1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルは「Instagram」もカウントフリー

LINEモバイルは「Instagram」もカウントフリー

SIMカード

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら「Instagram(インスタグラム)」のデータ通信容量が無料=カウントフリーとなります。タイムラインの閲覧のみならず画像や動画の投稿にも対応しているので、SNSアプリのヘビーユーザーはLINEモバイルをチェックしておきましょう!

人気メッセージアプリの「LINE」系子会社の格安SIM「LINEモバイル」が注目を集めていますが、実は「Instagaram」など人気SNSサービスの通信容量がカウントされない「コミュニケーションフリープラン」が提供されています。月額料金も安いので、SNSアプリで多くのデータ通信容量を消費している方はチェックしておきましょう。


LINEモバイルはInstagram(インスタグラム)もカウントフリー


出典:LINE

LINEモバイルでは9月5日より「コミュニケーションフリープラン」を提供しTwitter、Facebook、LINEが使い放題(カウントフリー)となっていますが、実は11月1日からは写真共有SNSの「Instagram(インスタグラム)」も通信無料化の対象になっています。

これにより、LINEモバイルの利用ユーザーはInstagram使用時、データ通信量を消費することなく写真や動画をアップロードすることが可能になっており、節約したデータ容量をYoutubeの視聴などに充てることができます。

なおカウントフリーの対象となる機能は以下の通り。タイムラインの読込や画像投稿のみならず、動画投稿やアクティビティ、ダイレクトメッセージもカウントフリー対象になっているので「ほとんど通信容量を消費しない」と言えます。

インスタグラムにおける、通信無料化の対象機能
タイムライン
画像・動画投稿
アクティビティ
ダイレクトメッセージ

同アプリのヘビーユーザーは頻繁に短い時間の動画や多くの画像アップロードによってデータ容量を消費しているので、これらがカウントフリーになるのは大きなメリットです。

ちなみにInstagramには動画のプリロード設定などを解除することでモバイルデータ通信量を減らすことも可能ですが、そもそもタイムラインがフリー対象になっているのでこういった設定もLINEモバイルの格安SIMを使っていればする必要がありません。

LINE、Twitter、Facebookも使い放題


出典:LINE

11月1日からはLINEモバイルのコミュニケーションフリープラン利用時のInstagramデータ量がカウントフリーとなりましたが、すでに「LINE(ライン)、Twitter(ツイッター)、(Facebook)フェイスブック」に関しては無料化されています。

もしあなたがこれらアプリのヘビーユーザーであれば、節約できた分だけ他のインターネット利用に高速データ容量を充てることができます。

LINEの対象機能
音声通話/トーク/画像・動画の送受信/タイムライン
Twitterの対象機能
タイムライン表示/画像付きツイート/ツイート/DM
Facebookの対象機能
タイムライン/画像・動画投稿/コメント/お知らせ表示

見ての通り、通常利用するような多くの機能がカウントフリーの対象に。Instagramをはじめとした人気SNSアプリが通信カウントフリーとなるのが大きな特徴です。

Instagramのカウントフリー対象は「コミュニケーションフリープラン」

少し説明した通り、これらSNSがカウントフリー対象となるのはLINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」を利用している回線/格安SIMです。月額料金を確認してみましょう。

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
LINEフリープラン540円669円1,296円1GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,198円1,825円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,954円2,581円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,771円2,397円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,311円2,937円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,484円3,110円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,916円3,542円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,851円3,477円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
10GB
-3,175円3,801円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚

LINEモバイルの格安SIMプランには「LINEフリープラン(1GB)」と「コミュニケーションフリープラン(3/5/7/10GB)」の2種類があります。

LINEフリープラン
高速データ容量は「月間1GB」で、「LINEのみ」の対象機能が通信無料。使える高速データ容量が少なくカウントフリー対象もLINEのみなので、よりLINEをメインに格安スマホを使うユーザー/ライトユーザー向けのプラン。
コミュニケーションフリープラン
高速データ容量は「月間3/5/7/10GB」の4種類で、「LINEに加えてTwitterやFacebook、Instagram」の対象機能・通信量がカウントフリーとなる。人気SNSの使用頻度が多いユーザーにオススメのプラン。

説明通り、スマホでもLINEがメインの利用なら「LINEフリープラン」がおすすめ。ただし月間通信容量が1GBだとYoutubeなど動画も視聴する方には少し厳しくなるので、LINE以外にもインターネットをよく利用するなら「コミュニケーションフリープラン」を選ぶべきでしょう。

どちらにしても、月額料金をみてわかる通りドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアの契約から乗り換える場合には料金が安くなる可能性は高いです。LINEモバイルでは番号引き継ぎの「MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)」にも対応しているので、今使っている携帯電話番号をそのまま使うことも可能なのでおすすめ。

高速データ容量は繰り越しが可能/追加購入も

カウントフリー機能に加えて、LINEモバイルの格安SIMは「当月使い切らなかったデータ容量は翌月まで繰り越し」もOK。SNSの通信が無料になる上に、余った通信容量は翌月ガンガン使うことが可能です。

逆に「当月内に高速データ通信容量を使い切って、制限がかかり低速モードになってしまった」場合には、データ容量の追加購入もできます。0.5GB(540円)、1GB(1,080円)、3GB(3,240円)と細かく購入することができるので、急に足りなくなった場合にも安心。

容量プランの変更もOK

もし使ってみて「こんなにデータ容量がいらなかったから10GBから5GBにプランを下げたい」という場合には、容量プランの変更も可能です。逆に「思ったよりデータ容量が足りない」ということであれば、1GB→3GBや5GB→10GBなどよりデータ容量の多いプランへの変更もできます(プラン変更は、翌月1日より適用)。

カウントフリー機能のみならず、プラン変更やデータ繰り越しなど柔軟性があることもLINEモバイルのメリットと言えるでしょう。

LINEモバイルとInstagramのまとめ

11月1日にInstagramがコミュニケーションフリープラン対象に加わったことで、さらに使いやすくなったLINEモバイルの格安SIM。SNSのカウントフリーだけでなく月額料金の安さやプランの柔軟さも特徴なので、今後も注目しておきたいSIMカードですね。


お得なSIMプランを比較するには「SIMチェンジプラン診断」が便利。下記から簡単な質問に答えて、あなたにオススメのSIMカードを探してみましょう。