1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【実録】格安スマホに乗り換え、使ってみた感想。実際どうなの?

【実録】格安スマホに乗り換え、使ってみた感想。実際どうなの?

更新日:2019.08.26

ずっとauのスマホを使っていて月々1万円近く通信料を払っていた私が、格安スマホに替えて月々の料金は2,000円程度に抑えることが出来るようになりました。実際つかってみてどうなのかの感想と、格安スマホを選ぶ際に確認した方が良いポイントなどをまとめています。

月々のスマホの料金が高くて支払いがきつい……ではどうしようと思った時に、思いつくのが格安スマホに乗り換えるという方法ではないでしょうか。大手キャリアと比べると料金がすごく安く魅力的に見えるのは確かですが、単純に比較して安すぎるし何か裏というかカラクリがあるに違いないと思うのが人情というもの……。

しかし、家計はきついので背に腹は代えられないので、やっぱりチャレンジしてみることに決定したというわけです。当エントリーでは、格安スマホ(格安SIM)の使い心地はどうなのか、実際に使って不便はないのか、など格安スマホを実際に使ってみてどうなのかの感想をまとめます。

なぜ格安スマホに乗り換えようと思ったのか

格安スマホを使う前までの私は今までauでAndroidを使っていて月々の使用料は1万円を少し超えるくらいでした。スマホはネットサーフィンを少々とラインくらいしか使っていないのでこの料金は高いなと思い、格安SIMの導入を検討し始めたというわけです。

とはいえ、格安スマホに最初に変更する時は少し不安があったのも確か。契約に踏み切る前は、迷っている時期が結構長かったです。

最初の疑問「格安SIMって安すぎないか!?怪しい……」

そう、安すぎるんです。誰がなんと言おうと安すぎる。

大手キャリアの場合、3GB程度のデータ使用で端末も買った場合、7~8,000円程度はかかります(端末の種類や通信料によってはさらにかかると思います)。上述のとおり、私の場合は1万円程度かかっていました。でも、格安SIMの場合は、3GBだと音声通話付きでも1,500円くらい、データ通信だけなら1,000円くらいで運用できるらしいのです。

そんなの絶対におかしいですよね。

しかも端末もめちゃめちゃ安く、HUAWEIと(ファーウェイ)いう中国のメーカーのスマホなら毎月の支払いは+1,000円くらいで済みます。地雷の予感が漂ってます。まずは安さの理由を探らないことには安心して契約などできようはずがないということで調べてみました。

格安SIMはなぜあまりにも格安なのか

調べたところ、理由が判明しました。

キャリアに回線を借りているため設備投資の費用が不要

docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)のいわゆる「3大キャリア」は独自の通信網を持っていてそのインフラの拡大や維持・整備に莫大な費用がかかります。しかし、格安SIMの事業者、いわゆるMVNO(仮想移動体通信事業者)は、これら大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、これらの費用がかかりません。そのため、大幅に安い料金でサービスを提供できるらしいのです。

格安による弊害はないのか

理由が分かったところで、次に気になるのがこの疑問です。これも一定のデメリットがあることも分かりました。

通信速度が遅くなる時間帯がある

大手キャリアに回線(の一部)を借りてサービスを提供しているため、多くのユーザーが同時にその通信網を利用した場合に通信が混雑することにより速度が低下する可能性があるということ。例えば朝や昼、夕方などがそれにあたります。

時間帯によって遅くなるという噂もある一方で、ほとんどの時間帯は問題ないというレビューもたくさんあります。混雑時は我慢するか、使用を控えるかすれば大丈夫な気もするので、とりあえず乗り換えにチャンレジです。

格安SIMに乗り換えてみての感想

私が乗り換えたのは、同じau回線が使えてネットでの評判も上々のmineo(マイネオ)

選んだのは3GB通話有りプランの1,510円のものです。端末は元々使っていたものが動作することが確認出来たので同じものを使っています。

そんなわけで、格安スマホに替えて私が良かったと思ったことがたくさんあります。それらをここに書いていきます。

格安SIMはマジで想定外に安すぎた

購入は公式サイトから申込みました。通話はLINE通話や050plus、楽天でんわなどがありますが、私はほぼLINE通話だけを使っていたため通話料の上乗せはほとんどありませんでした。

その結果……格安スマホに替えて月々の料金は2,000円程度に収まるようになりました。ひと月で8,000円、1年で考えると9万6,000円も安くなったことになります。

毎年新しいPCを買い換えられるレベルです。

これは完全に想像以上の節約でした。大手通信会社から格安スマホに替えるだけでこんなに変わると考えると非常に大きいですよね。

データ通信の使い心地もほとんど変わらない

不安だった通信速度や通話はどうだったか。これも心配は杞憂に終わりました。私が住んでいる地域では、たまに遅いかなと感じる時間帯はあるものの、全体的には遅すぎてストレスを感じるシーンはほとんどなかった、というのか実際のところ。

というか、基本的な使い心地の体感値としては、以前とほぼ変わりないレベル。神。

ただし、通信速度は地域によって差があるので、不満が出る地域の方もいるようなので要注意です。この感想はあくまで筆者個人のものです。

通話はかけすぎると料金は高くなってしまいますが、050plusやLINE通話を使えば料金は抑えられるためあまり不便には感じていません。私は通話を普段あまりしないためLINE通話だけ使っていますが、通話を普段からたくさんする場合は楽天でんわや050plusを使ったほうが良いでしょう。

格安SIMを選ぶ時のポイント

私が格安スマホに替えてここだけはちゃんと確認して選んだほうが良いと思うところをまとめます。人それぞれ重要視するところは違うのできちんと自分に合ったものを選ぶ必要があります。

月々の料金

大手通信会社から格安スマホに替えるのですから料金は確実に見ておきましょう。格安SIM・格安スマホでも料金プランは複数あります。

一番安いものにしたものの毎月追加チャージをしすぎてしまってはあまり意味がありません。今の契約で大体月にどれくらい使っているのかを確認してそれに収まるプランにすることをおすすめします。

通信速度

いくら料金が安くても全くネットに繋がらなくてイライラしてしまうようでは意味がありませんよね。どこの格安スマホ会社も高速通信ですが、この速度は若干のばらつきがあります。

安さだけで選ぶのではなく満足度や評判も見て選ぶのが良いでしょう。ただ格安スマホ会社は通信速度を安定して早くするために設備を整えていっています。そのため改善され早くなる可能性もあるのであまり惑わされすぎないようにしましょう。

気になる事業者がある場合は、事前に通信速度を調べておくといいでしょう。速度計測サービスは契約前に要チェックです。

格安SIMスピードチェッカーで通信速度を調べる

サポート体制

大手通信会社から乗り換えたばかりの時は不安が多いです。そのためサポートが充実している格安スマホ会社を選ぶことをおすすめします。

特に機械に弱いという方の場合はサポートを受ける機会も増えるので重要視した方が良いでしょう。

おすすめの格安スマホ会社(MVNO)

その後、格安SIMのよさを知り、サブや遊びなどで複数の格安スマホ会社を使った私がおすすめする格安スマホ会社をご紹介します。少しでも参考になれば幸いです。

mineo(マイネオ)


出典:mineo

mineo(マイネオ)はau回線かドコモ回線のどちらかを選べる格安SIM・格安スマホ事業者です。端末を購入しない場合はSIMのみの購入となりデータ通信のみの場合は700円からとなっています。

mineoの特徴はユーザーフレンドリーなコミュニティ「マイネ王」の存在。ユーザー同士でデータを分け合えるパケットシェアなど、独自のサービスが好評を得ています。データ容量が足りないときに、他のmineoユーザーから容量を分けてもらえるので、月末などでギガがピンチのときはかなり助かるサービスです。

DMM mobile(DMMモバイル)


出典:DMM mobile

DMM mobile(DMMモバイル)はドコモ回線を使った格安SIM・格安スマホ事業者です。「業界最安級」を謳う、とにかく安い格安SIM。端末を購入しない場合はSIMのみの購入となりデータ通信のみの場合は440円からとなっています。

楽天モバイル

main-img01
出典:楽天モバイル

楽天モバイルはドコモ回線を使った格安スマホ会社です。端末を購入しない場合はSIMのみの購入となりデータ通信のみの場合は525円からとなっています。データも通話も使い放題になる「スーパーホーダイ」というプランが非常に魅力的。端末の価格も定期的なセールで安く買えるのもお得ポイントです。

IIJmio(みおふぉん)


出典:IIJmio

IIJmio(みおふぉん)はドコモ回線・au回線のサービスを提供する格安SIM・格安スマホ事業者です。端末を購入しない場合はSIMのみの購入となりデータ通信のみの場合は972円からとなっています。

格安SIM・格安スマホに乗り換えても想像以上に問題なかった

乗り換える前は不安なことも多かった格安スマホですが実際に使ってみるともっと早くに格安スマホに乗り換えておけば良かったと思うことばかりでした。やはり一番のメリットは月々の料金です。同じ使い方をしているのに支払いが8,000円も安く済むのは嬉しすぎます。最新のハイスペック機を買っても1年で元を取れちゃいます。

通話もアプリを使えば苦労しませんし、個人的には通信速度も不満に思うことはありませんでした。月々の料金を抑えたいと考えていて格安スマホを検討している場合はすぐに乗り換えたほうがいいと断言したいほど。

以上が私が格安スマホを使ってみた感想です。格安スマホ事業者は種類も多くどこにするか迷うかもしれませんが、自分に合った格安スマホ会社が分かるおすすめ格安SIM比較診断も活用して、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい

/****とりもち******************************/