1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題についてまとめました!

イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題についてまとめました!

SIMフリー

イオンスマホは非常に幅広い料金プランが用意されていて、格安SIM初心者の方でも格安SIMに慣れてたくさん通信をしたいという方にもおすすめの格安SIMです。今回はそんなイオンスマホのかけ放題についてまとめていくので、通話をたくさんしたいという方は参考にしてください。

イオンモバイルは幅広い料金プランが用意されていることと、全国のイオンでサポートが受けられることから初心者にも料金プランを慎重に選びたい上級者の方にもおすすめの格安SIMです。ここではイオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題についてご紹介していくので、イオンスマホのかけ放題が気になっているという方はぜひご覧ください。

電話を掛ける女性

イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題プランとは?

10分かけ放題
出典:イオンモバイル(イオンスマホ)公式サイト

イオンモバイル(イオンスマホ)にはかけ放題プランが2つ用意されています。「イオンでんわ 10分かけ放題」と「050かけ放題」プランのことです。

イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題プランの料金

「イオンでんわ 10分かけ放題」と「050かけ放題」の料金をそれぞれ確認してみましょう。

イオンでんわ 10分かけ放題:月額918円
イオンでんわの10分かけ放題は、月額918円で利用可能な通話定額サービスです。国内通話なら固定電話や携帯電話に何回掛けても10分以内は無料、10分を過ぎても10.8円/30秒と通常の半額で済むためとてもお得になっています。
イオンでんわ 050かけ放題:月額1,620円
050かけ放題は月額1,620円で24時間回数無制限となっています。050の番号が貰えるIP電話となりますが、他の会社とは違い回数と時間に制限がないことが特徴です。月額料金は1,620円ですが、申し込む時に事務手数料として1,080円かかります。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

「イオンでんわ 10分かけ放題」の2つの特徴

他の会社のかけ放題プランとの違いを参考に、「イオンでんわ 10分かけ放題」の2つの特徴を紹介します。

特徴①:音質の良い通常の電話回線を利用

通常の電話回線を利用しているため、IP電話のような音質の劣化がありません。そのため、声が聞き取れない、ラグがひどいなどのトラブルに巻き込まれる可能性が低く快適に通話できます。

特徴②:今ならキャンペーンで半額に!?

2017年7月1日~9月4日で実施中の「納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン」を利用すれば、通常918円の月額料金が459円と3ヶ月間半額になります。キャンペーン期間中の申し込みで3ヶ月間半額になるため、電話をよく利用する方にとって今が契約のチャンスです。

「イオンでんわ 10分かけ放題」の2つの注意点

「イオンでんわ 10分かけ放題」の2つの注意点を紹介します。

注意点①:割引対象外の国際電話

国内電話は10分かけ放題の対象ですが、国際電話は対象になりません。10分超過後の10.8円/30秒の料金も適用がないため、国際電話を掛ける際は別サービスの利用を検討しましょう。

注意点②:料金の日割り計算はなし

契約日、解約日に基づく日割り計算はありません。契約や解約が月途中であっても、満額(10分以内の通話定額料金918円+10分超過分の料金)が請求されます。そのため、月初に契約、月末に解約すると最もお得にイオンモバイル(イオンスマホ)を利用できます

「イオンでんわ 050かけ放題」の4つの特徴

他の会社のかけ放題プランとの違いを参考に、イオンでんわの050かけ放題の4つの特徴を紹介します。

特徴①:制限がない

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題は回数などの制限が一切ありません。1回5分までの通話が無料になるようなかけ放題はありますが、完全無制限のかけ放題はなかなかありません。

他の会社のかけ放題オプションと比較するとイオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題オプションは少し高く感じてしまいますが、制限がないことなどを考えると妥当な料金ではないでしょうか。

特徴②:データSIMでも使える

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題はデータSIMでも使えるため月々のSIMの料金をかなり抑えられます。

特徴③:海外でも使用可能

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題は、海外から国内への発信もかけ放題の対象になっていることも特徴です。その時はWi-Fiに繋がっていないといけませんが、海外はWi-Fiスポットも非常に多くなっているので使いやすいでしょう。

特徴④:複数の端末から使える

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題は複数の端末を使い分けている場合でも同じ番号から発信が可能です。またこの050かけ放題は家族でシェアすることも可能です。発信専用の番号として利用すれば家族での通話も無料となります。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

「イオンでんわ 050かけ放題」の4つの注意点

ここからはイオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題の4つの注意点を紹介します。良いところももちろん多いのですが、気を付けないところもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

注意点①:発信時と着信時のどちらもデータ通信料がかかる

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題はIP電話となっています。そのため通話中は通信が発生するのでデータ通信料がかかってしまいます。1分の通話で大体250KBの通信量になることが多いようです。

1時間の通話を1ヶ月毎日行うような場合は、1日15MB×30日で450MBの通信量がかかります。またこの050かけ放題は待受中も通信がかかるのですが、ずっと起動し続けていても1日150KBなのであまり気にしなくても大丈夫です。

この050かけ放題は通信速度は20kbps程度でかまわないので、イオンモバイル(イオンスマホ)のSIMを使っている時は低速モードに切り替えても良いでしょう。

注意点②:通常の電話より品質が劣る

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題は先程も書いたようにIP電話となっています。IP電話なので通常の電話と比較して通話の品質が少し劣ります。音質が悪いだけでなく遅延が起きてしまったり通話が途切れたりする可能性があります。そのため仕事などの重要な通話の場合は050かけ放題をあまり使わないようにしましょう。

注意点③:緊急通報などが出来ない

イオンモバイル(イオンスマホ)のものに限らず、IP電話は110番、119番などの緊急通報がかけられません。緊急通報は何度も使うものではありませんが、いざという時に使えないというのは気を付けないといけません。

注意点④:5時間連続して通話すると通話が終わる

イオンモバイル(イオンスマホ)の050かけ放題はどれだけ掛けても無料とはなっていますが、5時間連続して通話をすると強制的に通話が終わります。強制的に終わってしまいますがその後すぐにかけ直すことは可能です。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

イオンモバイル(イオンスマホ)の料金プラン


出典:格安スマホ・格安SIMのイオンデジタルワールド

イオンモバイル(イオンスマホ)の料金プランはこのようになっています。データSIMは非常に安い料金となっています。通話SIMの場合でも番号が2つとなるので、使い分けることも可能です。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題プランをお得に使おう!

イオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題プランのまとめは以上になります。10分かけ放題は月額918円で10分以内の通話なら追加料金なし、050かけ放題は月額1,620円で何度掛けても追加料金なしとなっています。050かけ放題はIP電話なので通話の品質が少し劣る、緊急通報が出来ないという注意点はあるもののそれ以上のメリットがあります。特に番号をシェアして家族間通話を無料にするというのは素晴らしいメリットです。

LINEやイオンモバイル(イオンスマホ)のかけ放題プランを使っていけば通話SIMが必要ないという人も多いのではないでしょうか。自分の使い道に合わせて契約するようにすると、かけ放題は非常に有効です。

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)