1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 選ぶ前に知っておきたい格安SIMの「速度」とは

選ぶ前に知っておきたい格安SIMの「速度」とは

ドコモやauなどの大手キャリアに対し、受信実効速度の表示について総務省から指示が出されました。速度の基礎知識は格安SIMの選択にも役に立ちます。通信速度の目安がわかれば、MVNOを賢く選べるはず!どの格安SIMの速度が速いかなどについてご紹介します。

格安SIMの「速度」は調べる上でかかせないキーワード。
MVNOを比較して最適な格安SIMを選ぶためには、通信速度について詳しく知っておく必要があります。最近では、ドコモやauなどの大手キャリアにもベストエフォートの表示を改定するよう総務省から指示が出されました。

name

ベストエフォートとは?MbpsやKbpsといった単位はどうやって見ればいいの?そんな点も含めながら、速度の速いMVNOの選び方をご紹介しましょう。

MVNOや格安SIMで表示される「速度」とは?

まず、MVNOを選ぶ時の基本になる通信速度の基礎知識を取り上げます。速さには二つの種類がありますが、それぞれ何を示しているのか見ていきましょう。

「最大速度」とは

データ通信の表示には、この「最大速度」が書かれています。ベストエフォートとも呼ばれていて、つまり理論上、「最大でこのくらいの速さで通信することが可能です」という意味。

格安SIMでは下り最大150Mbps、と表示されているものが多いです。

「下り」と「上り」について

下り150Mbps、上り50Mbpsという表示を良く見かけます。この下りは「ダウンロード」のことで上りとは「アップロード」と同義語です。

サイトを閲覧したりメールを受信するのはダウンロードで、メールを送信する時など情報をインターネットに送ることはアップロードといいます。

「実効速度」とは

ではもう一つの種類の速さは何でしょうか?これは実際に出ているデータ通信のスピードのこと。つまり最大値を示すベストエフォートは最も理想的な状態のことで、それに対して実効速度は現実的な通信状態を表しているんです。

ベストエフォートでは150Mbpsと表示されていても、実際には2~3Mbpsの速さしか出ていなかったり、時間によっては500Kbps以下ということがMVNOでは一般的です。本当に使える格安SIMを選ぶためにはベストエフォートを調べるのではなく、実効速度を調べる必要があるというワケですね。これは利用場所の混雑具合や時間帯によっても変化するので、様々な統計やレビューを調べてみないといけません。

速さの
単位
1Mbps=1000Kbps500Kbpsは0.5Mbpsということになります。
Mbpsとは?
1秒間に送ることが可能なデータ量のこと

総務省の報告書によると

表示されているベストエフォートと実際のスピードでは違いがありすぎるという苦情や相談が多くなっていることを受けて、総務省の報告書案は受信実効速度も表示するよう大手携帯キャリアに求めているようです。

これからの広告では、150Mbpsではなく11~37Mbpsといった表示を見かけることになりそうですね。

格安SIMの速度はどのくらいの速さが必要?

どのくらいの速度でどのくらいのことができるのでしょう?これがわかれば、格安SIMの選び方もわかるハズ!

動画を快適に見れる速さ

動画視聴は、通信の中でも最も重いデータ通信の部類に入ります。5Mbps前後の速さであれば、動画が途中で止まったりぶつ切れになったりするストレスを感じずに、快適に見れるでしょう。

例えばぷららの無制限SIMではベストエフォートが3Mbpsになっていましたが、動画視聴にも差し支えのないプランとして売り出されたようです。3Mbpsが持続されていれば、動画視聴は問題ないようですね。

1~2Mbpsになると、動画を見るには少し遅いかなという感じ。動画の読み込みが遅くなったり途中で止まってしまうことがあるかもしれません。

画像が多いサイト閲覧に適した速さ

サイト閲覧にはそれほど通信量を使いません。画像が多い場合は少し重いので1Mbps以上であることが必要ですが、画像が多くなければ200Kbps前後でもそれほどページを開くのに時間はかからないでしょう。

テキストメールなどができる速さ

テキストメールなどは低速通信でもできることの代表例です。LINEやツイッターなどのSNS、メールは200Kbps以下でも余裕で可能。

速度できること
1Mbps以下メールや軽いサイトの閲覧
動画視聴には適さない
1~2Mbps画像が多いサイトの読み込み
動画視聴には少し遅い
3~5Mbps動画視聴は快適にできる
MVNOの速度で
選ぶ格安SIM
メールなどしか使わないライトユーザーは200Kbpsしか出ないMVNOでもOK
動画などを見るハードユーザーは3~5Mbpsくらいが安定して出るMVNOが良い

速度が速いおすすめ格安SIM3社

速度が速いおすすめ格安SIM1・UQモバイル(ユーキューモバイル)


出典:UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイル(ユーキューモバイル)は格安SIMの中でも珍しいau回線の格安SIMとなっています。UQモバイル(ユーキューモバイル)の通信速度が安定している理由は、UQコミュニケーションズ株式会社によるMVNOのため、事業者を挟まないで通信網が利用可能だからです。

UQモバイル(ユーキューモバイル)の月額料金

UQ mobile月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度SIM枚数
データ高速プラン1,058円1,814円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,138円2,894円無制限送受信最大500kbps1枚
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,138円
(14ヵ月以降は3,218円)
最大3GB
(26ヵ月以降は1GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,218円
(14ヵ月以降は4,298円)
最大9GB
(26ヵ月以降は3GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,378円
(14ヵ月以降は6,458円)
最大21GB
(26ヵ月以降は7GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

UQモバイル(ユーキューモバイル)の月額料金はこのようになっています。筆者のおすすめは「データ高速プラン」か「データ無制限プラン」です。月のデータ通信量が3GBで十分だという方はデータ高速プランで良いですし、それ以上使いたいという方はデータ無制限プランを選びましょう。

おしゃべりプランやぴったりプランは2年間は良いのですが、2年が経過すると月額料金が高くなってしまうので、個人的にはおすすめしません。ですが新しい端末をセットで購入するという場合などはぴったりプランやおしゃべりプランの方がお得になるケースも多いので一度公式サイトで確認してみてください。

UQモバイル(ユーキューモバイル)は通信速度の評判が非常に良く、さらに値段も格安SIMの中で最も安いとは言えませんが、通信速度と並べてみるとコストパフォーマンスは十分となっています。

格安SIMの中で通信速度が最も安定した速度が出ている会社なので、月額料金を安くしたいけど通信速度は重要だと考えている方はUQモバイル(ユーキューモバイル)を選びましょう。

公式サイト:UQモバイル(ユーキューモバイル)

速度が速いおすすめ格安SIM2・Y!mobile(ワイモバイル)


出典:Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクモバイルに吸収合併されたソフトバンク傘下のMNOとなります。Y!mobile(ワイモバイル)も大手通信会社から回線を借りず、自社の回線を利用してサービスを提供しているので通信速度が安定しています。

Y!mobile(ワイモバイル)の月額料金

Y!mobile月額料金高速通信容量データ容量2倍オプション通信速度SIM枚数
スマホプランS2,138円(利用開始翌月から12カ月以降:3,218円)2GB/月(2年経過後:1GB/月)24カ月以降も継続する場合は3,758円(2GB/月)下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランS
(最低契約期間なし)
5,918円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランM3,218円(利用開始翌月から12カ月以降:4,298円)6GB/月(2年経過後:3GB/月)24カ月以降も継続する場合は4,838円(3GB/月)下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランM
(最低契約期間なし)
6,998円3GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランL5,378円(利用開始翌月から12カ月以降:6,458円)14GB/月(2年経過後:7GB/月)24カ月以降も継続する場合は6,998円(3GB/月)下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホベーシックプランL
(最低契約期間なし)
9,158円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランS
2,138円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データベーシックプランS
(最低契約期間なし)
4,298円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランL
3,991円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データベーシックプランL
(最低契約期間なし)
6,151円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚

Y!mobile(ワイモバイル)の月額料金はこのようになっています。見ていただくと分かるかと思いますが、格安SIMを検討している方にとってこの月額料金はあまり魅力がないのではないでしょうか。もちろん大手通信会社よりは圧倒的に安いので、Y!mobile(ワイモバイル)だけで見ると魅力的ですが、UQモバイル(ユーキューモバイル)などと比較すると少し高く感じてしまいます。

Y!mobile(ワイモバイル)は無料で10分以内の通話がかけ放題になりますし、ヤフーショッピングで貰えるポイントが増えるなどのメリットもあります。ヤフーショッピングでよく買い物をするという方はY!mobile(ワイモバイル)を選んでも良いですが、それ以外の方はUQモバイル(ユーキューモバイル)を選んだほうが満足度は高いかと思います。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

速度が速いおすすめ格安SIM3・IIJmio(みおふぉん)


出典:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)も通信速度が安定して速い格安SIMです。通信速度はUQモバイル(ユーキューモバイル)やY!mobile(ワイモバイル)の方が速くなっていますが、IIJmio(みおふぉん)は長い期間安定した通信速度を維持しているという特徴もあります。

IIJmio(みおふぉん)の月額料金

IIJmio タイプD月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
※キャンペーン中
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円
648円
3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,397円
1,318円
6GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円3,520円
2,441円
12GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大10枚
夏トク!キャンペーンにつき2019年9月30日まで音声機能付きSIM3カ月間月額1,080円割引

IIJmio(みおふぉん)の月額料金は上記の通りとなります。IIJmio(みおふぉん)の月額料金はUQモバイル(ユーキューモバイル)やY!mobile(ワイモバイル)と比較して安くなっています。通信速度はUQモバイル(ユーキューモバイル)の方が速いことが多いですが、安定性という部分ではIIJmio(みおふぉん)の方が上です。

これから遅くなることが絶対にないとは言い切れませんが、たくさんのユーザーを抱えても通信速度が遅くならなかったので、これから急激に遅くなるという可能性は少ないかと思います。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

速度の速いMVNO&格安SIMについてまとめ

通信の速度とはどんなものかわかると、自分に合う格安SIMも見つけるのが簡単になりそうですね!安定感のあるMVNOや速いと話題になっているMVNOのプランの内容をさらによく調べて試してみてください。

プランを詳しく
調べる
OCN
IIJmio
NifMo(ニフモ)
UQ mobile(UQモバイル)

MVNOの名前の部分を押すと、プランの詳細やお得情報を見ることができます。

プランを探すのに助けになる「プラン診断」もあります。無料で自分に合うSIMを診断してくれるので、ぜひチェックしてみましょう。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい