1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEMOの2つの料金プランを徹底解説|メリット・デメリットや申込手順も紹介

LINEMOの2つの料金プランを徹底解説|メリット・デメリットや申込手順も紹介

更新日:2021.10.05

ソフトバンクによって導入された新ブランド「LINEMO」は、3大キャリアから乗り換えれば、月額料金が安くなったり、LINEのサービスがお得に使えたりするなど、多くのメリットがあります。この記事では、LINEMOの2つのプランについて、LINEMOに乗り換えることで得られるメリットや乗り換える際の注意点、申込み手順、プランに関するよくあるQ&Aなどを紹介するなど、徹底解説します。

ソフトバンクが導入した新ブランド「LINEMO」。

現在使っている携帯電話会社から乗り換えることで、月額料金が安くなるなど、たくさんのメリットがありますよ。

人気アプリ「LINE」のサービスがデータ消費0になるLINEギガフリーもLINEMOの特徴。

本記事ではLINEMOのサービス概要、LINEMOに乗り換えることで得られるメリット、乗り換える際の注意点についてもご紹介します。申込み手順やプランに関するよくあるQ&Aもチェックしていきましょう。

LINEMOの料金プラン・サービス内容

LINEMO プラン

LINEMOには、選べる2つの料金プランが存在します。

  • ミニプラン
  • スマホプラン

サービス内容を比較していきましょう。

2つの料金プラン

LINEMO料金プランミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
月額基本料990円(税込)2,728円(税込)
LINEギガフリー対応対応
データ量超過後の通信速度300kbps1Mbps
eSIM対応対応
契約後のプラン変更可能可能
通話オプション割引キャンペーン対象対象
LINEスタンププレミアムパックキャンペーン対象外対象
10,000円相当あげちゃうキャンペーン対象外対象

ミニプランとスマホプランの大きな違いは、月々使えるデータ量と料金です。

データ量超過後の通信速度やキャンペーンの対象になるかどうかも違いが出てきます。

LINEギガフリー

LINEアプリを使用する際、トークや音声通話は、データ量を消費します。

しかし、LINEMOのLINEギガフリーがあれば、トークや音声通話はもちろん、ビデオ通話やタイムラインの表示などが、データ消費0。

スタンプショップの利用など、一部機能は対象外となりますが、それぞれのデータ量を超えても速度が落ちません。

LINEスタンププレミアムポイントバックキャンペーン

スマホプラン契約の方のみのキャンペーンとなりますが、LINEプレミアムスタンプ(ベーシックコース/デラックスコース)に加入すると、LINEポイント240ポイントが毎月プレゼントされます。

LINEプレミアムスタンプは、スタンプのみで240円、スタンプと絵文字双方で480円を支払うことで使い放題になるサブスクリプションサービス。

スマホプランを契約することで、LINEポイントとしてバックがもらえます。

世界対応(国際ローミング)ケータイ

日本国内で利用する端末を用いて、約250の国と地域でも通話やメール、データ通信が利用できるサービスです。

会員専用ページの「My menu」から申込みをする必要はありますが、かかる費用は無し。

MNP予約番号を取得して、乗り換え契約の場合は乗り換え後すぐに申込み可能ですが、新規申込みの場合は、課金開始日から5ヶ月以降でなければ申込みができませんので、注意が必要です。

発信だけでなく着信だけでも料金がかかったり、海外パケット使い放題の対象国以外では高額請求が来る恐れがありますので、使い方を把握して申し込みましょう。

通話オプション割引キャンペーン

LINEMOは、基本の料金プランに加えて、1回あたり5分までの通話がかけ放題になる「通話準定額(月額550円)」と、かけ放題「通話定額(月額1,650円)」のオプションがあります。

通話オプション割引キャンペーンは、通話オプションが500円割引されるサービス。

通話準定額は無料、通話定額は1,000円で利用できる計算となります。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOに乗り換える5つのメリット

LINEMO プラン

LINEMOに乗り換える5つのメリットは、下記の通りです。

  • 月額料金が安くなる
  • 通信速度が安定
  • 乗り換え時の違約金・手数料0
  • eSIM対応で即日乗り換えが可能
  • 乗り換えキャンペーンの開催

これらについて解説します。

月額料金が安くなる

LINEMOの料金プラン、「ミニプラン」と「スマホプラン」。

以下は他社プラントと比較した料金になります。

サービス名LINEMO(スマホ・ミニプラン)楽天モバイルpovoahamo
月額料金(税込)2,728円/990円0円~3,278円2,728円2,970円
データ量20GB/3GB無制限
(パートナー回線は5GB)
20GB20GB
5G対応対応対応対応

※全て税込表記

普段のデータ使用量によって、どちらかを選びますが、20GBまで使えるスマホプランでも、月額料金は2,728円(税込)です。

普段の使い方にもよりますが、LINEMOに乗り換えたことで、月額料金が安くなることが期待されます。

通信速度が安定

LINEMOは、ソフトバンクと同じ回線を使用しているため、ほかのキャリアと比べても回線が混雑しにくく、安定していると言えます。

昼休憩や通勤時、20時以降の時間帯に繋がりにくくなるということも少ないため、格安料金で通信速度が安定していることは、大きなメリットですね。

ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換え時の違約金・手数料0

ソフトバンク・ワイモバイルおよびLINEMOのブランド間の乗り換えの場合、契約解除料、店舗で手続きする際の事務手数料は無料です。

いままでは、契約解除手数料が10,450円(税込)、店舗で手続きする際の事務手数料が3,300円(税込)かかっていましたので、約14,000円の費用が浮く計算に。

LINEMOは最低利用期間が設定されていないため、違約金やMNP転出手数料なども必要ないことから、かかる経費がとても少ないことが特徴です。

eSIM対応で即日乗り換えが可能

LINEMOは、従来のSIMカードのほかに、eSIMに対応しています。

eSIMとは、物理的なSIMカードではなく、スマホに埋め込まれた一体型のSIMカードのことを指し、これまでのように、端末のSIMカードを抜いて新しいSIMカードを挿すなどの作業が必要ありません。

LINEMO申込みの際、SIMカードの種類の選択でeSIMを選択すると、即日回線の切り替え手続きをすることができます。

eSIMとは何か、対応端末や設定方法について説明した記事がありますので、併せてご覧ください。

乗り換えキャンペーンの開催


出典:LINEMO

LINEMOでは、新規契約者に向けてキャンペーンを行っています。

2021年6月5日から、「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」を提供中。終了日は未定となっています。

キャンペーン期間中に新しい番号または他社からの乗り換えでスマホプランまたはミニプランに加入した場合、スマホプランなら10,000円、ミニプランなら3,000円相当のPayPayボーナスがもらえます。

※ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは対象外となります。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMO申込みに関する5つの注意点

LINEMO プラン

LINEMOの申込みの前に、注意点を確認しましょう。

  • 申込み・サポートはオンラインのみ
  • キャリアメールが使えなくなる
  • LINEMOでスマホ本体の販売はしていない
  • 家族割などの割引がない
  • 留守番電話・転送電話ができない

どれも、乗り換えたあとに気づいては遅い内容となっています。

申込み・サポートはオンラインのみ

LINEMOは、オンライン限定のブランドです。

申込みはもちろん、サポートも、店舗やオペレーターが対応するシステムがなく、申込者がオンラインのみで行う必要があります。

とはいえ、オンライン上でチャットサポートがありますので、疑問点があっても安心。

チャットサポートは24時間受付、オペレーターは10時~24時に応対可能です。

キャリアメールが使えなくなる

各携帯電話会社が提供しているメールアドレス(キャリアメール)は、LINEMOへの切り替えと同時に、使えなくなってしまいます。

普段からキャリアメールを使っている人は、切り替え前にやり取りしている相手へメールアドレスの変更のお知らせをすると良いですね。

一方、gmailやYahoo!メールなどの無料メールサービスは、前の端末に引き続き使用可能です。

LINEMOでスマホ本体の販売はしていない

LINEMOでは、スマホ本体の販売はしていません。

そのため、機種変更をしたい場合は、LINEMOへの乗り換え前に済ませておく必要があります。

LINEMO契約中に機種変更をしたい場合は、一度ソフトバンクに回線を戻してソフトバンクオンラインで端末購入をする方法や、SIMフリースマホを手に入れて端末変更をする方法があります。

家族割などの割引がない

ソフトバンクやワイモバイルでは、家族での契約やインターネット契約と携帯電話をセットで購入することで、料金が割引されるセット割がありますが、LINEMOでは割引が一切ありません。

しかし、1回線ごとに料金がかかるにしても、LINEMOの料金プランはとても安いです。1人1回線で契約をしたとしても、月々の携帯料金は安くなる可能性が出てきます。

留守番電話・転送電話ができない

LINEMOでは、留守番電話・転送電話の提供が行われていません。

LINEMOのターゲットは、主にデジタル・ネット・SNS慣れした若い人たちであると言われています。

それらの年代の方は、電話や音声サービスをあまり使わなくなってきているため、普段から電話をあまりしないという人には、注意点とならないポイントかもしれません。

LINEMOの詳細はこちら

LINEMOへの申込み5つのSTEP

LINEMO プラン

LINEMOへの申込みは、5つのSTEPで完了します。

  • SIMロック解除をしたスマホを用意する
  • MNP予約番号の取得
  • LINEMOへ申込み
  • eSIMか物理SIMかを選択する
  • APN設定を行う

それぞれのSTEPを確認しましょう。

STEP1 SIMロック解除をしたスマホを用意する

LINEMOへの乗り換え手続きは、現在使用しているスマホを使うにしろ、新しい端末を用意するにしろ、それがSIMフリーである必要があります。

SIMロックがかかっているスマホでLINEMOを利用したいという人は、事前準備として、SIMロック解除が必要です。

ただし、SIMフリースマホを購入した場合や、ソフトバンク・ワイモバイルで購入した端末をそのまま使用する場合は、SIMロック解除は不要となります。

各キャリアSIMロック解除の手続き方法について別の記事でまとめています。併せてご覧ください。

STEP2 MNP予約番号の取得

現在使っている電話番号をそのまま使用したいという人は、MNP予約番号の取得が必要です。

各キャリアに予約番号の発行を依頼し、10桁の番号を使用します。

MNP予約番号は15日間という有効期限があるので、注意が必要。MNP予約番号を取得したらすぐに、LINEMOへの乗り換え手続きをすると良いでしょう。

こちらも、ソフトバンク・ワイモバイルからのプラン変更の場合には、MNP予約番号は不要です。

STEP3 LINEMOへ申込み

事前準備が終わったら、いよいよLINEMOへの申込みです。

LINEMO公式サイトから「今すぐ申し込む」をクリックし、進んでいきましょう。

電話番号を引き継ぐ場合は、「今の電話番号をそのまま使用する」をチェックして、使用している携帯電話会社を選択します。

STEP4 eSIMか物理SIMかを選択する

eSIMか物理SIMかを選択します。eSIMを使用する場合は、設定する予定のスマホが、eSIMに対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

LINEMOに対応していても、eSIMに対応しているという端末は少ないです。

STEP5 APN設定を行う

LINEMOの料金プランや通話オプションを選択し、契約手続きを済ませたら、最後にAPN設定を行います。APN設定をすれば、LINEMOへの乗り換えは完了です。

APN設定とは、使用する端末でどの回線を使うかを指定する手続きのこと。

iPhoneとAndroidでは、少し設定方法が異なります。

LINEMOの詳細はこちら

iPhone・AndroidのAPN設定方法や注意点を解説した記事がありますので、気になる方はあわせてお読みください。

本人確認書類のみで申込みは可能

LINEMO プラン

LINEMOへの申込みは、本人確認書類のみで可能です。

こちらに関しても、ソフトバンク・ワイモバイルからのプラン変更では必要ありませんので、手軽に手続きをすることができますね。

LINEMOの詳細はこちら

プランに関するQ&A

LINEMO プラン

LINEMOのプランに関するよくある質問をまとめました。

  • LINEモバイルとの違いは?
  • LINEMOに解約金・違約金はある?
  • 月途中に解除申込みをした場合は?

細かな疑問も解決していきましょう。

LINEモバイルとの違いは?

LINEMOが、ソフトバンクが始めた最新の4G/5Gサービスであるのに対し、LINEモバイルは、MVNOと言われる格安SIMの回線サービスのことです。

サービス名LINEMOLINEモバイル
運営会社ソフトバンクLINEモバイル株式会社
回線ソフトバンクドコモ、au、ソフトバンク
データ容量3GB、20GB500MB、3GB、6GB、12GB

※LINEモバイルは2021年3月末をもって新規申込みの受付終了

使う回線は、LINEMOの場合はソフトバンクの回線をそのまま使用していますが、LINEモバイルは3大キャリアから回線を借りてサービスを提供しているなどの違いがあります。

LINEMOに解約金・違約金はある?

LINEMOは、契約から解約までの期間の縛りはありません。

そのため、極端に言うと乗り換えをして1週間後にLINEMOから転出したとしても、解約金・違約金は発生しません。

月途中に解除申込みをした場合は?

LINEMOを月途中に解除申込みをした場合は、既に支払い済みの携帯料金については、日割りで戻ってくるということはありません。

転出先の携帯電話会社の方でも、申込み当月の料金は日割りされることが多いため、もしLINEMOを解除する場合は、月末に手続きするほうがお得です。

LINEMOの詳細はこちら

まとめ

LINEMOのプランについて、ご紹介しました。

LINEMOはシンプルな2つのプランから選べるほか、LINEギガフリーなど、LINEユーザーにとってメリットが多いサービスです。

現在ソフトバンク・ワイモバイルを使用している人は、同一ブランドであるLINEMOへの乗り換えは、とてもかんたん。SIMロック解除も、MNP予約番号の取得も必要ありません。

ぜひ、LINEMOへ乗り換えて月額料金を節約していきましょう。

LINEMOの詳細はこちら

SHARE!!

あわせて読みたい