1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 海外で使える格安SIMを紹介!海外でデータ通信するには?
 

海外で使える格安SIMを紹介!海外でデータ通信するには?

パスポート
SIM

まだまだ人気の海外旅行。ガラケーの時代はあまり気にする事が少なかったインターネット通信もスマホの時代になると気になってきます。海外でもスマホを活用するにはどうしたら?と悩む方も多いでしょう。海外でも使える格安SIMと海外での通信方法を紹介します。

まだまだ人気の海外旅行。ガラケーの時代はあまり気にする事が少なかったインターネット通信もスマホの時代になると気になってきます。海外でもスマホを活用するにはどうしたら?と悩む方も多いでしょう。 海外でも使える格安SIMと、海外での通信方法を紹介します。

name

海外でも使える格安SIM

まず、日本国内の格安SIMで海外ローミングが可能なものを調べておきましょう。

海外ローミング対応格安SIM

海外ローミング対応の格安SIMはいくつかあります。

公式サイト
IIJmio

公式サイト
DMM mobile

公式サイト
楽天モバイル

公式サイト
mineo

が海外ローミング対応の格安SIMになります。

通話とSMSしか使えない

格安SIMが海外ローミング対応であってもできる事が非常に限られます。格安SIMでは海外では電話とSMS(ショートメッセージ)しか使えません。

インターネットの通信は使えないのです。
格安SIMではまだ海外に正式対応はできないのですが、普段使っている電話サービスは使えます。電話サービスも使えないと電話も別に準備しなくてはならなくなりますので、格安SIMを選ぶ点では、海外ローミング対応も重要な点ですね。

海外で通信する方法

ここからが本題です。海外旅行でインターネットが使いたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

ルーターを持ち歩こう

昔は無かった各種のサービスが今では用意されています。

国際空港では海外渡航者向けにプリペイドのSIMが販売されています。このSIMを購入してスマホで使うのもいいのですが、スマホにこのプリペイドSIMを装着してしまったのでは、電話の発着信ができなくなりす。
そこでモバイルルーターを使う事が必要となります。

1万円弱程度のSIMフリールーターを自分で用意して使います。

こういったものになります。
ルーター
Huaweiルーター

海外旅行が頻繁にある人はルーターを持っておく事で安価なプリペイドSIMを使うことができます。

ただし、Wi-Fiルーターは渡航先によって使える電波が違う場合もあるので国や地域ごとにWi-Fiルーターが対応しているかチェックする必要があります。

短期滞在の場合はプリペイドタイプが一番安い

渡航先にもよりますが、プリペイドタイプのSIMが一番安い選択肢になります。Amazonでも販売されていて、国名とSIMのキーワードで検索する事が可能です。

プリペイドは約2週間程度で数百MB使えるSIMカードが多くあります。

もっとたくさん使う事がある場合には現地で無制限通信のSIMを購入するほうがいい場合もあります。短期の海外旅行であればプリペイドで凌ぐ方が簡単かもしれません。

空港でルーターレンタルもできる

ルーターを自前で用意しない場合はWi-Fiルーターごとレンタルすることも可能です。

海外で使えるWi-Fiルーターを予約しておく事で空港で借りる事が可能です。出発前に借りて現地到着時からすぐに使う事ができます。非常に便利なサービスですので、初めての海外旅行の場合等はWi-Fiレンタルから始めるのもいいかもしれません。

ただし、プリペイドSIMの購入よりもやや割り高の利用金になります。

利用できるデータ量は3日400MB〜1日500MBとありますが、料金も2週間程の滞在になると10000円以上の料金が必要となります。

イモトのWi-Fi

Global Wi-Fi

海外で使える格安SIMを紹介!まとめ

海外で使える格安SIMを紹介しました。海外データローミングが利用できる格安SIMやSIMフリーのルーターなど、プリペイドフォン以外にも様々な方法がありましたね。

海外で使える格安SIMを紹介!まとめ

海外旅行はそれぞれの国で文化が異なるためインターネットに対する考えも変わります。

通信データ量も決して多く使えるわけではなく少ないデータ量になることが多々ありますし、4GLTEのような高速データ通信が整っているわけでもありません。しかし、スマホが生活の標準となった今、海外でもスマホが使えないと不便ですので、海外旅行向けのサービスを利用して旅行を満喫できるようにしましょう。