1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【2020年最新】ドコモでおすすめのガラホはどれ?ガラホ対応機種と料金プランを紹介

【2020年最新】ドコモでおすすめのガラホはどれ?ガラホ対応機種と料金プランを紹介

ドコモから現在発売中のガラホ対応機種を紹介しています。この記事では、ドコモのガラホ料金プラン、ガラホに適用されるキャンペーン、ガラホを利用するときの注意点について解説しています。また、ガラホでLINEを使うことができるのかについても紹介しています。

外見や操作性はガラケーと同じなのに、中身にAndroidのOSが搭載されているガラホは、スマホを扱うことが難しいシニア世代や、ガラケーからの機種変更を考えている人におすすめです。

ガラホはauで販売されている機種の名称なので、ドコモではガラホではなく、ドコモケータイという名称で販売されています。

ドコモでは、4機種のガラホを販売中です。

この記事では、ドコモで販売中の最新ガラホ対応機種、ガラホ利用者向けのドコモの料金プラン、ドコモでガラホを契約する場合の注意点を解説しています。

また、ドコモのガラホでLINEを使えるのかどうかについても、詳しく解説していきます。

ドコモのガラホ対応機種

ドコモでは4機種のガラホを販売中です。ここでは、ドコモのガラホ対応機種を紹介しています。

機種名重量高音質通話バッテリー容量ディスプレイサイズ
arrows ケータイ F-03L約133g対応1,680mAh約3.4インチ
AQUOS ケータイ SH-02L約125g対応1,680mAh約3.4インチ
P-smart ケータイ P-01J約132g非対応1,800mAh約3.4インチ
カードケータイ KY-01L約47g対応380mAh約2.8インチ

arrows ケータイ F-03L

arrows ケータイ F-03Lには、約3.4インチの大画面に、通常の1.8倍の大きさの文字で読みやすいユニバーサルデザインフォントが搭載されています。

片手でワンプッシュするだけで携帯を開くことができます。人口工学に基づいたデザインのボタンは押しやすくて、快適な使い心地です。

防水・防塵機能が付いているので、料理中やお風呂場のでも問題なく使用できます。

使いやすさと頑丈さを両立しているので、プライベートでもビジネスでも安心して使いたい人におすすめです。

AQUOS ケータイ SH-02L

AQUOS ケータイ SH-02Lには、面積が15%大きくなった「でかレシーバー」を搭載しているので、高音質で聞きやすい通話を実現しています。

文字や色調を見やすい画質にするはっきりビューを利用すれば、普段は見にくい地図も見やすくなります。ユニバーサルデザインフォントを採用しているので、メールも楽に見られます。

電池への負担が少ないインテリジェントチャージにより、長期間使用しても電池が劣化しにくく、卓上ホルダに置くだけなので、簡単に充電を開始できます。

耐衝撃対応で落としても壊れにくく、同じ携帯を長く使いたい人におすすめです。

P-smart ケータイ P-01J

P-smart ケータイ P-01Jは、パナソニック独自の技術であるプレミアムトークにより、通話相手の声が通常の2.5倍になるので聞き取りやすいです。

よく使う機能は34機能の中から自由に登録可能です。

マルチワンタッチボタンによくかける人の電話番号を登録しておくと、ボタンをワンプッシュするだけで相手に電話をかけられようになります。

1つ1つのボタンの文字が大きくて見やすいので、メールや電話の操作も快適です。

防水やワンセグ機能もついていて、おサイフケータイにも対応しているので、携帯電話としての使いやすさを求める人におすすめです。

カードケータイ KY-01L

カードケータイ KY-01Lは、スマホの3分の1の重さなので、ポケットやカードケースに入れて持ち運べます。

操作をしない静止画面の状態だと、消費電力はゼロなので、小型なのに電池切れを起こすことがありません。

反射型のディスプレイなので、どのような角度からも文字が読みやすく、太陽光の下にいても目が疲れず、高い解像度を楽しむことができます。

4Gケータイ世界最薄の厚さ5.3mmのカードサイズなので、ケータイを手軽に持ち運びたい人におすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモのガラホ料金プラン

ドコモのガラホで利用可能な料金プランを解説しています。

ケータイプラン

ケータイプランでは、毎月100MBまでデータを利用できます。利用可能データ量を超えた場合は、1GB1,000円で、いつでもチャージ可能です。

月額料金(解約金)定期契約なし1,370円(なし)
定期契約あり1,200円(1,000円)
利用可能データ100MB
国内通話料家族間通話無料
家族以外への電話30秒/20円
SMS送信料 国内1回あたり3円~(受信は無料)
SMS送信料 国際SMS1回あたり50円~(受信は無料)

通話をよく利用するなら音声オプションを追加する

ガラホで電話をよく利用する人は、定額制でお得な音声オプションがつけられます。

音声オプションは、国内通話が無料の「かけ放題オプション」と、5分以内の国内通話が無料の「5分通話無料オプション」の2種類から選べます。

かけ放題オプション

かけ放題オプションは、国内通話がかけ放題になるお得な音声オプションです。月額料金は1,700円です。

月の電話料金が1,700円を超える場合や、家族以外の人に長時間電話をかける機会が多い人におすすめです。

5分通話無料オプション

5分通話無料オプションは、1回あたり5分以内の通話が定額の対象になります。5分を超えた場合は、30秒ごとに20円の通話料がかかるので気をつけてください。

月額料金は700円で、こちらもケータイプランと組み合わせて申し込むことができます。

5分通話無料オプションは、5分以内の短い通話が多く、月の電話料金が700円を超える人や、家族以外の人に5分以内の短い電話をかける機会が多い人におすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら

ガラホに適用されるキャンペーン

ガラホで申し込んだ料金プランにキャンペーンを適用させることで、料金を安くできます。ここでは、ガラホのプランに適用できるドコモのキャンペーンを紹介します。

dカードお支払割

dカードお支払割は、定期契約なしで契約した人が対象の割引特典です。

利用料金の支払い方法をdカードまたはdカード GOLDにすることで、2年定期契約と同じ月額料金を利用できるようになります。

割引額は、契約する料金プランによる違いはなく、一律月額170円です。

キャンペーン詳細月額170円割引
適用期間2019年10月1日〜終了日未定
適用条件「ドコモのギガプラン」「ケータイプラン」を契約し、利用月の末日に支払方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定

ずっとドコモ特典

ずっとドコモ特典もケータイプランの契約者が対象の特典です。

dポイントプログラムのステージと契約プランに応じて、毎年誕生月にdポイントが付与されます。

dポイントクラブのステージギガプランケータイプラン
プラチナステージ3,000pt1,200pt
4thステージ2,000pt1,200pt
3rdステージ1,500pt1,200pt
2ndステージ1,000pt1,000pt
1stステージ500pt500pt

キャンペーンの詳細は次の通りです。

キャンペーン詳細毎年お誕生月にdポイントをプレゼント
適用期間2019年6月1日~終了日未定
適用条件「ドコモのギガプラン」「ケータイプラン」を契約

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモのガラホを契約する場合の注意点

ドコモのガラホには事前に知っておきたい注意点があります。ここでは、ドコモのガラホを契約する場合の注意点を解説します。

タッチパネルでは操作できない

中にはスマホのようにタッチパネルで操作できると勘違いしてしまう人もいますが、ドコモのガラホはすべての機種がボタン操作なので、タッチパネル操作には対応していません。

ガラケーユーザーにとってはボタン操作のほうが違和感がないのでメリットになりますが、タッチパネルが便利だと感じている人にとってはデメリットでしょう。

タッチパネル操作が便利だと感じているなら、ガラホではなくスマホへの機種変更を検討してください。

アプリのインストールには非対応

ドコモのガラホにはAndroidのOSが搭載されていますが、スマホのように自由にGoogle Playからアプリをインストールすることはできません。

Google Playだけでなく、公式コンテンツのdマーケット経由でも、アプリのインストールは不可です。

ガラケーで利用していたゲームなどのアプリも利用できないので、機種変更の際はその点を留意してください。

ドコモのガラホでLINEは使えるのか

ドコモのガラホでLINEは利用できないのでしょうか?ここでは、ガラホでのLINE利用について詳しく解説します。

LINEが使えるガラホは販売されていない

残念ですが、ドコモで発売されているガラホの中に、LINEが使える機種はありません。

以前はP-smart ケータイ P-01Jのみ使用できていたのですが、LINEアプリの新規ダウンロードが終了しているため、これから購入しても使用できなくなっています。

プッシュ通知機能はすでに終了している

プッシュ通知とは、LINE上でメッセージを受信した際に、ホーム画面でお知らせしてくれる機能のことです。

LINEプッシュ通知機能は、2020年3月31日で終了しています。

すでにLINE対応のドコモのガラホを持っている人も、LINEアプリを都度開いてメッセージを確認する必要があるため非常に不便です。

新規ダウンロードとプッシュ通知が終了しているので、LINEのガラホでの利用はほぼ終了となることが予想されます。

LINEを使いたいならスマホを選ぶしかない

ドコモのガラホ最新機種はLINEに対応していないので、残念ながら4GケータイのLINEアプリサービスはこのまま終了になる可能性が高いです。

どうしてもLINEアプリを利用したい人は、スマホへの機種変更を検討してください。

ドコモからは、らくらくスマートフォンというシニア向けのスマホも販売されています。スマホの操作が苦手な人がLINEをしたい場合は、らくらくスマートフォンをおすすめします。

ドコモオンラインショップはこちら

シニアにおすすめのスマホはこちらをご一読ください。

ドコモのガラホは通話専門の人におすすめ

ドコモでは使いやすさや頑丈さに優れた4機種のガラホを販売しています。中には防水機能が備わっている機種もあるので、利用シーンに合わせて最適な1台を選びましょう。

料金プランはケータイプランに、かけ放題のオプションをつけることもできます。

また、料金を安くしたいならキャンペーンを利用しましょう。キャンペーンごとに適用条件や申込方法が違うので、忘れずにチェックしましょう。

残念ですが、これからドコモでガラホを購入しても、LINEアプリを利用できません。

ガラホはアプリの使用には向いていないので、定額の音声オプションを組み合わせて通話専用の機種として活用してください。

SHARE!!

あわせて読みたい