1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 安いiPhoneを入手する方法|最新機種・新品・中古別に安く買う方法を解説

安いiPhoneを入手する方法|最新機種・新品・中古別に安く買う方法を解説

更新日:2021.09.16

iPhoneは人気のスマホですが高価であることがネックです。しかし購入するモデルやキャンペーンの活用、中古など選択肢を広げると、安いiPhoneを手に入れることが可能です。ここではiPhoneを安く購入する方法を徹底的に紹介しています。

iPhoneは日本でシェア率が半数を超える人気のスマホです。便利で機能も豊富ですが、機種によっては10万円以上するものもあるため価格がネックです。

しかし、購入するモデルやキャンペーンの活用、中古など選択肢を広げると、実は安いiPhoneを手に入れることが可能です。

そこで今回は、最新機種も含め安いiPhoneを入手する方法を紹介します。少しでも安いiPhoneを入手するための参考にしてみてください。

最新iPhone 13シリーズの詳細なスペックや価格を紹介した記事がありますので、併せてご覧ください。

安いiPhoneを購入するなら2020年最新モデルiPhone SE(第2世代)

2020年5月に発売が開始されたiPhone SE(第2世代)は、それ以前に発売されたiPhone 11シリーズやiPhone Maxと比べて性能のわりに安いといった特徴があります。

性能の違いは以下のとおりです。

iPhone SE(第2世代)iPhone 11 ProiPhone 11 Pro MaxiPhone 11
価格44,800円~106,800円~119,800円~74,800円~
画面サイズ4.7インチ5.8インチ6.5インチ6.1インチ
ボディの素材ガラスとアルミニウムテクスチャードマットガラスとステンレススチールテクスチャードマットガラスとステンレススチールガラスとアルミニウム
カメラシングル12MP カメラトリプル12MP カメラトリプル12MP カメラデュアル12MP カメラ
容量64GB~256GB64GB~512GB64GB~512GB64GB~256GB
搭載チップA13 BionicチップA13 BionicチップA13 BionicチップA13 Bionicチップ
バッテリー駆動時間ビデオ再生で最大13時間ビデオ再生で最大18時間ビデオ再生で最大20時間ビデオ再生で最大17時間

iPhone SE(第2世代)はiPhone 11の廉価版で、44,800円からとiPhone 11より30,000円安いです。

しかし、搭載されているチップは同じなので処理能力は変わらず、4.7インチなので性別を問わず手に収まります。

また、iPhone 8以来のホームボタン復活で、ロックの解除やアプリのサインインなどがやりやすくなりました。

最新機種の安いiPhoneを買いたい人は、iPhone SE(第2世代)がおすすめです。

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

安くiPhoneを購入する方法3選!メリット・デメリットを比較

安いiPhoneを購入する方法は、大きく分けて3つあります。

  • Apple Storeで購入する
  • キャリアで購入する
  • 中古iPhoneを購入する

それぞれのメリットデメリットや、その購入方法が向いている人をまとめました。

購入先Apple Storeキャリア中古iPhone
メリット

端末だけなら安い
最初からSIMフリー
契約するキャリアは自由で縛りなし

キャリア独自の割引でiPhoneが安くなる
取り扱いがある型落ちの種類が豊富
頭金や手数料を無料にできる

価格はほかの方法に比べて安い
最新機種でも安くなる
保証をつけられる

デメリット

割引なし
分割払いにすると利息がつく可能性
端末と通信費用の支払い先が別

料金プランによって契約年数の縛り
キャリアによって価格に違いがある
SIMロックの解除に条件

傷やバッテリーの劣化
赤ロムだと利用制限
古すぎるとOSのバージョンアップができない

こんな人におすすめ最初からSIMフリーの端末だけがほしい型落ちの安い新品iPhoneを使いたい自分で状態をチェックできとにかく安いiPhoneがほしい

購入方法は単純に本体価格の安さだけでなく、キャンペーンでの割引や壊れたときの保証など、トータルで必要になる価格でチェックすると後悔をしません。

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

キャリアでキャンペーンを活用してiPhoneを安く購入する

キャリアで開催されている最新のキャンペーンを活用すると、iPhoneはどれだけ安く購入できるのでしょうか。

ドコモ、ソフトバンク、auの大手3キャリアで、iPhone SE(第2世代)を例にいくらになるのを見ていきます。

ドコモのキャンペーンを利用した場合

ドコモでは2020年5月段階で、iPhone SE(第2世代)の価格が安くなるキャンペーンは3つあります。

キャンペーン名iPhone SE(第2世代)の割引価格適用条件
初めてスマホ購入サポート20,000円他社の3G回線から指定のXi回線に乗り換え
スマホおかえしプログラム17,280円~22,800円

対象スマホを36回払い
25ヶ月目以降に購入したスマホを返却

端末購入割引20,000円新規・他社からドコモに乗り換え・機種変更のいずれか

キャンペーンを使ってiPhone SE(第2世代)で実際に負担する金額は、容量別に以下とおりです。

容量64GB128GB256GB
販売価格51,840円56,880円68,400円
スマホおかえしプログラムを適用した場合34,560円37,920円45,600円
初めてスマホ購入サポート・端末購入割引を適用した場合31,840円36,880円48,400円

キャンペーンの併用はできないため、一番安くiPhoneを購入できるのは64GBで、初めてスマホ購入サポートか端末購入割引を使う方法です。

128GBと256GBの場合は、2年でスマホを返却する必要がありますが、スマホおかえしプログラムを適用すれば、実質の負担額が安くなります。

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入する

ソフトバンクのキャンペーンを利用した場合

ソフトバンクでiPhone SE(第2世代)を安くできるキャンペーンは2つあります。

キャンペーン名iPhone SE(第2世代)の割引価格適用条件
トクするサポート+26,181円~35,664円

対象スマホを48回払い
25ヶ月目以降に購入したスマホの回収と新機種への買い替え

Webトクキャンペーン19,636円オンラインショップを使い他社からの乗り換え

ソフトバンクの場合は上記のキャンペーンを併用できるので、実際に支払う額は以下のとおりです。

容量64GB128GB256GB
販売価格52,363円58,254円71,345円
トクするサポート+のみ適用した場合26,181円29,127円35,672円
Webトクキャンペーンも併用した場合6,545円9,491円16,036円

ドコモと違い分割が48回払いなのとキャンペーンの併用が可能なため、実質10,000円以下で128GBのiPhone SE(第2世代)を購入できます。

ソフトバンクでiPhoneを購入する

auのキャンペーンを利用した場合

auで最新のiPhone SE(第2世代)が安くなるキャンペーンは2つあります。

キャンペーン名iPhone SE(第2世代)の割引価格適用条件
au Online Shop お得割

新規 10,000円

乗り換え 20,000円

他社からの乗り換えを含む新規か機種変更
かえトクプログラム24,109円~32,727円

対象機種を購入してから13~25ヶ月目までに買い替え
購入した端末の回収

auのキャンペーンもソフトバンクと同様に併用が可能です。それぞれのキャンペーンを適用後のiPhone SE(第2世代)の価格は以下のとおりです。

容量64GB128GB256GB
販売価格50,245円55,681円68,377円
かえトクプログラムを適用した場合26,136円29,063円35,650円
au Online Shop お得割も併用した場合

新規 16,136円

乗り換え 6,136円

新規 19,063円

乗り換え 9,063円

新規 25,650円

乗り換え 15,650円

乗り換えをしてキャンペーンを併用するなら、大手キャリアではauで購入するのが最安です。

auオンラインショップでiPhoneを購入する

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

中古なら安いiPhoneが手に入る

とにかく安いiPhoneがほしい人は、中古から価格や性能で満足できるものを探してみることがおすすめです。

中古になると選べる種類が一気に増え、個別にiPhoneの状態チェックも必要です。中古のiPhoneにするメリットやデメリット、どこで買えばよいのかを詳しく紹介します。

中古で安いiPhoneを購入するメリット

中古のiPhoneを購入する一番のメリットは、安い本体が手に入ることです。正規のお店で新品を購入するより数万円安くで販売していることが多いです。

商品の中には、新品とほとんど変わらない未使用品が出ていることもあり、新品にこだわりがない人にはとてもおすすめです。

また中古のiPhoneの場合はキャリアを通さなくても購入が可能です。解約料を気にせず、分割払いプログラムを組む必要もありません。

中古で安いiPhoneを購入する際の注意点

中古のiPhoneは安いかわりに注意点もあります。適当に選んでしまってはすぐに使えなくなる場合もあるので、以下の点はチェックしましょう。

  • iPhone本体の傷やへこみ
  • メーカーの保証は残っているか
  • 料金の未払などで利用制限の有無

実店舗なら現物をじっくりとチェックし、Webでの注文なら注意書きから判断ができます。

しかしバッテリーだけは、どれだけ劣化しているかは販売している側も判断しかねるので、交換が必要な場合があります。

Apple Storeでは保証対象外のiPhoneでも、5,400円か7,400円で交換ができます。引渡して5~7営業日で新品のバッテリーになって戻ってきます。

中古のおすすめモデルはiPhone 7

何世代もある中古のiPhoneの中で、2020年5月段階でおすすめのモデルはiPhone 7です。

iPhone 7だと、2019年に発売されたiPadと同様のチップを搭載しているため、まだまだ現役で活躍してくれます。

またFeliCaが搭載されているので、キャッシュレス決済でモバイルSuicaやQUIC Payが使えます。

iPhone 7には防水防塵機能がついているのも、おすすめする理由です。

llJmioでは品質のよい中古iPhoneを購入できる

出典:IIJmio

中古のiPhoneを探すなら、格安SIMのIIJmioでは高品質の中古iPhoneがそろっています。独自基準で目立った傷はなく、ほぼ使用形跡がないものだけを扱っています。

2020年5月での取り扱いがあるiPhoneのモデルと、一括払いのときの価格は以下のとおりです。

iPhoneのモデル一括払いでの価格
iPhone XS64,800円~
iPhone XR62,800円~
iPhone 840,000円~
iPhone 734,800円~
iPhone SE(第1世代)19,800円~

中古iPhoneの在庫状況は常に変動しているので、ほしいモデルのものがあれば、迷わず購入した方がよいです。

IIJmioならiPhoneだけでなく料金プランも安く、1,600円から音声通話が可能です。iPhoneの購入と一緒にSIMカードも申し込んでおくと便利です。

IIJmioの中古iPhoneをチェックする!

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

中古のiPhoneを安く買えるショップ

キャリア以外で中古のiPhoneを探すなら、専門のショップやECショップ・フリマサイトといった選択肢もあります。それぞれどんな特徴があるのかを解説していきます。

イオシス

中古のiPhoneを扱う専門ショップの中で、安く高品質なものを探すならイオシスがおすすめです。仕入れや販売をすべて自社で管理し、未使用品も含めて7,000台以上からiPhoneを選べます。

iPhoneのモデルごとの価格は、iPhone 7以降で次のとおりです。

iPhoneのモデル価格
iPhone SE(第2世代)54,363円~
iPhone 11 Pro/Max84,363円~
iPhone 1163,454円~
iPhone XR49,818円~
iPhone XS/Max46,818円~
iPhone X37,090円~
iPhone 8/Plus18,000円~
iPhone 7/Plus9,818円~

モデルやキャリア、容量で絞り込めば、公式サイトでそのときの在庫をすべてチェックできます。

イオシスでの保証期間は、中古品なら3ヶ月で未使用品なら6ヶ月、利用制限の恐れがある赤ロムなら永久保証です。ほかの会社より保証期間が長めに設定されているので中古品に不安がある人でも安心です。

イオシスを詳しくみる

ECショップやフリマサイト

中古の安いiPhoneは、ECショップやフリマサイトで取り扱いがあります。購入先によってどんな違いがあるかを見ていきましょう。

ECショップ

幅広い種類のiPhoneを探せる
一部のECショップで詐欺やトラブル

フリマやオークションサイト

相場より安い出品
交渉による値下げ
商品の状態が悪い可能性

どちらも信用のおけるショップや人から購入しないと、満足できるiPhoneを入手できません。

ECショップの場合一部では実店舗もありますが、Webより高額であったり在庫が少なかったりします。

安いiPhoneを中古で探すなら、IIJmioのように中古を扱うキャリアにするか、イオシスのように信頼できるショップの利用がおすすめです。

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

新品のiPhoneを安く購入する5つの方法

大手キャリアでキャンペーンを利用しなくても、新品のiPhoneを安く購入する方法が5つあります。

ここではその方法について詳しく紹介していきます。

Apple StoreでiPhoneを購入する

Apple Storeで購入できるiPhoneは、大手キャリアの定価より安くなっています。たとえばiPhone SE(第2世代)の価格では5,000円以上の差があります。

購入場所64GB128GB256GB
Apple Store44,800円49,800円60,800円
ドコモ51,840円56,880円68,400円
ソフトバンク52,363円58,254円71,345円
au50,245円55,681円68,337円

価格以外で、Apple StoreでのiPhoneはすべてSIMフリーというメリットがあります。大手キャリアではSIMロックの解除はすぐにできず、格安SIMでは最新iPhoneの取り扱いがありません。

大手キャリアで割引のキャンペーンが使えなかったり、キャリアに寄らず最新の安い新品iPhoneを探していたりする場合は、Apple Storeでの購入を検討してみるとよいでしょう。

今使っている端末をAppleの下取りに出す

Appleでは、Apple Trade InというiPhone限定の下取りを行っています。

Apple Storeで購入するときに一緒に申し込みができ、状態がよければ最大40,000円引きされます。各モデルの最大下取り額は以下のとおりです。

iPhoneのモデル最大の割引額
iPhone XS Max40,000円
iPhone XS37,000円
iPhone XR28,000円
iPhone X28,000円
iPhone 8 Plus23,000円
iPhone 816,000円
iPhone 7 Plus16,000円
iPhone 79,000円
iPhone 6s Plus9,000円
iPhone 6s6,000円
iPhone 6 Plus4,000円
iPhone 63,000円
iPhone SE(第1世代)2,000円

新しいiPhoneが発送された後に下取りのプロセスが開始し、届く返送キットを使いこれまで使っていたiPhoneをAppleに送ります。

梱包に入れるものはiPhone本体と、返送キットに入っている申し込み内容確認書だけで、ケーブルなどは送る必要はありません。

今まで使っていた端末がiPhone以外の場合は、ドコモやソフトバンク、auなどの下取りプログラムを使いましょう。

大手キャリアで型落ちのiPhoneを選ぶ

大手キャリアでは型落ちのiPhoneを新品で取り扱っています。キャリアごとでiPhone 11以前のラインナップはことなり、価格は30,000円台からです。

iPhoneのモデルドコモソフトバンクau
iPhone XS Max83,520円124,800~164,945円125,018~164,945円
iPhone XS34,666~102,240円113,018~153,163円72,654~153,163円
iPhone XR32,266~72,000円85,090~102,109円70,036~102,109円
iPhone Xなし113,018~130,036円なし
iPhone 8 Plusなし78,981~96,000円なし
iPhone 853,200円53,018~85,090円53,018~60,7871円
iPhone 7 Plusなしなしなし
iPhone 739,600円36,000円なし

モデルの中には発日当初の半額以下になっているiPhoneもあります。

しかし、型落ちのiPhoneは在庫がどのキャリアも限定的で、特定の容量しかなかったり店頭のみであることが多いです。

希望の端末を探すのは難しいかもしれませんが、見つかれば中古よりは長い期間使い続けやすいです。

値下げされる安い時期を狙う

iPhoneは発売された直後は高いので、値下げされるまで待ってみるのも1つの手です。型落ちになるタイミング以外で、時期によって端末価格が直接値下げされます。

例えば、ドコモでは2020年4月にiPhone 11とiPhone 11 Proの価格が11,000円引きされました。

また、2019年8月にソフトバンクのオンラインショップでiPhone 8とiPhone XSが20,000円以上値引きされました。

iPhoneの値引きが起きやすいタイミングは、新型が発売される9月前後や翌年の1月、3~4月です。購入を急いでいないときは、安くなるのを待ってみるのもおすすめです。

格安SIMなら月額料金までトータルで安くできる

格安SIMなら型落ちの安いiPhoneを購入でき、料金プランは大手キャリアより安くなる可能性が高いためおすすめです。

格安SIMの中でおすすめのワイモバイルなら、iPhone 7の定価が36,000~45,818円で、新規や機種変更の割引を使うと約24,876円です。

ワイモバイルの料金プランは2680円からで、1回10分以内の国内通話は無料です。iPhone 7を36回払いにすると、毎月3372円の負担で使えます。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

最新iPhone 13を公式Webサイトから今すぐ予約・購入!
docomo
公式Webサイト
au
公式Webサイト
SoftBank
公式Webサイト
楽天モバイル
公式サイト

賢く安いiPhoneを購入しよう

iPhoneは購入するモデルや購入場所を吟味すると、想定より安い価格で入手できます。

  • 最新モデルならiPhone SE(第2世代)
  • 大手キャリアなら複数のキャンペーンを利用
  • 中古は高品質なiPhoneがそろっているIIJmio
  • 新品で型落ちはトータルで安いワイモバイル

iPhoneはたとえ型落ちでも高性能なものがあるので、今から購入しても数年間は使い続けられるでしょう。選択肢の幅を広げて、少しでも安いiPhoneを入手してください。

SHARE!!

あわせて読みたい