は千差万別。不安があれば、Appleの公式サイトでSIMフリーモデルを購入するか、キャリアで購入したiPadのSIMロック解除を行いましょう

iPad向けの格安SIMはこちらの記事で紹介しています。

iPadを安く買う方法を比較|Apple公式・キャリア・中古

iPadを安く購入する方法を公式サイトやキャリア別に解説していきます。

Apple公式サイトで購入

Apple公式サイトで購入するメリット・デメリット紹介します。

メリット
  • 安心して購入できる
  • 製品到着から14日以内であれば開封済みでも返品可能
  • SIM契約なしにWiFi+セルラーモデルを選べる
  • Appleショッピングローン/Apple Trade IN(下取り制度)/学生・教職員割引がある
デメリットポイント制度がない

Apple整備済製品を購入

Apple整備済製品とは、Apple認定のプロセスを経て品質が保証された新品同様の製品です。

Apple整備済製品を購入するメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 新品と同品質のiPadを割安価格で購入できる
  • 到着から14日以内なら開封済みでも返品可能
  • SIM契約なしにWiFi+セルラーモデルを選べる
  • Appleショッピングローン/Apple Trade IN(下取り制度)/学生・教職員割引

デメリット

  • 在庫状況はその都度確認が必要
  • ポイント制度がない

キャリアで購入する

キャリアで購入するメリット・デメリットをまとめました。キャリアで購入できるのはWiFi+Cellerタイプのみになります。

メリット
  • プランをスマホとまとめられる
  • 身近にあるため対面で対応可能
デメリット
  • WiFiモデルの取り扱いはない
  • 店頭に行く手間がかかり、待ち時間もある
  • 毎月の通信費が高くなりがち

ドコモでiPadを利用する際の料金プラン

ドコモの料金プランをまとめました。

データプラスタブレット・ルーターなどを使用している場合、データ量をシェアできる1,000円
ギガホ「dカードお支払割」適用後または「2年定期契約」の料金最大6ヶ月:4,980円
ギガライト1,980円

モデルケースの場合、一人での利用でスマートフォンとiPadをセットで利用になる場合、「データプラス」で安く利用できます。

【ギガホとペア設定した場合】

スマホiPad
ギガホ30GB30GB
利用料金(月額)4,980円4,980円
合計(月額)9,960円

ドコモオンラインショップで購入

auでiPadを利用する際の料金プラン

auのタブレットデータシェアプランは、セットで利用中のスマホの月間データ容量を共有できます。

利用条件は、auタブレット1回線につき、同一名義のauスマートフォン(5G/4G LTE)または、auケータイ(4G LTE)1回線のご利用で、対象の料金プラン/データ定額サービスをご契約の方です。

タブレット20は、スマホとタブレット/4GLTE対応PCそれぞれの月間データ容量をシェアでき、月間データ容量が足りなくなったら、0.5GBから追加で「データチャージ」ができます。

お手軽プラン契約期間auスマートバリュー合計
タブレットデータシェアプランスマホとセット:月額1,000円2年契約なしなし
タブレットプラン20なし
  • 2年契約
  • 月額5,500円
翌月から永年1,000円割引翌月から月額4,500円

auオンラインショップで購入

ソフトバンクでiPadを利用する際の料金プラン

ソフトバンクのデータシェアプランは、iPad、タブレット、モバイルデータ通信、モバイルシアター向けの料金プランです。

データシェアプラスは、親回線のデータ定額サービスを子回線とシェアして利用できます。

メリハリプランforデータは、データシェアプランと同様にiPad、タブレット、モバイルデータ通信、モバイルシアター向けの料金プランです。

データ量上限50GBに加え、対象サービスなら動画SNS放題となるサービスで、動画SNS放題対象サービスも含めギガ利用量2GB以下の月は1,500円割引になります。

基本プラン付属プラン
スマートフォンとセット

データシェアプラン:月額980円

データシェアプラス月額使用料:月額0円

タブレットのみメリハリプランforデータ:月額980円データプランメリハリ:月額6,500円

ソフトバンクで購入

ECサイト・家電量販店で購入

ECサイト・家電量販店で購入するメリット・デメリットをまとめました。

家電量販店ではWiFi+Cellerモデルは販売されていない可能性が高いので、あらかじめ問い合わせてから足を運びましょう。

メリット
  • キャンペーンの時期によってお得に購入できる
  • 店頭で手に取って確認したい方におすすめ
デメリット実店舗の場合待ち時間がある

中古品をiPadを購入|注意点は?

中古ショップ・フリマサイト・オークションサイト等で中古品を購入するメリット・デメリット(注意点)を表でまとめました。

中古品の場合、WiFi-環境が整っていれば契約しなくても使用できるため、アプリや動画のみ利用したい方に最適です。

契約し直せばLINE電話なども利用できるようになり、WiFi環境がない場所でも利用可能です。

ただし中古品の場合、保証がないため故障した際の修理費は自腹になります。

メリット
  • 格安に購入できる
  • WiFi-環境が整っていればすぐに利用できる
デメリット
  • 保証がないので故障した際の修理代が高くなる
  • 通話やLINE機能を利用する場合、契約しなければならない

iPadの種類と正規価格

Apple公式ページで販売している最新5種の価格を紹介します。

正規の価格を確認して、安いか高いかを把握しましょう。

WiFiモデルWiFi+Cellularモデル
iPad (第7世代)42,800円53,800円
iPad mini (第5世代)45,800円60,800円
iPad Air(第3世代)52,800円67,800円
12.9インチiPad Pro(第4世代)104,800円121,800円
11インチiPad Pro(第2世代)84,800円101,800円

iPadのサイズ・特徴・おすすめの用途

自分にとって使いやすいiPadを選ぶには、サイズ、特徴、用途を把握しておくことがポイントです。

この3つのポイントをおさえることで、便利に使用できます。

インチサイズ特徴おすすめの使用用途
iPad(第7世代)10.2インチ
  • 縦:250.6mm
  • 横:174.1mm
  • 厚:7.5mm
  • 2018年度iPadよりサイズアップ
  • 軽量化
  • なるべく安いiPadが欲しい人
  • スペックと価格のバランスがとれたiPadが欲しい人
iPad min (第5世代)7.9インチ
  • 縦:250.6mm
  • 横:174.1mm
  • 厚:6.1mm
  • iPad mini4よりCPU性能が大幅アップ
  • Apple Pencilに対応
  • 持ち運び用に軽いiPadがほしい人
  • ネットサーフィンや読書・動画視聴等をしたい人
  • なるべく安いiPadがほしい人
iPad Air(第3世代)

10.5インチ

  • 縦:250.6mm
  • 横:174.1mm
  • 厚:6.1mm
  • iPad Pro3の機能を絞った廉価版
  • iPad6より値段は高い
  • 軽さ・薄さ・CPU性能がアップ
  • 音楽/動画/アプリ等のダウンロードをたくさんする人
  • PC/タブレット両方で使いたい人
12.9インチiPad Pro(第4世代)

12.9インチ

  • 縦:280.6mm
  • 横:214.9mm
  • 厚:5.9mm
  • iPad Pro4(11インチ)のサイズアップ版
  • 他のスペックは変わりなし
  • PCとしてがっつり使いたい人
  • 動画編集や絵を描く等重めの作業をしたい人
  • Face IDを使いたい人
11インチiPad Pro(第2世代)

11インチ

  • 縦:247.6mm
  • 横:178.5mm
  • 厚:5.9mm
  • CPU性能がアップ
  • 超広角カメラ・LiDARスキャナ(AR対応)を搭載
  • トラックパッド付きの新しい外付けキーボード
  • (Magic Keyboard)にも対応

iPadの種類については以下記事で詳しく解説しています。

WiFiモデルとWiFi+Cellularモデルの違い

WiFiとWiFi + Cellularには違いがあります。

特徴おすすめの使用用途
WiFiモデルWiFi環境がないとインターネットが利用できない機種

WiFi環境が整った自宅での利用

WiFi+Cellerモデル
  • WiFi環境がなくてもSimカードでの通信でインターネットができる機種
  • WiFiモデルと比較すると15,000円程価格が高い

仕事や外出先、海外で利用する人

iPadは価格だけでなくスペックなども見てから選ぼう

iPadはサイズやスペック様々な種類があり、それぞれに適した使用シーンがあります。

iPadを安く購入できる方法はありますが、価格だけで判断すると使いにくいと感じたり中古の場合は逆に修理代の方が高くついてしまうなど、後から後悔する可能性が高くなります。

このあたりは使用頻度や使用環境なども考えておくとよいでしょう。

iPadを選ぶ際は価格だけで判断せず、その他のスペックも考慮して決めましょう。自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことで、高額になることなく便利に活用できます。

SHARE!!

あわせて読みたい