1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auからソフトバンクへ乗り換える方法|MNP後の料金は?割引キャンペーン・キャッシュバックも紹介

auからソフトバンクへ乗り換える方法|MNP後の料金は?割引キャンペーン・キャッシュバックも紹介

更新日:2020.03.16

auからソフトバンクへとMNPで乗り換える場合の方法や料金、発生する解約金、違約金などについて解説します。また、乗り換え時にお得になるキャッシュバックキャンペーンや下取りプログラムについても解説します

今回は、auからソフトバンクへのMNPで乗り換える場合の方法や料金の比較、発生する解約金・違約金などについて細かく解説していきます。また、MNP乗り換えのときに利用できるキャッシュバックキャンペーンや下取りプラグラムなども紹介します。

auからソフトバンク乗り換えMNPはキャッシュバックキャンペーンを利用

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com出典:ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

MNP契約時のキャッシュバックは一時盛んにおこなわれていましたが、ガイドラインにより規制されてあまり聞かなくなりました。しかし、ソフトバンクに乗り換える場合は、現在でもキャッシュバックを受けられるので、うまく利用すれば今すぐお得にソフトバンクユーザーになることができます。

ソフトバンクへの乗り換えで2万円のキャッシュバックが!

ソフトバンクの正規代理店経由でソフトバンクへとMNP転入した場合、2万円のキャッシュバックを受けることができます。近年では、実店舗を備えたソフトバンクのネット代理店が運営されており、ソフトバンクショップと同じようにスマホを購入できるようになっています。

例えば、スマホ乗り換え.comやソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comなどの正規代理店を利用することで、キャッシュバック特典を受けられるのです。しかも、実店舗への来店の場合は、その場で2万円が受け取ることも可能。郵送の場合でも、開通翌週にはキャッシュバックを受けることができます。

のりかえキャッシュバックでおすすめはこちら!

  1. ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com
  2. おとくケータイ.net
  3. スマホ乗り換え.com

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com出典:ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com」は、契約台数が50万台を突破した実績を持つ信頼性の高い代理店です。最大の魅力は高額キャッシュバックで、来店の場合はその場渡し、ネット手続きでも開通翌週に指定口座へ振り込まれます。

キャッシュバック関連のキャンペーンは受け取りが数カ月後になるサービスもありますが、ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comではすぐ受け取れるので手続き忘れによる心配が少ない点も強みです。

乗り換えで20,000円下取りは最大58,000円のキャッシュバックがあるので、合計で6万円以上のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comで乗り換えする

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net出典:おとくケータイ.net

ソフトバンク取扱店では創業8年と歴史のある「おとくケータイ.net」は2018年度に月平均5,000件以上の問い合わせ実績があり、こちらも安心して申し込める取扱店の1つといえます。

乗り換えの場合は20,000万円の現金キャッシュバックがあり、振り込みもしくは月額料金の割引どちらかを選べる柔軟性もポイントです。

おとくケータイ.netで乗り換えする

スマホ乗り換え.com

スマホ乗り換え.com出典:スマホ乗り換え.com

auからソフトバンクへ乗り換えるなら、「スマホ乗り換え.com」もおすすめです。店頭であればその場、ネットでも7日営業日以内と高速キャッシュバックに対応しています。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com同様に受け取り忘れの心配がない点が強みです。

スマホ乗り換え.comで乗り換えする

キャッシュバックを受け取る際の注意点

ただし、キャッシュバックを受け取る際にはいくつか注意点がありますので注意してください。

必ず正規代理店経由で申し込みをすること

ソフトバンクへのMNP乗り換えによるキャッシュバックを受ける場合は、必ず正規代理店経由で申し込みをしてください。キャッシュバックキャンペーンは、ソフトバンクが直接行っているものではないからです。

これは、2015年以降に総務省による規制が厳しくなり、大手携帯キャリアが大々的にキャッシュバックキャンペーンを行えなくなったことが関係しています。キャッシュバックを受けられるのは、現在では「正規代理店の実店舗もしくはWEBサイト」または「家電量販店」のいずれかになります。

実際には、実店舗や家電量販店ではかなりの待ち時間が発生しますので、正規代理店のWEBサイト経由で申込むことをおすすめします。

キャッシュバックの条件を確認しよう

代理店によってキャッシュバックの条件が異なります。特定のプランへの加入やオプション加入が条件となったり、レビューの作成、契約後の申請が必要なケースなどもあったりしますので、事前に必ず確認するようにしてください。

その他にもお得に乗り換える方法も

ソフトバンクに乗り換える場合、キャッシュバックだけがお得になるというわけではありません。実は「下取りプログラム」や「トクするサポート」などを利用することで、同じように特に乗り換えることができます。

具体的にどのようなものなのか、次の項目で詳しく紹介します。

下取りプログラムで月額料金が割引に!


出典:ソフトバンク

下取りプログラムでは、MNPによる乗り換えの際にそれまで使用していた端末を下取りしてもらうことで、月々の通信料金から24回の分割割引を受けることができます。iPhone Xs Maxを下取りに出した場合は、最大で6万円の割引が受けられます。

iPhoneの下取りでは割引金額が高く、Androidスマホでは割引金額が低くなる傾向にありますが、乗り換え後の利用料金が安くなるので、ぜひ利用したいところです。ただし、破損や動作不良、変形などが認められる場合は「破損品価格」が適用され、割引金額が大きく下がりますので注意が必要です。

継続的にソフトバンク会員になる予定があるなら

継続的にソフトバンクと契約する予定があるならば、「トクするサポート」がお得です。これは、端末を48回払いで購入し、25ヶ月目以降にソフトバンクで新しい機種を購入する場合に旧端末の分割残高の支払いが不要になるというものです。最大24ヶ月分の分割支払い残高が不要になるため、実質的に半額で新しい機種に乗り換えられます。

また、端末を48回分割払いにすると月々の負担を減らすことができるので、新しい端末に頻繁に機種変更する人にはおすすめのサポートプログラムです。「トクするサポート加入」も、安く乗り換えるための1つの方法ですので、加入を検討してみてはいかがでしょうか?

ソフトバンクで機種変更する

auからMNPするベストなタイミングとは?解約金や違約金はいくら?

次に、auからMNP乗り換えをするベストなタイミングや解約金・違約金はいくら必要になるのかについて解説します。

解約金や違約金はどれくらいかかる?

解約金とは、auからMNP転出する場合に必要な「MNP転出手数料」のことを指します。auの場合、MNP転出手数料として3,000円が必要です。

どの携帯キャリアからMNP転出する場合でもMNP転出手数料は必ず発生しますので、必要経費として考えておきましょう。ちなみに、ドコモでは2,000円、ソフトバンクでは3,000円のMNP転出手数料が必要です。

一方で、違約金というのは「契約解除料」のことを指します。これは、auでスマートフォン・携帯電話を契約する際に「2年契約」を選択している場合で、契約から一定期間が経過したのちの「更新期間」以外に契約を解除する場合に必要となる費用です。

auで2年契約をしている場合の更新期間は、契約が開始した月を1ヶ月目と計算し「24ヶ月目」「25ヶ月目」「26ヶ月目」の3ヶ月間となります。具体的に必要になる契約解除料は9,500円です。

ちなみに、現在では新規受付が行われていないので利用者が少ない「1年契約」を選択しているユーザーの場合、契約解除料は3,000円です。また、契約解除料に加えて、MNP転出する月の基本使用料とインターネット接続料は日割りではなく満額支払う必要がありますので注意しましょう。

いつMNPするのがベスト?

auからソフトバンクにMNP転出するのにベストなタイミングとは、「更新期間」でかつ「月末」さらに「端末の分割払いの残高がない状態」です。更新期間中の解約(=MNP転出)は違約金が発生しません。そのため、9,500円を支払う必要がなくなります。

次に、解約する月の基本使用料やインターネット接続料金は「日割りではなく満額」支払わなくてはなりません。ですから、月末ギリギリまで利用しているほうが得になります。なお、期間限定で割引サービスを受けている場合は、割引を受け切った翌月末の解約が一番お得なります。

最後に、端末を分割払いで購入している場合、その残高が0円の状態で解約するのが理想的です。なぜなら、残高が残っている場合、MNP転出後も支払いを継続する必要があり、転出先の利用料金と二重で支払っていかなくてはならないからです。

このように、更新期間中の月末で端末の分割残高がない状態がMNP乗り換えにベストなタイミングですが、「それまで待てない!」という方もいるのではないでしょうか?そのような場合は、解約金や違約金が掛かるタイミングでも、MNP乗り換えキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、お得にソフトバンクへと乗り換えることができます。

ソフトバンクで機種変更する

auからソフトバンク乗り換えMNP後の料金は?

下取りプラグラムを利用してソフトバンクに乗り換えた場合、月額料金はいくらくらいになるのか見ていきましょう。

auのプランとソフトバンクの料金プランの比較

auにはデータ容量無制限プランがありますが、ソフトバンクにはありません。そのため、auとソフトバンクがそれぞれ提供している月間のデータ容量に上限があるプランについて見ていきます。

auでデータ容量の上限が最も大きいプランが「auフラットプラン20N」です。こちらの料金は以下の通りです。


auフラットプラン20N
月額利用料金
6,000円
auスマートバリューへの加入
翌月から永年-1,000円
スマホ応援割への加入翌月から6ヶ月間-1,000円
合計契約翌月から6ヶ月間4,000円~
※7ヶ月目以降5,000円~
※継続利用による料金割引未加入の場合の基本月額料金は6,170円

一方ソフトバンクでデータ容量が最も大きいプランが「ウルトラギガモンスタープラス」です。下取りプラグラムを利用し、iPhone 8 Plusの正常品を下取りしてもらった場合の料金は以下の通りです。

 ウルトラギガモンスタープラス
月額利用料金7,480円
※データプラン50GB+6,500円
※基本プラン(音声)980円/月
1年おトク割-1,000円/12カ月間
おうち割 光セット-1,000円
みんな家族割+
※2人で契約する場合
-500円
下取りプラグラム
※iPhone8Plus正常品の場合
-1,200円/24回
※割引合計額28,800円
合計12ヶ月間:3,780円~
※2年目以降4,780円~

下取りプラグラムを利用して乗り換えをしたほうが利用できるデータ容量が2倍になるにも関わらず、月額料金を抑えることができます。その他にも、家族割+での契約人数を増やすと月の割引金額はさらに大きくなるので、それだけお得に利用できます。

ソフトバンクで機種変更する

auからソフトバンクへ乗り換えMNPする方法

auからソフトバンクに乗り換えする方法について簡単に解説します。

auでMNP予約番号を取得する

auでMNP予約番号を取得します。電話かauショップまたはPiPit各店にて取得しましょう。

  • 電話の場合:0077-75470(受付時間9:00~20:00)
  • auショップ・PiPitに来店:本人確認書類が必要

取得できたMNP予約番号には発行日を含んで15日間の有効期限がありますので、その間に乗り換えを済ませる必要あります。

ソフトバンクショップなどで新規契約手続き

MNP予約番号が取得できたら、ソフトバンクショップオンラインショップなどで新規契約の手続きを行います。キャッシュバックを受けたい場合は、正規代理店を利用しましょう。

新規契約時に必要なもの

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • クレジットカードや口座番号がわかるもの

新規契約には契約事務手数料として3,000円が必要になりますが、翌月の利用料金に合算されるので用意しておく必要はありません。くれぐれも、MNP予約番号の有効期限内に手続きを済ませてください。

手続きが完了すれば、ソフトバンクへの乗り換えは完了です。

ソフトバンクで機種変更する

お得に乗り換え・利用できるソフトバンクに乗り換えよう!

ソフトバンクと契約する場合は、オンラインショップの利用がおすすめです。頭金が発生しませんし、待ち時間もありませんので契約手続きがスムーズに進むでしょう。

また、キャッシュバックを受けたい場合は、正規代理店の利用を忘れないようにしてください。お得に乗り換え・利用できるソフトバンクをぜひ利用してみてください。

ソフトバンクで機種変更する

SHARE!!

あわせて読みたい