1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMについて徹底解説!

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMについて徹底解説!

更新日:2019.02.28

面倒な手続きが入らず、購入してSIMフリースマホに挿すだけで使えるのが、便利なプリペイドSIM。この記事では、b-mobileのプリペイドSIMについて紹介します。

面倒な手続きが不要で、購入してSIMフリースマホに挿すだけで使えるのが便利なプリペイドSIM。この記事では、b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMについて紹介します。

そもそもb-mobile(ビーモバイル)ってどんな会社?


出典:b-mobile

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMについて紹介する前に、まずはb-mobileがどのような会社なのかを紹介していきます。

b-mobile(ビーモバイル)は日本通信が手がけるMVNO

b-mobileは日本通信株式会社がMVNOとして提供しているサービスです。b-mobileのSIMカードは2010年から発売されており、MVNOの中では老舗といえる会社なのです。

じつは「MVNO」という言い方は、もともとb-mobileにあったビジネスモデルにたいして後から命名された言葉。その後は「格安SIM」が誕生し、いまや私たちに無くてはならない存在となっています。日本通信株式会社の歴史というのは、日本のMVNOの歴史を知ることにも繋がるのです。

b-mobile(ビーモバイル)はどこの回線を利用している?

b-mobileをはじめとしたMVNOは、大手キャリアの回線を利用してサービスを提供しています。b-mobileは、多くのMVNOと同じくdocomo回線を利用してMVNO事業をスタートさせ、今でもdocomo回線を使ったサービスを提供しています。

さらに特筆すべきは、2017年の3月22日にSoftBank回線を使った格安SIMの提供をスタートさせたことです。SoftBank回線を利用しているMVNOにはmineoやU-mobile、QTmobileなどがありますが、docomo回線を利用しているMVNOの数に比べるとかなり少数派となっています。

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMとは?

b-mobileには2種類のプリペイドSIMがあり、毎月7GB使える「b-mobile 7GBプリペイドSIM」と、訪日外国人向けの「VISITOR SIM」を取り扱っています。「b-mobile 7GBプリペイドSIM」はdocomo回線・SoftBank回線のどちらかを選択して使用できます

この記事では、VISITOR SIMは旅行者向けSIMとなるのでこの記事では割愛し、「b-mobile 7GBプリペイドSIM」について詳しく紹介していきます。

b-mobile(ビーモバイル)7GBプリペイドSIM


出典:b-mobile

「7GBプリペイドSIM」は毎月7GBが使えるデータ専用のプリペイドSIMです。b-mobileを通常のプラン(990 ジャストフィットSIM)で契約した場合、使ったデータ量に応じて支払い金額が変わる段階制となっていますが、プリペイドSIMは毎月7GBと決められています。

1カ月に使えるのは最大7GBまでで、有効期限が異なる3つのラインアップがあります。選べる有効期限は1カ月・6カ月・12カ月の3種類

ここでいう1カ月とは30日間をさしており、6カ月は180日間、12カ月は360日間です。月の途中で7GBに達すると、低速データ通信に切り替わります。

チャージを行うと継続利用ができる

プリペイドSIMを使い切ってしまうと、通常、そのSIMカードを継続して利用することはできないですが、b-mobileの場合はデータ量をチャージして継続利用することができます

チャージができる期間は利用期間中から利用期間終了後2日までで、「My b-mobile」から申請するか、SIMカード経由で通信している機器からオンラインチャージを選ぶことでチャージできます。

なお、チャージできる期間は1カ月・6カ月・12カ月から選べます。「チャージ」というと残っているデータ容量に追加されるような感じがしますが、利用データ容量が追加されるわけではなく、現在のSIMカードの利用期間が終了した後からチャージ分が有効となります。

b-mobileのプリペイドSIMの価格について

b-mobileのプリペイドSIMの価格は以下のとおりです。1カ月あたりの値段は、使える期間が長いプリペイドSIMがよりお得になります。支払いは代金引換、もしくはクレジットカードが使えます。

ネットワークSIMカードの種類期間価格
docomo標準/マイクロ/ナノ1カ月間(30日)3,780円
6カ月間(180日)1万8,700円
12カ月間(360日)2万9,800円
SoftBankiPhone(ナノ)
iPad(ナノ/マイクロ)
※同じナノSIMでも端末が違うと使えないので注意
1カ月間(30日)4,980円
6カ月間(180日)2万4,800円
12カ月間(360日)3万3,800円

一方、チャージした場合の価格は以下の表のとおりです。通常で購入した時よりも値段が安く設定されているので、継続して使う予定の人はチャージして使うことをおすすめします。

ネットワーク期間価格
docomo1カ月間(30日)3,100円
6カ月間(180日)1万5,900円
12カ月間(360日)2万7,000円
SoftBank1カ月間(30日)3,980円
6カ月間(180日)2万1,080円
12カ月間(360日)2万9,800円

チャージをする場合の注意点としては、チャージ分の支払い方法はクレジットカードのみということ。クレジットカードを持っていない人はチャージすることができないので要注意です。

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMを利用する流れ

ここでは、プリペイドSIMを利用する流れを確認していきましょう。プリペイドSIMを購入したら、1カ月以内に申し込みをする作業が必要です。申し込みをしないで1カ月過ぎてしまって申し込みができなかったとしても、パッケージ代金は返金されないので注意してください。

  1. SIMの購入、もしくは申し込み手続きを行う
  2. SIMカードが発送されるので受け取る
  3. SIMの開通手続きを行う(※)
  4. 手元の端末に設定を行う
    ※SoftBankのプロファイルのダウンロードはこちら、docomoのプロファイルのダウンロードはこちら
  5. My b-mobileの登録を行う
    ※利用量や残り期間などの確認に必要。新規でID登録をしたい人はこちらのページから

※SIMの開通手続きは、070/080/090から始まる携帯電話から、開通手続きダイヤル【186-0120-915-886(フリーダイヤル)】もしくは【186-050-3187-4551】に電話をし、SIM電話番号を入力します。開通までの時間はダイヤル後5分程度です。開通したら端末にSIMカードを挿してください。

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMのメリットは?

b-mobileのプリペイドSIMを利用するメリットとは何でしょうか。ここでは代表的なメリットを2つ紹介します。

契約手続きやクレジットカードの登録が不要

b-mobileのプリペイドSIMはプリペイドという特性上、契約手続きが必要ありません。販売されているプリペイドSIMを購入し、SIMフリースマホに挿入するだけで利用開始できるのは大きな特長です。プリペイド商品なので解約手続きも不要です。

また、ほとんどのMVNOの契約で必要となっているクレジットカードも不要なので、クレジットカードを持っていない人や、年齢的にクレジットカードを持てない人でも、プリペイドSIMであれば手軽にスマートフォンが使えるようになります。

経費精算にできるのでビジネス利用もしやすい

ビジネスシーンでスマートフォンを利用する人も多いと思いますが、契約不要、かつ、買い切りとなるプリペイドSIMなので、会社の経費で精算することが可能です。

例えば、会社から端末を支給されなくても、自分の持っているSIMフリーのスマートフォンにプリペイドSIMを挿入すれば、そのままビジネス用として使えます。

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMの注意点は?

メリットは分かりましたが、反対にb-mobileのプリペイドSIMを使ううえで注意すべき点とは何でしょうか。デメリットも確認しておきましょう。

速度制限がある

b-mobileのプリペイドSIMは、使えるデータ量を超過してしまうと速度制限がかかります。

プリペイドSIMは1カ月(30日間)で7GBまでと決まっているので、この7GBの高速通信を使い切ってしまった場合、その月が終わるまでは低速通信になってしまいます。また、当日を含む直近3日間の通信量の利用合計が1GB以上になると、速度制限になる可能性がある点にも注意しましょう。

データ量の繰越しができない

通常の契約では、使い切らなかった高速データ通信容量は翌月に繰り越せるMVNOが多いですが、プリペイドSIMの場合はその繰り越しができません

つまり、仮に当月に使用した高速データ容量が4GBだったとしても、翌月に使える高速データ通信容量は10GBに増えるわけではありません。使わなかった3GB分は消滅してしまうので注意しましょう。

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMを使ってみよう

b-mobile(ビーモバイル)のプリペイドSIMは、契約要らずでクレジットカードも不要なので、手軽にスマートフォンが使えます。

面倒な手続きもなく利用が開始できますし、1カ月という短期間でも購入できるので、スマートフォン初心者にもおすすめです。クレジットカードが必要になりますが、チャージして継続利用することも可能なのはとても便利ですね。

プリペイドSIMは便利で簡単に使い始められるぶん、通常の契約よりも1GBあたりの料金は高くなってくるので、長期間でのプリペイドSIMの利用を考えている人は通常の契約にしたほうがコスパは良くなることもあります。利用する期間は事前に十分考えて、快適なスマホ生活を送りましょう。

b-mobile
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月〜!
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月から、使った分だけ支払う段階制料金の「190Pad SIM」やdocomo/SoftBank回線の音声SIMを1,070円/月から利用できる「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」など、魅力的なプランがたくさん! 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい