1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【厳選】格安SIM×モバイルWiFiルーターおすすめ3選!快適に使えるルーターはコレ

【厳選】格安SIM×モバイルWiFiルーターおすすめ3選!快適に使えるルーターはコレ

更新日:2018.09.18

格安SIMの使い方のひとつとしてモバイルルーターと組み合わせる方法があります。今回は、格安SIM×モバイルルーターで快適に使えるおすすめのルーターを3つ紹介していきます。これから格安SIMとモバイルルーターの組み合わせを利用したい方はぜひ参考にしてください。

もっぱらスマホで使うイメージのある格安SIMですが、実はモバイルルーターでも使用可能です。1枚のSIMカードで複数のガジェットが使えたり、SIMカードスロットのないWiFi対応機器を外へ持ち出して使えたり、格安SIMの使い道は意外と多いんです。そこで今回はモバイルルーターに着目し、格安SIM×モバイルルーターでWiFiを使うメリットやデメリット、おすすめの格安SIMとモバイルルーターの組み合わせを紹介します。


格安SIM×モバイルルーターのメリット・デメリット

スマホと組み合わせて格安スマホとして使う方法が一般的な格安SIMは、格安SIMはモバイルルーターに入れ、タブレットやパソコンとつないで通信することもできます。

では、そんな格安SIM×モバイルルーターについて、詳しく紹介していきましょう。

格安SIM×モバイルルーターのメリット

スマホやパソコン、タブレットなどを自由に接続できる
格安SIMを入れたモバイルルーターでも、自由にスマホやパソコン、タブレットと接続できます。例えば、外ではスマホやタブレットをつないで使い、家に帰ったらパソコンにWiFi接続するといった使い方ができます。自宅用にネット回線を契約しなくてもよいので、月額料金を抑えて通信を行えます。
各回線による縛りがなく各端末に繋げられる
スマホと格安SIMをセットで使う場合、スマホの回線によって使える格安SIMが異なります。基本的には、docomoのスマホならdocomo回線の格安SIM、auのスマホならau回線の格安SIMとなります。モバイルルーターは、こうした各回線の縛りなく使うことが可能。モバイルルーターの回線さえ適合していれば、スマホやタブレットなど接続する端末の回線が異なっていても通信できます。MVNOで契約できるモバイルルーターはSIMフリーなので、ルーター自体の回線の縛りもほとんどありません。
大手キャリアでモバイルルーターを契約するより安くなる場合が多い
モバイルルーターを提供している通信会社で契約すると、月額料金が高くなることが多いです。一方、格安SIMなら10GB以上の大容量プランでも安く契約できるので毎月の料金を節約できます。またモバイルルーターの場合データSIMを契約することになるため、プラン変更や解約なども容易に行えます。モバイルルーターの月額料金が高いと感じている方には格安SIM×モバイルルーターの組み合わせがぴったりです。

格安SIM×モバイルルーターのデメリット

MVNOや環境によって通信品質や速度が異なる
モバイルルーターに格安SIMを入れて利用する場合、MVNOや環境によって通信品質や速度が異なります。そのため、快適に利用できる時間帯もあれば、通信品質や速度に不満を覚える時間帯も出てきます。こうした状況になった場合、基本的にユーザー側では対応策がないため、快適な通信を求めている方にとってはデメリットになる可能性があります。もし、モバイルルーターと格安SIMを組み合わせて使う場合は、事前にMVNOの通信品質や速度を確認しておきましょう。
スマホやタブレットとモバイルルーターを同時に購入すると費用がかかる
すでにスマホやタブレット、モバイルルーターなどを準備している場合は問題ありませんが、まだどれも購入していない場合は購入時の費用が発生します。SIMフリーのモバイルルーターは1万円程度から購入できるため、単体で見るとそこまで高くありませんが、同時に複数の機器を購入するとなると、それなりの費用になります。初期費用を抑えたい場合は、スマホやタブレット、モバイルルーターを分割払いで購入するなどして対策しましょう。
常にモバイルルーターを持ち運ぶため荷物が増える
モバイルルーターで通信を行うということは、常にモバイルルーターを持ち歩く必要が出てきます。スマホやタブレット、パソコンはモバイルルーターがないと通信できないため、必然的に荷物が増えてしまうので注意しましょう。最近のモバイルルーターは小型化が進んでいて、以前に比べると持ち運びやすくなっていますが、それでも手ぶらで歩く場合はポケットをひとつ塞いでしまうことになるため、荷物をあまり持ちたくない方にはおすすめできません。

スマホをモバイルルーターとして使うこともできる


出典:IIJmio ZenFone 4 Max

上記のデメリットで荷物が増えるデメリットを紹介しましたが、格安スマホをモバイルルーターとして利用することでこのデメリットを解消し、荷物を増やすことなく通信が楽しむことができます。格安スマホの中には、テザリングと呼ばれる機能に対応したものがあります。テザリング対応スマホはスマホをモバイルルーターとしてタブレットやパソコンをつなげられるため、手軽にモバイルルーターを使いたい方におすすめです。

ただしスマホをモバイルルーターとして使う場合、スマホのバッテリー消費が早くなってしまいます。メイン機のスマホをルーター代わりにするなら、少なくとも3,000mAh以上のバッテリーを搭載したスマホを使いましょう。

例えば、ASUSのZenFone 4 Max(ZC520KL)なら4,100mAhという大容量のバッテリーを搭載しています。メイン機として利用しながらルーターとして使ってもバッテリー持ちがいいのでおすすめです。また、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しているので、モバイルルーター用のSIM、普段使い用のSIMを分けて使えます。

ZenFone 4 Maxを契約するならIIJmio(みおふぉん)がおすすめ

編集部厳選!格安SIM×モバイルルーターの最適な組み合わせ3選!

それでは、編集部が厳選した格安SIM×モバイルルーターの組み合わせを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

今回はスムーズに契約できるようにMVNOが提供しているモバイルルーターのみを紹介します。格安SIM×モバイルルーターの組み合わせで契約したいときは、MVNOの契約と一緒にモバイルルーターを手に入れましょう。

IIJmio(みおふぉん)×Aterm MR05LN


出典:NEC Aterm MR05LN

  • デュアルSIM対応でさまざまな使い方ができる!
  • Bluetoothテザリングで最大約30時間通信を実現!
  • 休止状態なら最大約1,250時間の待受け!

Aterm MR05LNは、多くのMVNOで提供されているNEC製のモバイルルーターです。特徴としてはまず、デュアルSIMに対応しているという点が挙げられます。2枚のSIMを使えるのでSIMの使い分けが可能です。SIMの切り替えにかかる時間はスムーズSIM切替によりわずか10秒で完了します。ルーターの画面にはショートカットアイコンが用意されていてワンタッチで切り替えられます。

またAterm MR05LNは驚異的なスタミナで、Bluetoothテザリングなら最大約30時間連続で通信可能です。休止状態なら最大約1,250時間の待受けでき、1日中テザリングが行えます。Aterm MR05LNを手に入れてスマホやタブレット、ノートパソコンなど多くの端末で長時間にわたって通信できるでしょう。

IIJmio(みおふぉん)のおすすめプランは?

IIJmio タイプD月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円3GB/月最大2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,397円6GB/月最大2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円3,520円12GB/月最大10枚
モバイルルーターと組み合わせるなら…
ファミリーシェアプラン 12GB

IIJmio(みおふぉん)のおすすめプランはタイプDのファミリーシェアプランです。IIJmioはマルチキャリア対応なのでdocomo回線とau回線が契約できます。今回は、au回線にはないデータSIMを提供しているタイプDのファミリーシェアプランをおすすめします。ファミリーシェアプランの中で最安なので、毎月の月額料金を抑えながら通信が楽します。

ただ、12GBの通信容量と聞くと少ないと感じる方も多いはず。IIJmioでは、大容量データオプションという通信容量を追加できるオプションを用意しています。

追加できる通信容量は20GBと30GBの2種類です。どちらか片方の追加または両方追加もできるので最大60GBの通信容量にできます。ほかのMVNOと比べても非常に大きい通信容量が行えるのでIIJmioはおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)でAterm MR05LNを契約するといくらになる?


出典:IIJmio Aterm MR05LN

Aterm MR05LN 分割24回払い
月額:1,026円
タイプD ファミリーシェアプラン 12GB (データSIM)
月額:2,764円
データオプション20GB
月額:3,348円
合計
月額:7,138円

IIJmioでAterm MR05LNを契約すると、毎月7,000円程度でモバイルルーターが利用できます。Aterm MR05LNは、分割払いのほかに一括払いも可能です。一括払いだと2万3,760円で契約できるので、毎月の支払いはプラン料金とオプション料金の月額6,112円で契約できます。

2018.11.6まで
初期費用1円&6カ月間648円割引&データ量が倍増
初期費用3,240円が1円&6カ月間データ量が倍増!
さらに音声SIMなら月額料金も6カ月間648円割引でさらにおトク! 詳細をチェック
公式サイトへ

mineo(マイネオ)×HUAWEI E5577


出典:mineo HUAWEI E5577

  • クレジットカードサイズでコンパクトなサイズ感!
  • 大容量3,000mAhのバッテリーとモバイルバッテリー機能を搭載!
  • 専用アプリでモバイルルーターの遠隔管理ができる!

格安スマホでも有名なHUAWEI製のモバイルルーターがHUAWEI E5577です。クレジットカードサイズなので、コンパクトで軽く持ち運びに便利です。胸ポケットにもすっぽり収まり手ぶらで外出するときも問題ありません。

小型ながら大容量3,000mAhのバッテリーを搭載しているので、LTEの場合、連続待受時間は最大約600時間、連続通信時間は最大約12時間と長時間利用してもバッテリー切れの心配が少ない端末です。

さらに、専用アプリであるHUAWEI HiLinkを使えば、スマホやタブレットからバッテリー残量やデータ通信量、ネットワーク状態を確認できます。

mineo(マイネオ)のおすすめプランは?

mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB756円886円1,512円500MB/月1枚
1GB
(2018年9月3日新規受付終了)
864円994円1,620円1GB/月1枚
3GB972円1,102円1,728円3GB/月1枚
6GB1,707円1,837円2,463円6GB/月1枚
10GB2,722円2,852円3,478円10GB/月1枚
20GB4,299円4,429円5,055円20GB/月1枚
30GB6,372円6,502円7,128円30GB/月1枚
モバイルルーターと組み合わせるなら…
シングルタイプ 30GB

mineo(マイネオ)は、docomo回線とau回線のマルチキャリア対応です。ただ、mineoで販売しているHUAWEI E5577は、docomo回線のみ対応となっています。そのため、mineoでモバイルルーターを使う場合はdocomo回線のDプランを契約しましょう。

mineoのプランでおすすめなのは最大の通信容量であるシングルタイプの30GBです。毎月30GBの通信容量が使えるので、スマホやタブレット、パソコンなどでも多くのデータ通信が楽しめます。

mineo(マイネオ)でHUAWEI E5577を契約するといくらになる?


出典:mineo HUAWEI E5577

HUAWEI E5577 分割24回払い
月額:432円
Dプラン シングルタイプ 30GB (データSIM)
月額:6,372円
合計
月額:6,804円

mineoでHUAWEI E5577を契約すると、毎月7,000円程度でモバイルルーターが利用できます。HUAWEI E5577は、分割払いのほか一括払いも可能で1万368円で購入できます。一括で支払う場合はプラン料金のみ発生するので、毎月6,000円程度で利用可能です。

2018.11.6まで
祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン
音声タイプの申し込みで、auプランなら1,055円、ドコモプランなら1,152円、ソフトバンクプランなら1,530円を、利用開始翌月から6カ月間割引!
詳細をチェック
公式サイトへ

楽天モバイル×Aterm MP01LN


出典:NEC Aterm MP01LN

  • モバイルルーター業界の最小・最軽量を実現した1台!
  • コンパクトサイズながら連続通信は最大約10時間!
  • LTE受信時150Mbps、WiFi「11ac」対応で快適な通信が行える!

Aterm MP01LNもNEC製のモバイルルーターです。モバイルルーター業界で最小・最軽量を実現した1台。クレジットカードよりも小さいサイズ感で重さはわずか約71g。ポケットに入れても邪魔にならないサイズが魅力です。

また、コンパクトサイズながら連続通信は最大約10時間で、連続待受は最大約900時間と一日中外出してもバッテリー切れの心配がありません。

そして、高速モバイル通信のLTE回線(受信時150Mbps、送信時50Mbps)に対応していて、電波干渉が少ない5GHz帯11acの1ストリームにも対応しているので、いつでも快適な通信が行えます。最大10台までWiFi接続でき、ご自宅でも外でも問題なく利用可能です。

楽天モバイルのおすすめプランは?

楽天モバイル月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量SIM枚数
ベーシックプラン567円697円1,350円送受信最大200kbpsで無制限1枚
3.1GBプラン972円1,102円1,728円3.1GB/月1枚
5GBプラン1,566円1,696円2,322円5GB/月1枚
10GBプラン2,441円2,571円3,197円10GB/月1枚
20GBプラン4,374円4,504円5,130円20GB/月1枚
30GBプラン5,886円5,962円6,642円30GB/月1枚
モバイルルーターと組み合わせるなら…
シングルタイプ 30GB

楽天モバイルでモバイルルーターを契約するなら、データSIMのシングルタイプ30GBがおすすめです。毎月がっつり使っても通信容量がなくなる心配が少ないプランです。楽天モバイルでは、ほかにも10GB、20GBと大容量プランを用意しているので用途に合わせて契約しましょう。

楽天モバイルでAterm MP01LNを契約するといくらになる?


出典:楽天モバイル Aterm MP01LN

Aterm MP01LN 分割24回払い
月額:486円+分割手数料
30GBプラン(データSIM)
月額:5,886円
合計
月額:6,372円+分割手数料

楽天モバイルでAterm MP01LNを契約すると、毎月6,000円程度でモバイルルーターが利用できます。Aterm MP01LNは、分割払いのほか一括払いもが可能で、1万1,664円で購入できます。一括で支払う場合はプラン料金のみ発生するので、毎月6,000円以下で利用可能です。

期間:2018年11月8日9:59まで
\契約数No.1記念セール!/
人気のZenFone 4 Maxが804円/月から購入可能。さらに、HUAWEI Mate 10 ProやHTC U11 lifeなどの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

格安SIM×モバイルルーターの組み合わせで快適なスマホライフを!

格安SIM×モバイルルーターの組み合わせについて紹介しました。格安SIM×モバイルルーターは、使い方によってスマホやタブレット、パソコンを快適に利用できるようになります。どんなメリットやデメリットがあるのか確認したうえで、契約を検討してみてはいかがでしょうか?

どのMVNOがいいのか、どのモバイルルーターがいいのか悩んだら、本記事のおすすめの格安SIM×モバイルルーターの組み合わせを参考にしてください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい