50人に1人1万円分のギフト券プレゼント!! SIMCHANGE限定 特別キャンペーン実施中!
終了まであと
11
  1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 契約前に知っておきたい!LINEモバイル(ラインモバイル)の各種手数料

契約前に知っておきたい!LINEモバイル(ラインモバイル)の各種手数料

LINEモバイル(ラインモバイル)を契約する際に発生する各種手数料。これから契約するなら、どんな場合に手数料を知っておくと焦らずに契約できます。そこで、今回はLINEモバイル(ラインモバイル)の手数料に関して徹底解説!どんな場合にいくら手数料がかかるのか確認しておきましょう。

MVNOの中でも人気の高いLINEモバイルの魅力に惹かれて契約したいと考えている方は多いはず。今回は、これからLINEモバイル(ラインモバイル)を契約するなら知っておきたい各種手数料について徹底解説します!LINEモバイルではどんなときに手数料が発生するのか事前に知っておけば、後々「しまった!」と思わずに契約できますよ。


LINEモバイル(ラインモバイル)を契約すると手数料が発生する?

LINEモバイル(ラインモバイル)をはじめとするMVNOでは、手数料が発生する場合があります。MVNOの申し込み画面や引き落とされた月額料金を見て、初めて手数料の存在に気づいた方も多いはず。MVNOの手数料は、契約時や解約時など特定の条件によって発生します。

手数料の金額は、種類に応じて数百円から1万円程度となっており、場合によっては大きな金額が発生することもあるので注意が必要です。今回は、LINEモバイルで発生する各種手数料をまとめました。これから契約する方は、契約前に手数料の種類や金額について理解しておきましょう。

手数料を知っておくべき理由とは?

LINEモバイルを契約した後、突然なんらかの手数料が発生すると何の料金か不安になってしまいますよね。契約前に各種手数料について知っておけば、引き落とされた月額料金を見ても、手数料が引かれたということがすぐ分かります。また、解約時に発生する手数料は金額が大きいので、あらかじめ知っておくべき手数料と言えるでしょう。

例えば、あるMVNOで音声SIMを契約して最低利用期間内に解約した場合、解約手数料が発生します。解約手数料は1万円程度の金額が多いため、数カ月で最低利用期間が終わるなら待った方が無難です。解約手数料のことを知らずにいると、本来払わなくてもいい手数料を支払うことになるため、せっかく月額料金が安いMVNOでも損した気分になってしまいます。

LINEモバイルを契約する前に本記事で各種手数料について知っておけば、無駄な手数料を支払うことなくLINEモバイルが利用できます。

LINEモバイル(ラインモバイル)の各種手数料を徹底解説!

それでは、LINEモバイルの各種手数料について見ていきましょう。手数料ごとに発生するタイミングが異なるので、今回紹介する手数料はすべて覚えておくのがよいでしょう。特に、契約後に発生する手数料は忘れやすいので注意しましょう。

登録事務手数料

  • 3,240円

まず、覚えておきたいのが登録事務手数料です。ほとんどのMVNOで発生する手数料なので、耳にしたことがある方も多いはず。初回の請求と一緒に支払うことが多いため、MVNOの申し込み時点で料金が含まれていることもあります。基本的にどのMVNOでも3,000円程度です。

LINEモバイルのプランによっては、登録事務手数料分だけで何カ月分かの月額料金が支払える計算になります。そこで、どうにかして登録事務手数料を節約したい方のために、後ほど登録事務手数料をお得にする裏技を紹介するのでお楽しみに。

SIMカード発行手数料

  • 432円

SIMカード発行手数料は2017年から各MVNOで請求が始まった手数料です。もともとSIMカード発行手数料は回線を借りているキャリアからMVNOに対して請求されていたものの、価格が安いためこれまでユーザー側に請求することはありませんでした。しかし、キャリア側の発行手数料値上げにより、MVNOを契約したユーザーが支払う形になりました。

ほとんどのMVNOで400円程度の料金です。こちらも初回の請求と一緒になるので、契約前に覚えておくといいでしょう。

SIMカード交換手数料

  • 3,240円

LINEモバイルでスマホセットを購入せずに、ご自身で用意したスマホを使う場合はSIMサイズ変更手数料に注意が必要です。SIMカードには、nanoSIM、microSIM、標準SIMの3種類があります。スマホによってSIMカードのサイズが決まっているため、規定のサイズのSIMカードを購入しなければスマホが使えないので注意しましょう。

もしSIMカードのサイズを間違えて購入し、変更・交換しなければならない場合、このSIMカード交換手数料がかかります。また、データ⇔音声などの機能変更を伴う場合にもこの手数料が発生します。

解約手数料

  • 1万584円

LINEモバイルの手数料の中でもっとも金額が大きいのは解約手数料です。音声SIMの場合のみ、契約した最低利用期間内に解約すると解約手数料が発生します。解約手数料は1万584円なので、特別な理由がない限り解約しないようにしましょう。

LINEモバイルの最低利用期間は、利用開始日の翌月を1カ月目として12カ月目の末日まで(末日を含む)です。解約手数料を回避したいなら、最低利用期間以上の期間利用してから解約してください。

MNP転出手数料

  • 3,240円

LINEモバイルからほかのMVNOに乗り換える際にMNP転出手数料が発生します。音声SIMを契約する以上、MNP転出時にはMNP転出手数料が発生するのであらかじめ把握しておきましょう。

SIMカード損害金

  • 3,240円

LINEモバイルでは、転出後やサービス解約後にSIMカードの返却を義務付けています。そのため、SIMカードを送料自己負担でLINEモバイルに返す必要があります。このとき、返送したSIMカードに破損や切断が見つかった場合、SIMカード損害金が発生するので注意してください。

MVNOを契約した際に届いたSIMカードはあくまでも借り物です。契約中は慎重に取り扱いましょう。また、SIMカードを返却しなかった場合も、SIMカード損害金が発生するので、こちらも注意してください。

LINEモバイル(ラインモバイル)の各種手数料を節約する方法

最後に、LINEモバイルの各種手数料を節約する方法と注意点を紹介します。少しでもお得に使いたい方は節約方法を実践してみてください。また、各種手数料の注意点も覚えておけば、LINEモバイルの手数料に悩むことはありません。

登録事務手数料はエントリーパッケージで無料にできる


出典:Amazon LINEモバイル エントリーパッケージ

MVNOを契約したときに発生する登録事務手数料3,240円は、エントリーパッケージを購入することで無料にできます。エントリーパッケージとは、MVNOの申し込み画面で入力できるエントリーコードがついたパッケージのこと。

エントリーコードを入力して申し込むと、登録事務手数料がタダになります。つまり、エントリーパッケージの価格のみで登録事務手数料が必要なくなります。
エントリーパッケージの中にはSIMカードは入っておらず、自身でパッケージに記載された手順を読んでLINEモバイル申し込んだ後に郵送されてきます。パッケージに記載された有効期限内に申し込む必要があるため、気をつけましょう。

エントリーパッケージはどこで手に入る?

  • 家電量販店
  • オンラインショップ など

エントリーパッケージは、家電量販店やAmazonなどのオンラインショップで手に入ります。多々あるエントリーパッケージ扱い店の中でもAmazonが比較的安く購入できるようです。少しでもお得にエントリーパッケージを購入したい方は、Amazonでの購入を検討してみてください。

エントリーパッケージはこんなにお得!

  • LINEモバイル エントリーパッケージ:900円

2018年3月時点 Amazon

LINEモバイルのエントリーパッケージは、Amazonにて1,000円以下で購入できるので、登録事務手数料を3分の1以下にできます。初期費用を少しでも抑えたい方におすすめです。

LINEモバイル(ラインモバイル)の手数料に関する注意点

最低利用期間内にMNP転出する場合は要注意

最低利用期間内に音声SIMを解約、MNP転出すると、解約手数料とMNP転出手数料が合わせて請求されるので注意しましょう。MNP転出後は転出先での登録事務手数料など初期費用も支払うことになるので、少しでも支出を抑えるために、最低利用期間以上は利用してMNP転出手数料のみ支払うようにしておくとよいでしょう。

端末のSIMサイズを確認してから契約しよう

LINEモバイルでSIMカードのサイズや種類を間違えて契約してしまうと、SIMカード交換手数料が発生します。データSIMを契約していた場合は最低利用期間がないので、サイズ変更の代わりにエントリーパッケージを使って契約しなおせばSIMカード交換手数料の3,240円より安く済みます。

ただ、音声SIMの場合は最低利用期間があるので解約手数料がかかり、この方法は使えません。きちんと契約前にスマホのSIMカードのサイズを確認してから契約しましょう。

LINEモバイル(ラインモバイル)の手数料を知ってから契約しよう

LINEモバイルの各種手数料についてご紹介しました。契約した際に発生する手数料のほか、契約後に発生するものもあるので、契約前に覚えておくことをおすすめします。MVNOの公式サイトをしっかりと見ていても、各種手数料に関しては見落としてしまう方も多いです。

LINEモバイル契約時には、そこまで手数料は発生しませんが、解約時には条件によって多額の手数料が発生します。解約時に乗り換える方は乗り換え先の初期費用も払わなければいけないので、大きな金額が手元からなくなってしまうかもしれません。

あらかじめ手数料を把握しておけば、いくらかかるか計算できるので安心して乗り換えることができます。これからLINEモバイルを契約する方は、本記事で各種手数料について確認しておきましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい