1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリーとは?SIMロック解除やおすすめ格安SIM3社の端末を紹介

SIMフリーとは?SIMロック解除やおすすめ格安SIM3社の端末を紹介

更新日:2020.05.15

SIMフリーという言葉は知っていても意味までは詳しく知らないという方のために、SIMフリーとはなにか、そしてSIMフリーを使うにはどうしたらよいのかなど、基本知識やメリット・デメリット、格安SIMのおすすめ3選を徹底解説していきます。

SIMフリーという言葉はよく耳にするかと思いますが、詳しくはわからないという人もいるのではないでしょうか。

キャリアで端末を購入して契約をすると、その端末は基本契約したキャリアでしか使用できない仕組みになっています。これはSIMロックがかかっている状態です。

一方SIMフリーはSIMロックがかかっていない状態の端末で、キャリアやほかの格安SIMなどに縛られずに使用できます。

今回は、そんなSIMフリー・SIMフリースマホに注目し、基本知識やSIMフリースマホを入手する方法などを徹底解説し、おすすめの格安SIMも紹介していきます。

SIMフリーとは

SIMフリーとはなにか基本知識から解説していきます。

そもそもSIMカードとは何か

SIMカードとは端末本体に装着するICカードのことです。小さなICカードの中には、契約者の識別情報や電話番号といった個人情報が詰まっています。

通話やデータ通信をするためにはSIMカードが必要で、SIMカードが装着されていないと外出先でインターネット接続や通話はできません。

ただし、WiFi環境がある場合はWiFiにつなぐとインターネットの利用はできます。

他キャリアで使えないようSIMロックがかかっている

基本的に、3大キャリアから販売しているスマホはSIMロックがかかっている状態です。SIMロックとは、そのキャリアでのみ通信ができるようにしてあることをいいます。

つまり、ドコモのSIMロックされているスマホに、auのSIMカードを装着しても認識されないため使用できません。

他のキャリアを使用したい場合は新たにキャリアで販売している端末を購入するしかなく、顧客の囲い込みの効果があったのです。

ところが、2015年5月からは総務省がSIMロック解除ができるように義務化し、解除さえすれば他のSIMでも利用できるようになりました。

ロックが外れたものをSIMフリーと呼ぶ

ロック解除された端末をSIMフリーと呼びます。

SIMフリーの端末なら、キャリア関係なくほかのSIMカードを装着して使用できます。ドコモで購入した端末にauのSIMを、auで購入した端末にソフトバンクのSIMを入れてもOKです。

SIMフリーと白ロムの違い

白ロムとは、SIMカードが装着されていない状態の端末のことです。

端末にSIMカードを装着すると電話番号や識別情報が内部にあるROМに記録されることで携帯電話としての役割を果たします。

しかし、白ロムは初めから何も情報が入っていない「真っ白な状態」です。そこから白ロムと呼ばれることになりました。

SIMフリーと似ているようですが、SIMロックの有無は関係ないのが白ロムです。

白ロムはSIMカードを装着すれば使用できますが、なかにはSIMロック状態の端末もあります。リサイクルショップで安価に売られていることが多いですが、安く入手できる分注意が必要です。

中古品が嫌な方にはおすすめできるものではありません。

SIMフリースマホの3つの使い道

SIMロックのかかっていないSIMフリースマホには、3つの使い道があります。とくにキャリアをやめて、毎月のスマホ代を節約したい方におすすめです。

他キャリアでSIMカードだけの契約ができる

他社へ乗り換えるときに、すでに端末を持っているならSIMカードだけの契約ができます。

端末もあわせて購入・契約となると端末代金も一緒にかかります。分割払いにした場合は月々の支払いに上乗せされ、結果的に支払いが高くなってしまうこともあります。

一方SIMカードのみの契約なら、月々の支払いはぐっと安くなります。端末自体は1年や2年程度では壊れないので、費用をおさえ節約したい人はSIMカードだけの契約がおすすめです。

格安SIMと契約してスマホが使える

格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を借りて通話やデータ通信を提供しているサービスで、MVNOともいいます。

キャリアと比べると低価格でサービスが利用できると、昨今では格安SIM人気も高まってきました。

SIMフリースマホがあれば格安SIMと契約してスマホが使用でき、キャリアよりも安い料金で利用できます。

海外キャリアのSIMカードが使える

海外へ出張や旅行などへ行くときに、海外キャリアのSIMカードを使用できます。海外キャリアとは、現地のSIMカードのことです。

現地SIMを使うと海外キャリアの回線が使用できるので、普段使っているスマホそのままで海外へいくよりも通話料や通信料が安く済みます。

国内の大手キャリアでも海外へ行く人のためのサービスがありますが、別途料金がかかるため高額となる可能性が高いです。海外へよく行かれる場合は、SIMフリースマホをおすすめします。

SIMフリースマホのメリット・デメリット

SIMフリースマホはキャリアに縛られず使用できるためメリットが大きいように思えますが、その反面デメリットもあります。

メリット1:格安SIMを利用すると月額料金の節約になる

SIMフリースマホの最大のメリットは、格安SIMでの利用で月額料金が安くなることです。

一例として、キャリアのドコモと格安SIMのワイモバイルの同程度の料金などで比較して説明していきます。

ドコモワイモバイル
プランギガライトSプランMプラン
データ容量~7GB3GB(4GB)9GB(12GB)
料金
  • ~1GB:2,980円
  • ~3GB:3,980円
  • ~5GB:4,980円
  • ~7GB:5,980円
1,480円~(2,680円)2,480円~(3,680円)
通話
  • 家族間通話無料
  • 家族以外:30秒/20円
国内通話1回10分以内無料

ドコモのギガライトは、月7GBまでの使用した分で料金が変動するプランです。ワイモバイルでは同程度となるSプラン、Mプランで比較してみました。

ワイモバイルのSプランはドコモのギガライトの3GBでの料金ですが、比較すると断然ワイモバイルが安いです。

一方のMプランはギガライト以上のデータ容量プランですが、それでもワイモバイルの方が安いです。

あくまで一例ですが、キャリアに比べると格安SIMは安い料金で利用できます。料金を節約したい方には格安SIMがおすすめです。

メリット2:スマホ本体の選択肢が増える

各キャリアで販売しているラインナップよりも、SIMフリースマホはラインナップが豊富です。

価格帯も10万円前後するハイエンドモデルや1万円以下で購入できるコスパのよいモデルまで様々で、端末の選択肢が増えます。

様々な種類や価格帯のラインナップから、デザイン、スペック、価格など自分の好みで見つけられるのは大きなメリットではないでしょうか。

キャリアでも安いモデルはありますが、それでも1万以下のモデルはありません。スマホに強いこだわりがなければSIMフリースマホで十分でしょう。

デメリット1:実店舗がないため対面相談できない

実店舗がないのでスマホについて気になることがあっても対面で相談ができません。さらに実機を直接触って試すこともできません。

最近でこそ格安SIMのお店が増えてきましたが、それでも全国各地に多く店舗があるわけではありません。気になったら、自分でどのようなスペックなのか調べる必要があります。

しかし、店舗は少ないですがその分店舗や人材のコストを削減できているため、月額料金が抑えられているという部分はあります。

また、格安SIMによっては店舗数が多い会社もあります。対面相談などサポート体制を重視する人は、近くに実店舗があるかどうかを格安SIM選びの基準とするとよいでしょう。

デメリット2:対応端末以外だと通話や通信ができない

スマホは電波を使用して通信を行いますが、スマホの機種によってはキャッチできる周波数帯が決まっています。

SIMフリースマホのなかには、一部の回線をキャッチできないこともあるのです。キャッチできなければ通話や通信もできません。

そのため、SIMフリースマホを使用する場合は周波数帯に対応している端末かどうか、電波をしっかりキャッチできるか確認をしてください。各キャリアのHPにて利用可能の周波数帯が公開されています。

SIMフリースマホの選び方と注意点

SIMフリースマホは各メーカーから発売しています。種類は豊富ですが選び方や選ぶときに注意しておきたいことがありますので、解説していきます。

使う目的にあったスペックと価格かチェック

写真をよく撮影する人はカメラの画素数を確認したほうがよく、ゲームや動画を楽しみたい人はストレージの容量を確認したほうがよいでしょう。

スマホをどのような目的で使いたいのかをはっきりさせると、おのずと選択肢は絞られてきます。

また、価格もさまざまなので、スペックにこだわらなくても安いモデルを探している人には低価格な端末があります。

求める機能と予算などの条件を最初に決めておくと選びやすいです。

スマホによってSIMカードのサイズが変わる

機種によって対応しているSIMカードのサイズが異なります。以前はマイクロSIMが多かったのですが、最近ではさらに小さいnanoSIMが主流です。

SIMカードのサイズは変更できますが、手数料が2,000円~3,000円程度かかることもあります。また、変更で新しいSIMが届くまでにスマホが一時的に使用できなくなることもあります。

古いSIMは返却する必要があるところもあるため、間違って処分しないようにしましょう。返却が必要なのに紛失や処分をすると、賠償請求される場合もあります。

SIMフリースマホを入手する4つの方法

SIMフリースマホの入手方法は4つあります。

手持ちのスマホのSIMロックを解除する

キャリアごとにSIMロック解除方法が異なりますので、それぞれ説明していきます。

ドコモでのSIMロック解除手続き

ドコモのSIMロック解除手続きを紹介します。SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売された端末を想定しています。

SIMロック解除するにも受付条件があります。

  • ネットワーク利用制限やおまかせロックなどの各ロックがかかっていないこと
  • 端末を購入してから100日経過していること

以下の場合は100日経過未満でもSIMロック解除が可能です。

  • 過去に回線契約期間中にSIMロック解除を行い、その受付から100日経過した場合
  • 端末を一括払いしている、または分割払いですでに支払いは精算済み
  • 解約済み回線を含んだ契約回線または一括請求の代表回線において、料金の支払いをクレジットカード設定にしている

ドコモのSIMロック解除は、PCやスマホ、ドコモケータイ(spモード)から行う「ドコモオンライン手続き」からと、電話、店舗の3種類です。

手続き方法ドコモオンライン手続き電話店舗
受付時間24時間9時~20時各店舗の営業時間
手数料無料3,000円3,000円(機種によっては無料)
注意点
  • PCなどドコモケータイ回線以外からはdアカウント必要
  • スマホなどドコモケータイ回線からはネットワーク暗証番号が必要
  • 「151」に電話
  • 一般電話からはドコモインフォメーションセンターまで
1回の受付でSIMロック解除できる台数は一人につき2台まで

ドコモオンライン手続きの流れは次のとおりです。

  1. IMEI番号を確認する
  2. My ドコモにログインする
  3. 画面左上の三本線「メニュー」から「サービス一覧」へ進む
  4. 「SIMロック解除」、「パソコン」へ進む
  5. IMEI番号やそのほかの情報を入力する
  6. 「SIMロック解除を申し込む」を選び、チェックボックスにチェックして手続き完了

IMEI番号の確認方法は、「*#06#」に電話または、Androidは「設定」から「端末情報」、「端末の状態」で確認。iPhoneは「設定」から「一般」、「情報」で確認できます。

Androidの場合は「SIMロック解除コード」の入力を端末で求められることがあるため、番号をメモしておきましょう。手続き自体は3分程度で済みます。

auでのSIMロック解除手続き

auでSIMロック解除できる対象機種の条件は次のとおりです。

  • 2015年4月23日以降に発売したSIMロック解除対応機種である
  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 端末を購入してから101日目以降である

以下の場合は100日以内でもSIMロック解除が可能です。

  • 端末を一括払いしている
  • 対象回線で2017年7月11日以降にSIMロック解除実績があり、その受付から101日以降経過している
  • auと回線契約を結んでおらず、auの端末に残債がない
  • auと回線契約を結んでおらず、auの携帯電話の割賦代金をクレジットカードで支払いしている

auでのSIMロック解除をする場合は、PCやスマホからと店舗での2種類があります。

手続き方法My au店舗
受付時間9時~21時30分各店舗の営業時間
手数料無料3,000円

My auでの手続きの流れは次のとおりです。

  1. 事前にIMEI番号を調べてメモする
  2. My auにログイン
  3. 「契約内容手続き」、「SIMロック解除のお手続きはこちら」に進む
  4. 「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」を選ぶ
  5. 入力したIMEI番号をもとにSIMロック解除できるかどうかが判定される
  6. 〇の場合は「こちら」に進む
  7. 4桁の暗証番号を入力する
  8. 「次へ」に進んでSIMロック解除を行う番号にチェックを入れる
  9. 「解除の理由」、「この内容で申し込む」で手続き完了

PCでもスマホでも手続きの流れはとくに変わりありません。

ソフトバンクでのSIMロック解除手続き

ソフトバンクでSIMロック解除できる対象機種の条件は次のとおりです。

  • 端末を購入した日から101日目以降である
  • ネットワーク利用制限がかかっていない

以下の場合は100日以内でもSIMロック解除可能です。

  • 2017年12月1日以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除経験がある
  • 前回のSIMロック解除受付した日から101日目以降である
  • 端末代金を一括支払いしている
手続き方法My ソフトバンク店舗
受付時間9時~21時各店舗の営業時間
手数料無料3,000円
注意点
  • 2015年4月までに発売された一部のスマホも店舗でならば解除可能
  • すでに解約済みの場合は店舗で可能

My ソフトバンクでの手続きの流れは次のとおりです。

  1. IМEI番号を確認する
  2. My ソフトバンクにログイン
  3. 「契約・オプション管理」を選ぶ
  4. 「関連メニュー」、「SIMロック解除手続き」に進む
  5. IМEI番号を入力する
  6. 「手続き確認」画面から「解除手続きをする」を選んで手続き完了

Androidの場合は「SIMロック解除コード」が表示されます。確実に手続きを完了するのに必要ですのでメモしておきましょう。

家電量販店やネットショップで購入する

SIMフリースマホは、家電量販店やネットショップでも販売されています。

家電量販店なら店員に相談もでき、実機があれば触ることもできます。主にビックカメラやエディオン、ヤマダ電機で取り扱っています。

ネットショップでも多くの端末を取り扱っており、こちらはレビューが参考になります。

中古専門のショップで購入する

中古専門で数多くの端末を取り扱うお店もあります。しかし、価格は安くとも中古のため、傷や電池の寿命が短いなどデメリット部分もあります。

フリマアプリなどでも中古販売されていたりしますが、多少の傷や万が一の不具合があっても許容できる安さ重視の方にしかおすすめできません。

格安SIMのキャリアでSIMとセットで購入する

昨今では数多くの格安SIM業者が増えてきていますが、SIMとセット販売して割引しているところが多いです。

申し込みと同時に端末もSIMも料金を選べるため、店舗に行く手間がかからない分手軽に手続きできます。

SIMフリースマホ購入におすすめの格安SIM3選

SIMフリースマホにおすすめの格安SIM3選を紹介していきます。それぞれの料金プランなどを詳しく紹介しましょう。

格安SIMは他にも多くの会社があります。こちらでは、自分に合うおすすめのスマホはどれか、キャリア別とSIMフリーにわけて紹介していますので、SIMフリースマホと格安SIMのセット契約を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、通話もネットもコミコミで縛りなしのスマホベーシックプランを主軸に、契約の翌月から6カ月間は月1,480円~で、8カ月目以降は2,180円~利用できる料金プランです。

また、2019年10月1日から開始されている新規割では、基本使用料が6カ月間最大770円割り引かれるしくみです。

そしてワイモバイルで販売中のSIMフリースマホは次のとおりです。

機種Huawei P30Huawei nove lite 3
割賦販売価格85,668円25,168円
分割払い(24回払い)月2,750円月880円
頭金19,668円4,048円

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルは、3GBで月1,480円~からのデータ容量と通話オプションが自由に選べるプランと、月5,360円~のネットとスマホを合わせた月間データ量上限なしプランがあります。

そのほか、月980円かつ3GBまでのデータ高速プランや月1,980円のデータ無制限プランもあります。

UQモバイルで販売中のSIMフリースマホは次のとおりです。

機種一括払い分割払い(24回)分割払い(36回)
iPhone6s
  • 18,000円(32GB)
  • 28,800円(128GB)
  • 月750円(32GB)
  • 月1,200円(128GB)
  • 月750円(32GB)
  • 月800円(128GB)
iPhone7
  • 23,040円(32GB)
  • 32,400円(128GB)
  • 月960円(32GB)
  • 月1,350円(128GB)
  • 月640円(32GB)
  • 900円(128GB)
Xperia825,200円月1,050円月700円
OPPO A5 202018,000円月750円月500円
AQUOS sense321,600円月900円月600円
BASIO421,600円月900円月600円
Galaxy A2010,800円月450円月300円
Galaxy A3021,600円月900円月600円
Huawei nove lite310,800円月450円月300円
DIGNO RA10,800円月450円月300円

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、30GBのプランから音声通話SIMかデータSIMが選べます。回線はドコモのタイプDかauのタイプAです。

人気プランは6GBで音声通話SIMなら月2,150円、データSIM+SМSなら月1,570円で利用できます。データ通信のみの場合は月1,450円です。

そしてBIGLOBEモバイルで販売中のSIMフリースマホは次のとおりです。

機種総額分割払い(24回)
ZenFone Live16,800円月700円
ZenFone 6(128GB)96,000円月2,900円
ZenFone Max Pro35,760円月1,490円
OPPO Reno A35,760円月1,490円
OPPO A5 202026,640円月1,110円
AQUOS sense3 SH-М1236,000円月1,500円
AQUOS R2 compact SH-М0955,200円月2,300円
AQUOS sense3 plus SH-М1154,480円月2,270円
Huawei nove5T54,480円月2,270円
Huawei P3077,760円月3,240円
arrows М0534,800円月1,450円
moto g730,720円月1,280円
BlackBerry KEY283,040円月3,460円
jetfon16,800円月700円

BIGLOBEモバイルを契約する!

お得にスマホを利用するならSIMフリースマホを選ぼう

SIMフリースマホは、SIMロックされているスマホを解除したり、格安SIMで販売しているスマホを購入したりなどすることで手に入れられるものです。

これまでキャリアだったけども節約のためにSIMフリースマホを考えているのなら、今あるスマホをSIMロック解除して使用するのをおすすめします。

手順もさほど難しいものではありません。少しでも通信費を安く済ますなら、キャリアを継続していくよりも格安SIMに乗り換えるのをおすすめします。

どの格安SIMが使いやすいか、自分に合った格安SIMを知りたい人は「格安スマホ比較診断」がおすすめです。端末の予算や必要な通信料を入力するだけで、希望に合ったものを検索・比較できます。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

    SHARE!!

    あわせて読みたい