1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」は通話無制限!|料金や注意点・契約方法を解説

ワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」は通話無制限!|料金や注意点・契約方法を解説

更新日:2020.04.01

ワイモバイルには通話やデータ通信が無制限で利用できるプランがあります。それらのプランにはどんなメリットがあるのでしょうか。この記事では、無制限プランを利用する際のメリットや注意点、契約方法などを解説しているので契約の際の参考にして下さい。

格安でスマホやタブレットが利用できるワイモバイルでは、無制限で利用できるプランがあります。10分以内の通話が無制限で利用できたり、高速データ通信が無制限で利用できたりするプランです。

しかし、これは本当に無制限で利用できるのでしょうか。

無制限と聞くととても魅力的に感じる人は多いかもしれませんが、これらのプランには、契約前に知っておくべきことがあります。

この記事ではワイモバイルの無制限で利用できるプランの解説をしています。また、それらのプランにどのようなメリットがあるかや注意点を解説しているので、ワイモバイルの利用を検討している人は参考にしてください。

OCNモバイルONE

ワイモバイルの無制限プラン

ワイモバイルには、通話にもデータもどちらにも無制限プランがあります。ここでは、ワイモバイルで利用できる無制限のプランを見てみましょう。

無制限の通話プラン

ワイモバイルのスマホプランは、10分以内の国内通話が無制限で利用できます。

また、10分以上通話する人なら通話時間も無制限のプランがあります。

10分以内通話無料

ワイモバイルのスマホベーシックプランでは、S・M・Rどのプランを選んでも、1回10分以内の国内通話のかけ放題がついています。

月額料金に通話料金が含まれるタイプの料金プランで、とてもわかりやすくシンプルなプランです。

10分以内の国内通話なら通話回数は無制限ですが、1回の通話が10分を超えると、30秒あたり20円(税抜)かかります。

スーパーだれとでも定額

通話時間・通話回数が無制限になる「スーパーだれとでも定額」は、オプション料金を支払うことで他社も含むスマホや携帯、固定電話の国内通話が無制限にできるオプションです。

このオプションの月額料金は、以下のプランでは、1,000円(税抜)です。

料金プラン名月額料金(税抜)
  • スマホベーシックプラン
  • スマホプラン
  • ケータイベーシックプランSS
  • ケータイプランSS
1,000円

そして、ケータイプランならオプションの月額料金は、1,500円(税抜)ですが、通話かけ放題だけでなく、インターネットも無料になるので、パケットも無制限で使えます。

料金プラン名月額料金(税抜)
ケータイプラン1,500円

ワイモバイルを契約する!

無制限のポケットWiFiプラン

ポケットWiFiのプランには、高速データ通信が無制限で利用できるプランがあります。また、海外で利用する場合の定額プランもあります。

Pocket WiFiプラン2

ワイモバイルでポケットWiFiを利用する際には、高速データ通信量が無制限になるオプションがあります。

ポケットWiFiの基本プランは、「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」となり、月額料金は3,696円(税抜)です。

通常、このPocket WiFiプラン2(ベーシック)では、高速データ通信は7GBまでしか利用できませんが、アドバンスオプションの追加で無制限で利用できます。

なお、このアドバンスオプションの月額料金は684円(税抜)です。そして、Pocket WiFiプラン2(ベーシック)にアドバンスオプションをつけた月額料金は4,380円(税抜)です。

海外データ定額

ワイモバイルのポケットWiFiは、海外でも1日90円(税抜)で何日でもデータ通信ができるプランがあります。

月額料金3,980円(税抜)と海外での使用日数1日当たり90円(非課税)で、世界100カ国以上で利用できます。

ただし、高速データ通信容量は、国内の上限、海外での上限ともに7GBまでです。そして、このプランを利用するには、機種は「Pocket WiFi 701UC」が必要です。

ワイモバイルを契約する!

ワイモバイル各種プランの契約方法

ここでは、ワイモバイルの契約方法を見てみましょう。

店頭でも手続きはできますが、電話やマイワイモバイルでも手続きは可能です。

電話で契約

ワイモバイルの契約は電話でおこなうことができます。自動応答なので、音声ガイダンスに従って手続きを行えます。

  • ワイモバイルの電話から:116
  • 他社携帯電話・固定電話から:0120-921-156

上記の電話番号は、自動応答なので24時間手続きが可能です。

なお、手続きには、契約している携帯電話の電話番号と、契約時に設定した暗証番号が必要です。

マイモバイルでプラン変更

出典:ワイモバイル

契約の手続きは、Webからも行えます。

Webからの手続きでは、My ワイモバイルへのログインが必要です。携帯電話番号とパスワードがあればログインできます。

My ワイモバイルからの契約変更の流れは以下のようになります。

  1. My ワイモバイルにログインする
  2. サービス一覧の中から「契約内容の確認・変更」のなかのオプションサービスの変更を選択する
  3. 「お申込み可能なサービス」が表示されるので、その中に希望のサービスがあるかを確認、なければ、右下の「サービスを探す」をクリックする
  4. サービスを選択して、右にある「加入」をクリックする

このように、ネットを使えばものの数分で手続きができます。

ワイモバイルを契約する!

ワイモバイルの無制限プランのメリット

ワイモバイルの無制限プランを利用するとお得にスマホが利用できます。

ここでは、ワイモバイルの無制限プランにはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

かけ放題は回数無制限

一般的に大手キャリアや格安SIMで通話オプションをつけると、数百円から1,000円程度の月額料金がかかります。

しかし、ワイモバイルでは、10分以内の国内通話であれば何度でもかけ放題です。そして、他社の携帯にかける場合にも適用されます。しかも、この料金は、スマホの料金プランに含められています。

友人や家族に電話をかけても、要件を伝えるだけであれば10分以内ですませられる人がほとんどではないでしょうか。

他社ならスマホ料金にプラスで通話オプション料金がかかるものが多いですが、10分以内の通話で十分な人であれば、ワイモバイルを選べばスマホ料金だけで通話料金が含まれた金額で利用できます。

このように、ワイモバイルでは、スマホの料金プランにお得な通話無制限がついています。

ワイモバイルを契約する!

セット料金で割引になる

ワイモバイルでは、ソフトバンク光ソフトバンクエアーをスマホと一緒に利用すると、月額料金が毎月最大1,000円割引されるサービスがあります。

このサービスを使えば、おうちのネットをソフトバンク光やソフトバンクエアーにすると、自宅では高速データ通信が定額で無制限で利用できます。そして、スマホの月額料金も割引されます。

このようにワイモバイルなら自宅でネットを無制限に利用しながら、スマホの料金が安くなるサービスがあります。

ワイモバイルを契約する!

混雑している時間帯でも速度の低下が少ない

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営するサブブランドです。料金は格安SIM並みですが、位置づけはほかの格安SIMとは少し異なります。

ほかの格安SIMでは、大手キャリアの回線の一部を借りてサービスの提供を行っているため、借り受けている回線も狭く、混み合う時間帯には速度低下が見られます。

しかし、ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクの回線を利用してサービスの提供を行っています。

そのため、ほかの格安SIMのように回線が混み合う時間帯も速度低下やつながりにくいというトラブルが起きにくいのが特徴です。

このように、安い料金にもかかわらず通信品質は大手キャリアにも引けを取らない品質を持っています。

ワイモバイルを契約する!

スマホとセットの契約でお得になる

ワイモバイルでは、スマホの契約の際に端末を一緒に購入することで、お得にスマホが購入できるサービスがあります。

この端末がお得に購入できる「バリュースタイル」は、端末購入時に加入するとバリュースタイル価格で端末が購入できます。

バリュースタイルに加入すると、端末の支払い方法は、一括払いまたは、24回払い、36回払いから選択できます。

ただし、機種によっては、分割払いのみの機種もあります。

2019年9月30日までは、バリュースタイルの加入で月額割引がありましたが、2019年10月1日以降は、月額割引のサービスはなくなりました。

また、ワイモバイルでは、ワイモバイルが指定するSIMフリー端末が分割払い(24回)で購入できる「バリュースタイル(F)」のサービスも提供しています。

ワイモバイルを契約する!

ワイモバイルの無制限プランの注意点

契約後に後悔しないためにも、事前に無制限プランのサービス内容を詳しくチェックしましょう。

3日間の通信量で速度制限がかかる

ワイモバイルでは、3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えると、速度制御を行う場合があります。

速度制御になった場合、通信料がオーバーした翌日の18時から翌々日の午前1時までの間、最大通信速度が1Mbps程度となります。

これは、混雑回避や通信品質の確保のために行われています。速度低下が我慢できない場合には、3日間のデータ通信量が10GBを超えないように気をつけましょう。

アドバンスモードのエリアが狭い

アドバンスオプションは、高速データ通信が無制限で利用できるため、とても魅力的なオプションですが、このオプションに加入するときには注意点があります。

アドバンスモードのエリアは、通常のLTEのエリアとは異なり、通信可能エリアが狭く大都市を中心とする都市部が主なエリアとなっています。

そのため、アドバンスモード対応のエリア以外では、アドバンスモードを設定しても利用できません。このサービスの利用前には、自分が活動するエリアがアドバンスモードに対応しているか確認する必要があります。

かけ放題は新規割終了後に料金が上がる

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、新規割やおうち割 光セット(A)、家族割引サービスなどが適用されると、格安でスマホが利用できます。

おうち割 光セット(A)や家族割引サービスは、サービスの条件を満たしている間は適用され、割引が続きます。

しかし、新規割は、半年間のみの割引です。そのため、契約したときの始めの月額料金がずっと続くわけではありません。

半年後には月額料金が700円上がることを忘れないでおきましょう。

かけ放題の対象外になる電話がある

他社の携帯や固定電話でも10分以内の国内通話なら、何度でも無制限にかけられるワイモバイルのかけ放題ですが、中には対象外となる通話があります。

  • 国際ローミング
  • 国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(再生)
  • ナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)などから始まる、他社が料金設定をしている番号への通話料
  • 番号案内(104)への通話料・案内料
  • 着信転送サービスをご利用時の転送先への通話料
  • ワイモバイルが指定し、別途公表する電話番号への通話料

上記の通話は10分以内かけ放題の通話に含まれないので注意しましょう。

契約期間が長い

ワイモバイルは2019年9月30日で旧プランの受け付けを終了し、2019年10月1日からは新プランのみの受け付けとなりました。

そして、新プランは契約期間のないプランとなっています。そのため契約解除料が発生しません。

しかし、2019年9月30日以前にスマホプランを契約の場合には、2年定期契約の自動更新となっていました。

このように旧プランでは、契約期間が長く契約更新月以外での契約解除には、契約解除料9,500円がかかります。

旧プランで契約を行っている人は、契約期間が長期になっているため、契約の解除の際には注意しましょう。

データ容量のシェアは料金がかかる

ワイモバイルには、親回線が指定の料金プランに加入することで、データ容量が分け合える子回線専用のシェアプランがあります。

ただし、親回線の料金プランは以下のものに限られます。

料金プラン基本料金
スマホプランS・スマホベーシックプランS980円
スマホプランM・スマホベーシックプランM490円
スマホプランR・スマホベーシックプランR490円
スマホプランL・スマホベーシックプランL0円
データプランS980円
データプランS・データベーシックプランL0円

シェアプランが利用できるのは、上記のプランに親回線が契約している子回線の人が対象です。

なお、通信データ容量を分け合えるのは3回線までです。そして、親回線の契約プランに合わせて、子回線の契約ごとに上記の基本使用料がかかります。

無制限のプランの特徴をしっかり把握しておこう

ワイモバイルには無制限で利用できるサービスがいろいろあります。

しかし、無制限で利用できるサービスにも、事前に確認すべき注意点があります。

かけ放題のプランもデータ通信量無制限のプランも、事前に対象外の通話を確認したり、エリアを確認したりして、上手に無制限プランを利用しましょう。

ワイモバイルを契約する!

SHARE!!

あわせて読みたい