1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルに他社から簡単に乗り換える方法 | お得なキャンペーンもご紹介

LINEモバイルに他社から簡単に乗り換える方法 | お得なキャンペーンもご紹介

格安SIMとして有名なLINEモバイル。その名前は知っていてもプラン内容や注意点などは分からないという方は意外と多いと思います。そこで今回LINEモバイル(ラインモバイル)を視野にいれながら格安SIMを検討している方にプラン内容や他社から乗り換える方法などを案内します。

連絡ツールで知名度の高いLINEが出している新しい通信サービスLINEモバイル。名前を知っていてもプラン内容などが分からないという方は意外と多いと思います。そこで今回LINEモバイルを視野にいれながら格安SIMを検討している方にLINEモバイルのプラン内容や他社からLINEモバイル(ラインモバイル)へ乗り換える方法を案内します。

LINEモバイル(ラインモバイル)に乗り換えるメリットとデメリット

他社からLINEモバイルにMNPするのは本当にお得なのでしょうか。格安SIMのLINEモバイルが気になっても、メリットやデメリット、プラン内容のお得感の有無などで判断しかねている方は案外多いと思います。

そこで、まずLINEモバイルに乗り換えるメリットとデメリットを確認してみましょう。

LINEモバイル(ラインモバイル)に乗り換えるメリット

今回、改めてLINEモバイルのプラン内容などを確認していて、LINEモバイルはSNSサービスに特化した格安SIMだと感じました。詳細はプラン内容の説明の項でお伝えしますが使いたいサービスを十分に使える点がLINEモバイルならではの特徴であり、メリットだと思います。

LINEモバイル(ラインモバイル)に乗り換えるデメリット

逆にLINEモバイルに乗り換えるデメリットはLINEモバイルで使えない端末がある
という点だと思います。たとえばauやSoftbankの端末は通信方式の違いの関係でiPhone 6以前のiPhoneはLINEモバイルでは使えなかったり、端末が対応していない場合があります。

現在、使っている端末をLINEモバイルで使いたいと考える方もいると思うので、乗り換えるときは対象端末の確認をしてください。

ただ、スマホは精密機器なので、永続的に使い続けるのは非常に難しいという側面もあります。使っているスマホが動作確認済端末一覧に載っていない場合、これを機に中古端末の購入、LINEモバイルでの端末購入を視野に入れるのもおすすめです。

LINEモバイル(ラインモバイル)の料金プランの特徴

LINEモバイルの料金プランの特徴はカウントフリーというサービスです。このカウントフリーというのはプランごとに設定されている対象サービスのデータ通信容量をカウントしないというサービスです。

プランに設定している対象サービスならプランの高速通信容量を使いきった場合でも通信速度は落ちることなく、いつもどおり快適に楽しめます。使っているキャリアとプラン内容が違うという印象をうけた方も多いと思うので、LINEモバイルのプラン内容をそれぞれ確認していきましょう。

LINEフリープランの内容とは

LINEフリープランはカウントフリーの対象をLINEアプリに設定しているプランです。LINEアプリを使うときはデータ通信量を気にせず楽しめますし、プラン内の通信量を使いきった場合や通信制限がかかった場合でもLINEアプリの通信速度は落ちません。いつでもLINEを楽しみたいという方におすすめしたいプランです。

LINEフリープラン月額料金
データ540円
データ+SMS670円
データ+SMS+音声通話1,296円

ただ、上記のサービスはデータ通信量を気にせず楽しめますが、外部リンクへのアクセスやそれに付随するストリーミングサービスで通信をする場合、カウントフリー対象外という点は留意してください。もしLINEだけでなく他のインターネットサービスも充分に楽しみたい場合、通信容量は大きめのタイプで検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、プランは上記の3つのタイプから選べます。LINEだけに特化したデータプランとしても使えますし、色々なオプション機能と組み合わせて通話やLINEを楽しむプランとしても使えます。

たとえば、通信状況によってLINEの無料通話だとノイズが入りやすいのが気になるという方には音声通話プランに10分電話かけ放題(月額950円)をつけるのがおすすめです。

コミュニケーションフリープランの内容とは

コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリー対象に設定されているプランです。もちろん対象サービスを使うときはデータ通信量を気にせず楽しめます。プラン内の通信量を使いきった場合や通信制限がかかった場合でも対象サービスは通信量の制限なく、いつでも快適に楽しめます。

コミュニケーション
フリープラン 月額料金
データSIM(SMS付き)
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
3GB1,199円
1,825円
5GB1,771円2,397円
7GB2,484円3,110円
10GB2,851円3,477円

ただ、こちらもLINEフリープランと同じく外部リンクへの接続やストリーミングサービスはサービス対象外という点に注意が必要です。もし外部リンクやストリーミングサービスも活用したいと考えている場合はある程度、大きめのプランも視野にいれてみてください。

こちらもさまざまなオプション機能と組み合わせることができるのも特徴です。たとえば、端末が壊れてしまった場合のための保証をつけておきたいという方には端末保証(月額486円)もしくは持込端末保証(月額540円)がおすすめです。

MUSIC + プランの内容とは

MUSIC+プランはLINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagramをカウントフリー対象としているプランです。対象サービスを使うときデータ通信量を気にせずに楽しめます。プラン内の通信量を使いきった場合や通信制限がかかった場合でも対象サービスは通信量の制限なく、いつでも快適に楽しめます。

MUSIC+プラン
月額料
データSIM(SMS付き)
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
3GB1955円2581円
5GB2311円2937円
7GB2916円3542円
10GB3175円3802円

ただ、こちらもLINEフリープランなどと同じく外部リンクへの接続やストリーミングサービスはサービス対象外という点に注意が必要です。もし外部リンクやストリーミングサービスも活用したいと考えている場合はある程度、少し大きめのプランも視野にいれて検討するのがおすすめです。

もちろんこちらもさまざまなオプション機能と組み合わせができます。通信料金をおさえたいけれど、ストリーミングサービスなども活用したいという方にはWi-Fiオプション(月額216円)がおすすめです。

LINEモバイル(ラインモバイル)に乗り換えるときの流れ

他社からLINEモバイルにMNPする場合、必要なものは必要書類とMNP予約番号です。必要書類については、のちほど説明します。それから、使っていた機種を別の格安SIMで使う方も増えているので、今使っているスマホを持込で契約する場合、持ち込みするスマホの動作確認もしておきましょう。

MNP予約番号をとる

MNPする場合、まずはMNP予約番号を取りましょう。予約番号を取るときは「他社にのりかえをしたい」と伝えてください。注意点として頭の片隅に入れておいて欲しいのがMNP予約番号の有効期限は15日という点、LINEモバイルを店舗で申し込む場合、有効期限が1日以上あるMNP予約番号が必要という点です。

それから、MNP予約番号発行した時の電話番号とMNP転入の名義は同一でない場合、受付できないという点にも注意しておきましょう。たとえばキャリアでは親の名義だった番号をLINEモバイルでは子どもの名義で使いたい場合、転出前に名義変更をしておく必要があるからです。

docomo
携帯電話から 151 受付時間9:00-20:00
一般電話から 0120-800-000 受付時間9:00-20:00
パソコンから My docomo→各種申し込み・お手続き 受付時間9:00-21:30
au/沖縄セルラー
携帯電話・一般電話から 0077-75470(PHS不可) 受付時間9:00-20:00
EZwebから トップ My au → 申し込む/変更する 受付時間9:00-21:30
SoftBank
携帯電話から *5533 受付時間9:00-20:00
一般電話から 0800-100-5533 受付時間9:00-20:00
Yahoo!ケータイトップから → My Softbank→各種変更手続き 受付時間9:00-21:30

スマートフォンを用意する

LINEモバイルで他社端末を使う場合、SIMロック解除が必要です。またdocomoの端末は動作確認が取れているものがほとんどですが、SoftbankやauはiPhone 6以前はLINEモバイルでは使えない、その他の端末もLINEモバイルでは利用できない場合もありますので、その点を留意しておきましょう。
今自分が使っている端末が使えるかどうかはLINEモバイルの動作確認済み端末一覧で確認することができます。

LINEモバイルでSNSなど引継ぎ作業が必要なアプリを使う予定がある場合、引継ぎ作業をどのように行なうべきかそれぞれ確認しておきましょう。

LINEモバイル(ラインモバイル)の申し込みをする

LINEモバイルはWebサイトもしくは家電量販店で申し込みができます。申し込みのときに本人確認書類や支払い方法を設定する必要があります。本人確認書類はこちらから確認してください。MNP予約番号の取り方の項で、キャリアでの名義とLINEモバイルでの転名義が違う場合MNP契約ができない点については説明しましたが、本人確認書類と記入する内容に相違がある場合、審査が通らないという点にも注意が必要です。

もし今住んでいる住所以外と本人確認書類に記載された住所が一致しない場合、住んでいる住所を証明する補助書類を提出する必要があります。本人確認書類が足りない場合、必要書類を再提出する必要があるので、自身の本人確認書類に記載されている住所を一度確認しておくのがおすすめです。

商品を受け取る

LINEモバイルの契約申し込みをして、契約が完了すると「申し込み受付完了のご連絡」「契約成立のお知らせ」というメールが届きます。その後商品が発送され、申し込みをしたSIMカードもしくはSIMカードとスマートフォンが手元に届いたら開通手続きを行ないましょう。

開通手続きをおこなう

キャリアの通信回線からLINEモバイルの通信回線に切りかえる手続きをおこないます。
LINEモバイルの通信回線に切りかえが完了するまではキャリアの通信回線が継続して使えます。Webもしくは電話で手続ができます。

Webサイトで開通手続き

LINE公式アカウントの「LINEモバイル」を友達追加してください。メニューをタップすると契約者連携(マイページ)という項目が表示されるので、そちらをタップしてください。

つぎに新規ログインID作成という項目をタップしてLINEモバイルとの契約が完了した時に発行されるIDとパスワードを入力するとhttps://mobile.line.me/mypage/login/(マイページ)にログインできます。

マイページの契約情報確認にある「MNP 開通申し込み」から手続きを行ないましょう。

電話で開通手続き

電話番号は0120-889-279のMNP開通受付窓口に電話をすると開通手続きができます。受付時間は10:00-19:00(年中無休)です。

上記の手続きをしなかった場合などの注意点

Webサイトもしくは電話で開通手続きがない場合、SIMカード到着の翌々日の午後以降に自動的に開通が実施されます。
マイページの契約情報確認にある「MNP 開通申し込み」よりお手続き可能です。

APN設定をおこなう

格安SIMはAPN(アクセスポイントネームの略)設定をおこなう必要があります。APN設定とは携帯会社ごとに設定している通信接続先の設定です。たとえば、これまでドコモの通信でスマホを使っていたとします。その通信をLINEモバイルの通信に切り換えないとスマホ本体はLINEモバイルの通信が使えません。キャリアはAPN設定を自動でおこなっていましたが、格安SIMでは、この設定を自分で行なう必要があります。

iOSのAPN設定

  1. WiFiに接続し「Safari」を起動します。こちらのURL( https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig )をタップすると構成プロファイルがダウンロードできます。
  2. 次にAPN構成プロファイルを設定しましょう。上記のURLでプロファイルをダウンロードすると下記のような画面に変わるのでインストールボタンをタップしてください。

    出典:APN設定方法 iOSをお使いの方

  3. 端末にパスコードを設定していると、確認のためにコードの入力を求められます。端末のロック解除に使用しているパスコードを入力してください。
  4. インストールを選択してプロファイルをインストールしてください。LINEモバイルの通信回線で通信をおこなうためにプロファイルのインストールが必要なので、完了したことを確認してください。

    出典:APN設定方法 iOSをお使いの方

  5. インストールが完了すると、完了ボタンが表示されます。完了ボタンをタップして設定は完了です。

AndroidのAPN設定

  1. 端末の設定アプリのボタンをタップして開きましょう。
  2. 設定アプリをひらくと「無線とネットワーク」という項目を選んでタップしてください。次に「モバイルネットワーク設定」
    を選択してタップしてください。(※端末ごとに項目の表記が違います)

    出典:APN設定方法 Androidをお使いの方

  3. アクセスポイント一覧からAPN設定画面を開く
    「モバイルネットワーク設定」のなかに「アクセスポイント名」という項目があるので、そちらをタップしてください。タップするとアクセスポイント名一覧が表示されます。画像のような「新しいAPN」を追加するボタンをタップしてアクセスポイントを追加してください。※端末によっては設定画面名が異なります。

    出典:APN設定方法 Androidをお使いの方

  4. 次にアクセスポイントの編集から下記の情報を入力してください。
    名前
    LINEモバイル
    APN
    line.me
    ユーザー名
    line@line
    パスワード
    line
    認証タイプ
    PAPまたはCHAP

    出典:APN設定方法 Androidをお使いの方
    ちなみに上記項目以外の入力は不要です。

  5. 上記の項目の入力が完了したら必ず「保存」ボタンを押してください。APN一覧から先ほど入力したLINEモバイルのAPNを選択してAPN設定は完了です。※入力項目を保存しても、LINEモバイルのAPNが選択されていない場合は通信できない点に注意してください。

    出典:APN設定方法 Androidをお使いの方

LINEモバイル(ラインモバイル)に乗り換えて快適なスマホライフを楽しもう

今回LINEモバイル(ラインモバイル)のプラン内容、乗り換えるときの流れや設定に関して案内しました。LINEモバイルという名前は有名だと思いますが格安スマホということもあり、プラン内容や乗り換える際の流れ、注意点はあまり知らないという方は案外多いと思います。これを判断材料に自身のスマホの使い方にあわせて格安スマホライフを楽しんでください。

終了日未定
スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン
キャンペーンコード入力で5,000LINEポイントプレゼント

キャンペーン期間中にコミュニケーションフリーまたはMUSIC+プランの音声通話SIMの契約・利用開始で月額基本利用料5カ月間半額!初月はどの容量でも600円!
さらに申し込み時に「1908WA05」入力でLINEポイント5,000ポイントプレゼント 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい