1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルのMNP転出方法を分かりやすくまとめました!

楽天モバイルのMNP転出方法を分かりやすくまとめました!

更新日:2019.08.29

楽天モバイルは楽天グループのMVNOであり、知名度が高くなっていきています。楽天グループの格安SIMということで信頼性や安心感があるため、利用者が増加してきています。ここでは楽天モバイルからのMNP転出の方法やかかる費用などを分かりやすくまとめていきます。

楽天モバイルは楽天グループの格安SIMで、人気がでてきているMVNOです。楽天グループの格安SIMということで、月額料金を支払うと楽天スーパーポイントが貯まっていくという特徴があります。

今回は楽天モバイルのMNP転出方法についてまとめていきたいと思います。楽天モバイルを利用していてMNP転出をしたいと考えている方はぜひご覧ください。


楽天モバイルのMNP転出の4つの流れ


出典:楽天モバイル

楽天モバイルを利用していて、今の電話番号のまま他の格安SIMなどのMVNOに乗り換えたいという場合はMNP転出を行う必要があります。

ステップ1:MNP予約番号を発行する

170421_rakutenmob_top
出典:楽天モバイル メンバーズステーション

楽天モバイルでMNP転出を行う場合は、楽天モバイルのメンバーズステーションにまずは行きましょう。

楽天モバイルのメンバーズステーションのURLはこちらになります。

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインするためにはユーザーIDとパスワードが必要となります。または楽天会員IDとパスワードでもログインは可能です。

メンバーズステーションにログインした後は、「会員メニュー」を選択し「登録情報・設定変更」の「MNP予約番号発行・確認」を選択しましょう。MNP予約番号の発行は手続きを行ってから2~3日程度で完了します。

ステップ2:MNP予約番号を受け取る

MNP予約番号を発行した後はMNP予約番号を受け取る必要があります。

楽天モバイルはメールなどでMNP予約番号が来るのではなく、自らメンバーズステーションにログインしMNP予約番号を確認する必要があります。MNP予約番号の申し込みを行った後、数日経過したら確認しに行くことを忘れないようにしましょう。

ステップ3:他社に申し込みをする

楽天モバイルで取得したMNP予約番号を利用して、乗り換えたい通信事業者に申し込みをしましょう。MNP転入が完了した段階で楽天モバイルの解約も完了となります。

ステップ4:楽天モバイルのSIMカードを返却

他社への乗り換えが完了した後は楽天モバイルのSIMカードを返却しましょう。SIMカードの返却先は後ほど記述致します。

終了日未定
【スーパーホーダイ申込特典】最大1,500円割引
【スーパーホーダイ限定】
楽天会員登録で1年間月額基本料金が1,500円/月割引
さらに、ダイヤモンド会員の場合プラス500円/月割引(1年間)
新しいスーパーホーダイは最低利用期間なし・契約解除料なし!初月は全プラン1,480円です。 詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイルでMNP転出をするときに必要なお金は?

楽天モバイルからMNP転出をするときに考えることはお金ではないでしょうか。楽天モバイルからMNP転出をするときに必要な金額をまとめていきます。

  • MNP予約番号の発行手数料:3,240円
  • 契約解除料:1万584円
  • 月額料金
  • 端末残り代金

契約解除料が発生してしまうのは最低利用期間内にMNP転出をする場合のみです。MNP予約番号を発行し、他社への転入が完了した日が楽天モバイルからの転出完了(サービス終了日)となり、解約月となります。

解約月の月額料金は日割り計算されず、満額支払う必要があります。MNP予約番号を発行したまま、他社への転入を済ませないまま翌月に入ってしまうと、翌月の月額料金も発生してしまうので気をつけましょう。

楽天モバイルでMNP転出をするときの4つの注意点

ここからは楽天モバイルでMNP転出をするときの注意点をまとめていきます。

1.契約解除料がかかる場合がある

楽天モバイルでMNP転出をするときの注意点の1つ目は、契約解除料がかかる場合があるということです。

楽天モバイルの利用開始月から12カ月以内にMNP転出をする場合、契約解除料1万584円が発生してしまいます。データSIMの場合は必要がないので覚えておきましょう。

2.料金について

楽天モバイルからMNP転出をする場合の月額料金について話したいと思います。楽天モバイルでは通常の解約の際は手続完了日がその月の15日以内でないと、翌月解約という扱いになってしまいます。

翌月解約扱いになっても日割り計算はされないので、翌月の月額料金を満額支払うことになります。MNP転出の場合は他社への乗り換えが完了した段階で解約完了になり、完了日の月が解約月となります。

その月の15日以内かという条件は適用されませんが、解約月の月額料金は満額支払う必要があるので、注意しておきましょう。

3.通話SIMを返却する必要がある

楽天モバイルはMNP転出を行った後は使っていたSIMカードを返却しないといけません。着払いで返却をしても受け取ってもらえないのでメール便などでできるだけ送料を抑えて返却をしましょう。

  • 申込種別が006、007の場合の返却先
    〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 「楽天モバイル SIM返却係」
  • 申込種別が008、009のお客様場合の返却先
    〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1 「物流センターSIM返却係」

申込種別はメンバーズステーションの「ご契約者様情報」から確認できます。返却先を間違えないようにしましょう。

4.契約者名義が同一か確認しよう

契約者名義が異なっていて楽天モバイルからMNP転出をすることができないというケースが増えてきています。

楽天モバイルの契約者が親になっていて、他社に乗り換えるときに自分名義に変更することはできません。同じ契約者のままでMNPを行うか、MNPを行わず楽天モバイルを解約して、新しく他社で契約を行いましょう。

新しく契約を行う場合は電話番号も新しくなるため、どうしても同じ番号を利用したいという場合は同じ契約者のままMNPを行いましょう。

楽天モバイルのMNP転出方法を知って、スムーズに乗り換えをしよう

楽天モバイルのMNP転出方法は以上になります。手続きの方法で分かりにくい部分はないかと思いますが、最低利用期間や解約日に関しては気をつけましょう。特に解約日はMNPの転入が完了した日となるので、月の頭に手続きを開始することをおすすめします。

また、MNP転出のときは契約者名義に気をつけることも覚えておきましょう。乗り換え先を検討しているという場合であれば当サイトのおすすめ格安SIM比較診断を利用してみてはいかがでしょうか。質問に少し答えるだけで自分に合った格安SIMが見つけられます。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい