1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEMOのおすすめ機種7選|対応端末一覧・スマホの販売はしている?

LINEMOのおすすめ機種7選|対応端末一覧・スマホの販売はしている?

更新日:2021.06.11

LINEMOでは、セット端末の購入方法がなく、別途端末を購入しなければいけません。この記事では、LINEMOに乗り換えようと検討されているあなたに向けて、LINEMOに対応している端末を一挙にご紹介。さらに、LINEMOにおすすめの端末や新しい端末を使うメリット・デメリットまでお届けします。

「LINEMOで対応している端末って?」

「LINEMOの端末購入方法は?」

これからLINEMOに乗り換えようと考えている方の中には、自分のスマホ端末が対応しているのか、乗り換えるなら端末はどこで購入すれば良いのかお悩みではないでしょうか。

LINEMOでは、セット端末の購入方法がなく、別途端末を購入しなければいけません。

この記事では、LINEMOに乗り換えようと検討されているあなたに向けて、LINEMOに対応している端末を一挙にご紹介。

さらに、LINEMOにおすすめの端末や新しい端末を使うメリット・デメリットまでお届けします。

これからLINEMOを利用したい方はぜひ参考にしてください。

LINEMOはセット端末の取り扱いがない

LINEMO公式
出典:LINEMO公式サイト

LINEMOではセット端末の取り扱いがありません。

そのため、LINEMOを利用するには、SIMロックが解除されたLINEMOに対応している端末を用意する必要があります。

まずはLINEMOに対応している端末について見ていきましょう。

LINEMOで使用できる端末の購入方法

対応している端末でも、SIMフリー端末を購入していなければ、LINEMOを利用できません。

LINEMOに対応している端末の購入方法は以下の3つ。

  1. アップルストアでSIMフリー端末購入
  2. キャリアショップや家電量販店で端末のみ購入
  3. ネットやリサイクルショップでSIMフリー・中古の端末を購入

それぞれご紹介しましょう。

アップルストアや家電量販店などでSIMフリー端末を購入

アップルストアや家電量販店で販売されている端末はSIMフリーの端末です。

キャリアプランの設定なども不要のため、スマホの端末のみを購入するのは利点が大きいでしょう。

実際にSIMフリー問わずスマホ本体をう購入する方法を述べているので、これから端末購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

▼以下記事ではスマホ本体のみを購入する方法を解説しています。

キャリアショップで端末のみを購入

キャリアショップでLINEMOに対応している端末のみを購入するのも1つの方法です。

令和元年10月に施行された電気通信事業法の改正により、大手携帯電話キャリアの店頭で端末のみを購入できるようになりました。

しかし、キャリアショップで購入すると、別途SIMロックを解除しなければ、LINEMOのプランに変更できません。端末購入時にSIM解除の手続きを行いましょう。

ネットやリサイクルショップで中古の端末を購入

ネットやリサイクルショップなどで中古の端末を購入するのも可能です。

中古の端末は、新品の端末と比べると安価な価格で購入できます。

iPhone 11を例に取ると、64GBのApple正規品の場合7万円前後の価格となりますが、中古端末の場合、状態によっては4.5万円~6万円の間で販売されています。

型落ちの端末であれば、安価に手に入れられ、SIMカードを差し込むと利用できるので、コスパ良くLINEMOに乗り換えたい方にはおすすめです。

イオシスを詳しくみる

LINEMOに対応しているおすすめの端末7選

ここからは、LINEMOに対応しているおすすめの端末をニーズ別に7つご紹介します。

iPhone 12

iPhone 12
出典:Apple公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)幅71.5×高さ146.7×厚さ7.4mm
画面サイズ6.1インチ
重さ162g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)RAM:4GB

ROM:64GB/128GB/256GB

メインカメラ1,200万画素 デュアルカメラ
インカメラ1,200万画素
バッテリー最大65時間
防水IPX8,耐水加工(保証無)
生体認証Face ID、顔認証
ソフトバンク価格64GB/110,880円

128GB/116,640円

256GB/131,040円

AppleStore価格64GB/85,800円

128GB/90,800円

256GB/101,800円

家電量販店価格64GB/85,800円

128GB/90,800円

256GB/101,800円

ポイント

  • 5G:対応
  • eSIM:対応

最新チップを搭載し動作がサクサク

iPhone 12は、最新チップを搭載し、iPhone11と比べても動作がサクサク動くのが魅力です。

最新チップには「A14 Bionic」が搭載されており、通信処理速度が前シリーズよりもさらに改善されています。

iPhoneシリーズの中でもサクサクした動作を求める方にはおすすめのスマホと言えるでしょう。

5Gにも対応しているため、今後の動きに合わせた端末に変えたい方はぜひiPhone 12にしてみてはどうでしょうか。

ソフトバンクで機種変更する

Google Pixel 5

Google Pixel 5
出典:ソフトバンク公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)幅70.4mm×高さ144.7mm×厚さ8.0mm
画面サイズ6インチ
重さ151g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)RAM:8GB ROM:128GB
メインカメラ約1,600万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,080mAh
防水IPX8,耐水加工(保証無)
生体認証指紋
ソフトバンク価格87,840円
家電量販店価格74,800円

ポイント

  • 5G:対応
  • eSIM:対応

AIを駆使したカメラ性能

Googleが提供するスマホ「Google Pixel 5」は、LINEMOの対応端末の中でもカメラ機能にこだわりたい人におすすめです。

AIを駆使した内蔵カメラは、被写体をよりリアルに撮影することが可能。

メインカメラには以下の画素数がデュアル構成となっています。

  • 標準カメラ:約1,200万画素
  • 超広角カメラ:約1,600万画素

カメラにこだわりのある人は、最新技術を駆使したGoogle Pixel 5を試してみてはどうでしょう。

ソフトバンクで機種変更する

OPPO Reno 3A

OPPO Reno 3A
出典:LINEMOBILE公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)約74.1mm×160.9mm×8.2mm
画面サイズ6.44インチ
重さ175g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)6GB/128GB 256GB
メインカメラ4,800万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4025mAh
防水IP68
生体認証顔認証・指紋認証
ソフトバンク価格29,800円
家電量販店価格36,182円

ポイント

  • 5G:非対応
  • eSIM:非対応

必要十分な性能|防水・防塵対応

「OPPO Reno 3A」は、コスパを重視している方におすすめのスマートフォンです。

3万円台の価格にしては、おサイフケータイ(Felica)や有機ELディスプレイを搭載など、豊富な機能が取り揃えられています。

2〜3万円のミドルクラススマホの中では、OPPO Reno 3Aは防水加工もあり、カメラも高画素の仕様であるため、同価格帯のスマホと比べると、機能・金額ともにコスパが良いと言えるでしょう。

そのため、メインのスマホというより、使い勝手の良いサブ的な端末をお求めの方におすすめですね。

ソフトバンクで機種変更する

iPhone SE(第2世代)

出典:Apple公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)幅67.3mm/高さ138.4mm/厚さ7.3mm
画面サイズ4.7インチ
重さ148g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)3GB・ 64GB・128GB・256GB
メインカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー1821mAh
防水IP67
生体認証指紋認証
ソフトバンク価格64GB/57,600円

128GB/64,080円

256GB/78,480円

AppStore価格64GB/49,280円

128GB/54,780円

256GB/66,880円

家電量販店価格64GB/49,280円

128GB/54,780円

256GB/66,880円

ポイント

  • 5G:非対応
  • eSIM:対応

持ち運びにちょうど良いサイズ感

iPhone SE(第二世代)は、片手でスマホを操作したい方におすすめです。

片手でがっちりとホールドでき、電車や駅、エレベーターなど通勤時間や待ち時間に操作しやすいサイズとなっています。

今までのiPhoneシリーズと比べ、iPhone SE(第二世代)は、入手しやすい価格で、最新のiPhone 11proのプロセッサーも搭載されているため、機能面も申し分ありません。

iPhone SE(第二世代)は、持ち運びにちょうど良いスマホをお探しの方におすすめです。

ソフトバンクで機種変更する

Galaxy S6 edge

Galaxy S6 edge
出典:Galaxy公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)幅 約70mm×高さ 約142mm×厚さ約 7mm
画面サイズ5.1インチ
重さ138g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)3GB、64GB
メインカメラ1600万画素
インカメラ500万画素
バッテリー2600mAh
防水非防水
生体認証指紋認証
家電量販店価格53,760円

ポイント

  • 5G:非対応
  • eSIM:非対応

スリムに感じるエッジディスプレイ

Galaxy S6 edgeは、操作性でスマホを選びたい人におすすめの端末。

両側面を局面化したスリムなエッジディスプレイは、デザイン的にも高い評価を得ています。

2015年発売のため、最新の端末ではありませんが、旧モデルの中でも使いやすく、スラスラと操作しやすいサイズ感。

中古モデルであれば、定価よりもかなり安く手に入れることが可能なため、はじめてスマホを使う方にはおすすめですね。

ソフトバンクで機種変更する

AQUOS sense4 basic

AQUOS sense4 basic出典:Y!MOBILE公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)H148× W71× D8.9
画面サイズ約5.8インチ
重さ176g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)3GB・64GB
メインカメラ1200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,570mAh
防水IPX5・IPX8
生体認証指紋認証
ソフトバンク価格22,968円
家電量販店価格22,968円

ポイント

  • 5G:非対応
  • eSIM:非対応

長時間のバッテリー

AQUOS sense4 basicは、長時間スマホを利用する人におすすめです。

大容量のバッテリーを搭載しており、シャープ独自の省エネ技術により、1週間の電池長持ちを実現した実績があります。

AQUOS sense4とは見た目や外観に違いはあまりありませんが、機能面では、以下のような違いがあります。

違いAQUOS sense4 basicAQUOS sense4
カメラデュアルカメラトリプルカメラ
指紋認証センサー無しあり
RAM3GB4GB

AQUOS sense4 basicは、下位モデルのため、機能面がいくつか省略されています。

しかし、価格はAQUOS sense4よりも安くなっているため、お得に購入可能。

バッテリーも長時間保つため、日頃、ネットやゲームをしたいという人におすすめですね。

ソフトバンクで機種変更する

AQUOS R5G

AQUOS R5G
出典:RakutenMOBILE公式サイト

サイズ(幅×高さ×厚さ)約75×162×8.9mm
画面サイズ6.5インチ
重さ189g
RAM/ROM(メモリ/ストレージ)12GB・256GB
メインカメラ4,800万画
インカメラ1,640万画素
バッテリー3,730mAh
防水IPX5/IPX8
生体認証顔認証、指紋認証
ソフトバンク価格129,600円
家電量販店価格129,600円

ポイント

  • 5G:対応
  • eSIM:非対応

スマホで本格的な撮影

AQUOS R5Gは、スマホで本格的に撮影をしたい人におすすめです。

超高精細8KとAI対応4眼カメラを搭載しており、写真だけでなく、動画でも高解像度の撮影が可能。

さらに、動画を撮影するだけで、AIが約15秒ほどのショートムービーを編集する「AIライブストーリーPro」機能が搭載されています。

本格的な撮影・編集ができるため、撮った写真や動画で、思い出を振り返りたい方におすすめですね。

ソフトバンクで機種変更する

LINEMOの端末を購入する際に気を付けたい3つのポイント

端末購入時の注意点
LINEMOの端末をこれから購入する際に気をつけたい3つのポイントは以下の3つ。

  1. SIMロック解除が必要か確認する
  2. 対応機種かどうか確認する
  3. 保証について確認する

それぞれ説明していきましょう。

SIMロック解除が必要か確認する

端末を購入する前に、SIMロック解除が必要かどうか確認しておきましょう。

大手キャリアの店頭で購入すると、SIMロックがかかっています。

対応機種かどうか確認する

LINEMOの対応機種かどうかも確認しておく必要もあります。

事前に対応端末を確認せず、購入してしまうと、未対応機種であった場合、お金の無駄になってしまうでしょう。

保証について確認する

端末の保証についても確認しておくことも重要です。

LINEMOでは現在、端末保証サービスはありません。

ahamoやpovoでも端末保証サービスは無く、大手キャリアが発表した新プランには端末保証は確認されていません。

さらに、ソフトバンク・ワイモバイル利用時に加入していた端末保証を、LINEMOでも継続して利用することもできません。

なので、LINEMOを利用する際、端末保証を使うなら、「スマホ保険」といった外部のサービスを受けるようにしましょう。

スマホ保険を契約する!

LINEMOへ乗り換え・プラン変更をする手順

ここからはLINEMOへ乗り換え・プラン変更を検討している方へ向けて、手順をご紹介します。

それぞれ解説していきます。

ソフトバンク・ワイモバイル以外の他社から乗り換える場合

ソフトバンク・ワイモバイル以外の他社から乗り換える場合は以下の流れとなります。

  1. SIMロック解除
  2. MNP予約番号と有効期限をメモ
  3. 今の番号をそのまま使用
  4. 新しい電話番号で契約
  5. 利用中の電話会社選択

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOへプラン変更する場合

ソフトバンク・ワイモバイルの既存キャリアからLINEMOへプラン変更する場合は以下の手順です。

  1. SIMロック解除(公式サイトで手続き)
  2. ネットワーク暗証番号を入力
  3. ソフトバンクのサイトへ行き、まずはSIMロックを解除。

LINEMOを申し込む

eSIMの場合

eSIMの場合では以下の手順になります。

  1. LINEMO申込
  2. SIMプロファイル読み込み
  3. SMS認証
  4. eSIMダウンロード
  5. APN設定
  6. 完了

eSIMの場合、SIMフリーとは異なり、既存のキャリアメールや留守番電話、家族割、キャリア決済、Yahoo!プレミアムのサービスなどが無くなることが注意事項として確認画面で出てきます。

キャリア決済に関する内容も含まれているため、サクサク進めるのではなく、注意事項をよく読み進めるようにしましょう。

SMS認証ではワンタイムパスワードが送られてくるため、画面で入力を進めると、次のステップとなります。

Androidの場合は、APN設定を手動で入力しなければいけないので注意が必要です。

LINEMOを申し込む

LINEMO用に端末を新しく買い替えるメリット

LINEMO用に端末を買い換えるメリット

LINEMO用に端末を新しく買い換えるメリットは以下の通り。

  • 充電が長持ちする
  • 動作が早くなる
  • eSIM対応になる

それぞれ説明していきましょう。

充電が長持ちする

端末を買い換えるメリットのひとつは、充電が長持ちすることです。

スマホの寿命は約2年と言われていますが、平均的なスマホを買い換えるサイクルは二人以上の世帯で3〜4年のスパンという結果になっています。

参照:消費動向調査 令和3年 3月調査

長く使うと必然的にバッテリーが消耗していくため、寿命が短くなるでしょう。

これからLINEMOへの登録を検討している方は、2年以上使っているかどうかを目安に買い替えを検討してみてはどうでしょうか。

動作が早くなる

端末を買い換えることにより、動作が早くなるのも利点です。

購入する端末のスペックによって動作に差はあるものの、以前よりも端末は速くなることでしょう。

スマホでゲームやネットをよく利用する人は動作が遅いと何かと不便です。

この期に動作の早い端末に変えてみるのはおすすめですね。

eSIM対応になる

購入する端末によってはeSIM対応になります。

eSIMとは、端末内にSIMが組み込まれている端末のことです。

eSIM対応の端末を利用すると、ネットで通信プランの変更ができるため、わざわざショップへ出向いてSIMカードの手続きをする手間を省けます。

LINEMOに変更したけどやっぱりpovoにしてみたいと思ったときに、すぐに通信プランを変更可能。

慎重に通信プランを検討したい方にはeSIM対応の端末へ変更することはおすすめですね。

LINEMO用に端末を新しく買い換える際の注意点・デメリット

LINEMO用の端末購入時のデメリット

反対にLINEMOに端末を新しく買い換えるデメリットは以下の通り。

  • サポートはすべてオンライン
  • キャリアメールや留守番電話が使えない
  • 家族割やネット回線の割引が効かなくなる

それぞれ説明していきましょう。

サポートはすべてオンライン

LINEMO用に端末を新しく買い換えるとサポートがすべてオンライン上になってしまいます。

ネットに慣れている人であれば大きな問題はありませんが、ITリテラシーが低い自覚のある人は、申し込みまでの手順まで把握できるようにならなければなりません。

スマホ操作のハードルが高い人は、詳しい知人と相談しながら進めていくのが良いでしょう。

キャリアメールや留守番電話が使えない

LINEMOはオンライン手続き専用のサービスのため、キャリアメールや留守番電話を使うことが利用できません。

大手キャリアで利用していたメールアドレスは使用できなくなるので、Gmailやyahoo!メールなど独自のメールアドレスを別途発行しなければなりません。

留守番電話も同じく利用できませんが、電話番号宛に送受信できるメール「SMS」は使用できるため、大事なことはメッセージで伝えられるようになりましょう。

家族割やネット回線の割引がきかなくなる

LINEMOは端末セット購入がないほか、元々の料金価格設定が安いため、家族割やネット回線の割引がききません。

今までの携帯電話契約では、家族全員で回線を契約し、通話料金などが安くなるキャリアが多くありました。

LINEMOでは、単体のユーザーに向けたプランとなっているため、割引が使えない仕様となっています。

しかし、割引なしでも安い料金となっているため、あまり大きな差はないと言えるでしょう。

【メーカー別】LINEMOに対応している端末一覧

LINEMO端末一覧

LINEMOに対応している端末をメーカー別にご紹介します。

Apple

スマートフォンキャリア
iPhone 12/mini/
pro/pro max
docomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone SE(第2世代)docomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone 11/
pro/pro max
docomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone X/
XS/XR/XS max
docomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone 8/plusdocomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone 7/plusdocomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone SEdocomo,au,Softbank,SIMフリー
iPhone 6s/
6splus
docomo,au,Softbank,SIMフリー

FUJITSU

スマートフォンキャリア
arrows USoftBank

HTC

スマートフォンキャリア
Android One X2Y!mobile
HCT U11SoftBank

HUAWEI

スマートフォンキャリア
P30 liteY!mobile
Mate 20 ProSoftBank
nova lite 2SoftBank
Mate 10 ProSoftBank

Kyosera

スマートフォンキャリア
Android One S8Y!mobile
かんたんスマホ2Y!mobile
Android One S6Y!mobile
DIGNO BXSoftBank
DIGNO FSoftBank
DIGNO GSoftBank
かんたんスマホY!mobile
DIGNO JSoftBank
Android One S4Y!mobile
Android One X3Y!mobile
Android One S2Y!mobile
DIGNO EY!mobile

Google

スマートフォンキャリア
Goolge Pixel 5SoftBank,SIMフリー
Google Pixel 4a5GSoftBank,SIMフリー
Google Pixel 4aSoftBank
Google Pixel 4 XLSoftBank
Google Pixel 4SoftBank
Google Pixel 3a XLSoftBank
Google Pixel 3aSoftBank
Google Pixel 3 XLSoftBank
Google Pixel 3SoftBank

LG

スマートフォンキャリア
LG V60 ThinQ 5GSoftBank
LG G8X ThinQSoftBank
LG K50SoftBank
Android One X5Y!mobile
Nexus 5XY!mobile

OPPO

スマートフォンキャリア
Reno3 AY!mobile
OPPO Reno3 5GSoftBank

Samusung

スマートフォンキャリア
Galaxy S6 edgeSoftBank

SHARP

スマートフォンキャリア
AQUOS sense4 basicY!mobile
AQUOS sense4 liteSIMフリー
AQUOS zero5G basicSoftBank
シンプルスマホ5SoftBank
AQUOS R5GSoftBank
AQUOS zero2SoftBank
AQUOS sense3 plusSoftBank
Android One S7Y!mobile
AQUOS sense3 basicSoftBank
AQUOS R3SoftBank
AQUOS R2 compacSoftBank
AQUOS zeroSoftBank
Android One S5SoftBank
Android One S5Y!mobile
シンプルスマホ4SoftBank
AQUOS R2SoftBank
Android One X4Y!mobile
AQUOS sense basicSoftBank
Android One S3SoftBank/Y!mobile
AQUOS R compactSoftBank
AQUOS eaSoftBank
AQUOS RSoftBank
Android One X1Y!mobile
Android One S1Y!mobile
AQUOS Xx3 miniSoftBank
STAR WARS mobileSoftBank
シンプルスマホ3SoftBank
AQUOS Xx3SoftBank
AQOUS CRYSTAL Y2Y!mobile
AQUOS Xx-YY!mobile
AQUOS Xx2SoftBank
AQUOS Xx2 miniSoftBank
AQOUS CRYSTAL 2SoftBank
AQUOS XxSoftBank

SONY

スマートフォンキャリア
Xperia 5 IIY!mobile
Xperia 10 IISIMフリー
Xperia 5SoftBank
Xperia 8SoftBank
Xperia 1SoftBank
Xperia XZ3SoftBank
Xperia XZ2SoftBank
Xperia XZ1SoftBank
Xperia XZsSoftBank
Xperia XZSoftBank
Xperia X PerformanceSoftBank
Xperia Z5SoftBank
Xperia Z4SoftBank

ZTE

スマートフォンキャリア
ZTE Axon 10 Pro 5GSoftBank
Libero S10Y!mobile
Libero 2SoftBank

まとめ

LINEMOでの端末購入はセットでは行われていません。

そのため、別途SIMフリーのLINEMO対応端末を購入する必要があります。

今回ご紹介した7つの端末は上記の条件をクリアしているので、端末選びに迷っている方はぜひお試しください。

SHARE!!