1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. UQモバイル(ユーキューモバイル)は初月が日割り!いつ契約がお得?

UQモバイル(ユーキューモバイル)は初月が日割り!いつ契約がお得?

更新日:2018.04.19

UQモバイル(ユーキューモバイル)の初月費用を徹底解説!月額料金が「日割り計算」になるので、いつ乗り換えても無駄がないのがメリットです。データ容量くりこしにも対応しているので、実は月末に利用開始するとさらにお得に使えるって知ってましたか?そんな裏技も、こっそり紹介!

UQモバイル(ユーキューモバイル)の初月料金は日割り計算で、データ容量は変わらず翌月くりこしも利用できることから、お得に格安SIM生活をスタートすることができます。オプションに関しては日割り計算にならないサービスもあるので、「月初と月末、どちらに利用開始したほうがお得なの?」という部分を比較してみました!


UQモバイル(ユーキューモバイル)の初月は日割り計算

UQモバイルの格安SIMを契約した場合、初月の基本料金は「日割り計算」となります。

つまり月初の1日に契約した場合は月額基本料金が満額発生しますが、月末に利用開始した場合は、1日のみの日割り料金に。

基本料金が日割り計算となるので、結果的に月初に契約しても、月末に契約しても、UQモバイルではお得に使うことができるのがメリットです。

月間データ容量はそのまま

月額基本料金は初月日割り計算となりますが、利用開始日が月初であろうが月末であろうが、実は月間のデータ容量はそのままです。

月間データ容量がリセットされるまで(翌月になるまで)の期間が異なるので、それぞれメリット・デメリットがあります。

月初付近で利用開始すると……
月末まで、当月のデータ容量を使える期間が長い
月末付近で利用開始すると……
当月のデータ容量を使える期間は短いが、日割り計算なので安く多いデータ容量が使える

初月は日割り、データ容量はそのままなので、月初に契約すると当月分のデータ容量を使える期間は長いです。逆に当月後半に利用を開始すれば、データ容量の使える期間は短いですが、日割り計算で安くなり、かつ高速データ通信は月初利用開始と同じ容量が使えます。

またUQモバイルでは「データ容量くりこし」で、当月余ったデータ容量を翌月へ繰り越せることも頭に入れておくと良いでしょう。

例えば月末利用開始だと、繰り越しも含めるとお得に使えるケースがあります

月末に課金開始すると……
初月基本料金は日割り計算でおトク
データ容量は当月分フルで使えるのでおトク
余っても翌月までくりこして使えるので、無駄がない

日割り計算で安く、繰り越しも含めて考えるとデータ容量を使い切る日数は充分にあるので、うまく考えて使えば月の後半に利用開始した方がお得な可能性が高いです。

もちろんそれぞれ契約したいタイミングというのはそれぞれ異なると思いますので、自分が申し込み・利用開始したい時期を考慮しながら選ぶと良いでしょう。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

解約した月も基本料金は日割りに

初月の基本料金は日割りになるのですが、解約する月の基本料料金の請求はどうなるのでしょうか?

実はこちらも、基本料金は解約時点で使った期間までの日割り計算となります。基本的にはいつ解約しても、基本料金に関しては無駄な部分がありません。

オプションの初月日割り計算について

基本月額料金に関しては初月が日割り計算なのですが、オプションサービスに関しては少し異なるので確認しておきましょう。

UQモバイル多彩なオプションサービスを使えるのも魅力の格安SIMですが、「セキュリティーサービス」「通話明細サービス」「UQエンタメマーケットで提供されているオプション」の3つに関しては、初月でも日割り計算にならないので注意が必要です。

オプションサービスで日割り計算にならないもの
セキュリティサービス
通話明細サービス
UQエンタメマーケットのオプション

それ以外のオプションサービス、例えば端末補償サービスなどは基本的にすべて初月が日割り計算となります。

解約月のオプション日割り計算についても基本的には同じで、セキュリティーサービスや通話明細サービス、UQエンタメマーケット系オプションは日割り計算にならず、それ以外は日割りで計算されます。

課金開始日(利用開始日)

店舗で即日申し込みができる場合には当日利用開始なので問題ありませんが、UQ mobileオンラインショップで申し込んだ場合には、課金開始日が少し複雑なので確認しておきましょう。

基本は「SIMカードを発送した日の7日後」もしくは「初回パケット発生日」のどちらかです。

課金開始日の基本
SIMカードを発送した日の7日後
初回パケット発生日

電話番号をそのままUQモバイルへ乗り換えるMNPの場合には、回線切替の完了日が課金開始日となります。

MNPの場合は、オンラインショップで申し込んでSIMカードが自宅に届いたあと、自分で回線切替の手続きをmy UQ mobileのページから行います。MNP有効期限切れを防ぐため、SIMカードが発送された日の7日後には自動で回線切替が行われることにも注意しておくべきでしょう。

MNPのときは……
SIMカードが届いてから、my UQ mobileで回線切替手続きが完了した時点
SIMカードが発送された日の7日後

利用開始日をある程度決めてお得に利用開始したいときには、発送時期や配送期間も含めて、いつ頃から利用開始(課金開始)になるのか逆算しておくことをおすすめします。

初月無料はありますか?

UQモバイルのキャンペーンによります。

例えば2018年5月31日までは「UQゼロ学割」対象であれば、初月を含めて最大3カ月無料に。

こういった特典のあるタイミングで格安SIMを申し込めばさらにお得に使える可能性があるので、公式サイトで確認してみましょう。

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

UQモバイル(ユーキューモバイル)で初月にかかる費用

簡単に、 UQモバイル初月にはどれくらいの料金がかかるかもみてみましょう。

初月にUQモバイルでかかる費用
初期費用:3,240円
基本プラン月額料金:日割り
オプション:サービスにより日割り可能
ユニバーサルサービスサービス料:2.16円

基本の月額プランやオプションに関してはすでに説明したとおりですが、初月は初期費用として3,240円が発生します。キャンペーンなどで初期費用の割引がある可能性もありますが、基本は3,240円かかるので覚えておきましょう。

また「ユニバーサルサービス制度」で、毎月2.16円かかりますが、ここは金額がかなり小さいのであまり気にする必要はありません。

注意点1:初期費用3,240円が無料になるアピールをしているホームページもありますが、代理店経由での申し込みになる可能性もあります。

注意点2:UQモバイルでは「エントリーパッケージ」を提供しており、パッケージ料金を支払って購入したあとパッケージ記載のエントリーコードを利用して申し込むこともできます。エントリーコードで申し込んだ場合には3,240円の初期費用がかからないので、パッケージ料金のほうが安い場合には少しお得に申し込めることも。ただしエントリーパッケージ経由での申し込みだといくつかのキャンペーンが適用外となるデメリットもあるので、要確認。

締め日と請求日(クレジットカード/口座振替)

UQモバイルの料金支払いは「月末締め、翌月請求」です。支払い方法は「クレジットカード」、もしくは「口座振替」の2通り。

クレジットカード払い
毎月10日前後に前月分の月額料金を確定し、クレジットカード会社を経由して請求
口座振替
原則、翌月26日(土・日・祝日にあたる場合は、翌営業日)の振替

クレジットカード払いで申し込んでいる場合は、月末締めした前月分の月額料金を次の月の10日前後に確定し、クレジットカード会社を経由して請求されます(支払い日はクレジットカード会社によって異なります)。

口座振替払いに設定している方は、月末締めした月額料金が、原則翌月26日に口座から振替されます。

口座振替の場合は登録が完了するまでコンビニ振込用紙が郵送される可能性もあるので、届いても「もしかしたら書類に不備があるのでは!?」と驚く必要はありません。また振込手数料は2回まで無料なのですが、以降は216円が発生するので、金額がプラスになります。

スマートフォンを同時購入した場合

UQモバイルではiPhoneやAndroidスマートフォンの同時購入も可能ですが、一括/分割で請求タイミングが異なります。

端末を一括購入
クレジットカード:審査完了後、即請求
代金引換:届いたときに支払い
端末を分割購入
翌月の月額料金に加算され、翌々月から請求スタート

一括購入の場合には「クレジットカード支払い」もしくは「代金引換」が選べるようになっています。

クレジットカードで一括購入すると、月額料金の料金支払いとは別に、審査完了後に即請求で反映されます(支払い日はクレジットカード会社によって異なります)。

届いたその場で支払いする「代金引換」も選択できますが、3万円までの商品には324円、10万円までの商品には540円の手数料が発生するので確認しておきましょう。

分割購入の場合は翌月の月額料金から分割代金が加算されるので、請求がくるのは翌々月です。

UQモバイル(ユーキューモバイル)で良いところ

UQモバイルの格安SIMプランも簡単に解説しておきます。

シンプルな月額プラン

現在のメインプランは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2つ。

UQモバイル月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量+増量オプションSIM枚数
データ高速プラン1,059円1,815円3GB/月-1枚
データ無制限プラン2,139円2,895円無制限-1枚
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,139円
(14カ月以降は3,218円)
2GB
(26カ月以降は1GB)
26カ月以降も継続する場合は3,758円(2GB/月)1枚
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,219円
(14カ月以降は4,298円)
6GB
(26カ月以降は3GB)
26カ月以降も継続する場合は4,838円(6GB/月)1枚
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,379円
(14カ月以降は6,458円)
14GB
(26カ月以降は7GB)
26カ月以降も継続する場合は6,998円(14GB/月)1枚

「おしゃべりプラン」は「5分以内の国内通話が、何度でもかけ放題」がついているプランで、データ通信容量に応じてS/M/Lの3種類の月額料金から選ぶことができます。通話定額がついてくるので、あとは使いたい高速データ容量を選ぶだけの簡単プラン。

「ぴったりプラン」では、無料通話分がついてくるプランです。無料通話分やデータ通信容量はS/M/Lの3種類によって異なり、こちらも自分に合わせたプランを選ぶことが可能。

UQモバイルの月額プランは、

  1. 「5分かけ放題」か「無料通話分」を選ぶ
  2. データ容量を選ぶ

だけなので、シンプルで分かりやすいのが特徴です。格安SIMなので月額料金も安いです。

データ容量くりこし

今回紹介した初月の月額料金にも関係するので「データ容量くりこし」ができる点にも注目。

簡単にいうと「当月余った通信容量は、翌月末までくりこして使えますよ」という制度で、インターネットを余り使わなかった月があっても、それを繰越して翌月大容量の高速データ通信を楽しめます。

すでに解説した通りUQモバイルは初月日割りですが、データ容量はプラン既定の容量がそのままもらえます。

当月使えなくても翌月持ち越して使えるので、初月と翌月に安く大容量のインターネットを使いたい場合に便利です。

UQモバイルは日割りがあるので、初月は月末の利用開始がおトク

  • UQモバイルは初月が日割り
  • データ容量を多く使うなら、月末の利用開始がお得

UQモバイルには「初月日割り、データ容量はそのまま、翌月繰越」の3つがあるので、時期をみて月末から利用開始すると、初期費用は安く、データ容量も多く使うことができます。月額料金自体も安いので、まずは公式サイトで詳細をチェックしてみましょう。

UQモバイル月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量+増量オプションSIM枚数
データ高速プラン1,059円1,815円3GB/月-1枚
データ無制限プラン2,139円2,895円無制限-1枚
おしゃべりプランS/
ぴったりプランS
-2,139円
(14カ月以降は3,218円)
2GB
(26カ月以降は1GB)
26カ月以降も継続する場合は3,758円(2GB/月)1枚
おしゃべりプランM/
ぴったりプランM
-3,219円
(14カ月以降は4,298円)
6GB
(26カ月以降は3GB)
26カ月以降も継続する場合は4,838円(6GB/月)1枚
おしゃべりプランL/
ぴったりプランL
-5,379円
(14カ月以降は6,458円)
14GB
(26カ月以降は7GB)
26カ月以降も継続する場合は6,998円(14GB/月)1枚
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい