1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」が10月27日開始へ

「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」が10月27日開始へ

SIMカード

格安SIM「BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)」が、10月27日より「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」オプションを提供開始します。文字通り3分以内の国内通話が月額650円の追加料金で定額となり、3分を超えたあとも通話料金は約半額に!

格安SIM「BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)」が、10月27日より「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」オプションを提供開始します。文字通り3分以内の国内通話が月額650円の追加料金で定額となり、3分を超えたあとも通話料金は約半額に!

続々と「通話定額」「かけ放題」プランを発表しているMVNO各社ですが、BIGLOBE(ビッグローブ)のオプションはどのようになっているのでしょうか?確認してみましょう!


BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)、3分かけ放題を提供へ

大手プロバイダーのBIGLOBE(ビッグローブ)が提供する格安SIM「BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)」ですが、2016年10月27日より「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」を開始します。

出典:BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわ3分かけ放題の月額料金

「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」は、通話SIMの月額料金に650円(不課税)を追加することで、文字通り「3分以内の国内通話がかけ放題」になるオプションです。もしオプションを追加した場合、合計の基本料金は以下のようになります。

BIGLOBE3分かけ放題を利用した場合の通話SIM基本料金
(1GB)音声通話スタートプラン:2,162円~(1,512円+650円)
(3GB)エントリープラン:2,378円~(1,728円+650円)
(6GB)ライトSプラン:2,972円~(2,322円+650円)
(12GB)12ギガプラン:4,322円~(3,672円+650円)

3分以内の通話が定額になるので、もし「短時間の電話をかける回数が多い」方なら、お得に電話をかけることが可能です。

3分を超えた場合の通話料金


出典:BIGLOBEでんわ

3分を超えて通話した場合にも、約半額の30秒10円(不課税)で発信することが可能です。通常の通話料金といえば30秒20円(税別)なので、通話の多かった方もお得に格安SIMに乗り換えることができるようになっています。

BIGLOBEでんわ3分かけ放題は「音声通話SIM」で使える

3分かけ放題オプションを利用するには、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の音声通話SIMで利用する必要があります。

これはインターネット回線を利用したIP電話とは違い、通常の通話回線を利用して、そこに付加番号(4ケタ特番)を追加することで割引を実現するシステムを採用しているからです。よって通話SIMの契約が必要ですが、「BIGLOBEでんわ(Google Play/iOS)」の専用アプリから通話をすれば、番号付加など難しい設定は不要となっています。

高品質の通話環境

すでに紹介した通り「でんわ3分かけ放題」はIP通話とは違い電話網を利用するため、音声の途切れや聞きとりにくさが少ないのが特徴です。

IP電話の方が通話料金自体は安くおさまる場合もありますが、通話がしっかり聞き取れないのでは意味がありません。そう言った面でも、プレフィックス方式を利用したBIGLOBE(ビッグローブ)の通話定額はオススメです。

発信できない電話番号もある

基本的には携帯電話番号や固定電話番号などほとんどにかけることができますが、BIGLOBEでんわでは発信できない番号や、相手先に自分の番号が通知されない場合もあります。

※110、119などの3桁特番や、0120、0800、0570などで始まる電話番号は、「BIGLOBEでんわ」で発信された場合でも自動的に標準通話に切り替えて発信します。
※NTT東日本/NTT西日本の固定電話に発信する場合、発信者番号は相手先に通知されません。

出典:BIGLOBEでんわ

ただし3分かけ放題のオプション利用者は音声通話SIM契約になっているはずなので、上記の番号にかける場合は「BIGLOBEでんわ」ではなく、通常の電話アプリからかけることで発信可能です。特に110、119、117など緊急の番号にかける際は即座にかける必要も出てくるので、「緊急の電話はBIGLOBEでんわ以外を使う」ということを覚えておくべきでしょう。

公式サイト:BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEでんわ 3分かけ放題は本当にお得?

10月27日よりかけ放題プランを提供するBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ですが、果たして他のMVNOと比較して本当にお得なのでしょうか?比較してみました。

まずは先ほどのかけ放題と通話SIMをセット利用した場合の月額基本料金を紹介。

BIGLOBEでんわ3分かけ放題とセットの月額料金月額料金データ通信容量
音声通話スタートプラン2,162円〜1GB/月
エントリープラン2,378円〜3GB/月
ライトSプラン2,972円〜6GB/月
12ギガプラン4,322円〜12GB/月

IIJmio(みおふぉん)との比較

はじめはIIJmio(みおふぉん)と比較してみましょう。両者3分以内のかけ放題を提供しているので比較し易いのですが、基本料金は3GBのプランではIIJmio(みおふぉん)が、6GBのプランではBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の方が安くなっています。

BIGLOBE SIMIIJmio(みおふぉん)
(3GB)2,378円〜(3GB)2,376円〜
(6GB)2,972円〜(6GB)3,024円〜
(12GB)4,322円〜(10GB)4,168円〜

大容量プランは12GBと10GBなので比較するのが難しいところですが、価格差が154円しかないので、こちらはBIGLOBE(ビッグローブ)の方がお得感があります。

ただしIIJmio(みおふぉん)の3分通話定額は、「家族(同一mioID)なら10分以内」と、家族への通話は定額通話の時間が長くなります。家族で格安SIMの通話を利用するなら、IIJmio(みおふぉん)の方がお得になる可能性が高いです。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

b-mobile(ビーモバイル)との比較

日本通信のb-mobile(ビーモバイル)も、10月6日から「通話3分定額オプション」を提供しています。月額540円の追加料金で利用可能となっており、月額料金変動制のプラン「おかわり SIM」でも利用可能です。


出典:日本通信

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)と比較すると以下のようになります。

BIGLOBEb-mobile(おかわりSIM)
(1GB)2,162円〜(1GB)1,944円〜
-(2GB)2,214円〜
(3GB)2,378円〜(3GB)2,484円〜
-(4GB)2,754円〜
-(5GB)3,024円〜
(6GB)2,972円〜-
(12GB)4,322円〜-

1GBプランの月額料金はb-mobile(ビーモバイル)の方が安いですが、3GBプラン・また5GB対6GBのコストパフォーマンスでもBIGLOBE(ビッグローブ)の方が安くなっています。ただし若干の違いはありますが、月額料金だけで見るとそこまでの差はありません。

注目しておきたいのが、b-mobile(ビーモバイル)の通話3分定額オプションは「3分以内の国内通話が、1日50回まで」という制限があります。1日50回というとかなりの回数となりますが、こう言った部分も含めるとBIGLOBE(ビッグローブ)の方がお得と言えるかもしれません。

公式サイト:BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEでんわ3分かけ放題まとめ

今回の記事では、10月27日から開始される「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」の内容をまとめました。他社MVNOの3分通話定額と比較すると月額料金はほとんど変わらないものの、家族内通話などが絡むとおすすめのプランも変化します。詳細は公式サイトで確認しておきましょう。

大容量プランがお得、バランス型SIMなら
BIGLOBE(ビッグローブ)
家族間で通話を長くするなら
IIJmio(みおふぉん)
かけ放題+月額料金変動型なら
b-mobile(ビーモバイル) おかわりSIM