SIMフリースマホ

120件の記事があります
SIMフリースマホを使えば、格安でスマホを運用できるようになることをご存知ですか?ここではSIMフリースマホの定義は勿論、SIMフリースマホを利用するメリット・デメリットやSIMフリーにおすすめのスマホメーカーまとめなど、お得なSIMフリースマホ(シムフリースマホ)の情報をタイムリーにお届けします。
SIMフリースマホに関する記事の一覧を見る

SIMフリースマホとは?

SIMフリースマホの定義やSIMフリースマホを利用するメリット・デメリットやSIMフリーにおすすめのスマホメーカーまとめなど、お得なSIMフリースマホの情報をタイムリーにお届けします。

SIMフリースマホとは

そもそも「SIMフリー」とは何でしょうか?SIMフリーはSIMカードを自由に入れ替えできる状態のことを指します。これはつまりdocomoやau、SoftbankなどのキャリアのSIMカードは勿論、MVNOが販売している格安SIMを利用できます。SIMフリーにするとキャリアのように高い通信料金を払う必要がなくなるので、より安いデータ通信プラン・通話プランを選べるようになります。

SIMフリーの反対語は「SIMロック」です。このSIMロックを解除(SIMロック解除)した端末やSIMロックされていない状態で販売されているスマホがSIMフリースマホになります。近年では最初からSIMフリー版のスマホを製作して販売するメーカーも増えてきたので、ますます便利になりました。

ちなみにSIMフリースマホとは別に「格安スマホ」という呼び方をすることがあります。これは販売価格が格安なスマホを指しているのではなく格安SIMが利用されているスマホのことです。格安SIMはSIMロックを解除しなくても利用できる場合がありますので一概には同じとは言えませんが、SIMフリースマホを購入してキャリアと契約する方は稀なのでだいたいはMVNOと契約します。つまりその場合はSIMフリースマホは格安スマホの一つだと言えるでしょう。

SIMフリースマホと白ロム・赤ロムの違い

スマホについて調べると格安スマホ同様によく目にするキーワード「白ロム・赤ロム」についてもここで触れておきます。

SIMフリースマホと白ロム

まず白ロムとは一般にSIMカードが入っておらず、契約情報が何も記録されていない端末のことを白ロムといいます。白ロムはSIMフリースマホではありませんが、端末を購入したキャリアと通信系統が同じMVNOであればそのまま格安SIMを利用することができます。白ロムの端末はキャリアなどの販売店で取り扱われておらず、中古ショップやネットでのみ購入できます。

SIMフリースマホと赤ロム

一方で赤ロムは白ロム端末における料金未払いや故障・紛失などの理由から、キャリアによって利用を停止させられているものを指します。赤ロムの場合は利用を停止されているので格安SIMも使えません。中古のスマホ端末をお探しの場合はスマホが白ロムであることをきちんと確認しておきましょう。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

次にSIMフリースマホを利用するメリットやデメリットについて考えてみましょう。

SIMフリースマホのメリット

まずはSIMフリースマホを利用するメリットを挙げてみます。SIMフリースマホはSIMカードを自由に入れ替えできるので海外での利用や契約する会社を変えやすい点がおすすめです。自分が普段使う機能やデータ通信量などを考慮して格安SIMを使いましょう!

自由にSIMカードを入れ替えできる
SIMフリースマホは基本的にどの会社とも契約・利用できます。自分の用途に合ったプランで契約すると通信料金はキャリアで契約していたときより大幅に節約できるでしょう。
海外でも利用できる
海外旅行や出張のときは現地でプリペイド型のSIMを購入すればそのまま利用できます。新たに端末をレンタルする必要がないので安く済みます。
価格帯が非常に広く、予算に合ったスマホを探しやすい
スペックによって当然価格は変わりますが、安いものでは1万円台で購入できる端末もあります。
MVNOによっては格安SIMとセット購入できる
格安SIMとセット購入をすると手間が減りますし割引などの特典もあります。

SIMフリースマホを使うデメリット

SIMフリースマホを利用するデメリットも同様に挙げてみたいと思います。SIMフリースマホを利用すること自体のデメリットはあまりありませんが、SIMフリースマホを購入後に、どこのMNO・MVNOと契約するかによって使いやすさは当然変わってきます。多くの方が格安SIMを利用してスマホ料金を安く抑えたい!という方だと思いますが、格安SIMの特性や仕組みがよく分からない場合はキャリアでスマホを契約してデータ通信していたほうが楽かもしれません。

キャリア特融のサービスが利用できなくなるかも?
メールアドレスやWi-Fiなど、端末と通信会社の組み合わせによって利用できない機能があります。格安SIMの仕組みは購入前によく勉強しておきましょう。
月々の利用料は安いが初期費用が多少かかる
キャリアで契約する場合は割引などで最初から実質無料で利用できますので、比べると少し初期費用がかかります。

おすすめのSIMフリースマホ一覧

最後に、数あるSIMフリースマホの中でも、おすすめのSIMフリースマホを一覧でご紹介します。

おすすめのSIMフリースマホ「Apple iPhone」

SIMフリースマホでまず抜かしてはいけないものはiPhoneシリーズを有するAppleですよね。iPhoneシリーズは3大キャリアでも販売されているので、どのMNO・MVNOにも対応するのは大きな強みです。最新モデルのiPhone SEは5万円台で購入できます。なおiPhoneで格安SIMを検討したい方はiPhoneにおすすめの格安SIM・MVNOを徹底比較!をチェックしてみてください。


iPhone SE
iPhone SEは4インチながらA9チップの入った高スペックスマホ。1200万画素のカメラは4Kビデオにも対応しており、スマホの反応の良さはゲームにも適しています。Appleのスマホは高性能なぶん値段も高いですが、iPhone SEなら手が届くのではないでしょうか?

メーカー
Apple
端末料金
51,624円
OS
iOS 9
画面サイズ
4インチ 1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi

iPhoneをセット販売しているMVNOは少ないのですが、UQ mobile(UQモバイル)ではiPhone 5sの購入が、DTI SIMでは6sのレンタルが可能です。

iPhoneシリーズのセット購入(またはレンタルサービス)ができるMVNO一覧
UQ mobile(UQモバイル)
DTI SIM

おすすめのSIMフリースマホ「ASUS ZenFone」

お次に台湾のメーカーであり、ZenFoneシリーズを販売しているASUS(エイスース)を紹介します。ASUSはコンピュータなどに強みを持っているのでスマホのクオリティも折り紙付きです。ASUSのZenFoneシリーズは高いスペックもさることながら、それに反した販売価格の安さが目を引きます。発売されたばかりのZenFone GOなど、2万円台で購入できるモデルばかりでコストパフォーマンスが素晴らしいです。


ZenFone Go

ZenFone GOは「使いやすくて、サクサク快適」なスマホ。そして何より5.5インチスマホのなかでは最安級であるおかげで非常に人気があります。背面カメラは800万画素、プラットフォームはAndroid 5.1とスペックは決して
高いものではありませんが、日常的に利用する上での不便はなく誰でも安心して使用できます。ASUS公式では21,384円ですが、MVNOでSIMカードとセット購入することで割引き価格で購入できますよ。

メーカー
ASUS
端末料金
21,384円
OS
Android™ 5.1
画面サイズ
5.5型, 1,280×720ドット(HD), IPS, 静電容量方式タッチスクリーン

ZenFone MAX

ZenFone MAXは超大型バッテリーを搭載したスマホ。連続待受時間は驚異の38日間!Zenfone MAXをモバイルバッテリー代わりに他の端末を充電できるリバースチャージを搭載する珍しい端末です。
PixelMaster搭載の1300万画素のカメラを搭載しているので、Zenfone GOよりスペックは高いです。値段はASUS公式で30,024円なのでこちらもお求めやすい価格です。

メーカー
ASUS
端末料金
30,024円
OS
Android™ 5.0
画面サイズ
5.5型, 1,280×720ドット(HD),IPS

ZenFoneシリーズは様々なMVNOで格安SIMとセット購入することができます。より安く購入できるキャンペーンの有無で購入先を選ぶのが良いでしょう。

ZenFoneシリーズのセット購入ができるMVNO一覧
IIJmio(みおふぉん)
楽天モバイル
OCN モバイル ONE
U-mobile(ユーモバイル)
NifMo(ニフモ)

おすすめのSIMフリースマホ「富士通 arrows」

国産で安定したスペックの高さを誇るスマホメーカーの富士通はarrowsシリーズがおすすめですね。arrows M02はMM総研大賞で再優秀賞を受賞するなど人気の高さは折り紙付きです。そんな大人気のarrows M02に続いてarrows M03も発売されました。arrows M03は防水・防塵や耐衝撃にも優れているのでハード面でもこだわりが見られますね。


arrows M03

arrows M03はバッテリーも2580mAhバッテリーとなかなかの大容量で動画閲覧などでの充電切れはかなり少ないでしょう。省電力モードも活用すれば3日も充電が持つようです。日本のメーカーが作っている端末なのでワンセグやお財布ケータイなど機能面でも充実しているところが魅力的です。防水・防塵・耐衝撃までついた高スペックスマホを体験してみてはいかがでしょうか?楽天モバイルでは現在キャンペーン中でRM02と同じ価格で購入できるようです。

メーカー
富士通
端末料金(楽天モバイルの場合)
32,184円
端末分割支払金(楽天モバイルの場合)
1,341円~
支払期間
24か月
OS
Android™ 6.0
画面サイズ
約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

arrows M02
arrows M02(RM02)はarrows M03のひとつ前の機種になりますが、SIMフリースマホのなかでも人気の1、2位を争っていたモデルです。ワンセグやオサイフケータイはM02も対応しています。楽天モバイルでは楽天モバイルでは32,184円で購入できます。割引キャンペーンは今後も出てくるでしょうし要注目の端末です。

メーカー
富士通
端末料金(楽天モバイルの場合)
32,184円
端末分割支払金(楽天モバイルの場合)
1,341円~
支払期間
24か月
OS
Android™ 5.1
画面サイズ
約5.0インチHD有機EL(720×1280

arrowsシリーズをセット購入したい場合のオススメのMVNOはどこでしょうか?arrows M03を購入したい場合は楽天モバイルなどがおすすめです。M02も最新モデルではなくなりましたが、根強い人気を誇るスマホなので、安さを追求したい場合はM02を購入するのもよいのではないでしょうか?

arrowsシリーズのセット購入ができるMVNO一覧
楽天モバイル
DMM mobile(DMMモバイル)
IIJmio(みおふぉん)
mineo(マイネオ)
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
U-mobile(ユーモバイル)
NifMo(ニフモ)

おすすめのSIMフリースマホ「Huawei Pシリーズ」

続いては中国のスマホメーカーであるHuawei(ファーウェイ)のPシリーズ(P8 lite・P9 liteなど)を紹介します。Huaweiのスマホもコストパフォーマンスに優れていますが、特に発売されたばかりのHuawei P9(lite)シリーズはp8 liteをさらにブラッシュアップしたモデルなので、価格に見合わないスペックを誇ります。ミドルレンジ向けのHuawei P9 liteは3万円台で、ハイエンドモデルであるHuawei P9は6万円台で購入できます。


Huawei P9 lite
Huawei P9 liteは容量3000 mAhのバッテリーや1300万画素のメインカメラ、スリムかつコンパクトな端末サイズなど3万円代で購入できるスマホのなかでは抜群のコストパフォーマンスを誇ります。背面に搭載された指紋認証センサーの感度もバツグンで、セキュリティ対策は勿論、タッチの強さを通じた端末操作も可能です。格安のSIMフリースマホ界でヒットしそうな端末の代表格と言っても過言ではないでしょう。

メーカー
Huawei
端末料金
32,184円
OS
Android™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
画面サイズ
5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS

Huawei P9
ミドルレンジ向けのP9 liteではなく、ハイエンドモデルをお探しならHuaweiP9 はいかがでしょうか。バッテリー容量などはP9 liteと同様ですが、ROMなど全体的なスペックはP9に軍配が上がりますし、こちらのカメラはダブルレンズ搭載です。ちなみに重量はP9 liteより3gだけ軽い144g。

メーカー
Huawei
端末料金
64,584円
OS
Android™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
画面サイズ
約 5.2インチ, FHD (1080×1920ドット), IPS

こちらもセット購入できるMVNOをチェックしてみましょう。P9/P9 liteはまだそう多くのMVNOでは取り扱われていませんが、購入を検討するかたは以下のMVNOをチェックしてみるとよいでしょう。

HuaweiのP8/P9のセット購入ができるMVNO一覧
楽天モバイル
OCN モバイル ONE
イオンモバイル
mineo(マイネオ)
NifMo(ニフモ)

おすすめのSIMフリースマホ「FREETEL REI他」

最後にFREETEL(フリーテル)を紹介します。SIMフリースマホのメーカーとして有名なプラスワン・マーケティングによって運営されており、「REI(麗)」「SAMURAI(侍)」「MUSASHI(武蔵)」など日本人には馴染み深い名前のスマホを販売しています。スペックに特徴があるスマホを広く販売しているので用途に応じてハイエンドモデル・ミドルレンジモデルを購入するのがおすすめです。FREETEL(フリーテル)は格安SIMの販売もしているので、端末とSIMカードと一緒に購入できるのも大きな魅力です。


FREETEL SAMURAI REI
現在FREETELでは「最も薄く・最も軽く・最も美しい」スマホとしてREIが注目を集めています。REIは2016年7月9日から新色のメタルブラックを販売開始するようなのでぜひチェックしておきたいですね。REIの端末代金は3万円台で購入できます。span

メーカー
FREETEL
端末料金
32,292円
端末分割支払金
1,445円
支払期間
24か月
OS
Android6.0
画面サイズ
5.2インチ / 1920×1080 (Full HD IPS)

FREETEL Priori3S LTE
SIMフリースマホを選ぶうえでやっぱり安いことはとっても大事!という方におすすめなのがPriori3S LTEです。4000mAhの超長持ちバッテリー、5インチの画面サイズはシンプルに使いやすさを追求したからこそですね。画面は5点タッチまで対応しているのでブラウザの操作は勿論、ゲーミング用にも向いています。価格も2万円を切るので、財布にも優しいです。

メーカー
FREETEL
端末料金
19,224円
端末分割支払金
860円
支払期間
24か月
OS
Android5.1
画面サイズ
5.0インチ/1280×720(HD IPS)