1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイル無料期間終了後も実質0円運用する条件!無料のはずが料金請求された場合の対処法

楽天モバイル無料期間終了後も実質0円運用する条件!無料のはずが料金請求された場合の対処法

楽天モバイルで0円運用ができなくなったと諦めていませんか?実は新プラン適用後も実質無料で使い続ける方法があります。そこで本記事では、楽天モバイルを無料で使える人と0円運用時の条件、お得なキャンペーンを紹介。楽天モバイルを賢く活用しましょう。

2022年7月1日から楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、最低料金が1,078円(税込)となりました。

「楽天モバイルの改悪で0円運用できなくなった」「楽天モバイルを無料で利用する裏技はないの?」と困っている人も多いでしょう。

しかし、条件や楽天サービスの活用方法によっては、楽天モバイルを実質0円で使い続けられます。

そこで今回は、楽天モバイルで0円運用する方法や条件、お得なキャンペーンについて紹介します。

楽天モバイル0円廃止後も実質0円運用ができる人

楽天モバイルの新プラン
出典:楽天モバイル

2022年7月1日から楽天モバイルでは料金プランが新しくなり、0円の料金帯が廃止されました。

しかし、7月1日以降も0円で運用できるケースがあります。

楽天モバイル0円廃止後も実質0円運用ができる人

  • 楽天市場の利用が多い人
  • エンタメコンテンツを利用している人

楽天市場の利用が多い人

楽天モバイルは「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」対象となり、楽天モバイルを利用しているだけでポイント還元率がアップします。

楽天ユーザーなら利用状況によって、楽天モバイルの利用料金分以上のポイント還元を受けられるでしょう。

ポイント倍率月間獲得上限ポイント
Rakuten UN-LIMIT VII契約中
ダイヤモンド会員
3倍7,000
Rakuten UN-LIMIT VII契約中
プラチナ・ゴールド・シルバー・レギュラー会員
2倍6,000
スーパー放題・組み合わせプラン契約中
(新規受付終了)
1倍5,000

楽天市場の通常のポイント還元率は1.0%です。ダイヤモンド会員の楽天モバイルユーザー(ポイント還元率+3倍)が、楽天モバイルの最低利用料金1,078円(税込)分を楽天ポイントで還元させるためには、約27,000円程度の買い物が必要です。

楽天市場での買い物以外にも「楽天ブックス」「楽天Kobo」「Rakuten Fashion」などもポイントアップのサービス対象。楽天経済圏をよく利用している人は、実質無料で使える可能性が高いといえるでしょう。

エンタメコンテンツを利用している人

エンタメコンテンツ

対象の楽天エンタメコンテンツを利用している人は、楽天モバイルの料金が実質無料か割安になります。

対象コンテンツが3カ月無料になるだけでなく、3カ月経過後も割安な価格で継続利用が可能です。

対象のエンタメコンテンツをまとめました。

無料期間無料期間終了後サービス月額料金
Rakuten Magazine初回90日間30%オフ418円→293円

年間:3,960円→2,772円

Rakuten Music初回90日間200円オフ980円→780円
(30日間)
BASIC PASS for 楽天モバイル初回3ヶ月44%オフ990円→550円
パ・リーグ special初回3ヶ月50%相当のポイント702円
(352円ポイント還元)
YouTube Premium
(Android端末限定)
初回3ヶ月1,180円

すべての対象コンテンツを3カ月間無料で利用した場合、合計12,810円(税込)が無料になります。

また、仮に「Rakuten Magazine」「Rakuten Music」「BASIC PASS for 楽天モバイル」「パ・リーグ special」の4コンテンツ利用の場合、3カ月間無料になったあとも合計毎月1,117円相当分が割引になる計算です。

楽天モバイル3GB以内の料金が1,078円(税込)なので、約1カ月相当分の料金が割引・還元となります。

対象のエンタメコンテンツを利用している楽天モバイルユーザーは、該当のコンテンツページからキャンペーンにエントリーして、お得にエンタメコンテンツを使いましょう。

キャンペーン名Rakuten UN-LIMIT VIIご契約者様限定!エンタメコンテンツ初回3カ月無料
内容以下のサービスが3カ月無料
・Rakuten Magazine
・Rakuten Music
・ BASIC PASS for 楽天モバイル
・パ・リーグ special
・YouTube Premium(Android端末限定)
適用条件Rakuten UN-LIMIT VIIの契約
各キャンペーンページから申し込み
期間終了日未定

楽天モバイルを0円運用する3つの条件

3つの条件

楽天モバイルを0円で運用するためには、3つの条件をクリアする必要があります。

楽天モバイルを0円運用する3つの条件

  • データ通信量を3GB以内に抑えてSPUを活用
  • 電話は「Rakuten Link」アプリを利用する
  • 端末代をできるだけ安く抑える

条件1.データ通信量を3GB以内に抑えてSPUを活用

2022年11月以降は最低でも月額1,078円(税込)が発生するので、データ使用量は3GB以内に抑えましょう。

0円で運用したい場合には、日常生活の必需品を楽天サービスを利用して購入する方法がおすすめです。

楽天市場での購入や楽天カードでの仕払いなど条件をクリアすると、ポイント還元率が最大+16倍にアップします。

楽天サービスを有効活用して、ポイント還元で実質無料を狙いましょう。

注目!
注目!
格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?
現在、月々のスマホ代が だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
3GBプランの安値上位10社の平均値
をもとに算出
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

条件2.電話は「Rakuten Link」アプリを利用する

楽天モバイルユーザーは、国内通話が無料になる「Rakuten Link」アプリが利用できます。

相手が「Rakuten Link」アプリを利用していなくても、自分が「Rakuten Link」アプリを利用して相手に電話をかければ通話料無料です。

「Rakuten Link」は楽天モバイルユーザーなら無料で使えるアプリで、通話時間の上限もありません。

毎月の通話料を節約できるので、OS標準の電話アプリではなく、「Rakuten Link」アプリを利用して電話をかけましょう。

条件3.端末代をできるだけ安く抑える

楽天モバイルを実質0円で運用するには、機種代も極力抑えられるものであることが望ましいです。キャンペーンを活用すれば非常に安く購入できる端末もあるので、機種にこだわりがないなら低コストの端末を選びましょう。

機種代にお金をかけたくない人は、キャンペーンを利用して端末代が1円になる「Rakuten Hand 5G」がおすすめです。

また、楽天モバイルでは回線だけを乗り換えることも可能なので、現在利用中の端末を使い続けるなら、楽天モバイル側での機種代の支払いは発生しません。

楽天モバイルが0円じゃない時に確認すること

チェックポイント

「楽天モバイルを0円で運用したいのに0円になっていない」と思ったら、2つの点を確認してみてください。

0円じゃない時に確認すること

  • 利用料金がポイントで相殺できているか
  • 国内通話をOSの標準電話アプリでしていないか

利用料金がポイントで相殺できているか

毎月の利用料金を楽天ポイントで支払うにしていても、ポイントが足りなければ相殺できません。

月の使用データが多かった場合や、楽天ポイントがあまり貯まらない月だった場合は、ポイントが足りずにクレジットカード請求が来るかもしれません。

楽天モバイルの締め日の前に、ポイントが十分にあるか確認しておきましょう。

国内通話をOSの標準電話アプリでしていないか

楽天モバイルでは「Rakuten Link」アプリを利用して国内通話をすれば、相手が楽天モバイルユーザー以外でも通話料が無料です。

標準の電話アプリではなく「Rakuten Link」アプリだけを使いたい場合には、スマートフォンの設定で「Rakuten Link」をデフォルトの電話アプリに設定する必要があります。

Android端末の場合

  1. 「設定」アプリから「アプリと通知」をタップ
  2. 「標準のアプリ」から「電話アプリ」をタップ
  3. 「Rakuten Link」を選択

iPhone端末の場合には、発信には「Rakuten Link」が使えても、着信には「Rakuten Link」は利用できません。

着信履歴からそのまま折り返して発信すると、OS標準の電話アプリが使われてしまい、通話料がかかるので注意が必要です。

Android端末もiPhone端末も、ブラウザに表示されている電話番号をタップして発信する場合には、以下のブラウザなら「Rakuten Link」で簡単に発信できます

該当ブラウザ使用方法
Android端末Google Chromeブラウザに表示されている電話番号をタップ
※「常時」を選択すれば、以降のGoogle Chromeからの発信をRakuten Linkに設定可能
iPhone端末Safariブラウザに表示されている電話番号を長押しして「Link」を選ぶ

楽天モバイルがお得になるキャンペーン

開催中の楽天モバイルがお得になるキャンペーンを紹介します。

【最大24,000円相当】対象のiPhone購入

特典最大24,000円相当分の楽天ポイント還元
適用条件Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のiPhoneを購入する
期間2022年9月10日~終了日未定

楽天モバイルでは、2022年7月1日より新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の提供を開始しました。旧プラン同様データ容量無制限のプランで、3GBまで1,078円(税込)で利用できます。

この新料金プランに初めて申し込み、対象のiPhoneを購入すると、最大24,000円相当分の楽天ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

対象のiPhoneは、iPhone 14シリーズ・iPhone SE(第3世代)・iPhone 13シリーズ・iPhone 12シリーズで、購入する機種によって還元ポイントが異なります。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

楽天モバイルと人気のiPhoneシリーズをお得に申し込みできるチャンスなので、ぜひこの機会を見逃さないようにしてください。

【最大19,000円相当】対象スマホ&WiFi購入

特典最大19,000円相当の特典進呈
適用条件Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のスマホ・WiFiを購入する
期間2022年7月1日~終了日未定

楽天モバイルでは、コストパフォーマンスに優れた人気のスマホを多数取り扱っています。今なら、Rakuten UN-LIMIT VIIの申し込みと同時に対象のスマホ・WiFiを購入する方向けに、お得なキャンペーンを実施中です。

条件を満たすと、端末代金が最大16,000円値引きされ、さらに3,000円相当の楽天ポイントが還元されます。

対象機種には、AQUOS・Xperia・OPPOシリーズや注目の楽天モバイルオリジナルスマホも含まれているので、機種変更を検討している方は必見です。

Rakuten Hands 5Gは本体価格が19,001円(税込)なので、実質1円で購入可能です。

エンタメコンテンツ初回3カ月無料

エンタメコンテンツ初回3カ月無料出典:楽天モバイル
特典初回3ヵ月無料+無料期間終了後も最大50%ポイント贈呈
適用条件Rakuten UN-LIMIT VIIを契約中または新規契約
期間終了日未定

楽天モバイルを契約中もしくは、新規契約をすると、エンタメコンテンツが3ヵ月無料で利用できます。

さらに無料期間終了後でも、最大50%分のポイント贈与があります。

コンテンツ無料期間無料期間後(税込)
Rakuten Magazine90日30%OFF
418円/月→293円/月
Rakuten music90日200円OFF
980円/30日→780円/30日
NBA Rakuten3ヵ月44%OFF
990円/月→550円/月
パ・リーグ Special3ヵ月50%ポイント贈呈
702円/月→352ポイント贈呈
Youtube Premium3ヵ月通常料金
1.180円/月

▼他にも楽天モバイルではたくさんのお得なキャンペーンが実施中です。以下記事で詳しく解説しています!

楽天モバイルの0円運用・条件に関するQ&A

よくある質問

楽天モバイルの0円運用・条件に関するよくある質問をまとめました。楽天モバイル0円運用に関する不明点は解決してから契約しましょう。

Q.楽天モバイルで0円運用できるのはいつまで?

楽天モバイルでは2022年7月1日から0円運用ができなくなりました。しかし、8月分までは移行期間として0円運用が可能です。

9月・10月も、データ使用量が1GB以下の人には、それぞれ最低料金分の楽天ポイントが還元されるので、実質無料で利用できます。

2022年11月以降は、データ使用量が0〜3GBで1,078円(税込)が発生します。

Q.11月以降も実質0円で運用する方法はある?

11月以降も実質0円で運用したいなら、日用品や嗜好品の購入をなるべく楽天市場や楽天ブックスなどの楽天サービスを利用するのがおすすめです。楽天モバイルを利用しているだけで、楽天サービスでのポイント還元率が+2倍になります。

ダイヤモンド会員ならさらに+1倍になるので、ダイヤモンド会員の楽天モバイルユーザーは+3倍のポイント還元を受けられます。(楽天キャリア決済をする場合にはさらに+0.5倍)

ポイント還元率が+3倍の場合、ポイント還元率は4.0%になるので、1,100円の楽天ポイントを受け取るのに必要な購入金額は27,500円です。+3.5倍なら25,000円以内の購入金額で実質0円になる計算になります。

楽天モバイルで0円運用を続けたいなら、生活必需品を楽天サービスで購入すると実質0円での運用もしやすいでしょう。

Q.いつまでに解約すれば0円で済む?

2022年8月末日で楽天モバイルを解約しましょう。9月・10月分もポイント還元によって実質無料で利用可能ですが、基本料金の支払いは発生します。

無条件で0円で回線を運用したい場合には、2022年8月末日で楽天モバイルを解約して、より安く利用できる他社格安SIMへの乗り換えましょう。

自分に最適の格安SIM回線を探しているなら、ぜひ当サイトの格安SIM比較診断を活用してください。

Q.実質0円運用でもユニバーサル料はかかる?

通常楽天モバイルではユニバーサル料の2.2円がかかります。

「ユニバーサルサービス料」とは、加入電話・公衆電話・緊急通報などの電話サービスをだれにでも供給するための料金で、楽天モバイル以外のサービスでも発生します。

しかしデータ容量が1GB未満であれば、ユニバーサル料も含めた金額がポイント還元されるため、0円運用が可能です。

楽天モバイルで0円運用をしよう

無料のイメージ

楽天モバイルは2022年7月1日に「Rakuten UN-LIMIT VII」へプランが切り替わり、データ使用量が1GB以下でも0円運用できなくなりました。

この記事で分かったこと

  • 無条件での0円運用はできなくなった
  • 0円運用するには楽天ポイントが必要
  • 国内通話はすべて「Rakuten Link」アプリを利用
  • 月額料金はかかるようになったがそれでも割安

また、楽天モバイルを利用しているだけで、楽天市場や楽天ブックスなどのポイント還元率がアップします。日用品の購入を楽天サービスに集約させれば、楽天モバイル料金分のポイント還元が受けられるので、活用しましょう。

楽天モバイルは無条件での0円運用はできなくなったものの、3GBまで1,078円(税込)と十分に低価格で利用できる回線です。キャンペーンや楽天モバイルユーザーの特典を活かして、賢く0円運用しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい